10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

3日目:フォルクスフェスト・祝祭用の馬車と馬 

ミュンヘンのオクトーバーフェストでは、ビール樽を積んだ馬車とそれをひく馬を会場で見かけました。
シュトゥットガルトのフォルクスフェストは、、、と思ったらやはりいました。

P9253251s.jpg

ビールテントの手前で、馬車と馬が整列していました。

P9253255s.jpg

整列していた馬たち。きっちりと正装しています。競馬で見る競走馬と比べると、体つきがかなりがっちりして大型です。

P9253274s.jpg

花で綺麗に飾りつけられたビール樽を乗せた祝祭用の馬車です。
この馬車は”Stuttgarter Hofbräu” という地元のビール会社のものでした。

P9253262s.jpg

こちらの馬たちは、グリーン色主体の飾りつけでした。

P9253266s.jpg

結構大人しく並んでいます。前髪(というんでしょうか)が長くて、馬の顔がよく見えません。。。

P9253267s.jpg

”Schwaben Bräu” の祝祭用の馬車でした。

P9253269s.jpg

こちらはすべて白馬。

P9253268s.jpg

馬が二頭、頭を寄せ合って何を相談しているんでしょうか?
こちらの馬たちは、可愛い帽子をかぶっていました。帽子には、ちゃんと耳の形をしたカバーまでついていてラブリー。

P9253271s.jpg

ビール樽の飾りつけも、白い花主体になっていました。テーマカラーは白と赤でしょうか?
こちらは ”Dinkelacker”という会社みたいです。

フォルクスフェストに出ているビールは、地元のビール会社なんだそうですが、オットも「シュトゥットガルトのビールは不勉強」とのことでした。あともう一つ、”Fursternberg”という会社も参加しているのですが、祝祭用の馬車の写真はありませんでした。
この時に馬車がいたのかも定かではありませんが・・・撮り忘れたのかな?

どの馬も見物客に頭をなでられても動じることなく、落ち着いていました。結構人に慣れているという印象です。

この日は本当に天気で、長袖シャツでは暑い位の陽気でした。お天気の日の写真撮影は最高です。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

3日目:シュトゥットガルトのビール祭り「カンシュタット・フォルクスフェスト」 

ドイツのビール祭りといえば、ミュンヘンのオクトーバーフェスト。
日本では、オクトーバーフェストほど知られていませんが(というか、全く知られていないと思います)、ここシュトゥットガルトでもドイツで二番目の規模のビール祭りがあるそうです(情報源はもちろんオット)。今回は、シュトゥットガルトのビール祭りの日程に合わせた旅行日程となりました。

シュトゥットガルトのビール祭りは、「カンシュタット・フォルクスフェスト」というそうです。元々は、1818年の大飢饉の後に行われた収穫感謝祭として始まったそうです。それがどこからビール祭りになったのかは??ですが・・・。

ビール祭りの会場最寄の駅に到着。

P9253243s.jpg

平日月曜日のお昼過ぎだったので、それほど混んでいないと思いきや、駅構内はガラガラ。
オクトーバーフェストとは大分様子が違います。

オット曰く、HPを見ても会場の場所(入口)がよくわからないということだったので、会場に向かう人に付いていこうと思っていたのですがそれらしき人は皆無。「だいたいこちらの方角だろう」と目星をつけて歩くこと15分ほどで、このような看板を見つけました。

P9253244s.jpg


確かに祭りは開催されているらしい、とちょっと安心して周囲をキョロキョロ見回したところ、民族衣装を着た一団を発見。
なんとか会場入り口にたどり着きました。

P9253246a.jpg


入口からちょっと先に、大きくてカラフルな柱が見えます。

P9253247a.jpg


柱のすぐ近くに行ってみました。花や野菜や穀物をモチーフとした柱になっています。これはフルフトゾイレと呼ばれる「収穫の柱」で会場の中心になっているそうです。

P9253309s.jpg

会場内はとても広くて、巨大なビールテントがあったり、

P9250077s.jpg

仮設の遊園地、ジェットコースターに様々なお店が出ています。

P9253298s.jpg

巨大な観覧車も。これらはすべてこの2週間のビール祭りのために設置されたもので、お祭りの後は解体されるとオットに聞いてびっくり。

P9253284s.jpg


かなり巨大な観覧車ですが、ほとんど乗る人はいませんでした。平日のお昼だからだとは思いますが・・・。

P9253307s.jpg


こういう(なんて名称なんでしょうか?)高所恐怖症にとっては悪夢のようなアトラクションも2週間後には終了とは。

P9253303s.jpg

ビールテントも、趣向を凝らした立派なものです。

P9253302s.jpg

P9253300s.jpg

1000人は楽に収容できるサイズですが、これが仮設の建物だとは・・・。オットには「オクトーバーフェストだって同じく期間限定だ」と言われました。ビール祭りにかける情熱?にはただびっくりするツマでした。
これだけお金をかけても、2週間のお祭り期間で元がとれるということなんでしょうか。

とにかく広い会場内をあちこち歩き回りました。(続きます)

