FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

ベア・ドゥドリーム号ラストフライト 

本日11月30日は、早起き(休日のツマ基準で)してちょっと遠出してきました。

s-PB300198.jpg

以前も、ヒコーキ修行と称して週末の沖縄日帰りなんてことをしていましたが、今回
は方角が変わって北方面へ週末日帰りです。

AIR DOの特別塗装機、ベア・ドゥドリーム号が11月30日の新千歳→羽田がラスト
フライト。ベア・ドゥは白クマなので、白クマ好きとしてはやはり気になるところです。
加えて、日帰り沖縄で鍛えた?ツマとしては、札幌(新千歳)は「かなり近い」ので
ちょうどチケットも取れたので札幌、ならぬ新千歳日帰りです。

11時にANA便で新千歳空港に到着し、展望台に行ったりヒコーキGOODS専門の
お店に行ったり、海鮮丼を食べたり、空港内温泉で温まったり、お風呂上りの
ソフトクリームを満喫したり・・・と空港内で充実した時間を過ごしました。

s-PB300214.jpg

16時発のAIR DO 28号が、ベア・ドゥドリーム号のラストフライトになります。
搭乗口付近では、地元のマスコミ関係の人たちが取材に来ていました。

s-PB300218.jpg
s-PB300216.jpg

ベア・ドゥもお見送りに来ていました。ベア・ドゥと記念写真を撮る子供連れもいて、
ほのぼのとした感じです。

s-PB300221.jpg

定刻を遅れて搭乗開始。
・・・といいつつ、実はAIR DOのヒコーキに乗るのは初めてです。
ベア・ドゥドリーム号、いよいよ最後のオツトメです。

s-PB300222.jpg

ベア・ドゥドリーム号の入口には、ベア・ドゥのイラスト。
シンプルなラインのイラストですが、のほほんとした雰囲気がいいですね。
(ツマ基準)

定刻より10分程度遅れてドリーム号は動き出しました。
ラストフライトだけあってか、この日は満席でした。ベア・ドゥのぬいぐるみ持参の
ファンらしき人も何人か見かけました。

s-PB300223.jpg

1時間40分ほどのフライトで、羽田に到着。
沖止めだったので、バスに乗って建物まで移動しますが、そのおかげで最後に
自分が乗ってきたドリーム号の写真を撮ることができました。(残念ながら夜の撮影
でブレていますが)

羽田空港の旅客ターミナルビルに到着したところ、ベア・ドゥがお出迎え。
新千歳を出る時、ボーディングブリッジのところでベア・ドゥが手を振っているのを機体
の窓から見たのですが・・・まあ気にしないことにします。

s-PB300226.jpg

羽田勤務?のベア・ドゥは首から社員証?らしき札を下げていました。
やはりベア・ドゥもAIR DOの社員ということなんでしょうね(笑)。

s-PB305250.jpg


ラストフライトの搭乗記念証明書と、記念品をいただきました。
ベア・ドゥのネームタグ、ちょうどネームタグが欲しいと思っていたところなので
とても嬉しいのですが、白くて汚れが目立ちそうな点が気になります。

夢のいっぱいつまった小さなベア・ドゥドリーム号、長い間お疲れ様でした。
ラストフライトに乗れて本当に良かったです。
スポンサーサイト



[edit]

ベア・ドゥドリーム号ラストフライト(その2) 

白クマヒコーキネタ、続きます。

ツマが現在仕事をしているチームの上司が、大のヒコーキ好き(乗るのも好き
だけど写真を撮るのも好きだそうです)。
今回のベア・ドゥドリーム号のラストフライトの日程は、発表後早々に上司から
教えてもらいました。

羽田発ANA便で11時過ぎに新千歳に到着した後、展望台に行ってみました。

s-PB300201.jpg

11時半ちょっとすぎの展望台。
午後には、ベア・ドゥドリーム号の姿を見ようと大勢の人が押しかけたそうです。
(その頃、ツマはのんびり温泉に入り、ソフトクリームを満喫中でした)

ヒコーキ好きな上司、なんと前日釧路に飛んで釧路発着のドリーム号の姿を写真
におさめた後、丘珠経由で新千歳に行き(こういうルートを選ぶのはヒコーキ好き
だから)、ドリーム号のラストフライトを新千歳で見届けていました・・・。まあ、その
ドリーム号の中に部下(=ツマ)が乗っていたことはもちろん上司も知っています。

