FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

2日目午後・行天宮へ 

欣葉のランチの後は、行天宮まで足を延ばしました。
三国志の英雄・関羽が祀られている寺院で、商売の神様でもあるそうです。仕事運、財運についてしっかりお願いしないと。

行天宮は、MRTの行天宮駅から歩いてすぐの場所にあるのですが、お昼を食べた欣葉からだと中途半端な場所にあるため歩いて行天宮に行くことにしました。

P3010408s.jpg

行天宮の正門前。

P3010403s.jpg

お寺自体は比較的新しい感じでした。調べてみると、1967年に落成ということでした。

P3010401s.jpg

関帝が祀られています。とても人気のある神様ということでしたが、ツマにとってはやはり三国志の美髪公。
熱心に祈りをささげている人が多かったです。

P3010402s.jpg

お祈りの作法が表示されていました。神様へのお祈りの順番や、男女それぞれのお祈りの仕方など、色々約束事があるようです。
老若男女問わず、多くの人で混み合っていました。とても人気のある寺院ですね。

(おまけ)
行天宮を出て、MRTの行天宮駅に向かう途中で長い行列が出来ていました。

P3010410s.jpg

何だろう、と写真を撮ったのですが、後で調べたところ、「不老客家麻糬」という有名なお餅の屋台だったようです。
台北のお餅は、甘味が抑え目でとても美味しかったので、こちらのお店のお餅も次に台北に行く機会があったら是非とも購入したいものです。



スポンサーサイト

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

2日目お昼・欣葉台菜創始店で台湾料理を味わう 

2日目のランチは、台湾料理の有名店にしました。台湾料理の老舗、「欣葉(シンイエ)」です。
台湾家庭料理が元となっているお店で、高級感が漂うというわけではないそうですが美味しいらしい、ということで決定。台北のガイドブックにも必ず掲載されているお店です。

P3010399s.jpg

せっかくだから、本店に行こうと、前日に泊まっていたホテルのフロントでランチの予約をお願いしました。
本店は、MRTの「中山国小」駅からちょっと離れた場所にあります。二人で地図を見ながら歩いて行きましたが、10分以上は歩いたのではないかと思います。また、お店の通りには系列店もあったりでちょっとしたトラップ(笑)がありました。

12時に予約をしてほぼその時刻に到着。思ったよりも混雑していないという印象でしたが、その後もどんどん人が入ってきました。グループが多かったようです。大人数で色々注文して楽しむスタイルなんだなと思いました。

日本人客も多いためか、メニューに日本語が並記されていましたので非常に安心感があります。

P3010386s.jpg

まずは「しじみの醤油漬け」、半生のしじみをニンニク醤油で漬け込んだもので、生臭さなく美味しくいただきました。
お酒(特に紹興酒)と相性が良さそうです。

P3010388s.jpg

続いてお店イチオシの「豚の角煮」。じっくりと煮込んだ豚肉が口に入れるとほろっとしてこれまた美味しい。

P3010392s.jpg

「イカの揚げ団子」、揚げたて熱々な状態で出てきました。イカのミンチがほどよく弾力性がありました。

P3010393s.jpg

「ハマグリのスープ」、前の夜の「牡蠣スープ」がかなり残念な味だったのでリベンジ?で注文。こちらのスープはほどよく塩味がついていてしっかり味わいました。

料理はどれも優しい味付けで、確かに日本人にも人気というのももっともだと思います。ただ、残念だったのはこのお店の名物である「蟹のおこわ」を注文しなかったこと。近くのテーブルで食べている人達がいましたが、かなりのボリュームだったので断念。
最低でも4名位いないと、おこわだけで満腹になってしまいそう。コースメニューがあればなあと思った次第です。

台湾料理のエッセンス(多分)はしっかり押さえた、ちょっと軽めなランチの後は、徒歩圏にある行天宮に向かいます。

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

2日目午前・総統府見学は断念し、中正紀念堂へ 

2日目朝は、ホテルで朝食を食べた後チェックアウトしてシーザーパークホテルに移動しました。
フロントでソフトキャリーを預かってもらい、早速午前の観光に出発します。

この日は午前中に総統府を見学し、お昼を食べた後は行天宮、夕方には九份に行くという予定を立てていました。
ホテルから総統府はMRTで行けますが、天気も良かったので徒歩で行くことにしました。途中、オットが事前チェックしていたビアレストランの場所をチェックして(徒歩を推していたのはこれが目的だった模様)、総統府に到着。