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

3日目:シュトゥットガルト最古の教会へ 

宮殿広場をさらに進み、建物のアーチをくぐったところで広場に出ました。

P9253233s.jpg

ガイドブックによると、シラー広場(Schillerplatz)という広場らしいです。
帰国後にネットで調べたところ、ここシラー広場はシュトゥットガルトのクリスマスマーケットが開催される場所とか。

P9250058s.jpg

広場に面したところに、古そうな教会がありました。あまり時間の余裕がなかったのですが、ちょっとだけ中に入ってみることにしました。

P9250061s.jpg

ちょっと方角を変えてもう一枚。最初の写真だと、教会に2種類の塔があることがわかりますが、こちらの写真だと奥にある時計付きの塔は見えませんね。

P9253236s.jpg

外観は古そうでしたが、中に入ってみるとなかなかモダンな造りでした。
天井から下がっている3角のガラス板は、音響効果のためにあるのでしょうか?似たようなものがコンサートホールにあったような記憶があります。

P9250066s.jpg


この教会も、第二次世界大戦で破壊された後に修復して今の姿になったそうです。
教会自体は、12世紀頃に建てられたものでシュトゥットガルトで最古の教会とのこと。時間があれば、教会内の無料ツアーに参加できたはずですが、この日は午後から予定があるので残念ながら見送りました。

P9253237s.jpg

宮殿広場に戻りました。かなり広い場所で、広場を横断してケーニヒ通りに戻るまでかなり距離がありました。
天気も良く、ベンチに座ってのんびりしている人を多く見かけました。こういう場所だったら、飲み物を片手にひなたぼっこで寛げそうです。

P9253241s.jpg

ケーニス通りに出て、中央駅に向かいます。駅の建物の上には、日本でもおなじみのベンツのマーク。
中央駅から電車に乗って、今回のシュトゥットガルトの目的であるビール祭り会場に向かいます。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

3日目:シュトゥットガルト中心部を散策 

午後はビール祭りの会場に行く予定だったので、その前に駅前から目抜き通りをちょっとだけ散策しました。

P9253217s.jpg

メインストリート、ケーニス通り。歩行者天国になっていて、通りの両側にはレストラン、デパート、ファッションブティック等々のお店がずらっと続きます。いかにもヨーロッパな雰囲気のある通りです。

P9253220s.jpg

500mほど歩くと、広い広場に出ました。ギリシャ風?な巨大な建物の中はショッピングセンターのようです。

P9253225s.jpg

建物前のオープンカフェで寛ぐ人たち。平日の午前中だったので結構すいていましたが、週末になると混み合いそうです。

P9253222s.jpg

砂で犬(多分、ラブラドールだと思います)のオブジェを作る芸術家。

P9253228s.jpg

アコーディオン(奏者の背後から撮っているのでわかりにくいですが)奏者。

P9250051s.jpg

広々とした宮殿広場。奥に見えるのは新宮殿。現在は州政府(シュトゥットガルトは、バーデンヴェルテンベルク州の州都)として使用されているそうです。

P9250056s.jpg

広場前から中央駅方面を見ると、ここからも駅にあるベンツのマークがよく見えました。この写真のサイズではわかりにくいですが、駅の建物の上にベンツのマークがついています。

お天気で、長袖を着ていると汗ばむような陽気でした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

3日目:フランクフルトからシュトゥットガルトに移動 

フランクフルトも一泊という短時間滞在で、3日目は午前中に列車でシュトゥットガルトに移動。

P9258401s.jpg


フランクフルトで宿泊したホテル。駅チカ、というか、駅を出て大通りを渡った駅反対側にあるので短時間滞在にはとても便利でした。
ホテル自体はかなり古めですが、1階フロント近くのロビーではコーヒーやケーキ類がフリーなのはうれしい。フランクフルトに到着し、オットがチェックイン手続きをしている間にフルーツケーキとコーヒーで一休みしました。

P9258398s.jpg

朝食を取りにレストランに行ったら、朝食をとっている宿泊客の大半は中国人でした。客室内に、中国語で書かれたフランクフルトでのお買い物冊子が置いてあったので、中国人旅行客がよく使うホテルだったようです。朝から賑やかに中国語が飛び交っていて、一瞬ここはどこの国?と思いました。

P9258402s.jpg

フランクフルト中央駅は、通勤客で混雑していました。ちょうど通勤時間だったようです。混雑している、といっても東京の朝の通勤ラッシュのようなすさまじさはありませんが・・・。

P9258403s.jpg

フランクフルトの正式名称は、”Frankfurt am Main(マイン河湖畔のフランクフルト)”だと「地球の歩き方」に記述がありました。駅名を見ると確かにその通り。

P9258406s.jpg

朝9時5分発のICEに乗ってシュトゥットガルトに向かいます。定刻より若干遅れて列車が到着。この列車も鼻の部分が泥で汚れていました。日本の新幹線は、古めの車両は見かけますが、みなよく清掃されていて綺麗だったような・・・このあたりもお国柄でしょうか?

P9258408s.jpg

シュトゥットガルト中央駅に到着。旅行者が大量に降りてホームを移動中。

P9250043s.jpg

シュトゥットガルト中央駅にそびえたつベンツのマーク。市内にはベンツ博物館やポルシェ博物館があるので、車好きにとっては楽園でしょうね。(今回のワレワレの目当てはビール祭りでしたが)

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]