FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

台北3日目・帰国前に台湾スィーツ 

最終日も龍山寺、胡椒餅、と活動中。帰国便が松山空港発なので、台北駅からタクシーで近距離というのがポイント高かったです。

胡椒餅に続いて、台湾スィーツを味わおうと地下鉄に乗ってお店に向かいました。
台北駅から淡水信義線に乗って2つ目の駅、雙連駅で降りて10分ほど?歩いたところにある豆花のお店、「豆花荘」です。
「豆花」とは、豆乳を固めて作ったもので、豆腐よりちょっと柔らかめで豆腐と同じような味わいです。これにトッピングと甘いシロップをかけていただく台湾の伝統的なスィーツなのだとか。

PB274207s.jpg

お昼過ぎの時点で気温も上がり、二人とも冷たいスィーツを食べたい気分。
ということで冷たい豆花を注文しました。(寒い時期は温かい豆花もあるそうですが)

PB278576s.jpg

こちらは妹が頼んだ「花生豆花」、ピーナッツをゆでて柔らかくしたものがトッピングされています。
黄色っぽいものが、甘いシロップをシャーベット状にしたものです。ひんやりとして、歩いて火照った身体に何より。

PB278577s.jpg

ツマは、九份ですっかり気に入った、芋圓の入った豆花にしました。芋圓のもちもちとした食感がたまりません。
でも、豆花との相性という点では、妹の頼んだ花生の方がよかった・・・。芋圓に加えて小豆も載せれば良かったかも。

食べる前は、正直なところ豆腐に甘いシロップかけて美味しいんだろうか?と思っていたのですが、実際に食べてみると穏やかな甘さで身体に優しく感じました。ヘルシースィーツという感じです。

PB274209s.jpg

PB274214s.jpg

豆花を味わった後は、再度地下鉄に乗って台北駅に戻りました。
地下鉄の駅ホームの様子です。外国に来た感じがしません・・・。

ホテルに戻ってからタクシーに乗って松山空港へ。妹がJALの上級会員なので、同行者1名ということでラウンジに入り、出発まで休みました。松山空港のラウンジは共用ラウンジだったので、非常に混み合っていました。

PB278580s.jpg

そしてJALの機内食。行きの羽田発とは大分差を感じました・・・。
羽田に到着し、荷物を受け取って、女子旅も終了。2泊3日はあっという間でしたが、初めての台北で色々経験できて楽しい旅でした。次回は、まだ台北に行ったことのないオットと旅行を企画したいものです。
#台北にもいろいろクラフトビールがあるらしいので、もれなくビール探索もついてくると思われますが・・・。
スポンサーサイト



テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

台北3日目・台湾B級グルメ福州元祖胡椒餅 

パワースポット龍山寺にてお参りを終えた後は、台湾B級グルメにトライ。
龍山寺の近くにある、胡椒餅の名店を目指してウロウロ。

PB274202s.jpg


ガイドブック片手にお店のすぐ近くと思われる場所まで来たのですが、お店は見えず・・・と思ったら、なんと路地に看板が出ていました。

PB274204s.jpg


細い路地裏の奥に看板らしきものが。

PB274196s.jpg


元祖胡椒餅の看板。こんな路地裏にお店があるとは・・・ガイドブックの地図を見てもこれではわかりませんね。
地元でも人気のお店なので行列必須、ということでしたがワレワレ姉妹が行った時はこの通りガラガラ。
おかげさまで、並ぶことなくお目当ての胡椒餅を入手しました。

PB274199s.jpg


このかなり年季の入った釜で焼き上げるようです。

PB274200s.jpg


出来立てホカホカです。紙袋もローカル色ばっちり。

PB274201s.jpg

こちらが胡椒餅。餅、といってもこちらはパリっと焼き上げたパイっぽい生地の中に、甘辛く煮た豚餡が入っています。
胡椒餅、というだけあってかなり、胡椒のスパイシーさがプラスされ、ピリッとした味付けでした。

かなり熱いので、肌寒い日の軽食にピッタリです。
こちらの「福州元祖胡椒餅」は、八角は比較的抑え目の味付けなんだそうですが、かなり独特な味なのでツマ妹にはちょっと合わなかったらしいです・・・。「一度は体験してみたかった」ということでしたので、妹としては満足したようでした。
(その分はツマがしっかり味わいました)

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

台北3日目・パワースポット龍山寺へ 

台北女子旅も、最終日の3日目になりました。
最終日になって、ようやく青空が見えました。この日は、松山空港発のJAL便、15時35分発なのでお昼頃まで台北市内を散策します。

ということでやってきたのが台北でも有数のパワースポット(とガイドブックには書いてあった)である龍山寺。
宿泊していたホテル最寄の台北駅から地下鉄で2駅の近さです。

