06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

結婚記念日にフレンチ(帝国ホテル レ・セゾン) 

昨年は、結婚1周年ということでホテルからお食事のご招待。
急にオットの出張が入ったりで、11月になってようやく1周年記念ディナーでした。

今年は、昨年記念ディナーを食べにいった「レ・セゾン」から、「ご結婚記念日特別
メニュー」のご案内が届きました。ウィークディ限定でしたが、メニューがどれも美味しそう
だったので予約して出かけました。

余裕をもって夜8時の予約にしたのですが、この日ばかりは二人ともかなり早めに仕事を
切り上げて連れ立っていそいそと帝国ホテルへ。

レ・セゾンでは、結婚記念ということで入り口で記念写真を撮ってもらいました。
昨年に引き続きで2枚目です。

お食事は、どれも夏らしさを感じるものでした。
s-IMG_1368.jpg
「色々なトマトのデリラント」
すべてトマトで出来た前菜です。
左から、トマトのコンソメ(本当にトマトの味がしました!)
焼きトマトをチーズでサンドしたもの、真ん中は忘れました・・
その次はトマトのフリット、トマトのジャム(甘くて美味しい)、
スプーンに乗っているのがトマトのシャーベット(でも甘くなくトマトの味)。
どれもこれも手が込んでいて面白い。コンソメに飾りでついているマイクロトマトがとても
キュート。

s-IMG_1371.jpg
「鴨のフォアグラのポワレ、ルバーブのチャツネの上にヴァニラのソルベと
25年熟成のバルサミコ」

フォアグラが大きい!ソテーしているのでけっこうこってりとした味です。
フォアグラの下に敷いてあるルバーブのチャツネを一緒にいただくと、ルバーブの
酸味がフォアグラのしつこさをほどよく抑えてよい感じでした。
一緒にあるヴァニラはなぜ・・・という気がしましたが。ヴァニラに刺さっているのは、
薄くスライスしたルバーブを乾燥させたらしきもの。しっかり酸味があります。

s-IMG_1372.jpg
「国産金目鯛を地中海の味 色と香りで」
これは、飾りつけがとっても可愛い!
金目鯛の上にのっているのは、夏野菜のラタトゥユ風。松の実がちょっとした味の
アクセントでした。写真ではよくわかりませんが、上には魚の出汁で作った濃いソース
がかかっています。
さっぱりとした味付けでした。

s-IMG_1374.jpg
「特撰和牛のポワレ 燻製かけたバターのポム・マケールとサンネクテールのパネ
リンドウ香るドレッシングのサラダを添えて」
事前に送ってきたメニューを見ても、何がなんだか・・・でしたが、出てきたのは
和牛のステーキ(ミディアムレア)とポテトのつけあわせ。ただし、かなり燻製。。
というか山羊系のチーズで味付けがついてちょっと一癖あり。

和牛は、まさに「霜降りステーキ」そのものでした。見た目はちょっと少な目なのですが
一口で霜降りのこってりさにノックアウト。この倍あったら、翌日胸焼けしそうでした。
正統派和牛さんってステーキにするとこんな味付けなのね~と一人で納得。

食後は、プチフールの数々がでてきて、それから
s-IMG_1378.jpg
「パイナップルのカルパッチョ サブレ・ブルトンのハーモニー、レモンのソルベを
添えて」
パイナップルのカルパッチョって何だろう??と思っていたら、どうもパイナップルを
薄切りにしてお魚の薄切りの如くに仕立てた一品でした。
レモンのソルベ、背中にこれまたパイナップル薄切りの乾燥させたものを背負ってます。
ちょっと宝塚風?パイナップルの下は、クッキー生地っぽいものが敷いてあってパイでは
ないけどちょっと不思議な組み合わせでした。

そして、最後にレストランからのサプライズ。
s-IMG_1380.jpg
2周年記念ということでショートケーキをいただきました。
フウフ二人で半分ずつに切り分けてもらいました。帝国ホテルのいちごショート、いちごが
沢山はいって見た目よりボリュームがあります。
このあたりでもう完全に満腹状態。

