07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

7日目・北京から東京は長かった・・・。 

ほぼ定刻に北京に到着。

P6302458-s.jpg

今度はボーディングブリッジで機内から空港内ビルに移動。
それにしてもA380のボーディングブリッジ、3か所あるんですね!

P6302459-s.jpg

もう一枚パチリ。こうやって見ると、やっぱりA380の二階建てヒコーキは巨大です。
北京から乗り継ぎで成田に向かうのですが、乗り継ぎは大変でした。
まず乗り継ぎカウンタのところで、コンピュータの調子が悪いとバタバタ。その後も、再度大行列をならんで保安検査場を経てなんとか手続き完了。

P6302463-s.jpg

ラウンジに到着した後、ほとんど時間がなかったので飲み物だけで一休み。
北京から成田は、ANAのビジネスクラス。搭乗して席に座って離陸するのを待っていたのですが、当日の天候不順で離発着の規制がかかり、「何時に出発になるかわかりません」というアナウンスが(涙)。

ドアクローズになったので、ここから外に出ることも出来ず、ただ離陸のアナウンスを待つ状態が続きました。
ようやく機体が動き始めた時間は、当初予定ではもう成田に到着している時刻でした・・・。

ビジネスクラスでゆったりしていたので、長時間の待機にもまだ耐えられましたがエコノミーだったらつらかったかと。北京までの長旅の後だったので、最後の最後でかなりぐったり。離陸した後も、小一時間は気流の乱れで機体は揺れまくりでした。

シートベルトサインがようやく消え、食事タイム。

P6307184-s.jpg
P6307191-s.jpg

和食と中華のメニューでした。相当に疲れていて、あまり記憶に残っていません。。。(写真には撮りましたが)
当初の予定を大幅に遅れ、成田に到着。ビジネスクラスは楽しかったのですが、最後の缶詰には参りました。中国経由は結構リスクがあるかもしれません。

5泊7日、短い期間でしたが帰国まで盛りだくさんな旅でした。
(これで何とか年内に旅行記は完了・・・)

スポンサーサイト

テーマ: 飛行機/フライト/機内食

ジャンル: 旅行

[edit]

6日目~7日目・LH720(A380) ビジネスクラス機内食 

出発前の飲み物。ビールはエコノミーでも出てくるおなじみのブランドです。

P6302456-s.jpg

アルコールが弱いツマの場合は、エコノミーでもほとんど変わりがありません。

P6307164-s.jpg

夕食。前菜は3種類から選択。ホワイトアスパラと海老のサラダ仕立て。

P6307165-s.jpg

もうひとつは牛すね肉の煮込みスライス。こちらは中華風の味付け。

P6307167-s.jpg

メインは仔牛肉のステーキとホワイトアスパラのソテー。ホワイトアスパラが出てくるあたりはやはりドイツ。
ボリューム的にはかなり少な目でした。実はメインはホワイトアスパラ?

P6307169-s.jpg
P6307171-s.jpg

チーズの盛り合わせとフルーツ盛り合わせ。

P6307175-s.jpg

オットはワイン4種類を飲み比べ。
この日のワインは、
2014 Oppenheimer Riesling trocken,Lousis Guntrum (ドイツ)
2014 Maribourough Sauvignon Blanc, Waipara Hilles (ニュージーランド)
2011 Clarendelle, Bourdeaux AC, Clarence Dillon (フランス)
2012 Vigne di Chiarlo, Monferrato DOC Rossom Michele Chiarlo (イタリア)

P6307179-s.jpg

北京到着前に朝食(メニューリストではブランチとなっていましたが)。洋食(スクランブルエッグ)と

P6307183-s.jpg

中華(焼きそば)。 日本路線だったらここで和食なのでしょうが、今回は北京路線なので洋食か中華の選択。
朝からチャイニーズヌードルとはかなりボリュームがありますね。

いつもなら帰国時は12時間近いフライトでかなり「苦行」に近いのですが、今回は座席はフルフラットでとても楽でした。
ビジネスクラス、長時間のフライトだと本当にいいなあと実感です。
また特典航空券でビジネスクラスに乗れるよう、頑張ってマイルを貯めよう(と決意を強くするツマ)。

テーマ: 飛行機/フライト/機内食

ジャンル: 旅行

[edit]

6日目・フランクフルト→北京、ルフトハンザA380 

フランクフルトから北京に移動で、いよいよA380に搭乗。

P6297162-s.jpg


搭乗時刻になり、A380の2階席だ!と搭乗口前まで行ったのですが、ヒコーキの姿は見えず。

なんとそこからバスに乗って移動。バスの中は中国人だらけで賑やかに中国語が飛び交う中で完全にアウェイ状態。

P6292434-s.jpg

まさかこんなところで沖止めとは・・・。滅多にない機会ではありますので、写真撮りまくり状態でした。

P6292435-s.jpg

たまたま偶然か、北京行きに北京号に乗りました。
北京の綴りが”Peking”になっていました。最近は英語表記では”Beijing”が多いので、ある意味新鮮。

P6292442-s.jpg


エンジンの真横を通りました。巨大なエンジンだったので、思わず写真をパチリ。後日、「ヒコーキ好きな上司」に見せたところ、通常はボーディングブリッジからヒコーキ内に入るのでこういうのはめったにないと羨ましがられました。

