FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

週末上海・1日目夜(羽田ANAスイートラウンジ) 

3月、週末に1日休みをつけ、2泊3日で上海を旅行しました。
上海は、2014年の秋に訪れて以来です。「ヒコーキ好きな上司」からいただいた、ANAのスイートラウンジ券が3月末までだったことと、かねてより「羽田のスイートラウンジで、ダイニングhがおすすめ」という話を聞き、3月に頑張って羽田発上海行の夜便をとりました。

オットと休みの日程調整を行った結果、
・木曜日の仕事を終えてから羽田に直行、夜便で上海へ。
・金曜日~土曜日夜まで上海滞在
・土曜日深夜便(25時頃の便だったと思います)で日曜日朝に羽田到着
というかなり弾丸な日程となりました。

ただ、この変則的な日程のおかげで、ANAで上海往復一人4万円弱というお値段でチケットを購入できました。

そういうエコノミーなチケットを持っているのにちゃっかりとラウンジ券を使わせていただきました。

P3088860s.jpg

19時頃の羽田ANAスイートラウンジ。ほとんど人がいなくてガラーンとした状態でしたが、反対側の窓からヒコーキが見えるエリアは満席で空きがありませんでした。

P3088861s.jpg

ガラガラ。
もっとも、20時を過ぎたころからどんどん人が入ってきて、21時近くには満席状態でした。
スイートラウンジがこれほど混雑しているのなら、普通のラウンジは一体どんな状況になっているんだろう、と頭が痛くなりました。

そして、楽しみにしていた「ダイニングH」ですが、こちらも名前を書いて順番待ちという話を聞いて断念。
順番が来る頃には、ヒコーキに乗って羽田を出発しています・・・。

P3088862s.jpg


ということで、ラウンジでは海鮮チラシやら

P3088863s.jpg

ホットディッシュ盛り合わせ(中華系メニュー多し)などをいただきました。

22時過ぎのヒコーキに乗って、上海浦東空港に到着したのは日が変わって25時過ぎ。
そこから上海市内中心部に移動は厳しい、と空港に近接のホテルで一泊しました。

P3090001s.jpg

ホテルの部屋から見える、深夜の浦東空港。

P3090002s.jpg

ずらっとヒコーキも整列して停泊中。
「ヒコーキ好きな上司」なら大喜びしそうな外の様子を写真におさめました。

P3090003s.jpg

到着した日に一泊した部屋です。
空港を出てすぐのところにあるので、深夜便で到着して寝るだけという時には便利です。必要最低限な備品がそろっていて一泊するのには十二分だと思いました。
スポンサーサイト



テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

週末上海・上海1日目午前 

深夜便で到着した後はエアポートホテルで一泊。

P3090007s.jpg

翌日朝、ホテルの部屋から浦東空港を見たところ。
昨晩は5機が停まっていましたが、朝8時の時点では既に2機は飛び立った模様。
「ヒコーキ好きな上司」の話では、中国では空港は軍の管理下にあるため、空港の撮影はとても難しいのだそうです。
(上司はヒコーキに乗るのも、写真を撮るのも大好き) 今回、たまたま泊まったホテルの部屋から撮った浦東空港の写真でしたが、喜んでいただけた模様でした。

P3098866s.jpg


今回泊まったホテルです。北館と南館がありました。

素泊まりにしたので、浦東空港まで行って朝食タイム。

P3098869s.jpg

空港内で、フードコートもどき?のエリアを見つけてここで朝食をとることにしました。
朝食メニューらしきものがあるのかなと思ったのですが、特にそんなセットはなかったようです。

P3098868s.jpg

比較的、朝食っぽいお粥セットにしました。
味は・・・フツーでした。

朝食後は地下鉄に乗って上海市内に移動。地下鉄2号線の「人民広場」で乗り換えて1号線の「陜西南路」駅で降りて歩くことしばし。

P3100100s.jpg


上海市内では、「オークラガーデンホテル」に1泊しました。

P3090015s.jpg

チェックインタイムよりちょっと前にホテルに着いたのですが、すぐ部屋に通してもらえました。

P3090013s.jpg

ホテルの部屋からの眺めです。ガーデンビューの部屋だったので、ホテルの庭園がよく見えました。
この日は天気も良かったので、終日あちこち歩き回りました。

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

週末上海・上海1日目午後は朱家角古鎮を散策 

「朱家角」は、上海郊外にある水郷です。
最近地下鉄が開通され、アクセスが良くなったということで午後は朱家角を散策することにしました。

ホテルを出て地下鉄に乗り、途中「虹橋火車駅」で地下鉄17号線に乗り換えます。だいたい1時間くらいで朱家角駅に到着します。
駅についてから、さらに15~20分程度歩くとメインのエリアに到着。