8時開始ですべて出終わったのが11時過ぎ。
3時間のディナーコースでした。フレンチのコースって体力が必要だと実感します。

美味しい料理に舌鼓をうち、日常や今度の夏休みのことなど楽しくおしゃべりをして
心もお腹も満足、満足。充実したひと時でした。
来年もまた特別メニューのお知らせが届くといいなあ・・・そのためにもよきフウフで
あり続けたいものです。
スポンサーサイト

[edit]

本日は休暇 

結婚して2年たちました。
本日は、結婚記念休暇(という休暇があるわけではありませんが)で一日お休み。

まあ、7月中の休日出勤分の振替休暇だったのですが。
オットも一緒にあわせてとって一日のんびりしよう・・・と予定していたのですが、急な
仕事が入ったのでオットはお休みを断念。かなりがっくりしていました。

休みの前日は、帝国ホテルで結婚記念ディナー。
夜8時に予約して、食べ終わったのが11時過ぎ。お腹いっぱいで大満足。
帰宅して二人ともベットでバタンキュー。

朝、出勤するオットを見送ってからまたひと寝入り。
のんびり起きて、お洗濯をして、近所の整体で1時間揉みほぐされ。
「肩、腰、体全体がちがちですよ~」。滅茶苦茶痛かったです(涙)。

戻ってきてからお昼寝。3時近くになってショッピングへ。
平日にこんな行動すると、とても贅沢な感じがします。街に出ると、親子連れが多くて
「ああ、世間は夏休みなんだなあ」と実感。

帝国ホテルで、結婚記念の写真を撮っていただきました。
昨年が結婚1周年、今年が2周年で同じところでの写真が2セット。

s-IMG_1383.jpg

来年もまた増えるでしょうか・・?
是非そうあってほしいものです。(なんといっても食事が美味しい!)

[edit]

夏バテ気味です 

昨日土曜日は、習志野カントリークラブ(ゴルフコースですね)で、ゴルフトーナメントの
観戦(3日目です)をしてきました。

「東京近郊の、電車でもいけるところ」ということでしたが、最寄りが千葉ニュータウン駅
で日本橋から1時間弱。プチ旅行気分です。実際には電車の中でほとんど寝てましたが・・・。
観戦後は、印西(このあたりの場所の名前です)の地ビールを飲みにオットに同行しました。
一日、相当に歩き回り、本日は自宅でまったりモードでした。

印西の地ビール話はこの次ということで、先週舞浜はイクスピアリ(の中の成城石井)で購入
した舞浜地ビールの夏季限定版です。お店で飲んで気に入ったらしいです。

s-IMG_1366.jpg

舞浜地ビール、ハーヴェスト・ムーン。
「舞浜」と「イクスピアリ」で軽いイメージがありますが(なんといってもディズニー本拠地)
実際のビールはかなりしっかり作ってあって本格派、あなどれないそうです。

それにしても、今年の暑さは相当堪えます。
今年は残暑も厳しいという予報に、今からげんなりしています。大丈夫でしょうか・・・?

[edit]

舞浜でも地ビール 

7月三連休の最終日、舞浜に行ってきました。
舞浜・・・といえば「ネズミーランド」ではなく「ディズニーランド」ですが、我が家が
行ったのはお隣にある「イクスピアリ」の4Fにある、「ロティズ・ハウス」

s-IMG_1347.jpg
店内の一角にある、ビール工房で作った舞浜の地ビール、「ハーヴェスト・ムーン」を
味わうことができるのです。

ということで、お目当てはネズミさんではなく(しつこい)地ビールさんでした。

s-IMG_1356.jpg

s-IMG_1351.jpg
「ハーヴェストムーン・テイスティングセット」。
ビールの色の薄い順にならんでいます。
左から、ピルスナー、ベルジャンスタイル・ウィート、ペールエール、ブラウンエール、
シュバルツ。オットはどれもこれも気に入ったようで、味わいながら飲んでいました。
ちなみに、こちらのペールエールはイングリッシュスタイル。アメリカンスタイルの
ペールエールである「よなよなエール」とは違った味わいだそうです。

