FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ヒマラヤンムーンカフェ(茅場町) 

厳密には「深川」ではないのですが、ご近所情報ということで・・。

「カレーが食べたい」というオットと、新規開拓したお店です。
先日行ったマッサージ屋さん店内のチラシを見ていったのですが。

ヒマラヤ料理のお店のようですが、ランチタイムはバイキング方式でカレー食べ放題です。3種類のカレー、ナン、ライス、サラダ、デザート(フルーツヨーグルト、かなり酸っぱい)、飲み物といったところ。

多分、平日は近所の会社員が来ているんじゃないかなぁ。
s-IMG_0104.jpg

この日は、シーフードカレー、豆のカレー、野菜カレー。しばらくしたら、追加でマトンカレーが出てきました。ナンも出来立てだと美味しいのですが、時間がたって冷えたものは今ひとつでした。
タイミングが問題かも。

3種類のカレーを少しずつ食べるのは大好きなんですけどねぇ。

ヒマラヤンムーンカフェ
スポンサーサイト



[edit]

北京の月餅 

9月末で一山越えた・・・と思いきや、10月も早々ばたばたしてました。
精神的な疲れから、相当ストレスが溜まりつつある状態だったのですが、今日になってちょっと落ち着いた感じです。
ようやくブログ更新する気力が出てきました。

アップするのが大分遅くなりました。
中秋は過ぎてしまいましたので、時期外れなのですが、「月餅」(げっぺい)。オットの中国出張時に、現地で「お土産に」といただいてきたもの。

s-IMG_0115.jpg
 このゴージャスな赤!まさに中国ですね~ 龍さんもキンキラキン状態です。

s-IMG_0118.jpg
 開けてからもこの豪華さ。箱もとても立派です。黄金カラーは、メデタイということなのでしょうか?過剰包装といえばそういえるかもしれません。ご贈答用なのでしょうね。

s-IMG_0120.jpg
 で、これが個別箱を開けたもの。由緒正しき月餅です。オットと半分こしていただきました。相当なボリュームでした。月餅は色々な種類が入っているようです。写真のものには、なんと卵の黄身が入っていました。ネットで調べたら、中国では月のイメージなのだそうです。でも塩辛くてかなり不思議な味でした。周囲の餡はフツウに甘いのですけどね。

週末しか揃わない我が家、なかなか月餅さんも減りません・・・。

[edit]

虎(フウ)門前仲町店 再訪 

連休初日。久々に深川近辺の開拓をしよう、といいつつ虎(フウ)を覗いたら空席があったので、結局こちらに来てしまいました。
休日ともなると、午後5時半頃からもう満席になってしまうので、その後は席の空くタイミングをねらうのがなかなか難しいのです。

虎(フウ)はお気軽な価格で品数も沢山あり、平日はサラリーマン、休日はご近所で賑わってます。我々も久しぶりでした。

s-IMG_0152.jpg

帆立貝の貝柱と白菜の煮込み。干し貝柱でよいスープの味が出ていました。
s-IMG_0156.jpg

虎特製、海老スープ入りシュウマイ。
こちらのお店でも人気の、小龍包と似た感じで、中に肉汁がたっぷり入っていました。

s-IMG_0154.jpg

牛バラ肉のあんかけご飯(スープ付)。
結構なボリュームがあります。醤油味ベースですが、バラ肉が柔らかくいただけました。初め、フツウの牛肉とどちらにしようかと迷ったのですが、バラ肉を選んで正解だったかも。

料理はスピーディに次々と出てきます。
蒸し物は相対的に時間がかかりますが、炒め物はあっという間です。速さも人気の秘密なのかもしれません。
久しぶりの虎(フウ)にすっかり満足しました。

[edit]

ソーセージ?いえいえ、チーズです 

大分前に、オットがドイツ村に立ち寄ったときにおみやげで購入した一品。決して放置していたわけではないのですが、気がついたら賞味期限間近でした。

ということで、三連休の朝食でめでたくお腹に収まりました。

s-IMG_0165.jpg

形状はどうみてもソーセージのミニサイズ(大きさ5cmくらいです)なのですが、中身はプロセスチーズ。なかなかクリーミーで美味しくいただきました。SMOKEDとなっていましたが、それほど燻製っぽくなかったです。

なかなか家で食事をすることが少ない我が家、この他にもパテやらフランスで購入した鴨のオイル漬けとか、ドイツソーセージとかごろごろ・・・。どれもこれも、お酒ビールのお供になりそうなものばっかりなのはご愛嬌ということで。

[edit]

炙り処 ほしかわ屋 別邸(恵比寿) 

三連休中、オットが昔行きつけのアイリッシュバー・McCANN'S(マッキャンズ)が4周年ということで武蔵小杉まで遠出しました。
その後に立ち寄った居酒屋が、 炙り処ほしかわ家 別邸  です。
ツマも行ったことのある、大崎のアイリッシュパブの元店長がいるお店ということでこれまたアイリッシュパブつながりです。

何でも焼酎の取り扱いの多い居酒屋らしいのですが、一夜干しにもこだわっています。写真を撮り忘れましたが、秋刀魚のみりん干しは脂がのっていて、通常の焼き魚とはまた異なる味わいがありました。

s-IMG_0166.jpg
 厚揚げの炭火焼、天然地はまぐり、カニクリームコロッケがずらっと並んだの図。すぐにお腹におさまってしまいました。

s-IMG_0169.jpg
 鹿島産の天然地はまぐり。巨大です。とても歯ごたえがあり、汁は天然のお出汁でこれまた美味。

s-IMG_0170.jpg
 どうしても気になると、と頼んだ「うなぎの炭火焼き」。実際はかなり蒲焼に近い感じでした。

素材にはかなりこだわった品々です。
ボリュームよりも質、という向きにはおすすめです。我々もトシをとったということでしょうか。

[edit]