その後、ドリーム号のラスト写真を送ってもらいました。

s-ADO_1.jpg

16時10分頃、滑走路に向かうベア・ドゥドリーム号。まだ16時なのにもうまっくら。

s-ADO_2.jpg

小さなドリーム号の最後のフライト。羽田に向かいます。
機体が小さいせいか、走り始めてからあっという間にテイクオフ。これが大型機だと
滑走路を目一杯使うのですが、あっけないほど簡単にドリーム号は飛び立ちました。

ちなみに、ベア・ドゥドリーム号が離陸してまもなく、新千歳空港は土砂降り状態に
なったそうです・・・。

<番外編>

s-ツーショット

羽田で、ベア・ドゥドリーム号とルフトハンザのツーショット。
ドリーム号、ほんとに小さい・・・。

s-B787_2a.jpg

ちなみに、当日ツマはANAのB-787に乗って新千歳に到着しました。
数週間前に新千歳に撮影に行った上司からいただいた、同型の写真です。
(当日自分で展望台から撮った写真はいまイチでした・・残念)

s-DSC_5718a.jpg

白クマヒコーキの後は、なんとしてもこれ↑に乗りたいツマ。
ソラシドエアの特別塗装機、「阿蘇高原再生くまモンGO!」です。
くまモンジェットに乗って阿蘇熊本空港に行き、ご当地限定のくまモンGOODSを
是非入手したいツマ・・・。当然ながら日帰りです。

#ヒコーキ写真はすべて、「ヒコーキ好きな上司」撮影。
 ANA修行の時の「修行の師匠」といい、ヒコーキ好きな人々が多いツマの職場
 環境なのでした。

[edit]

冬の新千歳空港、ヒコーキも大変 

ここ数日ぐっと冷え込む日が続いた結果、ツマ胃腸の調子が悪化しました・・・。
悪化したのが体が冷えたためか、ちょっとコッテリ肉類を食べたためかは不明です。
まあ、残念ながらトシをとったということなんだと思います。
無理はしないで、週末は家に引きこもっていました。(ツマの気分としては「冬眠中」)

寒いといえば、先週末は北海道が大雪でヒコーキも欠航が相次いだとか。
「ヒコーキ好きな上司」、そんな状況の中を週末新千歳まで「冬景色の中のヒコーキ」を撮影にいったそうです。

ヒコーキ撮影のために、レンズ類を色々準備して手荷物10kgになったとか。
千歳空港内のエアポートホテルで、滑走路が見えるサイドの部屋をだいぶ前に予約してこの日を迎えたそうですが、思ってもみなかった大雪に見舞われたとか。新千歳日帰りにしなかったのは不幸中の幸いでした。
(「ヒコーキ好きな上司」にとって、新千歳は「日帰り圏」。修行で羽田-那覇を日帰りしたツマも「同じ世界の人間」と見なされています)

そんな中、撮影した「大雪の新千歳空港のヒコーキたち」の写真を見せてもらいました。
大雪の中、旅行者も大変でしたがヒコーキも大変そうでした。

日曜日、千歳空港朝一番発のヒコーキ(ちっちゃいAIR DO)。

3-1_朝1番-1機

<ツマの妄想モード>
<ADO機: ああ、もう!なんでこんなに雪があるのよっ(怒)。走りにくいったらありゃしない。先も全く見えないじゃないのよ!>

しばらくして雪が激しくなり、手前のANA機は出発できず。一方、新千歳空港にやってきたヒコーキたちはスポットから先に進めず。←全く身動きできない状態だったそうです

3-2_着陸機は足止め

<手前のANA機:う、う・ご・け・なーい。羽に雪が積もって飛べないよ(涙)>
<着陸したヒコーキたち:こっちも先に進めなーい。 早く出ていってくれー(涙)>

雪がずっと降り続いたところ、奇跡的に一瞬雪が降りやみ、雲が切れて青空が見えたそうです。
ターミナルビルからかなり遠く離れた場所で、小型機が3機駐機中。(「沖止め」といいます)
「ヒコーキ好きな上司」曰く「沖止め3人衆」。ANAのプロペラ機が2機と、Peachの小型機が1機。Peachのピンクは目立ちますね。緑のANA機は、あまりお目にかかれない特別塗装機「エコボン」。

3-3_沖駐機三人衆

<ワレワレ3機、近くで集まっていれば怖くないぞ(寒いけど)。>
<今日はここまでお客さん乗せてバスは来ないよねえ>
<ひょっとして今日は開店休業??>
※こういう場合は、ヒコーキがスポットまで動くそうです。