ちなみに7月末まで、ビール1杯プレゼントというサービスをやっています。
ホームページにあるクーポンを見つけて、しっかり印刷してもっていきました。
フウフで1杯ずつ、2杯が無料でした。

ツマは「ベルジャンスタイル・ウィート」。小麦のビールで、ベルギーの「ヒュルガーデン・
ホワイト」と似た味わいという印象でした。冷たい時よりも少し温度が上がったくらいが
オレンジとかの味付けがはっきりするようです。

ビールを飲みながら、「上面発酵」と「下面発酵」の違いのレクチャーを受けるツマ。
飲めないわりには、勉強熱心です(自画自賛)。

こちらのお店は、フードメニューも豊富です。
このあたりはビアパブとは違いますね。。

s-IMG_1353.jpg
国産豚肩肉のビール煮。ビールのほろ苦さがGOOD。トマトベースの煮込みです。
(オットはビール煮はストレートにビールだけが好みですが・・)

s-IMG_1354.jpg
お店自慢の炙り焼き(ロティサリー)。モモ肉のロティサリーにしました。スパイスが効いて
ちょっとピリッとしていてこれまたビールにぴったり。

場所柄か、家族連れも多く賑わっていました。
どうも舞浜のビールってミーハーな印象を勝手に持っていたのですが、こちらの地ビールは
どれも基本に忠実に作られたものでかなり「骨太」なものばかりでした。

我が家からは、越中島の駅までてくてく歩いて4駅なのでかなり近所の部類に入ります。
我が家の場合は、舞浜=地ビールになりそうです。
(でもいつかはオットを連れてディズニーランドにも行くつもりです)

[edit]

門前仲町 寿司処 「匠」 

連休初日の土曜日。近くにあって前から行こうと思っていた、「寿司処 匠」にようやく
出向きました。当日思い立ってお昼に予約の電話を入れたところ、問題なく予約もとれたので
安心して美容院に出かけ、帰宅してからオットと連れ立ってお店へ。

時間が早めだったせいか、カウンターも椅子席も選択可能でした。
カウンターに座って、「おまかせ」を注文。

s-IMG_1311.jpg s-IMG_1312.jpg
まずはマグロのトロから。煮切り醤油を刷毛で塗ってから出すので、醤油なしでいただけます。
続いて、マコガレイ。塩とスダチが入っているのでこちらもそのまま。

s-IMG_1317.jpg  s-IMG_1318.jpg
(たぶん)金目鯛。こちらも煮切り醤油で味付け済。
つぶ貝。塩とスダチで。かなり歯ごたえのある貝なのですが、シャリの温度のせいか
ちょっと磯臭い感じがしました。

s-IMG_1319.jpg s-IMG_1320.jpg
車海老と蝦蛄。両方とも塩とスダチで。塩で魚の甘みが際立ち、相性ばっちりと感じました。

s-IMG_1321.jpg s-IMG_1322.jpg
アジとうに。アジが秀逸でした。
うには握りが弱すぎてシャリがぼろっときたのが残念。口に入れたときにほろっとする
のとはちょっと違うんですよね。。難しいところです。

s-IMG_1323.jpg s-IMG_1325.jpg
巻きものはイカの青シソ巻きとネギとろ巻き。巻きものだけは醤油をつけていただきました。
穴子は、塩かたれが選べます。オットはタレを選択してました。塩を選んだツマの方は
写真撮り忘れ。オットの話では、塩とはまったく異なる味わいだとか。焼き方が全然
ちがっていて、タレの方はホロッとした感じだったそうです。

あとはお好みで好きな握りを一貫ずつ。
s-IMG_1328.jpg s-IMG_1329.jpg
オットは白海老、ツマはオットのすすめ(珍しいから)ということでシンコを。
シンコは、こはだの稚魚のことでこの時期しか出てこないそうです。
ひかりものということでこはだ同様、酢〆にしてありました。全体酢が強めかも。
さっぱりとした味わいでした。

おまかせ以外にも「卵焼き」と「穴子の白焼き」も注文していたので、この時点で相当
満腹状態に。

オットは最期にこちらを注文。
s-IMG_1330.jpg
秋刀魚です。この時期は北海道でとれるものを使用するそうで、秋口よりも脂がそれほど
強くないということで、オットも満足していました。

