02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

初・上野動物園(お目当てはパンダ) 

2015年12月のとある平日。
休日出勤の代休を取り、ツマ人生初の上野動物園へ。

PC092321-s.jpg

パンダを追い求めて(ちょっとオーバー)、北京、上海、そして南紀白浜と行きましたが、自宅から距離的に一番近い上野には今までご縁がなく・・・。週末は大行列で、ゆっくりパンダを見る余裕がないという話を聞いて敬遠していたことが一番の理由です。

12月の寒い時期の平日午後だったら、ひょっとして空いているんじゃ?と思い立って出かけたところ

PC092323-s.jpg

パンダエリアの入口は、予想通り(いや、それ以上)ガラガラ。
この日は使っていませんでしたが、週末はずらっと長い行列ができているんでしょうね。ガラガラ、といいつつも足早になってパンダ舎に向かいます。

リーリーもシンシンも、屋外運動場にいました。

PC092524-s.jpg

一日のうち、寝るか食べるかのパンダ。ひょっとして昼寝中かも・・・と思いながら向かったところ、
「あ、シンシンだ」
ご機嫌よく食事をしていました。この日は午後最高気温が11度程度だったので、パンダにとって過ごしやすい陽気だったのかも。

残念ながら、上野では屋外運動場も高いガラスに囲まれていて、さらにガラスの近くには近寄れないようになっていました。
そのため、どうしてもガラスに影が映りこんでしまいます(涙)。カメラでの撮影はかなり厳しい。

PC092483-s.jpg

望遠で頑張って撮りました。(この日はオリンパスのOM-D EM-1、ワガヤでの通称「PENちゃんのお兄ちゃん」で撮影)
シンシン、ちょっとこっちを見てポーズをとってくれたような気がします。

PC092330-s.jpg

こちらもシンシン。木の櫓の上でお食事中。食欲旺盛でずっと食べまくっていました。
こうやって見ると、丸顔でかわいい顔のパンダ女子ですね。

PC092383-s.jpg


相方のリーリー(♂)。こちらもお食事中。午後の時間はたれパンダ状態で寝てるかも、、と思っていたのですが、この日の上野のパンダさんたちはどちらも元気よく動き回っていました。ヒトが寒い位の陽気が、パンダにとっては動きやすいのかも。

PC092518-s.jpg

こっちは、多分リーリーだと思います。(ちょっと自信ないですが)
どう頑張っても、ガラス越しだと後ろが映りこんでしまって残念。

もっとも、上野動物園は入場料600円。この金額で思う存分パンダを見ることが出来るのですから、文句は言えませんね。

PC092457-s.jpg


リーリーが突然、木をよじ登り始めました。木の枝にタレ下がって寝ていた姿を北京で見たことはありますが、パンダが木を登る様子を見たのは初めて。かなりの速さでよじ登る様子にただびっくり。
リーリーはかなり活発なパンダなんですね。近くにいた警備員の方の話では、リーリーが木に登るのはあまり見たことがないそうです。いいタイミングだったのでツマとしては大満足。

上野にパンダを見にいく場合は、
1.平日の午後
2.寒い時期(11度位だとパンダも元気に動き回っています)
3.当然ながら晴れた日(バックが映りこんだとしてもやはり写真は撮りたい)
この3点が必須条件かと。。

勤め人にはかなり厳しい条件ですが、なんとか1月か2月にはもう一度行ってみたいと思います。
勉強を兼ねて?図書館で「リーリー&シンシン」の本を借りて勉強中です。この2頭は、中国(四川)のパンダ保護研究センタ時代の
同期(2005年生まれ)で、子供の頃から仲良く遊んでいた間柄なんだとか。

いずれは、年間パスポートを購入して平日にパンダ三昧を目指します。まだまだ先の話なので、それまで上野のパンダさんたちにも頑張っていただきたいです。
スポンサーサイト

テーマ: 日々のつれづれ

ジャンル: 日記

[edit]

2015年 年始の記録 

年末から年始にかけて、オット実家に帰省しました。
この2年は年末に仕事で出社が続いていたので、帰省するのは久しぶり。

元日。大晦日は日中穏やかでしたが、朝起きてみたら外は雪景色。
積もる雪ではなかったらしく、お昼頃にはだいぶ雪も溶けていたのですが、
それでも終日雪が降ったり止んだりの一日でした。

