04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

咲きました(門仲5号) 

朝、起きてみたら咲いていました。(写真は夜撮りました)
s-IMG_0804.jpg

胡蝶蘭を育てて咲かせたのは初めてです。カトレアは、初めからつぼみが出ていたのですがこの門仲5号は葉の横から枝?が出てきてどんどん伸びてきました。ツマの過度な応援もプレッシャーにならず、しっかりつぼみを作って咲かせました!つぼみは全部で6つ。少しずつ咲いてくるのが楽しみです。

めでたく5号のつぼみその1が咲いたところで、ツマは明日からまた中国出張へ。前回の上海に続き、今度は大連です。

ということで2日ほどブログもお休みします。
蘭たちのお世話をよろしくお願いします>オット
スポンサーサイト

[edit]

LIQUORS HASEGAWA 北口店(八重洲地下街) 

JR東京駅八重洲地下街にあるリカーショップ。
ウィスキーの品揃えが充実した、オットお気に入りのお店です。ビールもベルギービールをはじめ、珍しい地ビールも取り扱っています。
八重洲地下街に本店と北口店があるのですが、我が家はもっぱら北口店ご愛用。
old-IMG_0791.jpg

日曜日にフットマッサージ(こちらも八重洲地下街)に行った帰りにお店の前を通過しようとして・・・オットの足が止まりました。
入り口に「新入荷地ビール ベアードビール静岡県沼津」の立て看板が。
沼津にある小さなブルワリーですが、ラベルとネーミングが個性的なビールを提供しています。オット曰く、ホップがきいたビールだとか。
s-IMG_0805.jpg

購入したのはこの3種類。左から、
  ライジングサン ペールエール
  四姉妹スプリングボック2007(季節限定ビール)
  レッドローズアンバーエール


オットには「限定モノ好き」とよく笑われるツマですが、オットだってしっかり「季節限定ビール」購入しているじゃないですか。

ベアード瓶ビールチームも、現在冷蔵庫で出番待ち待機中です。
他にも缶ビールもいるしで我が家の冷蔵庫に占めるビールの割合、大です。

リカーズハセガワ北口店
JR東京駅八重洲地下街(オレンジロード)
03-3271-4085

[edit]

虎(フウ) 門前仲町店 

近所にある中華料理屋。小さなお店ですが、いつも賑わっています。
週末は夜6時前には満席になってしまうので、時間をずらしてみたのですが夜9時近くになってようやく座れました。
注文したのはこちら。
s-IMG_0796.jpg
細切り野菜炒め:薄焼き卵のせ
野菜炒めの中に豚肉の細切りも入っていました。


s-IMG_0795.jpg
豆腐と芝えびの塩味煮込み
塩味のあんかけです。えびはぷりぷり、野菜も色々入っていて全体さっぱり目の味付け。意外に豆腐が少なめ。


old-IMG_0797.jpg
豚肉細切り入りチャーハン
ご飯がぱらっとしていて食べやすいです。
チキンスープ(コンソメ)が二人分ついてきました。
1人前を注文したので、おまけだと思います。


ここは、メニューが100以上、坦坦麺もごまがねっとりしていて美味です。どれを頼もうかと色々迷うのですが、ハーフサイズもあるので夫婦二人でも楽しめます。友人を交えて色々注文するのが一番楽しい。

ふらっと普段着で気軽に入れるところが深川っぽくていいですよね。

虎(フウ)門前仲町店
江東区門前仲町1-13-6

[edit]

本日の門仲5号 

帰宅したら、門仲5号(胡蝶蘭)が1つ咲きかけていました!
s-IMG_0799.jpg

←門仲5号。
明日の朝には開ききっているかも!