白身魚を塩とスダチでいただくのは魚本来の甘みを引き出すのに丁度よかったと
思います。ただ、シャリが人肌程度の暖かさで、それがつぶ貝ではいまいち不協和音
だったのではないかと思いました。また、ものによっては塩が強すぎと感じたりも。

煮付け醤油とは違い、塩はちょっとした塩梅でかなり味が変わってしまうので難しいですね。

寿司以外に数品頼むとそれなりの価格になりますが、このようなおすし屋さんが近所に
あるというのは幸せなことです。
(その割になかなか出かけなかったのはなぜ??)

寿司処 匠
江東区富岡1-1-14
TEL 03-3643-1224

[edit]

代々木上原の小さなパンやさん 

下町深川からずいぶん離れて、渋谷区は代々木上原のパンやさんのパンです。

3連休の初日、とにかくすっきりするんだ!と
おなじみの岩盤浴で1時間半、汗をかきまくり
おなじみの美容院に2ヶ月ぶりに出かけました。

美容院はここ9年近くずっとおなじ美容師さんにお願いしています。
もともとは友人から紹介してもらったのですが、カットが上手でいつもおまかせ状態。
美容師さんがお店を移れば自分も一緒に移り、独立して代々木上原にお店を構えてからも
定期的に通っています。

お願いするときなど、「暑くなったのでとにかくばっさりいっちゃってください」というような
アバウトな注文でいつも満足のいく出来に仕上げてくれます。

なぜパンの話と美容院がつながるのか、というと美容院で読んでいた雑誌で代々木上原の
パンやさんの記事がでていたから。
「ここ、どうなんでしょう?」と聞いたところ、デニッシュとか色々ある模様。連休中の朝ごはんに
しようと思って帰宅途中で購入することにしました。

お店の名前は「boulangerie pour vous」(ブーランジェリー プー・ブー)。
代々木上原商店街の坂をずっと上がったところにある小さなパンやさんでした。

s-IMG_1333.jpg
まずはクロワッサン。
+s-IMG_1334.jpg
左:シリアルフロマージュ 右:コーンのパン
s-IMG_1338.jpg
オレンジのクリームパン(だったと思う)。

他にも色々な種類のパンがあり、いつものごとく目移りしそうでしたが初回なので
まずはシンプルなものを選んでみました。

今日はオットが休日出勤。いつもよりも早く出かけたので、明日の朝ごはんで味わおうと
思います。

boulangerie pour vous
渋谷区上原1-22-2-1F
03-5465-2333

[edit]

KILKENNY @缶ビール仕様 

帰宅時にビールを購入することは滅多にないオット。
本日は珍しく缶ビールを購入してきました。

s-IMG_1307.jpg

アイリッシュパブでおなじみの「KELKENNY」。
ギネスと同じく、サッポロビールが取り扱っています。ギネスの缶ビールはドラフト・
スタウトとも見かけますがキルケニーは初めて見ました。

ちなみに、アイリッシュパブではツマはよくキルケニーを半パイント注文します。
炭酸も強くないし、ギネスのような独特なくせもなく飲みやすい。

s-IMG_1308.jpg

ギネスの小さめのグラスで丁度缶ビール1本分。
「つぎ足さずに飲むのがちょうどよい」とはオット談。

注いだ直後は泡で真っ白なのですが、だんだん写真のような色合いに変化します。
日本のビールで注ぐのが下手で(ツマがそうです)、すぐ泡だらけになってしまうのとは
様子が違います。

s-IMG_1309.jpg

そして、ビールグラスの背面は「ハロウィーンかぼちゃギネス」でした。
2000年の特製グラスだったのでしょうか?外であまり見かけたことはありません。

そして肝心の味のほうですが・・・パブで飲む味とかなり差がある、とはオットの意見。
なんというか、味が違うのです。まあキルケニーぽいといえばそうなのかもしれませんが。
ギネスの方が、パブで注文して飲む時と味の差がかなり少ないとか。
といいつつも、自宅でギネス缶ビールを飲む姿はほとんど見たことはありません。

