05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

シンガポール宿泊ホテル(スイソテル・マーチャントコート) 

今回宿泊したホテルです。
地下鉄ノース・イースト・ラインのクラークキー駅からあるいてすぐの場所にあります。

P3210627s_20170621221921d6e.jpg

クラークキーに近接しているので、夜は結構騒がしいのかと思ったのですが、泊まった部屋が中庭に面していたのでかなり静かでした。

P3192568s.jpg

宿泊した部屋。スタンダードルームです。
ツマ一人旅の時は、同じスイソテル系列のスイソテル・ザ・スタンフォードに宿泊したのですが、そちらの方が部屋が広々としていました。部屋の内装は、若干シノワズリー風なこちらの方が好みです。

ワガヤの場合は、日中はあちこち動き回っていたのでホテルライフを楽しむには程遠いのですが・・・。

P3210631s.jpg

ホテルのお隣はショッピングビルでしたが、シンガポール滞在中は移動時に中を通過したのみ。
ビール休憩はしましたが、お茶タイムは皆無だったのでちょっと残念だったかも。

「飲み」の観点で、今回はクラークキー付近にしましたが、次回は地下鉄乗り換えに便利な駅を中心にホテル選択になりそうです。
オットも初シンガポールでB級グルメ(ホーカーズやフードコート)をかなり気に入ったそうなので、近いうちにまたシンガポールに行くことになりそう(なるといいなあ)。
スポンサーサイト

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]

シンガポール4日目夕方・チャイナタウンコンプレックス再訪 

ラッフルズ・ホテルでコロニアルの雰囲気を味わった後に、地下鉄に乗って訪れたのはチャイナタイン。
チャイナタウンコンプレックスで、どうしても行きたいビールのお店があるということでした。

P3210715s.jpg

中華系の強いホーカーズの一角にあるビアパブ。オットの話では、RATE BEERで評価の高いお店なのだとか。
前日に行った時はお店は残念ながら休みだったので、シンガポール最終日に再訪となりました。小さな黒板にずらっとビールの銘柄が書かれています。

P3210713s.jpg


人気店らしく、お店の開店と同時に次々と注文が入っていました。

P3210704s.jpg

シンガポール産ドラフトビール。

P3210705s.jpg

ちょっと離れたところでは、ボトルビールの専門店がありました。ボトルの種類はかなり豊富でした。
こちらでも、ビールを楽しむ人多数。

P3202608s.jpg

前日にチャイナタウンコンプレックスを訪れた時はこちらのお店でドラフトビールをいただきました。

P3202599s.jpg

こちらもシンガポール産ドラフトビール2種。

なぜチャイナタウンのホーカーズにビールのお店があるのかはわかりませんが、食事も安くて美味しいし、オットは非常にこのエリアが気に入ったようです。次回はチャイナタウンに行きやすいところに宿泊する可能性大ですね・・・。

その時は、ツマはチャイナタウンで足裏マッサージを堪能したいと思います。(今回はマッサージの時間が取れなかったので)

テーマ: ビール

ジャンル: グルメ

[edit]

シンガポール4日目午後・シンガポールスリング@ラッフルズ 

シンガポールに来たからには、是非ともロングバーでシンガポール・スリングを味わいたいというオットとラッフルズホテルに行きました。

P3210640s.jpg

コロニアル調の建物。

P3210643s.jpg

残念ながら、ロングバーは修復中のため入れません。
(事前にオット調査済) 修復期間中は、バー&ビリヤード場でシンガポールスリングを提供しています。
矢印方向に向かうと、ビリヤード場の入口になります。

P3210681s.jpg

こちらがビリヤード場。中にバーも併設されています。

P3210665s.jpg

天井が高くて、クラシカルでステキな空間です。中は観光客で満席状態でした。
ワガヤが入った時は、ちょうどタイミングよくバーカウンター近くのテーブル席が空いていました。

P3210656s.jpg


シンガポールスリング@ラッフルズ・ホテル。
甘くて美味しいカクテルでした。お値段は観光価格です。(日本円で一杯3000円弱)
周囲を見回しても、ほとんどの人がシンガポールスリングを注文していました。

P3210661s.jpg

P3210654s.jpg

ロングバー名物のピーナッツ。麻袋に入っているので、好きなだけ。
特になんてことはない、普通のピーナッツなのですがなぜか後を引く(笑)。ピーナッツの殻でかなり山ができました。

ロングバーの修復が終わった時には、是非とも訪れたいそうです。これは次回のお楽しみに。

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]

シンガポール4日目午後・アフタヌーンビア@BREWERKZ 

シンガポール初日の夜に訪れたブルワリーレストランを再訪。

P3210626s.jpg

ランチタイム後のいわゆるお茶タイムはガラガラ。

P3210624s.jpg

P3210621s.jpg

店内もこの通り。週末夜は混み合っていましたが、日中はこんな感じでした。

P3210612s.jpg

時間帯によってビールの価格がこんなに違います。お昼~午後3時までの値段は、夜の半分以下。
というか、夜の値段が高すぎです。ワレワレが訪れたのは当然ながら3時前。

P3212937s.jpg

330mlを3種類、お店のグラスに入って登場。写真だとあまり違いがわかりませんね・・・。
暑いシンガポールでは、黒いビールはイマイチ飲む気がしなかったようです。

P3212936s.jpg

シンガポール川を見ながらのアフタヌーンビアタイム。

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]

シンガポール4日目午後・クラークキー 

昼食の後、地下鉄に乗ってクラークキーに戻りました。
ホテルは、植物園に行く前にチェックアウトを済ませており、荷物はクロークで預かってもらっています。
クラークキーに戻ってきたのは、初日夜に訪れたビアレストランでアフタヌーンティーならぬ、アフタヌーンビアを楽しむため。

P3210616s.jpg

シンガポール川では、船でリバークルーズを楽しむ人たちを見かけました。
今回は時間がなかったのでリバークルーズはお預け。オットがシンガポールを気に入ったので、次回の楽しみとします。

P3210635s.jpg

午後のクラークキーは全般的にまったりとした雰囲気。夜の賑わいとは対照的でした。

P3210627s.jpg

写真中央が、今回宿泊したスイソテル・マーチャントコート。地下鉄クラークキー駅に近接しており、観光に便利でした。

午後はまったりモードのクラークキーですが、夜になるとがらっと雰囲気が変わります。

P3180269s.jpg

夜のクラークキー。(シンガポール初日に撮った写真です)

P3180273s.jpg


とてもカラフルな照明と、大勢の人で賑わっていました。ロック音楽も鳴り響き、若者向きなナイトスポットです。
有名なナイトスポットなので、一通りこのエリアを歩いてみましたが、あまりにも人が多くて賑やか(というかうるさい)のでお店には入らずホテルに戻りました。

かなり若者向きなエリアで、深川フウフにはちょっと厳しかったかも・・・。
お昼頃ののんびりとした雰囲気の方がゆったりできます。

テーマ: シンガポール

ジャンル: 旅行

[edit]