FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

上海に来ています 

今年1年は、まとまった休みがとれない発言がオットから出たのですが、週末に
休みを1日つけて旅行に出ています。

s-P2243895.jpg

今回の2泊3日旅行は、上海となりました。
東京よりも気温が高く、お天気にも恵まれて短い時間であちこち活動中です。
とはいえ、週末の人出の多さを想定していなかったため、またまたかなりの
珍道中となりつつありますが・・・。

今回は、オット同行の家族旅行なので、オットの趣味である「ビール巡り」は
中国上海でも健在です。一体どこから情報を仕入れるのか、今回も上海市内の
Brewパブにも足を伸ばしています。

明日にはもう帰国となりますが、これからあと展望台からの夜景撮影など、
楽しんできます。
スポンサーサイト



[edit]

上海 外灘(バンド) 

2泊3日の上海旅行から戻り、また日常生活に戻っています。
今回は、上海の空港で受けた肩マッサージが強かったのが原因か、帰りの飛行機
でツマ右側のクビに違和感を感じ・・・その夜からクビが痛くなって湿布生活です。

大分症状も軽くなってきて、ようやく写真を取り込んで旅行記録をまとめる余裕
が出てきました。それまでは、クビがまわらず、突っ張った感があって何もする
気がしない状態で(涙)。まだまだ油断は禁物ですが。

s-P2233830.jpg


前回の上海旅行に引き続き、今回も2泊3日の短い旅行です。共働きの深川フウフ、
まとまった休み以外は、週末にプラス1日休みの3日間コースが通常パターンになり
つつあります。もっとも、今年はオット業務多忙につき、まとまった休み自体が
ほぼ無理な状況になりつつあります・・・。今年は2泊3日パターンが多くなる予感。

今回も、オットチョイスで宿泊ホテルは外灘(バンド)近辺となりました。
朝のANA便で羽田から上海の虹橋空港に到着し、タクシーでホテルに直行。チェック
インを済ませてから、ちょっと外灘周辺を散歩しました。

土曜日で穏やかな天気だったこともあってか、川沿いの外灘遊歩道は人でいっぱい。

s-P2233833.jpg

s-P2233834.jpg


おなじみのテレビ塔。今回は、テレビ塔の中球部分まで登って、夜景写真を撮って
きました。フウフ二人で、ミラーレス2台とコンデジ1台持参のワガヤ・・・。最近、
オットがダイビングでの海中写真撮影用にPENちゃんの弟分を購入。レンズが共有
できるので便利です。(その割にはツマは相変わらず腕は上がらず)

s-P2233835.jpg

川の対面、浦東側。相変わらず、ユニークな高層ビル群が並んでいます。
上海ヒルズのお隣は建設中の上海タワー(上海中心大厦)。次々と超高層ビルが
建設される様子には圧倒されます。パワフルですね。

写真では曇ったように見えますが、これで上海はお天気。ちょっと離れると、ビル
靄の中に入ってしまってよく見えません。北京同様に上海も日によってはマスクが
必要と事前に聞いていたのですが、上海滞在の3日間は幸いにもマスクのお世話に
なることはありませんでした。

1日目のこの後の予定を検討するため、写真を撮ってから一旦ホテルに戻りました。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

レ・スイート・オリエント外灘上海 

今回の上海滞在中に宿泊したホテルです。
前回と同じく、外灘(バンド)近辺にあるブティックホテルです。トリップアドバイザー
のコメントを参考にオットが選択。

s-P2243896.jpg


2010年にオープンした、比較的新しいホテルです。
日本人スタッフがいて、またチェックイン時の担当の女性も日本語OKでした。
オフシーズンだったこともあると思いますが、予約した部屋をアップグレードして
もらいました。

s-P1040881.jpg

スタイリッシュですが、シックな色合いでまとめられた落ち着いた室内です。
今まで出張等で宿泊したホテルよりもこじんまりとした広さでした。ビジネスホテル
のサイズといったところでしょうか。

s-P2243943.jpg

この部屋の一番のポイントはこのバスルーム。
右手は窓から眺めることのできる外灘の景色。左手は洗面台の鏡で、外の景色が
写りこんで広々と見えます。

ホテル宿泊客専用のラウンジが3Fにあり、いつでもコーヒーとクッキーが無料で
いただけます。15時からはアフタヌーンティタイムということで、一口サイズの
ケーキやブラウニーもありました。
ワガヤも、到着したその日のアフタヌーンティで、糖分補給しながらその日の
予定をのんびり検討したり、二日目も一旦ホテルに戻ってコーヒーブレーク、と
活用させていただきました。

