04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

3日目・サンデーブランチ(ブルーノート) 

3日目は日曜日だったので、ブルーノートのサンデーブランチへ。

P1154653s.jpg


天気は良かったのですが、この日は最高気温マイナス4度、最低気温マイナス9度でした。

P1154654s.jpg


イヤーマフをして、マフラーぐるぐる巻きの防寒体制で出かけましたが外の空気は寒かったです・・・。

P1154648s.jpg

P1154650s.jpg

ブルーノートの店内。開場時間前に到着したので、ステージ近くのテーブルに案内されました。

P1154608s.jpg


まずは食前酒。ミモザを注文しました。

P1154610s.jpg

ステージを眺めながら、ゆっくりアルコールをいただきます。

P1154614s.jpg

食事はオムレツとハッシュポテトを選択。音楽を楽しむのが目的なので、雰囲気重視で味はまあ気にせず・・・。ボリュームはありました。

P1154626s.jpg

この日はボーカル中心のコンサートでした。ステージからすぐ近くの席に座っていたので、迫力があって演奏も楽しめました。
初ニューヨークでジャズの雰囲気を楽しむ、というツマのようなジャズ初心者な観光客にはぴったりだと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

2日目夜・ブルワリー散策その2(Other Half Brewing Company) 

ブルックリン・ブルワリーを出た後、地下鉄を乗り継いでブルックリンにある別のブルワリーに行きました。
Smith-9th streetという駅を降りたところにあるのですが、かなり暗い倉庫街でGoogleマップのお世話になりながらなんとか目的地に到着。

P1144603s.jpg

こちらがそのブルワリー、”Other Half Brewing Company"(アザー・ハーフ・ブルーイングカンパニー)です。
割と最近(2014年らしいです)にオープンしたブルワリーですが、とても人気があるお店なのだそうです。こちらで作っているビールは日本では飲めないということで、今回のオットのNYブルワリー探索に組み込まれていました。

P1144595s.jpg

以前は、小さなタップルームで立ち飲み形式だったそうですが、最近新しいテイスティングルームが出来、ワレワレはタイミングよく新しいテイスティングルームを体験できたという次第です。

P1144601s.jpg

ずらっと並ぶドラフト(樽生)ビールの黒板メニュー。ビール好きにはたまらないでしょうねえ・・・。

P1144593s.jpg


テイスティングサイズがあるので、何種類でも味比べができるようです。

P1144598s.jpg

P1144599s.jpg

テイスティングルームの奥には、ビール醸造所がありました。かなり手作り感がありますね。

P1144600s.jpg

テイスティング・ルームでは、席に座ったり、立ち飲みしたりとビール好きな面々が思い思いにビールを楽しんでいました。
ブルックリン・ブルワリーよりもさらにビールマニアが集まっているような雰囲気がありました。NY初日でしっかりブルワリー巡りを行い、翌日以降はオペラ、ミュージカルを楽しむ予定です。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

2日目夕方・ブルックリンブルワリーで工場見学 

ニューヨークで宿泊するホテルにチェックインし、一休みしてから地下鉄に乗ってウィリアムズバーグに向かいました。

目的地はこちらです。

P1144591s.jpg

ニューヨークのクラフトビール、ブルックリン・ブルワリー(写真は帰る時に撮ったので、外は真っ暗です)。
週末には、無料のファクトリーツアー(ビールの工場見学ですね)が開催されるということで、これに参加しようとやってきました。
入り口で並んで、無料ツアーの整理券を入手してから建物内に入ると、

P1144586s.jpg

入り口で巨大なタンクがお出迎え。
タンクの左手がテイスティングルームです。

P1144566s.jpg

かなり広いエリアでしたが、中ではビールを楽しむ人たちで混雑していました。

P1144560s.jpg

ブルックリン・ブルワリーの各種ビールがずらっと並んでいます。オットも飲んだことのない種類がいろいろあったとか。

P1144564s.jpg

カウンターでは、ビールを注文する人で行列が出来ていました。ファクトリーツアーの時間まで1時間以上あったので、ここでビールを飲んで見学時間を待つことに。グループでビールを飲みに来ている人が多かったです。

P1144572s.jpg

ツアー開始時刻になり、集合場所であるビールタンク前に集まってからいよいよツアー開始。といっても、冒頭でビールの説明を行った後は解散というとても単純な流れでした。無料だとこの程度なのかもしれません。

