03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

シンガポール2日目お昼はラサプラ・マスターズ(Rasapura Masters)へ 

お昼は、マリーナ・ベイ・サンズの地下にあるラサプラ・マスターズ(Rasapura Masters)に行きました。

P3190302.jpg

オットは初のシンガポールのフードコート体験です。ツマは、一人旅の時にフードコートにはお世話になっており、色々好きなものを選択できて、かつリーズナブルである点を力説したのですが、実はこちらのラサプラ・マスターズは、フードコードの中ではお値段高めの高級クラスだったらしいです(汗)。

まずはテーブル席を確保してから、それぞれ食べたいものを注文することにしました。

P3190305.jpg

シンガポールのチキンライスを食べたかったオットは、こちらの「東風發」(Tong Fong Fatt)へ。
シンガポール建国の父、リー・クワン・ユーも来店したという名店だとか。

P3190300.jpg

チキンライス@東風發。

P3190304.jpg

一方のツマは、シンガポールB級グルメの中でも前回食べられなかったものを中心に選択。
シンガポールのフライド・ホッケンミーの名店、「泰豊」(Thye Hong)に行って並びました。注文の都度、ミー(麺)を作るので出来上がるまでにちょっと時間がかかるようです。

P3197696.jpg

こちらがフライド・ホッケンミー。
見たところ、ちょっと麺がぐだったしていてイマイチでしたが食べてみると美味しい!
海老の濃厚なエキスが麺にしっかりしみ込んでいて、とても風味のある一品でした。固めの麺が好みの人だと、歯ごたえがなくて今一つかもしれませんが、海老の濃厚な味わいにツマは大満足でした。

食事を終えて、引き続き「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」に向かいます。
スポンサーサイト

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]

シンガポール2日目午前・マーライオン 

マーライオンはやはり人気のスポット。

P3190291.jpg

マリーナ・ベイ・サンズの方向を向いたマーライオン、よく見かける構図です。記念撮影する人多数。

P3190289.jpg


マーライオンを横から。頭部はライオンで身体は魚。こうやってよく見ると、本当に不思議な恰好の像ですね。

P3190297.jpg

マーライオン公園を出て、橋を渡ってシティホール方面に向かって歩きます。マーライオンの背景には、金融関係の高層ビルが立ち並び、まさに「ザ・グローバル」金融のイメージです。

P3192488.jpg

マリーナ・ベイ・サンズ。こちらも独特な形状の建物です。
この日は天気も良かったので、午後はマリーナ・ベイ・サンズの裏手にある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」に行くことにしました。
シティホール駅でツーリスト用のチケットを購入し、地下鉄に乗ってベイフロント駅に向かいます。

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]

シンガポール2日目午前・シンガポール川沿いを散策 

朝のクラークキー。

P3192475.jpg

夜は人で賑わっていましたが、日中はこんな感じです。パステルカラーの建物が続いてますが、夜は照明でまったく別な建物に見えます。

P3190277.jpg

シンガポール川沿いを歩いてマーライオンパークに向かいます。途中、地下鉄のラッフルズ・プレイス駅でツーリストチケットを購入しようとしましたが、シティホール駅しか取り扱いがないとのことでした。ネットではラッフルズ・プレイスで購入できるということでしたが・・・。

P3192477.jpg

マーライオンを見てからシティホールに向かうことにして、再び川沿いをてくてく散歩。

P3192479.jpg

フラトンホテルの前にやってきました。

P3190283.jpg

コロニアル調な雰囲気で、南国のリゾート気分です。

P3192483.jpg

マーライオンパークに到着。オット、マーライオンと初めてのご対面。この日もマーライオンは勢いよく水を噴き出していました。

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]

シンガポール初日夜、ビール探索(Brewerkz、クラークキー) 

3週間ほどブログを放置しておりましたが、フウフ共々変わらず元気です。
ツマが久しぶりに「真面目な試験モード」に突入していたのですが、本日をもって一応終了。

たまっていたシンガポール旅行記、再開します。
(そういえば伊豆旅行もまだ途中でした)

シンガポール初日夜、名物「バクテー」を味わった後はオットお楽しみのビール探究タイム。
今回の宿泊先のすぐ近く、クラークキーまで戻りました。お目当てはこちらのブリューパブ。

P3180270.jpg

Brewerkz(ブリューワークス)というマイクロブルワリーです。かなり大き目なお店でした。

P3187694.jpg

店内にビールタンクがあります。タンクの近くに扇風機が置いてあるところなど、南国らしさが感じられます。

P3187693.jpg

ホップも3種類を使い分けているようです。

初日夜ということで、テイスティングセットで味比べ。4種類を選択。

P3187690.jpg

オット曰く、味はいいけどお値段が・・・ということです。

P3187692.jpg

メニュー表を見ると、時間帯でビールの値段が全然違います。日本でも17時頃にハッピーアワーと称してビールの値段が安くなっていますが、このお店の値段差にはびっくり。お昼と夜で値段が倍以上違うとは・・・。

P3180271.jpg

そういう価格設定でありながら、夜もお客さんで賑わっていました。観光客にも有名なエリア、クラークキーだからかもしれませんが。夜、気軽にビールを楽しむにはちょっとハードルが高めかも。

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]

シンガポール初日夜、バクテーを味わう 

シンガポールの入国審査で、想定外に時間がかかり(「大混雑の北京や上海だってこんなに時間がかからないよ」とフウフで愚痴りまくり)宿泊するホテルに到着したのは20時をかなり過ぎていました。

シンガポール初日の夜、夕食はチャイナタウン近くのショッピングセンターにて。

P3187682.jpg

前回のシンガポール旅行では、食べるタイミングがなかったシンガポールの国民食、「バクテー」です。
たまたま入ったお店が、バクテーの有名店、「松發肉骨茶」だと気づいたのは、ホテルに戻ってガイドブックをじっくり読んだ時点でした。初日からかなりラッキーな出会いです。

じっくりと煮込んだ豚肉は、とても柔らかくて口に入れるとほろほろと骨から外れます。
スープは濃厚で、胡椒がかなり効いてスパイシー。豚肉がさっぱりしているので、スープと一緒に食べるとちょうどいい感じです。
見た目はかなり地味目ですが、滋養によい一品でした。

P3187686.jpg

一緒に野菜も頼みました。ご飯、バクテーと相性ばっちりです。
スープが少なくなってくると、お店の人がすぐ継ぎ足してくれるので、しっかりお代わりしました。
長旅で疲れた身体にはぴったりの一品です。

P3187688.jpg

お店の外から。お店に入った時点ではほぼ満席でしたが、21時過ぎにもなるとかなり空いてきていました。
お昼時には行列が出来るようで、お店の外には待ち時間を表示するボードが置いてありました。

チキンライスも美味しいですが、バクテーもすっかり気に入りました。ヒコーキの長旅と、入国時の待ち行列、そしてMRTの乗り換えで歩き回った疲れもとれ、夜のクラークキー見学に向かいました。

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]