PB274162s.jpg

龍山寺駅を出たところ、下町的な雰囲気のある地域です。

PB274165s.jpg

5分ほど歩いて龍山寺に到着。表門です。

PB274168s.jpg

台北で最も古いお寺ということですが、表門もかなりカラフルで日本のお寺とは大分雰囲気が違いますね。

PB274174s.jpg


お寺に入る前に、表門からもう一枚。お寺の中は、参拝客でいっぱいでした。

PB274186s.jpg


本殿前。沢山のお供え物で埋め尽くされていました。
本殿の反り返った屋根の上には鮮やかな龍と鳳凰がいます。

PB274180s.jpg


太さ・サイズがいろいろなロウソクですが、赤色というのが共通しています。

境内至るところで、信心深い地元の人たちを大勢見かけました。
お線香を備えながら、熱心に祈りをささげています。若い人たちがお祈りする姿は日本ではあまり見ることがないので、若者の信仰深さにはびっくりしました。

PB274190s.jpg

出口近くのインフォメーションセンター、実態は売店?
ここでは数多くのお守りを売っています。お正月の日本の寺社を思い出しました。お守りの種類は、日本よりはるかに多かったようです(どうやら100以上あるらしい)。

想像していたパワースポットとは雰囲気が大分違っていましたが、信心深い人たちで賑わっている点では確かに祈りのパワーが集まっているエリアであることは間違いないと思います。

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

台北2日目・台北101(夜景は断念) 

九份から電車に乗って台北に戻り、今度は地下鉄で台北101へ。

PB264153s.jpg


写真ではわかりませんが、この時点で雨が降り始めたので傘を差していました。
あいにくの空模様だったので、夜景はあきらめて台北101のフードコートで夕食タイムにしました。

PB268570s.jpg

せっかく台湾に来たのだから、と魯肉飯のセットにしました。
コンパクトにまとまっていてなかなかいい感じでした。ツマ妹は、雲吞麺であっさりと済ませていました。

PB264155s.jpg

食後、ちょっと周囲を散策した後は地下1Fにあるスターバックスへ。
スターバックスに詳しいツマ妹によると、このお店はスターバックスリザーブバーというグレードの高いお店なのだそうです。
どうやら開店して早々(11月23日にオープンしたらしい)に訪れたらしいのですが、帰国してから気づきました。ひょっとしたらその場で妹に「オープンしたて!」と言われていたのかもしれません・・・(どうも物忘れがひどくなってきて記憶が定かではない)。

PB264154s.jpg


どうやらこのマークがリザーブバー(世界でも数店しかないとか)。
もっとも、ツマ達はお隣に併設されているスターバックスでいつものカフェ(カプチーノとか)をいただきましたが。

何よりも、竹をベースにした天井のデザインが見事で、お店の中でゆったりまったりとくつろぎました。
九份と台北101のリザーブバー、バラエティ豊かなお茶タイムを満喫した2日目でした。

PB264158s.jpg


台北101を出た時点でもやはり雨は小雨模様。お天気だけは残念でした(よって夜景は次回に持ち越し)。

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

台北2日目・九份観光(その2) 

記念写真を撮ってから、「阿妹茶酒館」でお茶タイム。

PB264116s.jpg

お店の外壁に飾ってあるお面が不思議な雰囲気です。

PB264120s.jpg

PB264121s.jpg

観光客向けには、お茶菓子のついたセットがあります。
お茶は様々な種類があったので、本格的にお茶を楽しむこともできると思います。姉妹共々初心者なので、ここは無難にセットメニューを選択。

お店の人が、片言の日本語でお茶の入れ方を説明してくれます。
その後は、自分たちで小さな茶器で何杯もお茶のお代わりをしてお茶タイムを楽しみました。セットについていたお茶菓子も、素朴な味わいでした。その前に食した芋団子のお汁粉もそうですが、甘さが控えめで身体に優しいですね。

PB264131s.jpg

お茶タイムを終えて外に出たところ、周囲もだいぶ薄暗くなってきていました。
お店の灯りもつき始めてだんだんと夕暮れ時になってきました。

PB264138s.jpg


夕暮れ時をねらってか、観光客がさらに多くなって狭い道は大混雑でした。ひたすら階段を下りていきます。

PB264146s.jpg


ちょっと広い場所に出ました。

PB264148s.jpg


下りてきた階段を見上げると、ガイドブックなどでよく見かける光景が。ここも撮影スポットなんですね。

PB264152s.jpg

提灯に灯りが付き、ノスタルジックな雰囲気いっぱいです。
非日常な空間を楽しみつつも、さらに観光客が増えてきたので台北市内に戻ることにしました。

行きと同じく、バスに揺られて(というのもかなり運転が荒かったから)瑞芳駅に戻り、鈍行列車で台北駅へ。
帰りは、更に遠くから台北駅に戻る若者で列車内はラッシュ並みに混雑していました。何かイベントがあった帰りの一団に遭遇したのかもしれません。
戻りは混雑していたのでオバサン二人は少々疲れましたが、雨に降られることなく九份を楽しむことが出来て何より。

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]