ちなみに、
IMG_0772.jpg昨日(日曜日)の5号。
手前のつぼみが真っ先に咲くのかなと思っていたのですが。


明日の朝がとても楽しみです。

[edit]

PAUL 東京・八重洲店 

日曜日の午後。
のんびりぶらぶら、軽くお茶でも。東京駅界隈だと、PAULかVIRONがあるけど・・・といいつつ、新丸ビル効果で多分VIRONの入っているTOKIAは混雑しているだろうな、と今回はセンチュリーパシフィックにあるPAULへ。

old-IMG_0785.jpg
ツマの注文は、「キッシュ・ロレーヌ・ポール」。ハム・ベーコンの入ったキッシュの基本形ですね。間から、チーズがトローリととろけてました。
付け合せにサラダかポテトが選択できるのですが、ポテトにしました。ボリュームはかなりあります。

s-IMG_0786.jpgオットの注文はこちら。「ビールのおつまみセット」
軽くおつまみ系かな、と思ったら結構なボリュームでした。
一緒に盛り合わせてあったハムを一口もらったのですが、しっかりとした白ハムでした。脂身がほどよく混ざっていていい感じです。
チーズはカマンベールかなと思ったのですが、あっさりとしていてどちらかというとブリーチーズかも。

s-IMG_0787.jpgキッシュには一緒にパンもついてきます。一人ではとても食べ切れません。二人でシェアしていただきました。実はパンは3種類あったのですが写真を撮る前に1種類食べちゃいました。レーズン、ナッツの入ったセーグルパンでいかにもツマの好み、でした。あと、四角のパン・ド・ミーが甘みがあってとても食べやすい!


結構ボリュームもあるので、週末ちょっと散歩がてらのブランチにおすすめです。天井も高くて、開放感があるのでお天気の日など外をボーっと見ながらのんびり食事・・・で会話も楽しめそうです。

[edit]

日曜日、東京界隈にて 

本日は天気もよく、散歩日和。
午後から夫婦で東京駅近辺(有楽町~日本橋)に出かけてました。

日本橋高島屋でツマの用事を終わらせたあと、東京駅方面に向かいました。センチュリーパシフィックプレイスにある、PAULのカフェで軽く食事をし、その後TOKIAの1Fをぶらぶら。(PAULにするか、VIRONにするか迷っていたのでこちらも見学)

東京国際フォーラムの中央を突っ切り、ビックカメラ有楽町店へ。ここでオットのゴルフクラブ品定めを行い、その後、別館にて自転車購入の申し込み。お隣にある、無印良品有楽町店でツマの「定例無印チェック」。

別にムジラーではないのですが、我が家の収納関連で無印のものは多いかも・・・。

そこから再度東京駅の八重洲地下街に戻り、夫婦お気に入りの足裏マッサージのお店へ。50分間はまさに至福のひとときでした。

s-IMG_0789.jpg

写真は、有楽町から東京駅に戻るところで撮った1枚。
パシフィックプレイスや、TOKIAが写っています。こうやって見ると、東京駅の周辺は高層ビルが建って大分以前とは風景が変わってきたなあと思ったひとときでした。
(夕方近くでちょっと写真が暗めになってしまいました)

[edit]

郡上味噌 

郡上八幡で買い求めたお味噌です。
IMG_0769.jpg
大黒屋商店の郡上味噌。
お土産用もありましたが、量り売りで購入しました。
秤で500g計って、袋に詰めてできあがり。


IMG_0771.jpg
こちらが郡上味噌です。
国産大豆をお店の地下に涌く天然水でゆっくり熟成させて作るそうです。添加物なしの天然醸造のお味噌。
大豆がごろごろしているのが特徴。潰しているものもありますが、我が家はこのごろごろ大豆がお気に入り。


お味噌を購入した時点で、「塩分がきつめなので、普段より減らした量でお味噌汁にしてくださいね」とお店の方にも言われました。確かにかなり塩分は強いので、お味噌も少なめで大丈夫でした。

大豆が粒でごろっと入った、素朴なお味噌汁を楽しんでます。

[edit]

地鶏焼 親子丼 古ぢどり屋 

お昼の親子丼が美味しい(オット談)のお店に寄ってみました。
「古ぢどり」とは、古来岐阜の地に由来する地鶏のことを指すのだそうです。岐阜地鶏を元に開発したものが、ここで使用している「奥美濃古地鶏」なのだそうです。ランチは親子丼のみを出しているとか。
070521_213559_M.jpg
4軒ほどお店が並んでいるうちの1軒です。
外から見ると普通の居酒屋さんって感じ。


