FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

週末クラフトバーガーランチ@BAR Malt Road(神田) 

7月に続き、8月もフウフ共々テレワーク中心の日々を送っています。
外出もめっきり減りましたが、不定期に週末ランチには出かけています。

7月は、オットと神田のビアレストラン、BAR Malt Road へ。以前はJha BARだったところです。お昼にハンバーガーランチを出しているということで、日本橋から歩いて神田のお店まで出かけました。

s-IMG_0822_20200830221251d19.jpg


お店入口の「ビール屋のハンバーガーランチ」の看板が目印です。

s-IMG_0817_2020083022124688d.jpg


ハンバーガーはこの通り、具がたっぷりでボリュームがあります。
フライドポテトとピクルス付き、ランチにはソフトドリンクもついていました。オットはバーガー&ビールでしたが。
入り口の看板には「某ハンバーガー屋で修行したビール好きスタッフのクラフトバーガー」とありました。本格的なハンバーガーです。

s-IMG_0819_20200830221835f10.jpg

ハンバーガーの断面。パティは牛赤身100%というだけあって、しっかりお肉の味がしました。1個食べるともう満腹。

s-IMG_0821_2020083022183688c.jpg

ハンバーガーを包むペーパーや、テイクアウト用の紙袋にはこのような可愛いスタンプが押してありました。

「ビール好きスタッフのクラフトバーガー」、本格的なハンバーガー好きな方にオススメです。
スポンサーサイト



テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

週末BrewPubランチ@コレド室町テラス 

元々引きこもり系なツマですが、コロナ騒ぎで徒歩で行ける範囲以上の場所に出かけることもほとんどなくなりました。

そんな日々を送っていますが、6月下旬の週末に久しぶりに出かけた際にコレド室町テラスでランチをいただきました。公共の交通機関(地下鉄)に乗ったのも久しぶり、外で食事をしたのは何カ月ぶりかのことです。

s-IMG_0824_20200725231445060.jpg

コレド室町テラスにあるブリューパブ、CRAFTROCK。天井が高くて開放的なお店です。クラフトビアマーケットの自家製ビール醸造所なので、カウンターの後ろにはビールのタンクが並んでいます。

s-IMG_0812_202007252314394cb.jpg

店内は密にならないよう、座席数も減らしていました。食器類も丁寧に消毒したり、気をつかって運営しています。

休日ランチなので、オットはお約束のビールを注文。

s-IMG_0813_20200725231440448.jpg

ランチは厚切り豚のローストポーク。ボリュームたっぷり。

s-IMG_0815_20200725231443d48.jpg

ツマは鶏モモ肉のコンフィ。皮がパリっとして安定した味付けです。

s-IMG_0814_202007252314411c1.jpg

ランチにはスープとご飯かパンがセットになっていて、ボリュームとお店の立地を考えるとかなりリーズナブルだと思います。

何よりも久しぶりの外食だったので、じっくりと味わいながらいただきました。もっと気軽に外食できる状況になるといいのですが。

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

HACプロペラ機搭乗記④(釧路空港探索) 

釧路空港に来るのは初めてです。今回は、退役間近のHACプロペラ機乗り納めが目的なので、函館から丘珠経由で釧路まで2路線を乗った時点でツマの目的は完了。このまま釧路から羽田に戻ります。

釧路滞在は2時間半ちょっとなので、市内に行く時間はありません。
せっかく釧路に来たのですが、観光はオットと一緒に旅行する時の楽しみということにしてお昼も空港内で済ませることにしました。

s-PB037657.jpg

初めての空港なので証拠写真。釧路空港は愛称「たんちょう釧路空港」、空港入り口にはたんちょう鶴のモニュメントがありました。

s-PB037658.jpg

空港内のロビー。建物の天井にも飛翔する丹頂鶴のイラストがありましたが、空港内の写真を撮ろうと意識して天井まで見なければ気づきませんでした。

s-IMG_0661.jpg

空港内にレストランが2軒あり、「北斗」というラーメン屋さんに入りました。が、入り口のメニューの写真を見て「鮭のたたき丼」に心惹かれてこちらを注文。ほどよく脂ののった鮭が美味でした。

s-IMG_0657.jpg

羽田への戻りは、行きと同じくANA便。ANAのディスカバージャパンチケットだとかなりお安くチケットが購入できるので、今回の北海道往復はANAを活用しました。

s-IMG_0664.jpg

ANA機から見た釧路空港。丘珠空港では雨が降りそうな曇天模様でしたが、釧路では青空が広がっていました。

s-PB037660.jpg

滑走路を移動中。ちょっとだけ、ANAの青いウィングレットが見えています。その後は順調に飛行し、おやつタイム前には羽田に到着しました。

s-PB037662.jpg

オットには「せっかく釧路まで行ったのに」と呆れられましたが、羽田では乗ることが出来ないプロペラ機に乗るのが目的だったので、ツマとしては十二分満足です。

テーマ: 飛行機/フライト/機内食

ジャンル: 旅行

[edit]