IMG_0002


深川フウフのお正月は雪景色で始まったわけです。
新幹線が動くか心配したのですが、10分程度の遅れで東京まで到着。

途中、名古屋駅の地下街でご飯タイム。

P1025297

久しぶりの名古屋駅。やっぱり名古屋といえば、味噌カツでしょう・・・
と、行列に並んで味噌カツをいただきました。みそかつ「矢場とん」、有名店だけ
あって人で混み合っていました。

P1025293

P1025295

ツマはヒレ味噌カツ丼、オットはロース味噌カツ定食。
味噌たれが豚カツと相性よく、とても美味しかったです。ヒレ味噌カツの方はお肉
が柔らかく上品な味わいでした。ちょっと味噌たれの味が濃い目ですが、一緒に
出てくる千切りキャベツと一緒に食べるとちょうどよい塩梅でした。

新幹線の時間を気にしながら、でちょっとバタバタしましたが、出来立ての味噌カツ
は次回また味わいたいものでした。

P1025298

オットは新幹線の中でビールタイム。
瓶ビールを買っていたので、栓抜きはあるのかと聞いたところ、どのカバンにも
簡易な栓抜きは常備しているそうです。流石はビール好き。
今年もビール話でまたよろしくお願いします。

さて、東京に戻ってきてから、今度はツマのPCの調子が不調に。どうやらハード
ディスクがまずそう、ということで外付けのHDDにデータ退避作業に追われました。
なんとかデータ退避完了・・・という時点で、写真データなど外部からデータ取込が
できなくなり、ついにPCがお亡くなりに(涙)。

本日から3代目DELL-KUN(PC名)が稼働開始し、ようやくブログを更新できるよう
になりました。慣れないwindows8.1に悪戦苦闘しつつも、何とかブログ記事の更新
完了です。

年明けからバタバタしておりますが、今年もどうぞよろしくお願いします。
(ようやく年始のご挨拶ができて一安心)

テーマ: 新年のご挨拶。

ジャンル: 日記

[edit]

ファドライブ Manuel Casa de Fado (四谷) 

久しぶりに週末、オット共々外出。
四谷のポルトガル料理レストランでやっているファドライブを聴きに行きました。
「マヌエル」というポルトガル料理レストランで、いくつか支店があるうち、
四谷店はファドが聴けるレストランという位置づけ。

s-P1050552.jpg


四谷駅から歩いてすぐ、お店は地下にあります。
入口のタイルと、ポルトガルギターが目印。

ファドライヴは、ランチコースをいただいてから演奏が始まります。
ライブハウスとはちょっと雰囲気が違いますね。

ということで、まずはお食事から。

s-P1050557.jpg


前菜3種類盛り合わせ。
手前から、海老のオーロラソース和え、トリッパの煮込み、自家製チョリソー。

s-P1050558.jpg


魚料理。サバのオーブン焼き。
オーブン焼きというからには、こんがり焼けたサバとレモンが出てくるのか、と
思ったらトマトとオニオン煮込みソースがかかっていました。トマト味のはず
ですが、どうやってもサバ塩焼きの味が。サバ(青魚)って固体の味が強くて
トマトソースがかかっていてもしっかり自己主張しているのだと認識。

s-P2230024.jpg

肉料理。チキンと豆のトマト煮込み。
トマト系が続きました・・・。ここでトマト煮込みが出てくるなら、やはりサバは
レモン添えでシンプルに(しつこい)、で良かったのでは。

チキンはとり胸肉で、さっぱり柔らかく仕上がっていましたがちょっと単調な感じ
は否めません。
今回はファドライブ向けのランチコースメニューなので、しっかりポルトガル料理
を味わうなら実際夜アラカルトで注文したほうがよさそうです。

s-P1050563.jpg

デザートはポルトガルプリン。
オーブンで蒸し焼きにしたプリンだと思います。きめ細かくねっとりした味わいで
素朴だけど美味。

最後にコーヒーが出てきてしばらくして、室内が暗くなりました。
いよいよファドライブの始まりです。

[edit]

