FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ランチ@スカイレストラン634(MUSASHI) 

東京スカイツリーは、散歩の途中で見上げることは多々ありましたが中々訪れる機会がなく・・・。

1月になって初めてスカイツリーの展望台デッキから東京を見ることになりました。

P1120253s.jpg

地上345m、スカイツリー展望デッキにあるレストラン634(ムサシ)です。展望デッキで360度景色を眺めた後に、レストラン内でランチです。墨田区のふるさと納税の返礼品です。

P1120251s.jpg

窓から見える外の様子。当日は、あいにくと曇天だったので全体もやっとした感じでしたが、雨が降らないだけ良かったと思います。

ランチは「粋」コースでした。

P1120225s.jpg

アミューズ。クリーミィな蕪のムース。

P1120230s.jpg

前菜3種の盛り合わせ。盛り付けが和の世界です。
どれも繊細で美しいのですが、本当に一口サイズ。

P1120222s.jpg

フレンチだからワイン、なのでしょうがオットがまず選んだのは隅田川ブルーイングのビール。クラフトビール好きなオットらしい選択です。この後、魚料理にあわせて白ワインを頼んでましたが。

P1120224s.jpg


ツマはアップルタイザー。微発砲で、ちょっとアルコールっぽく見えますがノンアルコール飲料です。

メインは、魚料理、肉料理、野菜料理と限定(追加料金あり)の肉料理の中から選択します。

P1120244s.jpg

オットはサーモンとオマール海老のロースト。

P1120241s.jpg

ツマは国産地鶏のソテー。

どちらの料理も手が込んでいて、見た目にも綺麗でした。もう少しボリュームがあればいう事はありません。
50代になったワレワレがそう感じる位なので、若い男性なら物足りないでしょうね。

P1120250s.jpg

デザートは特製ブラマンジェ。メレンゲ状でふわふわになった泡をスプーンでひとさじすくうと、下にはブラマンジェが隠れていました。どれもこれも、繊細で美しい料理でした。

345mの上空の景色を見ながらの贅沢なランチ。貴重なひと時でした。

P1126070s.jpg

この日の展望デッキからみた東京。遠くを見ると、曇ってしまっているのが残念な限り。
ワガヤがどこにあるか、フウフで真剣に探してしまいました。(この写真には写っておりませんが・・・)
スポンサーサイト



テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

ビアビストロ Wasserfall(ワサファル)・渋谷 

ツマの誕生日お祝いでオットに連れて行ってもらったお店です。
場所は渋谷駅からすぐのところで、渋谷マークシティ近くにあるビルの4階にあります。かなり隠れ家的なお店で、事前に場所を確認しないと訪れることは難しいかと。散策してふらっと入れるような場所にはありません・・・。

P9299541s.jpg

ちょうどオクトーバーフェスト中の特別企画で、マス(1リットル)サイズ2000円という破格な価格設定でした。
当然ながら、オットはフェストビアを注文。

この日は、お任せコースでした。

P9299542s.jpg

前菜盛り合わせは、いかにもビールのアテにぴったり。右手のチーズは、ロディッジャーノというイタリアのチーズです。

P9299549s.jpg

ムール貝のヴルーテ。かなり濃厚な味わいでした。

P9299553s.jpg

ハンガリーのマンガリッツア豚と、イベリコベジョーダの味比べ。
マンガリッツア豚は初めて食べました。

P9299558s.jpg

オマール海老、築地水槽育ち(笑)だそうです。

P9299564s.jpg

オマール海老は、このような姿に変身して登場。シンプルにバターソテーでしたが、海老の身がプリプリして歯ごたえがあり、絶妙な味付けでした。

P9299561s.jpg


ビアビストロですが、ここはやはりワインでしょう(オットだけ)。

P9299575s.jpg

那須高原の仔山羊。ローズマリーが香ばしく、山羊臭さは全く感じませんでした。
赤身でさっぱりとしていましたが、肉質としては固めでしっかりとした味わいでした。

P9299576s.jpg


お肉には赤ワインを合わせて。

お任せコースはオットも初めてだったそうですが、素材をうまく使った調理法でどれも美味しくいただきました。
お酒も料理も楽しめて、ビール好きが集まるお店でした。アラカルトでも色々なメニューがありましたので、またオットに連れて行ってもらう予定です(一人で行くと迷子になりそうなので)。





テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

妹誕生日お祝い@L'AS 表参道 

8月下旬、妹の誕生日お祝いを名目に、ツマの姉妹で食事会を開催。
姉妹3人が集まり、賑やかな会となりました。

会場は、表参道にあるお洒落なフレンチレストラン、「L’AS」(ラス)。美味しいものアンテナの高い一番下の妹が見つけてきました。場所は、表参道の路地裏を歩いて10分近くというところで、妹について行ったので一人ではたどり着く自信はありません。。。

メニューは1コースおまかせのみ。どのテーブルにもテーブルに着いた時間差で同じ料理が出てくるのはなかなか面白いです。

P8259295s.jpg

初めはスイカと梅干のワンショット。ちょうど暑い日だったので、梅干しの酸味がさっぱりとして夏らしく感じました。

P8259296s.jpg

P8259298s.jpg

このお店のスペシャリテ、フォアグラのクリスピーサンド。
フォアグラとマンゴーの甘酸っぱさが予想外の美味しさでした。フォアグラ単体だとかなりコッテリとした味わいですが、マンゴーの甘さがフォアグラの脂っぽいところをほどよく中和している感じです。