鳥刺し、焼鳥など注文しました。鳥刺しは新鮮で美味しい。
砂肝など、こりこりした食感が楽しめます。
焼鳥は小ぶり。ツマの好みとしては「まごろく」の方かなぁ?
070521_211000_M.jpg
そしてなぜか地ビール(笑)。
Kojidoriya Black Beer となっていましたが、ヴィルゴビールという錦糸町近辺の地ビールブランドのものでした。
黒ビールですが、オットいわくは「デュンケル(濃色)ビール」なのだそうです。ギネスのような「スタウトビール」とは確かに味が違います。大手メーカーの黒ビールはデュンケルなのだとか。
ちなみに、キリンもアサヒもスタウトビールは出してますが、流通量がとても少ないそうです。
・・・マイナーなんですね。スタウトの方はちびちび飲むタイプなので、炭酸に弱いツマ好み(お酒も弱いのですが)ですが。


親子丼は、甘さが抑え目、卵がとろとろ、鶏肉とほどよいハーモニーをかもし出していました。夜は親子丼も数種類から選べます。お昼よりお値段はちょっと高め、セットもあるので一人ご飯によいかも。
今度はお昼の親子丼をいただこうと思います。
#写真撮り忘れましたので。。

[edit]

すし居酒屋 海の幸 

なんと、勤務地が深川周辺となってしまいました。
深川の住民になったときはこの展開は予想していなかったのですが、住勤近接の環境となったからには、一層深川情報の開拓に力を入れようと思います!

・・・早速「深川ごはん」のカテゴリを追加したり(笑)。

本日のお昼はこちら。
070522_115124_M.jpg
すし居酒屋 海の幸の「特選ばらちらし」


一緒にいった後輩は「あなご中おち丼」を注文。
どちらにも、小鉢とおかわり自由のお味噌汁つき。しじみのお味噌汁は実も沢山で、しじみの味がとても美味。途中でおかわり自由に気がついた後輩は、「今度は必ずおかわりします!」とのこと。ばらちらしの具も盛り沢山で、お得感ばっちりです。

近所のサラリーマンが次々と来店してきます。人気店なんですね。
今度行くときは、これまた盛り沢山な「海の幸丼」を注文しよう!
ごちそうさまでした。

すし居酒屋 海の幸
江東区富岡1-22-20

[edit]

我が家の蘭~門仲5号 

現在、つぼみをふくらましつつある、門仲5号(胡蝶蘭)。
一体どんな花が咲くのか、今から楽しみにしています。
IMG_0759.jpg

IMG_0760.jpg
ちなみに、こちらが我が家の蘭の定位置です。

モノの居場所を決める、というのがツマの方針(勝手にそういっている)なので、蘭はこのガラスとスチールでできたミニシェルフが定位置です。キャスター付きなので、掃除の時など移動が楽です。

門仲1号は植え替えをした鉢が前より深かったので、一番上に置くのは不安定になってしまいました。現在はシェルフの横にでんと構えています。新しい芽がちょっと上向きに伸びてきています。




[edit]

サプライズなできごと 

私事ですが、4月に管理職になりました。
といっても、プロジェクト制で動いているので職掌が変わったという以外にそんなに大きな変化はないのですが。

とはいえ、オット含め家族はみな喜んでくれ、妹達から昨日「昇格お祝いプレゼント」なるものが届きました!

IMG_0744.jpg
自宅にいてね、ということだったので待っていたら大きな箱を抱えた宅急便の人が。

←開けてみたところ、出てきたのがこちら。なんと、見事な胡蝶蘭の鉢植えが!!
自分が胡蝶蘭をもらう、なんて考えたこともなかったのですが、ちょっとセレブな気分ですキラ

我が家の蘭軍団に、強力なメンバが加わりました。現在つぼみが大きくなりつつある門仲5号(ミニ胡蝶蘭)にもいい刺激になることでしょう。


これからも公私ともに前向きにがんばります。

ということで、ご安心くださいませ>オット


[edit]

チョコレートビール? 

