06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

tREntottoの”激”海老死スパゲッティを味わう 

今年のGWは、遠出せずまったりとしておりました。
自宅キッチンの収納を改善したり、重い腰をあげてベランダ掃除をし、カトレア達をベランダに出して日光浴させたり、冷凍庫満載状態だった冷凍食品(ふるさと納税のお礼の品の数々)を使ったり・・・とまあツマなりに充実した日々でした。
一方のオットは、ダイビングに行ったりゴルフ観戦に行ったり、目黒の自然教育園で昆虫の写真撮影、とこちらはアウトドアーな休日。かなり行動様式が対照的なフウフですが、連休中に連れ立ってご近所イタリアンへ。

P5059006s.jpg

福住にあるイタリアン、tREntottoです。入口にはただ「38」と記されているだけなので、初めて訪れる時はドアを開けるのにかなり勇気がいるところです。が、今の季節はこのようにドアをオープンにしているので多少はハードルが低いかも。

P5059009s.jpg


入り口には蚊取り線香の入れもの、昔から定番の「蚊取り豚」がお出迎え(笑)。

今回の目的は、オットが「名物の海老死スパゲッティを食べたい病」にかかり、その治療です。この病気にかかると、実物を口にしないと治りませんから・・・。カウンター席が2つ、後は2人用テーブルが2つ、と定員6名の小さなお店なので前日にしっかり予約をとって出かけました。

P5059019s.jpg

まずはボリュームたっぷりの日替わりお任せサラダをいただき、

P5059020s.jpg

名物の「海老死スパゲッティ」登場。メニューをよく見たら、「”激”海老死スパゲッティ」となっていましたので、さらにパワーアップしたものと思われます。「エビが多すぎて甲殻類致死量になるくらい」濃厚な出汁を使ったスパゲッティなので「海老死」という非常にユニークな名前がついていますが、出汁だけでなく海老本体もこのようにゴロゴロ。

P5059029s.jpg

濃厚な海老のエキスを吸ったパスタはただひたすらに美味。

P5059027s.jpg


そしてオットはイタリアンなリースリングを注文。結構濃い色で味もしっかりしていたそうです。

P5059012s.jpg

GW中でラム(羊)肉が品切れ、ということで今回は豚のリブロースを注文しました。
日替わりのメニューには、謎の生き物のイラストが・・・。脱力系でツマ好みな生き物です。

P5059033s.jpg

リブロースのグリル、登場。低温調理で作ったということで、中はほんのりとピンク色ですがしっかり火は通っています。

P5059035s.jpg


リブロースには、ピッツァイオーラソースを添えて。チーズが入って濃厚な味わいが豚ロースとよい組み合わせでした。
マッシュポテトもクリーミィで、料理のすべてにシェフのこだわりが感じられます。

あまりのおいしさに、途中でピザを追加注文。

P5059041s.jpg

チポッラというピザだそうです。山羊のチーズにオニオン、クリームと、トマトを使わないビザでした。
アルザスのタルトフランベをもっと濃厚にした味わいでしたが、パリパリとしたピザ生地にはtREntottoのこだわりを感じます。

P5059045s.jpg

とても薄くてパリパリして香ばしいピザでした。二人とも大満足。満腹状態で、のんびり歩いて帰宅しました。

ご近所にこのようなお店があるというのは、本当に幸せなことです。
スポンサーサイト

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

クナイペ ゲンゲンバッハ(名古屋駅) 

岐阜市、名古屋駅周辺とビール散策の梯子をして4軒目。
(昼食後から夜にかけて4軒も回るのかという突っ込みはさておき)

ワイ・マーケットの次に向かったのはドイツ料理のお店。オットが行きつけのドイツビールのお店常連さんからオススメされた「クナイペ・ゲンゲンバッハ」です。

P8128228s.jpg

いかにもドイツ風な店内。一歩足を踏み入れた時点で、南ドイツみたいなところだなと思いました。

P8128216s.jpg


ここでもやっぱりビールを注文。ドイツの修道院ビールとツマ用のシャンディガフ。ビールとジンジャーエールを半々で割った甘めなドリンクです。

P8128224s.jpg

こちらでは、料理もかなり本格的です。
鶏モモ肉をこんがりと焼き上げたソテー。芋のピューレとラズベリーソースでかなりフレンチ風な料理でした。

P8128227s.jpg


ツヴィーベルクーヘン、オニオンクリームパイです。
出来立てアツアツ、タルト生地のさくさくした食感と、こんがりと焼きあがったオニオンクリームがとても美味しい。
他にも色々と気になるメニューがありましたが、新幹線で東京に戻るためタイムアウト。次回のお楽しみとなりました。

相変わらずのビール散策ですが、名古屋方面の個性的なお店を満喫し、充実した半日でした。

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

お盆休みに鰻を味わう(岐阜県関市・辻屋) 

毎年8月のお盆の時期には、オット実家ではお坊さんにお経を読んでもらっています。今年はちょうど週末のタイミングだったので、フウフでオット実家に帰省しました。ワガヤはフウフ共にお盆の時期もカレンダー通りの休みなので、1泊して東京にとんぼ返りという日程になりましたが、東京に戻る前にあちこち寄り道してきました。

まずは、岐阜県関市の鰻。関市は刃物の町として有名で、お正月には刀匠による初打ち式の様子がNHKのニュースで放映されますが、それ以外に有名なのが鰻(といっても、結婚してから知りましたが)。市内には鰻専門店やうな丼を出すお店が多数あります。