P6292443-s.jpg


かなり急で長い階段を登って機内へ。機内に入ってから階段を登り、2階席に到着です。

P6292444-s.jpg

ルフトハンザA380のビジネスクラス。とてもシックで落ち着いた色合いです。ビジネスクラスの後ろはプレミアムエコノミー。
こちらは満席だったようですが、ビジネスクラスはガラガラ。ビジネスクラスの後ろ半分のエリアは、ワガヤ含め3組だけでした。

平日発だったからかもしれませんが、採算取れてるのでしょうか?

テーマ: 飛行機/フライト/機内食

ジャンル: 旅行

[edit]

6日目・プラハ→フランクフルトに移動 

プラハからフランクフルトに移動。帰国時は、プラハ→フランクフルト→北京→成田のルートです。
帰国時は特典航空券ビジネスクラスということで、以降は成田到着までの記録(主に機内食)になります。

プラハ出発時はちょっと雲が出ていましたが快晴。

P6297141-s.jpg

国際空港といいつつ、小型機が多かったです。
フランクフルトまでは、ルフトハンザのA321でした。

P6297139-s.jpg


ドアが開いていて、操縦席が見えました。ANAだとドアが開いているのを見たことないのですが。

P6297148-s.jpg

プラハからフランクフルトまでの2時間ほどの間に軽食が出ました。本当にちょっとだけでしたが、美味しくいただきました。

P6297150-s.jpg

なぜか、”Fanhansa”ロゴ入りチョコレート。サッカーワールドカップ(ブラジル)のFanhansaにちなんだものみたいですが・・・。
中身もサッカーボールのイラスト入りチョコが入っていました。味はふつうのチョコレート。

フランクフルトに到着し、次の便に乗り換える間はセネターラウンジでしばし休憩。

P6297152-s.jpg

シェンゲンエリア外にあるアジア方面行き搭乗口に近いラウンジ。行きと同じラウンジです。
フランクフルト空港は巨大で、ルフトハンザのラウンジも何か所もあるので、次回は事前にしっかり調査して迷子にならないようにしないと。

P6297160-s.jpg

プレッツェルがドーンとおいてあるところはやっぱりドイツ。

P6297159-s.jpg

やっぱりここでもサッカー尽くし。マフィンもココア味のババロアも、甘さ控え目で食べやすかったです。

P6297161-s.jpg

ルフトハンザのラウンジでは必ずお目にかかる、ドイツビールのタップ。

P6297153-s.jpg


お揃いのグラスもそろっていて、お代わり自由、注ぎたい放題。
これを楽しみにしている一名が、いそいそとビール注ぎ中。フランツィスカーナー、日本で飲むと一杯1000円を超すのが無料ですからねえ。

これから、フランクフルト→北京の長旅で、いよいよ2階建てのエアバスA380に搭乗です。

テーマ: 飛行機/フライト/機内食

ジャンル: 旅行

[edit]

6日目・プラハ空港(ラウンジ記録) 

今回は5泊7日の日程だったので、6日目は帰国日。

プラハ本駅からプラハ国際空港までは、直通のエアポートシャトルバスを利用。

P6297130-s.jpg


プラハ本駅から空港までノンストップで走るバスです。

P6297132-s.jpg

プラハ国際空港。清潔ですが、かなりこじんまりとした空港です。

P6297135-s.jpg

チェックイン手続きを済ませてからラウンジに移動。スターアライアンス系のラウンジ内。
スタイリッシュでモダンなスタイルのラウンジですが、軽食がメインでシンプル。

P6297134-s.jpg

・・・とはいっても、ここでも最後のチェコビール探究(笑)。
ラウンジ内には残念ながらピルスナー・ウルケルはありませんでしたが、バドバーの瓶ビールが置いてありました。

P6297138-s.jpg


オリジナル(ピルスナー)、ダーク、ストロングの3種類。すべてを味わっていました。
ダーク、ストロングともに日本ではあまり見かけないのでは?

チェコを離れる最後まで、ビール探究に余念のないオットでした。

<おまけ>
プラハ市内のスーパーにあったチェコのビール軍団。

P6297107-s.jpg

P6297108-s.jpg

P6297109-s.jpg


見たことのない銘柄がずらっと並んでいて、オット熱心にチェックしていました。
缶ビールもありましたが、種類は瓶ビールの方が様々。瓶が割れる危険もあるので、日本への持ち帰りはハードルが高いです。



テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]