一瞬の晴れた時間に、JAL機が滑走路を動き出しました。通常は、ターミナル手前の滑走路は着陸で使用するそうですが、この日は大雪のため2本ある滑走路のうち1本を閉鎖して30分で除雪し。。だったとか。
奥の滑走路を閉鎖していたので、手前の滑走路から離陸する姿が撮影できたそうです。
JALはB777の大型機。除雪したとはいえ、通常よりかなりゆっくりと動いていたとか。

3-4_雪煙1

<B777:やれやれ、ようやく出発だわ。それにしてもこの雪、どうにかならないかしら?>

JAL機、ものすごい雪煙を上げて滑走路を移動中。

3-5_雪煙2

<B777:本当にもう、スピードは出せないし、イライラする!(キーッ)
 →で、思いっきり雪煙上げてストレス発散。(と見えます)>

無事飛び立ったJALのB777。閉鎖中の滑走路では、新千歳空港名物の除雪車がもくもくと作業中。
(新千歳空港では、除雪車が80台以上もあるんだとか!)

3-6_テイクオフ

<B777:じゃあ、お先に♪ 行ってきまーす>
<除雪車:途中で戻ってくるなよ~>

続いて、CX(キャセイ航空)のB747機が離陸のため滑走路を移動している間に、また雪が降り始めました。

3-7_CX.jpg

<B747:まずいまずいまずい(汗)。積もる前に早くでなきゃ!!>

このヒコーキが離陸した頃からまた雪が降り始め、結局この日青空が見えたのはほんの一瞬だけだったとか。
「ヒコーキ好きな上司」、これで撮影を終了し、荷物をまとめて撤収。
もともと予約していた便を変更し、それでも予定より大幅に遅れて無事帰宅。
翌日はフツーに出社していました。イレギュラーな場合の判断が早いのは、ヒコーキに乗り慣れているからです。

いや、それにしても大雪の中、ヒコーキも大変・・・というツマの妄想話でした。

[edit]

ただいま旅行中 

2月末のパンダ旅に引き続き、2週連続で羽田空港に来ています。
先週和歌山行きは国内線ターミナルでしたが、今週は国際線ターミナルへ。
B777に乗って今度はほぼ恒例となった深川フウフ旅行です。

s-P3075475.jpg

いつもヒコーキネタでお世話になっている(実はパンダ旅ツアーの情報源でもある)「ヒコーキ好きな上司」からいただいた「ヒコーキお守り」。上司が元日に関西にある飛行神社に初詣に行った際に、チームメンバにおみやげとして購入されたありがたいお守りです。羽田出発前のANAラウンジにて記念撮影です。

ANAラウンジといえば、入り口入ったところにプラモデルの展示コーナーがあり、こんなのがありました。

s-P3075468.jpg

つい先日退役してしまった、「FLY!パンダ」モデルです。ピカチュウジェットと一緒に展示されていました。

s-P3075470.jpg

これに乗って、パンダの聖地である成都に行きたかったなあ・・・。
(旅行前に熱心に写真を撮影していた変なおばさんはワタクシです。)

旅行前に相変わらずのパンダ愛で盛り上がっていますが、お守りのおかげで無事最初の目的地に到着しております。

[edit]

ダブリンから移動 

ダブリンからエア・リンガス(Aer Lingus)にて次なる目的地である、ロンドン・ヒースローに移動。
エア・リンガスはアイルランド国営の航空会社で、日本には就航していません。よって、ツマにとっては初めて乗るヒコーキになります。

s-P3095550.jpg

ダブリン空港内のエア・リンガスのチェックインカウンター前。
アイルランドのナショナルカラーであるグリーンで統一されています。

s-P3101581.jpg

手前右のヒコーキが、ツマが搭乗したダブリン→ロンドンヒースロー行きのヒコーキです。
この一帯はエアリンガスのヒコーキだらけでグリーン一色になっていました。ヒコーキ以外にも車両もグリーンで統一。
エアリンガスの尾翼には、これまたアイルランドのトレードマークであるシャムロック(クローバー)がついていました。機体の色といい、このシャムロックマークといい、アイルランドを全面に打ち出しているダブリンの第二ターミナル。

s-P3101582.jpg

こちらは別のヒコーキ。
ボーディングブリッジもエアリンガス仕様のグリーンとシャムロックでした。

日本ではこのヒコーキを見ることができないのは残念な限りです。

ダブリンからロンドンヒースローまでは約1時間20分ほど。ありがたい「ヒコーキお守り」のおかげで、無事ロンドンに到着し今度はロンドン散策(ビールのみのお付き合い)中です。

[edit]