社員によるブルワリーの説明が終わった後で、工場内の写真を撮りました。

P1144580s.jpg

P1144581s.jpg

工場内もあまり中には入れず、入り口のところから写真を撮ったのみでした。じっくり工場内を見学したい場合は、ウィークデイの有料ツアーに参加するのがよいと思います。

ファクトリーツアーを終えた後、外に出た時点ですっかり真っ暗になっていました。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

2日目・アムトラック(AMTRAK)でニューヨークに移動 

国会議事堂の散策からホテルに戻り、朝9時頃にチェックアウトしてユニオン・ステーションに向かいます。

P1130022s.jpg


ワシントンDCで1泊したホテル。ユニオン・ステーションに歩いてすぐの場所にありました。
翌日には列車でニューヨークに移動する日程だったので、駅チカのホテルにして正解でした。

P1138683s.jpg

宿泊した部屋です。落ち着いた内装で、居心地のよい部屋でした。1泊だけというのが残念な感じです。

P1134546s.jpg

ユニオン・ステーション。ヨーロッパも大きな鉄道駅がありましたが、ここも巨大な建物でした。

P1134551s.jpg


建物外の屋根付きの回廊。

P1134553s.jpg


駅のメインホール。古典様式で、天井が高くてとても素敵な雰囲気です。

P1134557s.jpg

アムトラック(AMTRAK)乗り場に向かいます。時間に余裕があれば、駅構内の建物をゆっくり見て回りたかったのですが、出発時間があるので写真だけ撮りました。

途中、売店で朝食のサンドイッチや飲み物などを購入し、駅ホームに向かうと大勢の人でごった返していました。

P1138712s.jpg

コーチ(普通座席)で2人並びの席を確保して一安心。後は列車に乗って、ニューヨークのペンシルバニア・ステーション、通称「ペン・ステーション」に着くだけのはずだったのですが・・・。

ニューヨーク近くのニューアーク近辺で、列車が減速し始めて停車してしまいました。
一瞬、車内が騒然としましたが、しばらくするとアナウンスが入りました。なんと、ニューアークで線路近辺にある空きビルで火災が発生し、その影響でアムトラックの上下線が運転見合わせになったとのこと。あともうちょっとで終点なのに・・・という状況でしたが、運転再開まで待つしかありません。
その後、ニューアークで足止めされた別の列車の乗客が乗り込んできて、ようやく運転が再開されました。

P1148716s.jpg

14時過ぎに、ペン・ステーションに到着。当初予定よりも1時間は遅れたことになります。
ついにニューヨーク、マンハッタンに到着したのですが、二人ともかなりお疲れモードでソフトキャリーを引きながら地下鉄に乗ってホテル最寄の駅に向かいました。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

2日目朝・国会議事堂周辺を散歩 

2日目朝。朝9時25分ワシントン発のアムトラックでニューヨークに向かうので、朝ちょっとだけホテル周辺を散策。

P1134530s.jpg

国会議事堂の正面側まで歩いてみることにしました。こちらの写真は国会議事堂の東側。正面は西側にあります。

P1134538s.jpg

てくてく歩いて、建物西側に出ると、遠くにワシントン記念塔が見えました。
日中は観光客が大勢いましたが、流石に朝はガラガラ。加えてこの日は冷え込んでいました。

P1134532s.jpg

さらに記念塔の方まで階段を下りて行ったところで、振り返ると国会議事堂が見えます。
あまり時間に余裕がなかったので、このあたりで戻ることにしました。

P1130011s.jpg


国会議事堂の方に戻る途中で、学生の集団と一緒になりました。
引率の先生らしき人がいたので、学校の行事だったのか、はたまた日本でいうところの修学旅行だったのか?
朝から賑やかなのは、若さ故でしょうか。

P1134539s.jpg

国会議事堂の正面。アメリカ国旗がたなびいていました。
曇天でちょっと暗めだったのが残念です。白い建物なので、青空の下だととても映えたと思いますが、この日は寒々としていました。

何枚か写真を撮り、ホテルに戻る途中で灰色リスを発見。

P1130017s.jpg

ベンチの背のところで食事中。結構大きくて丸々としていました。健康状態も良さそうです。

P1134543s.jpg

リスも人に慣れているのか、ワレワレが近くに寄っても逃げたりしませんでした。
初めのうちはリスを見つけては「写真、写真」と騒いでいたツマでしたが、公園内あちこちでリスが走り回っているのを見て「・・・・」。公園内にこんなに沢山のリスがいるとは思いませんでした。

ホテルに戻ってチェックアウトした後は、いよいよアムトラックでニューヨークに移動です。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]