P8128162s.jpg

P8128163s.jpg


150年の歴史のある老舗、「辻屋」です。鰻専門店では「しげ吉」が人気なのですが、場所がちょっと離れていて車で行って待つ必要があるので、今回は市内商店街にある「辻屋」にしました。こちらに来るのは3回目。

P8128158s.jpg

開店の11時に行ったところ、既に長蛇の列ができていました。開店前に並んでいた第一陣は店内に入った模様。30分ほどで店内に案内されました。鰻を注文して待つこと20分ほどでお目当てのうな丼が登場。

P8128164s.jpg

P8128168s.jpg

うな丼は関西風で蒸さずに焼き上げる地焼き。パリっとして香ばしい鰻です。ごはん少な目でお願いしたのですが、結構なボリュームです。タレは濃くてちょっと辛めでした。
以前はうな丼のご飯の中にも鰻が入っていたのですが、最近の鰻の価格の高騰のためか、ご飯の上に乗っているだけになりました。ご飯を食べ進めると、中から鰻のかば焼きが顔を出す、という楽しみがなくなって残念な限り。

といいつつも美味しくいただきました。

P8128153s.jpg

関市のふるさと納税でいただいた「お食事券」。鰻専門店5店で利用できます。今回活用してきました。

食後に外に出たところ、相変わらず行列が続いていました。お盆の時期には、帰省してきた人で非常に混み合うようです。
次回は他のお店にも行って味比べしたいところです。

テーマ: こんなお店行きました

ジャンル: グルメ

[edit]

CICADA(表参道)で週末ランチ 

5月から7月中旬まで、外部研修に参加していたツマ。毎週末は宿題に追われていたのですが、ようやく研修も終了しました。
心やすらかな週末を迎え、久しぶりに妹達と週末ランチを楽しみました。

P7168113s.jpg

場所は表参道。大通りから一本奥に入った通りにある、雰囲気のあるお店です。
地中海料理のお店でした。

P7168114s.jpg

11時半過ぎにお店に入ったところ、店内はほぼ満席でした。注文後、おしゃべりをしているうちにどんどんお客さんが入ってきて満席に。人気のあるお店なんですね。
夏バテ気味でもあったので、ノンアルコールでラズベリースカッシュを頼みました。

週末は、ランチコースかアラカルトからの選択となります。結構ボリュームがあるということだったので、アラカルトで前菜2種類、魚系と肉系メインを注文し、3名でシェアしました。

P7168116s.jpg

前菜その1、ひよこ豆のディップ。いっしょについてくるフラットブレットが素朴な味わいで美味しい。

P7168119s.jpg

前菜その2、チキンケフタ、ヨーグルトとビーツのピンク色のソースをつけていただきます。
ケフタって何だろう?といいつつ注文したところ、チキンのミートボール(揚)でした。

P7168123s.jpg


魚は3人で悩んだ結果、ホタテ貝のクリームリゾットにしました。
ホタテ貝の貝柱が巨大で、リゾットもクリーム風味でこってり濃厚、ボリュームのある一品でした。

P7168124s.jpg

お肉。骨付き仔羊肉のグリル。1本追加して、3本をひとりずつ。
羊臭さがなく、柔らかくて美味しい肉でした。しっかり表面が焼かれていて香ばしく、食べやすかったです。

P7168130 s


デザートとコーヒーで終了。久しぶりにパンナコッタをいただきました。添えてあるフルーツはマンゴーです。
トロピカルで美味しかったのですが、ボリュームたっぷり。

結局、飲み物抜きでランチコースを頼んだ場合とほぼ同額でした。
おしゃれな雰囲気のお店でおしゃべりを楽しみましたが、こういうお店の週末ランチはかなりお高いですね(汗)。
このところ籠っていたので、久しぶりにセレブなランチタイムのひと時でした。

テーマ: 東京のグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

伊万里 櫓庵治 銀座店 

銀座にある、伊万里牛のお店でランチを楽しんできました。
伊万里の特産品を食材に使った料理がいただけるレストランです。

P6238075s.jpg

ふるさと納税で、佐賀県伊万里市に寄付した時のお礼の品が、このお店の「スペシャルランチ」でした。
伊万里には、大分前(ブログの過去記事を見たところ、2008年2月)に旅行に行ったことがあります。

P6238054s.jpg

鉄板の前のカウンター席に案内されました。
まずは前菜の盛り合わせから。

P6238060s.jpg


冷製スープ。この日はズッキーニを使ったスープでした。

P6238063s.jpg

温物 餡かけ茶碗蒸し。

P6238065s.jpg

目の前でお肉が焼きあがります。

P6238068s.jpg

フウフでもも肉とサーロインを注文し、シェアしました。
ミディアムレア、ほんのりと桜色の焼き加減。美味でございます・・・。

P6238071s.jpg

銀シャリと味噌汁、香の物とあわせて。お米は伊万里のお米「ひのひかり」。もっちりとして美味しいご飯です。
味噌汁は、九州の麦みそを使っています。麦みその甘みが気に入って、自宅でもフンドーキンの麦みそを愛用している位なのでお店の人にしっかりアピール(?)しました。

ご飯が美味しかったので、とお代わりしていたのはツマ位でした。
ご飯・味噌汁ともにお代わり無料でした。

P6238073s.jpg


デザートは葛餅と白玉ベースの和風仕立て。
コーヒーと一緒に。

スペシャルランチを満喫。ちなみに、この日のカウンター席はいずれもスペシャルランチ(=ふるさと納税のランチ)の人ばかりでした。ふるさと納税で人気のお店だったみたいです。
伊万里牛も柔らかくてとても美味しかったので、今度は本場で伊万里牛を満喫したいところです。

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]