P3016179s.jpg

平日は午前中に見学できるということだったのですが、どこにも受付らしい場所がない・・・。総統府の周りを1周したのですが、衛兵は立っていたのですが中に入れるような気配はなし。ワレワレ同様、見学に来て断念した観光客は他にもいました。

残念ですが、こればかりは仕方ありません。きっと次回台北に来た時のお楽しみだね、といいつつ予定を変更して更に足を延ばして中正紀念堂に行くことにしました。

P3016194s.jpg

総統府からさらに歩くこと、20分位でしょうか。目の前に巨大な門がどーんと立っていました。門の先にあるのが中正紀念堂です。

P3016197s.jpg


かなり巨大な建物です。せっかくだから、衛兵交代を見学しようと記念堂に向かって歩き始めました。
・・・が、遠い。とても広い空間で、目的地到着にはかなり歩くことになりました。そのおかげで、記念堂に入った時点では衛兵交代を見る人で一杯で完全に出遅れました(涙)。

P3016199s.jpg

スマホを掲げて写真を撮る人多数。衛兵交代の様子はほとんど見えませんでした・・・。

P3010197s.jpg

オットがうまく写真に衛兵交代の様子を撮っていたようです。後から写真を見てこんな感じだったんだとわかりました。
衛兵交代の後、引き続き蒋介石の像を護衛するのですが、鍛えぬかれた体つきでビシっと直立していました。

P3016211s.jpg

中正紀念堂から下の広場を見下ろしたところ。とにかく広くてスケールの大きさにはびっくりします。

P3010206s.jpg

再度入口の門を通って広場の外に出て、また歩いて台北駅方面に向かいました。今度はMRTに乗って、台湾料理のレストランで昼食タイムです。

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

1日目夜・豆花&オットの自由研究 

夜市散策の後は、デザートタイムということで豆花専門店に行きました。
寧夏夜市のすぐ近くには、2軒豆花の有名店があります。前回、妹と台北に来た時は「豆花荘」に行きましたが、今回は「古早味豆花」
へ。「孤独のグルメ」の井之頭五郎が行った、というお店だという単純な理由です。

P2286156s.jpg

お店に行ってみたところ、人気店らしく行列が出来ていました。一緒に並んで待つことしばし。定番の組み合わせメニューもありますが、自分で好きなものを指さしで選ぶことも可能。

P2280372s.jpg

オットは冷たい豆花(左側)、ツマは温かい豆花にしました。お店の中は満席だったのですが、ちょっと先の店舗がイートインスペースになっていました。
肝心なお味ですが・・・オットは気に入ったようです。ツマはかなり期待していたのですが、温かい豆花よりも冷たい方がよかったかも。かなり豆腐の味が強い一方で、シロップは薄めだったのであまりデザート感がありませんでした。
次回は冷たい豆花を注文することにします。

豆花を食べた後は、また歩いてホテルに戻りました。行きよりも帰りの方が近く感じるのはなぜなんでしょうね・・・
ホテルに到着してから、オットは行きに目をつけていたお店に出かけていきました。

P3010382s.jpg

ホテルからすぐ近くにあったお店ですが、開店してから1週間たったか、というところだったようです。

P2280380s.jpg

黒板メニュー。最近のIPA人気と異なり、かなりドイツ風な品そろえのようです。

P2280379s.jpg

オットに感想を聞いたところ、「まあ、フツー」というところでした。鼎泰豊本店の後に行ったビール店が好印象だったこともありますが、あまりインパクトはなかった模様。(ビール好きは結構ウルサイ)
店内には日本人の女子が集まって女子会を開いていたそうです。最近は都内のブルワリーパブでも本当に女性客を多く見るようになりましたが、ビール人気は台北でも同様なのかもしれませんね。

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

お江戸深川さくらまつり 

さくらまつりの期間と、桜の開花のタイミングがずれることが多いのですが、今年は週末賑わっていました。
買い物の途中、スマホで撮影。橋の上から写真を撮る人がたくさんいました。

IMG_0466 (500x375)

門前仲町大横川沿いの桜。桜の木の枝が水面近くまでせり出しています。

IMG_0464 (450x600)


週末は和舟が出るので、川から桜を楽しむことが出来ます。

IMG_0468 (450x600)


桜と和舟、まさに「お江戸」な組み合わせですね。

テーマ: お花見

ジャンル: 日記

[edit]