FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

岐阜市のクラフトビール専門店、YELL!ALE!!GIFUへ 

8月お盆時期の週末、土日でオット実家に帰省した時に立ち寄りました。

P8129265s.jpg

昨年夏に訪れて以来、約1年ぶりです。
名古屋で人気のY・マーケットの直営店。名鉄岐阜駅から歩いて3分程度ですが、それでも夏の暑い時期は徒歩は厳しい・・・。

P8129254s.jpg

元ダンスホールだった店内。ちょうどお昼時で、店内はランチ&ビールを楽しむ人が結構いました。

P8129250s.jpg

真夏の一杯目。左側:湘南エール(サマーオレンジエール)、右側:Yマーケット(セッションIPA)。
暑い季節にはちょうどよい、爽やかやビールで乾杯。湘南エールはツマ用といいつつ半分はオットの胃の中に吸収されていきます。

P8129255s.jpg

ランチタイム、ビールを注文すると焼き餃子5つがもれなくサービスされるそうです(太っ腹)。
小ぶりでパリっと焼きあがった餃子、ビールとの相性バッチリ。ツマも、餃子と一緒に結構ビールを飲んでしまいました。

P8129257s.jpg

前回は関の鰻を食した後だったのでビールだけでしたが、今回はこちらでランチタイムです。
お店イチオシの「魯肉飯(ルーローハン)」。台湾ご飯ですが、醤油味が強めに感じました。ご飯とよく合います。

P8129261s.jpg

あっという間にセッションIPAを飲み終わったオット、悩んだ挙句スモールサイズのビールを複数注文。
スモールサイズは割高なので通常は避けるのですが、どうしても気になるビールを絞り切れなかったようです。
(最近お腹の形状についてツマから厳しくチェックを受けていることも理由だったようですが)

左側の、見た目ネクターっぽいのがYマーケットの新作ビール。右側の郡上八幡麦酒は、なかなか東京ではお目にかかれない少量生産ビールですが、オットが気に入っている味わいだそうです。

P8129260s.jpg


最後の樽で残り僅かだったこのビールは、3月末で営業を終了した木曽路ビールのペールエールに、以前は木曽路ビールでビールを作っていたYマーケットのブルワーの方がアレンジを加えて仕込んだものなのだとか。

クラフトビールにも、色々なストーリーがあるものですね・・・。

もう二度と味わえないビールということでツマも一口いただきましたが、ホップがかなり強めでペールエールというよりもIPAに近いと感じました。

P8129264s.jpg


お店の黒板メニューを眺めて、追加で海老チリを追加で注文。

P8129262s.jpg

プリプリした海老がたくさん入っているのですが、見た目からは感じられなかった予想以上な辛さにビックリ。
オットは気に入ったようですが、ちょっとツマには苦手な辛さで汗が吹き出しました。

こちらのお店では、Yマーケットの直営店ではありますが、Yマーケットに限らず国内のクラフトビールと、かなり独創的な中華が売りのようです。ワガヤの場合は、どうしても1年に1度くらいの頻度になってしまいますが(なんといっても岐阜市は遠い)、帰省の時の楽しみが増えて良かったです。
スポンサーサイト



テーマ: ビール

ジャンル: グルメ

[edit]

Y.MARKET BREWING(名古屋市) 

ビール巡りは岐阜から続けて3軒目。
(一体何時になったら東京に戻るつもりでしょうか・・・?)

BRICK LANEに続いて向かったのは、BRICK LANEと名古屋駅の途中にあるY.MARKETです。

P8128215s.jpg

お店入口。モダンでおしゃれな外観です。

P8128197s.jpg


ビルの後ろから見たところ。2階がキッチン、3階が「柳橋TERRACE」というバーベキューレストランになっています。
建物1階が醸造所。

17時半過ぎ頃に2階に行ってみたところ、お客さんでほぼ満席でした。
外のテーブルで1時間なら、ということで外ビール。

P8128199s.jpg

ここ(1階)で作っているビールをいただきました。
しばらくしたら、中でちょうど壁際の席が空きました、と案内されて室内に移動。混雑していて忙しそうでしたが、お店の人たちはとても親切でした。

P8128204s.jpg

P8128208s.jpg

軽く2品を注文。こちらのお店も食事メニューが豊富です。
キャベツのソテーは、「愛知県産鉄板アンチョビキャベツ」。ちょっとワレワレには塩味が強すぎたのが残念。

P8128203s.jpg


壁に貼ってあったこの日のビールリスト。夏向きの品揃えでした。寒い時期になったら、色の濃いビールも増えるんでしょうね。
冬の帰省の時に冬メニューを確認することになると思われます(確度高いデス)。

テーマ: ビール

ジャンル: グルメ

[edit]

BeerPub BRICK LANE(名古屋・伏見) 

岐阜市からJR東海道本線新快速に乗って名古屋駅に向かいました。
名古屋駅からは新幹線に乗って東京に戻るのですが、ここでも寄り道。

名古屋駅から地下道をてくてく歩いて名古屋駅から地下鉄で一駅先、伏見駅近くの出口に向かいます。
地下道出口から階段を登って外に出て、さらに歩くこと5分ほど。オフィス街の中にあるビルの1階が目的地。