ポルトガル音楽「ファド」コンサート 

オット、リスボンに旅行に行ってからすっかりファド好きになったようです。
休日の横浜でファドのコンサートがあるということで、フウフ揃って出かけました。

異動で2年間横浜方面勤務だったのですが、4月にまた異動で都内に移ってからは
横浜方面に行くこともなかったので、ツマにとっても久しぶりの横浜。

s-P7222218.jpg


会場は、nitehi worksというカフェで、展示会やコンサートなど多目的に使用
できる場所でした。

s-P7222221.jpg


左手前の椅子の上にあるのがポルトガルギター。
プロジェクタでポルトガルのあちこちの写真が写し出されていました。

3月にポルトガルを旅行したばかりだったので、ちょっと前に見た風景が広がり
気持ちはしばしポルトガルへ。

s-P7222223.jpg


会場の2階から見下ろしたところ。
通常はカフェとして使用されているのですが、天井が高くて開放感のある空間
です。天井が高くて音の反響がよく、音楽を楽しむにはうってつけの場所でした。

s-P7222234.jpg

ファディスタ、MACHAKOさん。
ファドを歌い始めたのは、5年ほど前からと伺いました。ファドとの出会いから、
ポルトガルに足を運び、ちょっと前も1ヵ月半ほどポルトガルに滞在してファドを
聞きまくっていた(自らも歌ったそうです)とか。

のびやかで、心の底からファドが好き!という思いのこもった歌声でした。

s-P7222235.jpg

MACHAKOさんがリーダーを務める「港町ファド」のメンバーと。
ギターとポルトガルギター、ボーカルのトリオによる演奏です。ポルトガルギター
は、現地でMACHAKOさんがお買い上げして持ち帰ってきたものだとか。

港町ファドと共に、このポルトガルギターも年月を経るにつれ、だんだんと音に深みが
出てくるんだろうな、と思うとこの先がとても楽しみです。

滅多に行くことのなくなった横浜での、ステキなひとときでした。
それにしても、横浜はすっかり遠くなってしまいました・・・。

[edit]

ウォーキングしながら桜見物 

最近、運動不足解消という名目でオットがウォーキングをはじめかけています。
第一回目は土曜日の築地場外まで歩き、お寿司を食べ、銀座から日本橋まで
歩いたのですが、それから時間がたち・・・

この週末もウォーキングする!とオットが宣言。土曜日はあいにくの天気だった
ので、日曜日に歩いてみようということになったのですが、色々とあって家を
出たのが午後3時半過ぎ・・・。

まずは都知事選の投票をしてから、茅場町目指しててくてく。
永代橋を通過し、永代通りをまっすぐ大手町方面まで。皇居のところで右に
曲がり、皇居に沿って九段下まで歩きました。

九段下で北の丸公園に入り、桜の名所、千鳥が淵に向かいました。
通常の花見散策ルートとは逆の方向から千鳥が淵を目指したので、途中までかなり
道もすいていて順調。高速の向こうに千鳥が淵が見えます。今年も桜が満開。

s-P1020979.jpg

千鳥が淵に到着したのが夕方5時過ぎ。空も曇っていましたが、大勢の人が桜を見よう
と集まって混雑していました。お昼時はもっと混雑していたかもしれません。
ちょっと風はありましたが、歩いていてちょうど心地よい気温でした。

s-P1020981.jpg

s-P1020982.jpg

今年はライトアップは中止なので夜桜は楽しめませんが、やはりこのような満開の桜を
見ると、春の訪れを実感します。3月後半までは、冬がまた戻ってきたような肌寒い日が
続き、桜の開花は大分遅れるのではないかと思っていたのですが、4月になって一気に
盛り返した感じがします。

s-P1020984.jpg

ウォーキングはさらに続き、今度は靖国神社に向かいました。
神社内には600本ほどの桜の木があるそうで、その中には東京の桜の開花の調査
対象になっている桜の木も含まれているとか。
境内の中は、思ったよりも若い世代の人達が多く足を運んでいました。

s-P1020985.jpg

そして最後には、飯田橋駅近辺に出ました。
このあたりで午後6時くらい。ずっと2時間ほどのウォーキングとなりました。
歩いてちょうど体がほかほかしてくる温度で、ウォーキングにはぴったりでした。
最も、ワレワレが出発した時間が夕方だったから、ということもありますが・・・。

4月から5月にかけては、ウォーキング日和。日頃の運動不足を多少は解消すべく、
都内をてくてく歩いてみたいと思います。企画倒れにならないことを祈りつつ・・・。

[edit]