04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

マルタ・ドイツ旅行 いよいよ最終日 

楽しかった旅行もいよいよ最終日。
この日は、ベルリンからオーストリア航空でウィーン経由で成田まで移動。
朝10時25分発のウィーン行きの飛行機に乗るため、ホテルを朝7時20分頃に
チェックアウト。

s-P1050728.jpg


早朝のベルリン。テレビ塔が朝靄で霞んで見えます。
お昼近くになると、すっかり澄み切った青空が広がるのですが、朝はだいたい
こんな感じでした。

Sバーンに乗って、アレキサンダープラッツ駅まで。
駅からは空港行きの急行バスに乗ります。空港まで一人2.6€なので二人で
500円ちょっとと、かなりお安い。

s-P1050731.jpg

これが空港行きのバス。”TXL”というのが目印です。
アレキサンダープラッツ駅からベルリン・テーゲル空港までだいたい35分ほど
で到着です。

s-P1050730.jpg

テーゲル空港のバス乗り場。
今回、マルタからベルリンに到着したのが夜の時間帯だったので、タクシー
でホテルまで直行しました。次回は多分・・・バスで移動でしょう。

テーゲル空港で朝食タイム。

s-P1050733.jpg

ツマの修行の成果で、スターアライアンス・ゴールドメンバの資格があるので
ちゃっかりルフトハンザのラウンジを使用。
土曜日の朝の時間帯だったからか、ラウンジ内はがらがら。

どーんとプレッツェルが置いてあるところなど、いかにもドイツ。

s-P1050735.jpg

オット、ラウンジにてドイツ最後のビール。
Becksのドラフトビールと、フランツィスカーナーのヴァイスビア。専用グラスまで
あるのを見て、オット満足そうでした。

日本橋にあるフランツィスカーナーの直営店に行ったことがありますが、ヴァイス
ビア500mlでお値段1500円ちょっと・・・。自分で購入すれば、だいたい半額位
ですが、それでも日本のフツーのビールと比べるとかなり高い。

それがラウンジでは飲み放題、フリーですからルフトハンザのラウンジはビール
好きにとっては魅惑の場所なんでしょうね。

s-P1050736.jpg

アルコールには縁のないツマは、カウンターでクマのグミを見つけてご満悦。
グミがドイツのお菓子だと後になって学習しましたが、写真のグミはおそらく
ハリボ(HARIBO)のゴールデンベアグミのはず。

関心のポイントはフウフで異なっていますが、それぞれラウンジを楽しんだ後
ウィーン経由で成田に到着。久しぶりのヨーロッパを満喫した旅行でした。

(その3ヶ月後に再度ミュンヘンに降り立つことになるとは思いませんでしたが・・)
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

Das Meisterstück  

オット自由研究その2。
ベルリン最終日の夜(つまり旅行最後の夜)に一人でいそいそと出かけた先です。

最近旅行に行くと、最終日はこのようにビールを探索するオットと、ホテルで荷造り
するツマ、のパターンになりつつあります・・・


s-P3080479.jpg

写真を見る限りは、オシャレなレストランみたいですが、ドイツでは珍しくクラフト
ビールを出すお店なのだそうです。

s-P1050718.jpg

レストランだけあって、シャレた内装。

s-P1050719.jpg


ずらっと並ぶビールの数々。ドイツのクラフトビールなのだとか。
こういう雰囲気は、東京都内のビアレストランと似てますね。

s-P1050714.jpg

s-P1050717.jpg

後でオットに聞いたところ、「ドイツで作ったIPAを飲んできた」そうです。
ドイツでビールといえば、昔から各地で作る伝統的なビールが中心だと思いますが
クラフトビールもあるんですね・・・。そういえば、ワインメインなイタリアはローマにも
クラフトビールのお店ってありました。

メニューには、ずらっと銘柄が並んでいたそうです。
もちろん初めて見たものばかり、だったとか。その中から選択するのは至難の業
だっただろうと思います。でも、わざわざドイツでクラフトビール飲まなくてもよかった
のではないか、とつい思ってしまうツマでした。
 

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

Ständige Vertretung (シュテンディゲ・フェアトレートゥング) 

ベルリン滞在中の、オット自由研究。
要は、旅行中ほぼお約束となっている「ビール飲み」探索ということです。

ベルリンに到着した2日目、夕食後ホテルに戻ってから単独行動。
一人でSバーンに乗って「ケルシュを飲める店」に行ってきたそうです。

s-P3070407.jpg

お店の名は”Ständige Vertretung” (シュテンディゲ・フェアトレートゥング、と読む
そうな。ドイツ語ってよくわからない・・・)、オットの話では、以前はボンにあった
お店がベルリンに移って来たとか。何でも、東西ドイツが統合した時に、政治の
中心がボンからベルリンに統一され、ボンからの民族大移動に伴いこのお店も
ベルリンにお引越し。