P8122933s.jpg

ビアパブ、BRICK LANEです。

P8122932s.jpg

ここに来るのは2回目(オットは3回目)。過去の記録を探したのですが、ブログにUPするのを忘れた模様・・・。

P8128194s.jpg

P8128195s.jpg

アメリカンな雰囲気のある店内。

P8128196s.jpg


黒板には、この日のドラフトビールのメニューがずらり。
ハンバーガー(アメリカ仕様)が人気だそうですが、今回は久しぶりのご挨拶でビールのみいただきました。

P8128193s.jpg

久しぶり&わずか3回目の訪問だったというのに、店主はオットのことを覚えていたようでビックリ。
横浜関内にあるワイバーンさんつながり、かつ、東京からやってきたところが印象的だったのかもしれません。

ビールとおしゃべりを楽しんだ後、引き続き名古屋ビール巡り(巡礼?)へ。
オットに肉好き認定されているツマ、次回はお店自慢のハンバーガーを味わいたいと思います。

テーマ: ビール

ジャンル: グルメ

[edit]

YELL!ALE!!GIFU(岐阜市) 

関でうな丼を満喫した後は、関のバスターミナル駅からバスに乗って岐阜駅へ。
名鉄岐阜駅のバス停を降りて3分ほど歩いたところにある、ビアレストランに行きました。
岐阜駅近くで、国産のクラフトビールを樽生でいただけるという、まさにオット好みのお店でした。

P8128171s.jpg


YELL! ALE!! GIFU(エール・エール・ギフ)。名古屋でクラフトビールを作っているワイマーケットの系列。

P8128188s.jpg

ダンスホールだった建物をリノベーションして作ったお店は、周囲の建物の中に自然に溶け込んでいます。

P8128186s.jpg


天井の骨組みは、当時のものをそのまま利用しているそうです。天井が高くて広々とした空間が広がります。

P8128173s.jpg


中華料理も売りなのだそうですが、うな丼でお腹がいっぱいでしたのでビールのみ。
ビールグラスには、注文したビールの名前が貼ってあります。

写真左手の郡上八幡の「こぼこぼビール」。初めて聞く醸造所ですが、郡上八幡の小規模なブルワリーなのだとか。
郡上八幡というと、郡上みそ(これを使った豚汁は最高です)ですが、ビールも作っているんですね。
水が美味しいことでも有名なので、ビールも美味なのだろうなと思ったら想像以上のおいしさでした。

かなり甘めなビールでしたが、飲みやすくてとても美味しい。郡上八幡は、水も美味しいところなのでビールも美味しいのだと思います。オット曰く、小規模なブルワリーなので、東京にはほとんど出てこないビールなのだとか。

P8128180s.jpg


真夏にはちょっと重めのビールたちですが・・・。
メニューを見たところ、中部地方のクラフトビール中心の品揃えでした。

P8128187s.jpg

オット実家に帰省するときの楽しみが増えたのがうれしい限りです。
次回は食事メニューも楽しみたいと思います。

テーマ: ビール

ジャンル: グルメ

[edit]

休日ビアタイム@YONAYONA BEER WORKS(神田) 

連休中のお昼時、オットと久しぶりにヤッホーブルーイングのYONAYONAのお店へ。

P7178132s.jpg


東京メトロ銀座線、神田駅を出たところすぐにあります。お店の横が地下鉄出入り口なのですが、ここは最近工事中。

P7178133s.jpg

P7178134s.jpg

本日のお目当てはこちらの無濾過タイプのペールエール。柑橘系でグレープフルーツ系のフルーティな香りがあり、よなよなエールよりもほんのり苦味が感じられました。一日一樽、おひとりさまスモールサイズ1杯のみ。

P7178136s.jpg

YONAYONAのお店の食事メニューはどれもボリュームたっぷり。このグリーンサラダはハーフサイズですが、一人でこれを注文するとかなりお腹にたまります。グリーンサラダに、キノコのソテーにゴボウと南瓜のチップスが入っており、ドレッシングも酸味抑えて目で酸っぱいのが苦手なオットもお気に入り。

P7178140s.jpg

お店の看板メニュー、ローストチキン。これでクォーター(1/4)サイズ。鶏の皮までパリパリ香ばしく焼かれています。
これはダイナミックにガブッとかぶりつくのがオススメ(といいつつ、いちおうナイフとフォークで外せるところまでは頑張ります)。

P7178139s.jpg

「ビール屋さんの餃子は実は美味しい」というオットの意見に従い、初めて頼んだ「パクチー餃子」。パクチーとほんのり酸味のある醤油がかかっていて、夏にはピッタリ。餃子は予想よりも一つのサイズが大き目でこれも高評価。

P7178145s.jpg


「ブログ掲載用」というよくわからない理由でオットが注文した「インドの青鬼」。かなり苦いビールです。
おしゃれなビアグラスに入って登場。シュピゲラウのよなよな青鬼専用ビールグラスです。

半分以下まで飲むと、持ち手の形状(凹凸あり)でビールが攪拌されてまた泡が立つというグラスなのだとオットから説明を受けました。確かに隣で見ていると、持ち手近くまで飲んだ後にもまた泡が出ていました。

実はワガヤにもシュピゲラウのIPA用グラスがあります。この青鬼グラスと同じ形状なのですが、オリジナルはもっとガラスが薄くて洗ってうっかり割るんじゃないかと非常にヒヤヒヤする一品です。青鬼グラスはそれよりもガラスが厚めなので、もう少し安心して扱えそうです。ちなみに、お店で1つ2800円で購入可能でした。

限定無濾過ビールは明日18日までなので、興味のある方はお早目に。

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]