地下鉄の豫園駅と南京東路駅(いずれも10号線)の中間に位置しており、最寄は
豫園駅で歩いて10分ほど。南京東路駅からも15分強かかりました。
ちょっと地下鉄の駅から離れている点がネックですが、居心地のよいホテルでした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

豫園 ランタン祭り(新春民族芸術灯会) 

ホテルを出て、歩いて豫園方面に向かいました。
豫園にある「南翔饅頭店」で混雑する前にちょっと早めに食事をしよう、その前
に豫園周辺のお店をぶらぶらしようと考えていたのですが・・・。

s-P2230267.jpg

豫園入口に到着。

s-P2230269.jpg

週末(土曜日)だけあって、大勢の人で賑わっていました。

s-P2233843.jpg

旧正月の飾りがまだ残っているんだなあとこの時はフウフ共に呑気に考えていた
のですが・・・

s-P2233844.jpg

なんと、豫園周辺は入場規制がひかれており、豫園商城内の中央にある南翔
饅頭店にはこのままでは入ることができないことが判明。
中に入るには、入場チケットを購入するしかない(規制は日曜日まででした)の
ですが、このチケットが大人一枚50元・・・。

s-P2233846.jpg

でも、チケットがないと中に入れず南翔饅頭店まで行けないので、二人で100元
払ってチケット購入。後から確認したところ、旧正月から豫園はランタン祭りで
賑わうそうで、最後の週末になると大混雑で入場規制をするようになったのだと
いうことでした。事前の情報収集ができておりませんでした・・・。

s-P2233857.jpg

チケットを購入して無事豫園商城内に入ったのですが、商城内も人で大混雑。
南翔饅頭店のある九曲橋も人、人、人・・・でごった返していました。
(暗くなってランタンに灯りがともると、さらに一層の混雑状態に・・・)

[edit]

豫園 南翔饅頭店 

前回(2011年春)の上海旅行に引き続き、今回もこちらのお店に行きました。
ガイドブックでは小籠包の美味しいお店は他にもあるようですが、そちらは次回
のお楽しみということで・・・。

ものすごい人混みをかきわけ、何とかお店正面までたどり着きました。
入場料を払って入るエリアは一方通行となっており、その流れで目的地まで行く
しかないので、前回よりも大分時間がかかったと思います。
もともと行列するお店なので、17時過ぎには到着して3階のフロアへ。17時過ぎの
時点で既に待っている人がいましたが、ちょうど2人席が空いたタイミングで到着
したらしく、すぐテーブルに通されました。

s-P1040885.jpg

s-P2230284.jpg

メニューを見ながら注文し、待つことしばし。
ワゴンで積み上げられた蒸篭が到着しました。

今回注文した小籠包は3種類。蟹味噌入り、海老入り、基本の豚肉入り。
豚肉入りは、ちょっと肉の味が強く感じました。上手く説明できませんが、しっかり
豚肉の味がしています。一方の海老入りは、海老のぷりぷり感もありますが比較的
あっさり目。蟹味噌入りは、蟹味噌の濃厚さと豚肉の味がうまく組み合わさっていて
一番バランスよく感じました。

s-P1040891.jpg


一緒に青菜の炒めモノも注文しました。野菜の歯ごたえがしっかり残っていて、
シンプルですがとても美味しい。炒め物はやはり中華が一番です。

s-P2230286.jpg

そして、今回もマツタケ入りスープをいただきました。
ごろんとマツタケが入っておりよい香りのするスープなのですが、あまり干貝柱
の味がしなかったみたいなのが残念。

s-P2230291.jpg

小籠包を味わい、せっかくだからランタンの写真も撮ろうと会計を済ませてお店
の外へ。18時を過ぎた時点で3階レストランは大行列でした。外もこの通り、
人で混みあっていました。

が、外に出た時点で混雑はもっとすごいことになっていました・・・。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]