ベルリンでケルシュを飲めるお店で有名なのだそうです。
・・・一体このような話をどこで仕入れてくるのか、全く不明なのですが。オットの
ビール情報収集にかける情熱?にはあきれるばかりです。

s-P3070400.jpg

確かに、ケルシュのグラスに注いでいます。
独特な、ケルシュのグラスをいれるお盆(というかトレイ?)もケルンで見たもの
そのもの。各地方で独自のビールしか基本作らないドイツ、ケルシュはケルンの
ビールなのですが、どうやらケルンはボンのご近所なので、ボンではケルシュを
飲むらしい(オット談)。

s-P3070402.jpg

ベルリンの会社帰りらしき人々で賑わう店内。

確かにここではケルシュばかり出ています。
ベルリンですが、この店内は限りなくケルン(いや、ボンというべきか)。

s-P3070404.jpg


200mlの、この細長いケルシュのグラスもお久しぶりです。
そういえば、以前ケルンに行った際に記念品としてケルシュのグラスを買うのを
忘れたという思い出が・・・。

きっと近いうちに再度ケルンに行くのではないか、と予想されます。
その時は、もっと北のハンブルグにも行ってみたいものです。
(その前にドイツ語で片言でも意思疎通できるようになりたい)

s-P3070405.jpg

飲んだグラスの数分、コースターに線を書き込むのもやっぱりケルンと同じ。
どうやらオット、このお店ではケルシュを3杯楽しんだみたいです。600ml、だいたい
1パイント程度でしょうか。ドラフト(樽生)のケルシュは日本では滅多にお目にかかれ
ないので、さぞ美味しくいただいたことでしょう。

旅行中もマイペースでビールを探求するオットでした・・・。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

HOTEL 38 (ベルリン) 

今回のベルリン滞在中に宿泊したホテル。
博物館島にも歩いていける距離で、Sバーンのオラニエンブルグシュトラーセ駅も
すぐ、という観光に便利な場所にある小規模なホテルです。   
                                                                          s-P1050721.jpg

右手のガラスドアがホテルの入口。
入ったすぐがフロントになります。

s-P1050668.jpg

かなりこじんまりしていますが、清潔な室内。
ドイツでは、掛け布団を二つ折りにするのがお約束みたいですね。
旅行初日に一泊したフライジングのホテルもそうでした。

ベット右手に写っているのが、旅行先に持っていくソフトキャリーその1。ほぼ同じ
サイズ(若干小さめ)その2とワガヤの旅行は本当に軽装です。。ヨーロッパでは
列車移動が多く、かつ駅では階段を使うことも多いので、軽いソフトキャリーが便利
とワガヤではハードタイプのスーツケースを持っていくことは稀です。

s-P1050669.jpg

ベッドの足側。本当にコンパクトです。この部屋にはクローゼットはなく、壁にある
ハンガーに上着をかける程度のスペースしかありませんでした。日中は街中を
歩き、基本的には夜寝るだけの使用となりますので、観光に便利な立地であれば
あまり部屋にはこだわらないワガヤです。

s-P1050685.jpg


朝食はビュッフェタイプ。
大きなテーブルに宿泊客がそれぞれ席をとって自由に食事をとっています。
左手奥は最大4名が座れるソファエリアで、そこでの食事も自由です。
ワガヤ含め、だいたい8時過ぎに朝食をとる人が多く、ソファエリアはタイミングが
よければ・・・という感じでした。

s-P1050697.jpg

ドイツらしく、ハム類が豊富でした。
スクランブルエッグやソーセージ、チーズとフルーツ類など。クチコミサイトでも、朝食
は高評価。こじんまりとした個人経営のホテルだそうですが、観光には便利な場所
でした。

Hotel 38
Oranienburger Str. 38, ミッテ, 10117 ベルリン

[edit]

Brauhaus Mitte 

ブランデンブルグ門の写真を撮った後、食事をしたブルワリーレストランです。
アレキサンダープラッツ駅近くにあるお店でした。

s-P3060347.jpg

レストランは建物2階部分。

s-P3080476.jpg

ブラウハウスというだけあって、店内にはこのようにビールタンクが鎮座しています。
ここで作った自家醸造ビールと食事がいただけるという、ビール好きにはもってこい
のお店です。オットのチョイスしたレストランだから当然ですね・・。

s-P3080474.jpg

自家醸造ビールと、ベルリンでよく飲んだ「ベルリナーヴァイセ」を。
醸造ビールは、濁り具合からヴァイツェンだと思います。

アルコールに甘いシロップを加えたベルリナーヴァイセ、独特なビールでした。

s-P1050709.jpg


店内は英語メニューもあり、様々なドイツ料理(肉が多かった)が選べます。
ボリュームは普通(=ワレワレでも普通に完食できる)でした。

金曜日の夜だったので、早めにレストランに行ったところ予約なしでもテーブルは
ありました。ただし、それからあっという間に満席になったので地元でも人気のある
レストランなのだと思います。
観光客らしき人も見かけましたが、地元の人たちがビールと食事で賑やかに
盛り上がっていました。カジュアルで旅行客も訪れやすい場所だと思います。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]