変わったビールです。
IMG_0699.jpg

チョコレートビール。「別にチョコレートが入っているわけではないけど、チョコレートの風味だよ」とオットに言われて一口飲んでみました。

「???」

まあ確かにチョコレートといえばチョコレートなのですが・・・。
でも、別にチョコレートの味でなくてもいいのではないでしょうか。

世の中、色々なビールがあるものですね。

[edit]

丸ビルでディナー 

珍しく仕事帰りに丸ビルで同僚とディナーです。
エスニック料理ということで、35Fのマンゴツリーに行きました。

35Fからの夜景はとても見事でした。本当に高層ビルが増えましたね。
外の景色もまたご馳走のひとつということで。

二人で色々食べたかったので、コース料理にしました。それにあと一品追加しようとしたら、お店の人に「最後の頃にはかなりお腹いっぱいになりますので、途中で様子を見てからにしたら」とアドバイスを受けました。

以下、本日のメニュー。写真は撮影してません。
 甘海老と大根のサラダ マナオとチリペーストオイルのソース
 権現豚のガーリックフリット チリソース
 イトヨリのソテー スパイシーピーナッツソース 温野菜添え
 コクレ(雛鶏)のグリーンカレー風味 オーブン焼き
 バナナとキウィの春巻き バニラアイス添え
あとはそれぞれカクテルと食後の飲み物を注文しました。

各お皿ともにポーションは少なめでしたが、ひとつひとつ丁寧に味付けがしてあって味のバリエーションが豊かでした。辛さも申し分なく、激辛というほどでもなくしっかり味わっていただきました。鶏のつけあわせがマッシュポテトかと思ったところ、ココナツミルクベースで甘みがあり、辛さをほどよく中和してくれました。夜8時過ぎにはほぼ満席状態でした。すごいなぁ。

食後に二次会で軽く飲みに行きました。フォーシーズンズホテル丸の内のグリル&バーでそれぞれカクテル1杯。ホテルの宿泊客が多いのか、平日なのに混んでいてびっくり。というよりも、私たちが遊びなさすぎなのかもしれません。

お洒落で楽しい時間を満喫した夜でした。

[edit]

銀座 ヴィラモウラ(ポルトガル料理) 

今の会社に入社するまえ、1年ほど外資系にいたことがあります。
その時の同僚と、久しぶりに会いました。

彼女とは、ヒュー・グラントの映画を見る同士?で、今回も「ラブソングができるまで」を見る前に一緒にランチをしました。
銀座でいくつかお店を選んだもらったのですが、今回はポルトガル料理にしました。

「ヴィラモウラ」。泰明小学校の近所で、地下に降りていくお店です。
ツマは子供の頃、ブラジルに住んでいたことがあります。ブラジルは以前ポルトガル領だったのでポルトガル料理も結構食べることがあり、かなり懐かしいということでリクエストしました。

土曜はウィークエンドランチとかで平日よりもお値段高め。
本日の前菜は、イカとトマト、ブラックオリーブのマリネ。タマゴ・ツナ・ベーコンのサラダ、チーズパン、タラとジャガイモのコロッケ、カタプラーナという魚介の鍋、鍋のスープで作るリゾットとコーヒーでした。
チーズパン(ポンジケージョ)は焼きたて熱々で、もちもちっとした食感が子供の頃食べた味でした。ブラジルで、母親が時々作ってくれたなぁ・・と懐かしく思った一品。確か、マンジョカ(キャッサバ芋の粉)とリコッタチーズで作っていたはずです。
タラとジャガイモのコロッケも、近所のバールでおなじみの一品で、時々おやつ代わりにしていたなぁ。これまた懐かしさで一杯。でも、ブラジルではもう少し塩味が強かった(タラ、といっても干しダラを戻したものを使用しているので)と記憶しています。

カタプラーナは初めてでしたが、スープの色を見る限りは、魚とトマトの煮込みでよく見た、トマトとクリームかかった色でした。この色合いもまた懐かしい。あさりが鍋に満杯で、最後はもてあましてしまったのですが、よく考えてみれば無理に完食せずにリゾットに入れてしまえばよかった。。だた、鍋全体ちょっと塩味が薄めでした。リゾットも、テーブルに備え付けの岩塩をちょっと加えると味にまろやかさが出てた位なので。このあたりは個人の好みなのかもしれません。