それにしても、紙袋に入って登場したり、何よりもこの形状がユニークです。

P8259300s.jpg

季節野菜を使った冷製ポトフ。上にのっているのはオクラの花びら。口にしてみると、花びらなのにオクラの粘りがあって不思議な感じです。トマト味ですが、多少酸味が強く出ているように思えました。これもまた夏仕様。

P8259302s.jpg

イタリア産サマートリュフを贅沢に味わうためのポレンタ。
ポレンタ(トウモロコシの粉)は入念に練って滑らかな舌触り。半熟状のウズラの卵を崩しながら一緒に口にすると、クリーミィで濃厚な味わいです。

P8259305s.jpg

オマールエビのポワレ、カシューナッツソース
インゲンとオマールエビをカシューナッツソースで一緒にあえており、一緒に添えられているイチジクの甘みがよくマッチしていました。見た目にも綺麗で、ステキな一品でした。

P8259312s.jpg

鹿児島産薩摩赤鶏のロースト
セミドライトマトを使ったソースと一緒にいただきます。トマトの味が強く感じられました。これまた夏らしい味付けです。

P8259316s.jpg

お誕生日なので、すぐ下の妹が追加でバースディケーキを注文。
オーソドックスなショートケーキでしたが、クリームを使った飾りつけが可愛らしい。

P8259318s.jpg

デザートはアマゾンカカオのグラス。ベリー?のピューレと煮詰めたバルサミコソースと一緒に味わうようですが、ここはシンプルにカカオの味を楽しみたい感じです。

これだけの料理が出てきて5,400円。コストパフォーマンスが高いだけあって、店内は満席でした。
美味しい料理とおしゃべりを満喫して、大満足な誕生日会でした。

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

BRICK LANEでこだわりのハンバーガーを(名古屋) 

岐阜市内の”YELL!ALE!!GIFU”にて、クラフトビールとアジア系ランチを味わった後は、名鉄に乗って名古屋に向かいます。
名古屋駅を通過し、神宮前駅で降りて熱田神宮にお参り。

その後、名古屋駅に戻り、地下鉄駅一駅分を歩いてこれまた久しぶりにビアパブ、”BRICK LANE”に行ってみました。

P8129269s.jpg

お店オリジナルのグラスでビールを注文。イラストが可愛いです。

BRICK LANEでは、ハンドチョップ(手切り)で肉を細かく切ってハンバーガーのパティを作っています。
この日は、オットイチオシのハンバーガーをいただくことにしました。こちらのお店では、レギュラーサイズの他にもミニサイズがあります。お昼がちょっと遅めだったので、ベーシックなバーガーとチーズバーガーのミニサイズをそれぞれ注文。

P8129270s.jpg

じっくりとバンズに火を通しています。

P8129276s.jpg


ベーシックバーガー。

P8129279s.jpg


チーズバーガー。チェダーチーズがとろけていい感じになっています。

P8129280s.jpg

バーガー袋に入れて、ぱくっとかぶりつきます。
ミニサイズといいつつ、厚みがあって具沢山なのでかなり大きく口を開けて食べる必要あり。

ハンドチョップミートのパティは、肉肉しくてひき肉とは違ってしっかり歯ごたえがあって食べ応えバッチリ。

P8129284s.jpg

この日は、アジアンランチにアメリカンなハンバーガーと、グローバル気分を味わった一日となりました。

テーマ: これは美味い!!

ジャンル: グルメ

[edit]

ビストロパブ・ロイヤルスコッツマン(神楽坂)は美味しい 

7月下旬の日曜日に久しぶりに神楽坂に出向きました。
(オットは平日夜に寄り道しているようですが・・・)

P7229206s.jpg

ロイヤルスコッツマンといえばブリュードック。ということでブリュードックのTシャツを着用したオット。
注文したのももちろんブリュードックのビールです。

ちなみに、ワガヤにはこのようなビール系Tシャツが多々あります。昔はギネスのTシャツ位でしたが、最近はクラフトビール人気?で種類が増えたようです。

P7229217s.jpg


この日は、美味しい肉メニュー目当てでした。ランプ肉のステーキは、ほんのりミディアムレアでよい焼き上がりでした。
バルサミコソースとも相性バッチリ。最近は霜降り肉を食べると翌日胸焼けがする深川フウフですが、赤身のお肉は得意です。

P7229208s.jpg

とはいっても、肉ばかりではバランスが悪いので、グリーンサラダも注文。野菜にもこだわりがあって、単なるグリーンサラダではありません。

P7229211s.jpg


バランスをとるため、お魚も注文。自家製オイルサーディンは骨まで食べられます。

P7229221s.jpg

この日は日曜日だったので、日曜日限定の「サンデーロースト」がありました。
勢いあまって?これも注文。(食べすぎな感が・・・)
ローストビーフにビーンズ、マッシュポテトにヨークシャープディング、とまさにイギリスのパブ飯です。
一人だったらこれ一皿でお腹いっぱいになります。

P7229220s.jpg


ロイヤルスコッツマン店内。イチローズモルトの秩父蒸留所のウイスキー樽のテーブルが渋い感じです。
一瞬、お客さんがいなかったので1枚撮りましたが、その後次々と人が入って満席になりました。

P7229228s.jpg


この日は、ビール以外にジンを注文。
アルケミエ辰巳蒸留所という、岐阜県は郡上八幡にある蒸留所で作っているものだそうです。ラベンダーを漬け込んでいるということで、グラスに鼻を近づけてみたらたしかにほんのりとラベンダーの香りがしました。
色々と個性的なお酒もあるものですね・・・。

ツマは香りだけ楽しみ、後は美味しい料理の数々を満喫。荒海ホタテにビストロパブ、美味しい週末でした。

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]