P3090076s.jpg

アーチが5つある、石造りの橋「放生橋」を渡って対岸に向かいます。

P3090028s.jpg

対岸から放生橋を望む。かなり大きい橋です。

P3090026s.jpg

写真で「茶」と出ていたお茶屋さんからだと、橋がよく見えます。
お店の中に入らず、外から写真を撮るだけのワレワレ・・・(すみません)。

P3095207s.jpg


橋を渡ると、ずらっとお土産屋さんが並んでいます。

P3090025s.jpg

串焼きとか

P3090017s.jpg

粽(ちまき)や、豚肉の腿や豚足を煮込んだものなど。
粽は朱家角の名物なんだそうで、粽を売っているお店が大量にありました。

P3095158s.jpg

写真手前、豚肉を笹で巻いて煮込んでいます。

P3095162s.jpg

大量の粽。お店によって味が違うようでしたが(名物おばあちゃん?がTVに出ている写真が貼ってあったり)、上海の味付けは醤油と砂糖で甘辛いので、かなり味は濃そうです。

お店の写真を撮りながら、ぶらぶら散策します。

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

週末上海・朱家角散策 

ガイドブックによると、中国では伝統的な生活様式が残る古い町並みを「古鎮」と呼ぶそうです。
今回訪れた朱家角は、水路で形成された町であり、このような場所は「水郷古鎮」というのだとか。

P3095214s.jpg

確かに運河の両岸には古き中国の家屋がずらっと建ち並んでいます。

P3090097s.jpg

P3095179s.jpg

町のあちこちに運河があり、大小様々な橋がかかっています。

P3095181s.jpg

この日は天気も良く、遊覧船に乗って町並みを楽しむ観光客を大勢見かけました。この日は平日金曜日でしたが、週末はもっと混み合うものと思われます。(過去、週末に上海から一番近い水郷の「七宝」に行った時は殺人的な混み具合でした)

P3090055s.jpg


雰囲気のある古い建物は、茶店として活用されていました。

P3090058s.jpg

こちらもかなり年代を感じる建物です。前庭ではご老人たちが会話に熱中していました。
賑やかな上海中心部とは大分様子が違って、町全体がかなりのんびりとした感じです。

P3090085s.jpg


狭い道の両サイドともにお土産屋さんが並んでいます。雰囲気は、昨年11月に妹と旅行した台湾の九扮に似ていますね。
(朱家角以上に観光地化されていましたが)
この日は夜予定があったので、暗くなる前に上海市内に戻りましたが、夜の朱家角も機会があったら訪れてみたいと思います。地下鉄が出来たので、週末は激込みと思われるため平日が希望ですが・・・。

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

週末上海・上海1日目夜は張園99へ 

地下鉄に乗って、朱家角から上海市内に戻ってきた時点で夕暮れ時でした。

P3095222s.jpg

ホテルの部屋から、夕暮れ時の上海。

P3095225s.jpg

15分もすると、だいぶ暗くなってビルディングの照明も目立ってきました。

この日は、オットの仕事関連の知り合い達と待ち合わせて夕食を一緒にいただくことに。
宿泊していたホテル1Fのロビーで待ち合わせて、タクシーで「張園99」というエリアに行きました。昔ながらの石庫門住宅が多く残っている「張園」というエリアの一部がリノベーションされておしゃれな場所になっているそうです。

P3098894s.jpg

「張園99」の中にある、おしゃれなスパニッシュレストランに行きました。かなり広い店内は、中国人と欧米人が半々といったところでしょうか。カップルも見かけましたんで、金曜日の夜のデートスポットなのかもしれません。

P3098890s.jpg

タパス色々、パエリアを注文してみなでシェアしました。
ムーディな(薄暗い)店内だったので、食事の写真もかなり薄暗くて残念な結果に。比較的良いほうだったパエリアの写真のみUPします。海鮮のエキスが濃厚な味わいで、食事はどれも美味しかったです。

食事を終え、最寄の「南京西路」駅から地下鉄に乗ってホテルの近くまで戻りました。「陝西南路」駅で下車し、外に出たところでオシャレにライトアップされたレトロな建物がありました。

P3095227s.jpg

CATHAY THEATRE(国泰电影院)。租界時代に建てられた老舗映画館ですが、まだ現役で様々な映画を上映しているそうです。
新旧様々な建物でバラエティー豊かな上海中心部です。

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]