ポルトガル料理は海産物が中心で、シンプルで日本人にも食べやすい味付けだと思います。今度は単品を色々注文するのもいいかな、と思います。

ブラジルといえばシェラスコが有名ですが、ポルトガル料理も素朴でいいかも、と思った一日でした。

VILA MOURA(ヴィラモウラ)
中央区銀座6-2-3 ダヴィンチ銀座アネックスB1

[edit]

深川飯 ~ 門前茶屋 

「深川」といえば「深川飯」だろう、ということで探してみたのですが、ぶっかけご飯の「深川丼」と、あさりを入れて蒸した「深川飯」とがあるそうです。

ご近所で探してみたのですが、急に思い立ったため、ちょうどいけそうなお店が駅からすぐのところにある「門前茶屋」でした。

s-IMG_0419.jpg
こちらの「深川あさり蒸籠飯」が売りだとか。
青海苔がかかっていて、さっぱりして食べやすい味でした。


s-IMG_0418.jpg
あなご蒸籠飯というのもあったので、こちらも頼んで味比べ。
あなごの方がボリュームがありました。でも、やっぱり深川だとあさりの方でしょうか。。


今度は、ぶっかけ飯の「あさり丼」にトライしてみようと思います。

[edit]

カトレアの植え替え 

GW後半の、オットの仕事。
IMG_0737.jpgIMG_0738.jpg

左側:2号  右側:1号
花の終わった門仲1号と2号の植え替えです。
根がびっしりと植木鉢にはりついていたので、鉢を割り、古い水苔を外した上で、新しい鉢に植え替えます。
カトレア(蘭)の習性で、鉢の端に向かって新しい茎が伸びるそうなので、植え替え時はなるべく中心になるように(オットが)配置しました。2号はまあまあそれなりになったのですが、1号の新しい芽ときたら・・・。なんと地面に水平に伸びています。右側の写真の鉢の、右半分に横になって伸びている部分ですが、わかりますか?
太陽の方向に伸びるらしいので、とりあえず窓の反対側になるように置いてみたのですが、果たして1号の新芽は矯正できるのでしょうか。

[edit]

牡丹園(古石場親水公園) 

牡丹町公園の隣にある、古石場親水公園内の牡丹園。
IMG_0730.jpg
牡丹町の焼鳥や「まごろく」に行ったときに牡丹園の話は聞いていたのですが、なかなか行くタイミングを逃していて、ゴールデンウィーク後半。
天気もよいので散歩がてら出かけてみたのですが、ピークはすっかり過ぎてぽつぽつ咲いている程度。出遅れました・・・。


IMG_0734.jpg
そろそろ散りかけの牡丹。
満開の時は見事だったでしょうね。
来年は、もっと早い時期に牡丹見物に訪れます。


[edit]

関のうなぎ~辻屋 

昨年10月に、初めてオットがこだわる地元のうな丼をいただきました。


「地元に戻ったら、是非ここのうなぎを食べてほしい」といわれた関西風うな丼。関市の超有名店、「辻屋」のものです。
丼のご飯の中間に、べったりとうなぎの蒲焼がサンドされています。いやもう、初めて食べた時はびっくりでした。かなりのボリュームで、途中でギブアップしました。うなぎはがんばって食べましたが、ご飯が・・・。写真では、香ばしさをお伝えできないのが残念です。
それにしても、東京だとこんなうなぎにはお目にかかれないんですよね。どなたかご存知の方、いらっしゃるでしょうか?