HACプロペラ機搭乗記③(札幌(丘珠)→釧路) 

丘珠から次の釧路の便が出発するまでに時間があったので、丘珠空港内を散策。
散策、といっても小さな空港の建物です。

s-PB037630.jpg

屋上の展望デッキに出てみました。函館から乗ってきたヒコーキが見えます。折り返し、丘珠から函館に戻るようです。遠くにセスナ機らしきものが見えましたが、それ以外にヒコーキなしはちょっと寂しいですね。

s-IMG_0648.jpg

保安検査場に入る手前の出発ロビー。小さな売店がひとつあるだけでした。

s-IMG_0645.jpg

同じフロアに、写真で札幌の歴史を振り返るコーナーがありました。空港というよりも、小学校の展示室のような感じです。

s-IMG_0647_20200607231808cbb.jpg


SAAB340Bの以前の座席が展示されていました。HACでは、今年4月12日にATR42-600が就航したので、展示内容も変わっているかもしれません。

s-IMG_0653.jpg

釧路行きのヒコーキは10時35分に出発します。搭乗開始までまだ時間がありましたが、他に行く場所もないので搭乗口前で座って待つことに。

s-PB037631.jpg

釧路行きのヒコーキです。この日2回目のSAAB機です。

s-PB037634.jpg

丘珠空港を出発する直前です。もう1機いたのは、三沢に出発する予定のヒコーキだったのかも。

s-PB037647.jpg

函館から釧路に行く便では、右側窓側席に座りました。
隣がプロペラ本体だったのはたまたま偶然です。狙ってこの座席を予約したわけではないのですが、プロペラ機の場合はプロペラが回転し始める様子がよく見えて面白いです。

隣がプロペラなので、窓から見る景色は今一つですが・・・。
40分ちょっとの飛行で、釧路に到着です。

テーマ: 飛行機/フライト/機内食

ジャンル: 旅行

[edit]

HACプロペラ機搭乗記②(函館→札幌(丘珠)) 

プロペラ機は大きな音を立てながら函館空港の滑走路を移動中。

s-PB037598.jpg

ジェット機と比べると、滑走路を走る距離も短く、あっという間に離陸しました。

函館上空を飛行中。今回、左側の座席しか空いていなかったでこの景色でしたが、反対側だったら五稜郭とか見えたはず。

s-PB037601.jpg

プロペラ機はジェット機よりも低空を飛ぶので、まさに遊覧飛行を楽しめます。函館から札幌に向かう時点では雲も少なくてよい眺めでした。

s-PB037606.jpg

事前の予習不足でどのあたりを飛んでいるのかよくわかりません。。

前方に綺麗な山が見えてきたので思わずパチリと撮影。

s-PB037613.jpg

後日、搭乗レポートを「ヒコーキ好きな上司」に提出したところ、羊蹄山(ようていざん)だと思うとのことでした。

s-PB037615.jpg

蝦夷富士と呼ばれている山だそうですが、確かに山頂の雪の具合など、富士山を思わせる山ですね。

大自然の中を飛行しているうちにだんだん建物が見えるようになってきました。

s-PB037620.jpg

札幌中心に向かっていると思われます。郊外の住宅地上空でしょうか。
こうやって空の上から眺めると、札幌も大都会ですね。

s-PB037622.jpg

関東よりも一足早く木々が色づいていました。すっかり秋の景色です。

s-PB037624.jpg

無事に丘珠空港に着陸しました。

s-PB037625.jpg

初めての丘珠空港です。札幌市内にありますが、かなりこじんまりとした空港です。そして札幌に到着したのに全く外に出ることなく、次のヒコーキに乗って丘珠から釧路に移動です。

s-PB037627.jpg

函館よりも大分雲模様でしたが、何とか雨は免れて良かったです。

テーマ: 飛行機/フライト/機内食

ジャンル: 旅行

[edit]