[edit]

水のまち 郡上八幡 

オット実家に帰省中、「郡上おどり」で有名な郡上八幡まで足を伸ばしました。

ツマは勿論初めて訪れる所でしたが、オットも大分昔に来た以来、久しぶりということでした。
長良川の支流である吉田川の流れる、名水の町です。

s-P4281348.jpg
水のまち、郡上八幡のシンボルである「宗祇水」。
冷たい湧水は、備え付けてあるひしゃくでそのまま飲めます。ほんとうに水がキレイ。

s-070428_150423_M.jpg
今回は半日ほどの滞在だったので町内の散策メインでしたが、城下町の古い家並みは江戸時代にタイムスリップしたかのよう。木造の建物と石垣、そして町中をはしる水路にしばし都会の喧騒を忘れます。


次はお城まで足をのばしてゆっくり散策しよう、と二人で次回の訪問を楽しみにしています。

[edit]

美濃の”おでん” 

「おでん」というのは、オットの実家のあたりでは「味噌田楽」のことをいうそうです。美濃の小倉山公園内のお店にて。

昔は、公園内に「おでん」を出すお店が沢山あったそうですが、最近はぐっと数が減ってしまったとのこと。
お義母さん曰く、昔よりも豆腐の厚みがぐっと薄くなってしまったそうですが、昔ながらの素朴な味付けを楽しめます。

おまけ:
s-P4281334.jpg
公園内の一角にあるサル舎にて。サルのノミとり中。
仰向けでノミをとってもらっているサルの無防備な姿に笑えます。
「もうどうにでもして~」って感じですね。

[edit]

THE ROUNDSTONE ~ 天王洲アイル 

本日は、ツマの会社のメンバが集まり、大井ふ頭中央海浜公園にてバーベキューでした。日中の日差しの強さにびっくり。半そでになっていたところ、気がついたら腕が赤く日焼けしてました。
解散後、東京モノレールに乗り、一駅先の天王洲アイルに途中下車。アイリッシュバーの"THE ROUNDSTONE”に立ち寄りました。


オットのお気に入りのお店です。店内もアイルランドのローカルなパブ風でなかなか凝った内装。
オット、ギネス1パイントとキルケニー1パイント。(ちょっと控えめ)
ツマ、ベイリーズのミルク割り。(いつものパターン)
カウンター席で、最近入ってきた外国人スタッフと話をしたり、オットなじみのスタッフとお久しぶりの挨拶をしたりで1時間半ほど楽しんできました。
GWの後半早々から、なかなか充実した一日となり、二人で満足満足。

[edit]

岐阜のうなぎ 

蒸してから焼き上げる関東風と違い、蒸さずに炭火で焼き上げるため、表面はぱりっとしていて中身はふんわりとした食感です。関西風ともまた違った味わいらしいのですが、関西風を食したことがないため違いがいまひとつわかりません。。

岐阜県関市には、「辻屋」「しげ吉」といった行列の出来る有名店があります。どちらも連れて行ってもらいましたが、辻屋は醤油味の強いタレでちょっと辛目かも。うな丼のボリュームはすごいです。ご飯の中にも蒲焼が1枚入っているのですから。
しげ吉の方が、タレの味付けがほどほどの甘さで食べやすいと感じました。
s-070428_183352_M.jpg
今回の帰省では、美濃市のうなぎや「おぜ屋」に行きました。
こちらも炭火でじっくり焼き上げた関西風です。オットはうな丼、ツマは「ひつまぶし」、あわせてうなぎの白焼を注文しました。白焼もかば焼き同様にパリっと香ばしく仕上がっていました。しょうが醤油をつけて食べるのが珍しかったです。


s-070428_184116_M.jpg
こちらはひつまぶし。
一杯めはそのままで
二杯めはねぎをちらして
三杯めはわさびと熱い出し汁をかけて
いただくのだそうです。
ひつまぶしは今回が初めてだったのですが、思ったよりもさっぱりして美味しくいただきました。

関東風とはまた違った味わいですが、東京ではこんなうなぎが見つからないんですよね。。ということで、帰省のときの楽しみにしています。

[edit]

明方(みょうがた)ハム 

飛騨美濃ブランドネタ、続きます。

明方ハム。「みょうがた」と呼ぶそうです。
豚もも肉100%、保存料・着色料・防腐剤未使用。
このパッケージだけでも「昔ながらの」ハムの雰囲気が漂っていますよね。


IMG_0725.jpg
オット実家より「美味しいハム」と、お義母さんから送ってもらって以来のお気に入りハムです。今回帰省した時も、近所のスーパーでしっかりGETしました。実が詰まっていて、素朴だけど混じりけのない、肉らしさを実感できるハムです。

[edit]