ひょっとしたら冷やし足りなかったのかもしれないそうです。
ということで次回は「よく冷やしたバージョン」で飲むんでしょうね。

ちなみに、オットは近所のサンクスで購入してきました。
ご興味のある方、お試しあれ。

[edit]

軽井沢でパン購入 

週末旅行から大分日が過ぎてしまいました。

草津で一泊した後、白根山あたりの散策を考えていたのですが、あいにく日曜日は
朝から土砂降り。一日雨降りだったので、そのまま軽井沢経由で帰宅することと
しました。

軽井沢ではパン屋さん2軒をはしごしました。

s-178.jpg

軽井沢で有名な「浅野屋」。銀座の松屋でも売っていたのは記憶していたのですが、せっかく
軽井沢に寄ったのですから。。とちょっと立ち寄ってみました。

s-181.jpg

色々なパンに目移りしながらも、ライ麦入りパン、玄米くるみパン、量り売りのレーズンパン等を
購入。

s-176.jpg

道を挟んでお向かいは「フレンチ・ベーカリー」。ジョン・レノンがこちらのフランスパンを
好んだということでしたが、午後遅くに行った時点ではほぼ売り切れでした。
ほかにもかなりのパンが売り切れ状態でしたので、こちらは早めに行かないとダメ
みたいです。

s-182.jpg

とはいえ、デニッシュパン、ちぎりパン、塩クロワッサンを購入しました。
こちらのパンは全般的に塩味がちょっと強めな感じです。

二人暮らしというのにこんなに買い込んでしまいました。
大半は冷凍庫に押し込んで冷凍保存。2週間経過して(そして一部はおすそ分けして)
ようやく玄米パンの消化に入ったところです。

ついついうれしくなって買い込むのですが、消費が追いつかないのが我が家の悩み。
もう少し、平日も自宅で食事ができるといいんですけどね。

[edit]

草津高原ビール 

草津温泉に行っても、我が家にはいつものテーマが・・・。
車を運転していたオットが「ビーラー(っていうんでしょうか)アンテナ」でまたもや
地ビールの看板を見つけました。

夕食後、「確かこのへん」というオットの勘頼りで散歩がてら遠征してみました。
「草津高原ビール」
s-170.jpg


見た目はフツーのビールです。
が、一口飲んで独特な味わいが・・・。なんというか、イースト菌っぽい味わいと
いうか。うまく表現できないのですが、かなり植物系な味わいなのです。

草津高原ビール、お店にあった説明書きを読むと「ビール酵母が入ったビール」
なのだそうです。オットはお土産に2本ほど購入していましたが、かなり不思議ちゃんな
味わいのビールです。
s-173.jpg


国内を旅行すると、ほんとうに色々なところにユニークなビールがありますね。
味については人それぞれだと思いますが、ビール好きにとってはこれまた旅の楽しみ
なのでしょう。

それにしても・・・オットのアンテナってすごい(よくも運転していて気がついたものだ)。

[edit]

草津温泉 松村屋 

今回の週末旅行で宿泊した旅館。




湯畑から歩いてすぐのところにある、こじんまりとした旅館です。
華美ではありませんが、宿の中は掃除が行き届いておりこざっぱりしていました。

s-149.jpg


s-162.jpg

夕食は広間でいただきます。全部で14室ほどの大きさなので、広間もやはりこじんまり。
部屋毎に衝立で仕切られていて、のんびり会話を楽しみました。
凝った料理ではありませんが、日頃の疲れの溜まっているからだにはちょうどいい感じでした。

s-172.jpg

朝食も正統派?旅館の和定食。日頃がパンとヨーグルトという洋風なので、こういう和食は
非日常感が高まりますねえ。

草津はこのような小さな旅館がよいそうです。
大ホテルもいくつかありましたが、温泉でのんびりするならこういう小さな宿がおすすめです。

草津温泉 松村屋

[edit]

草津温泉 湯畑 

先週末に、草津に行ってきました。
目的はもちろん温泉。

今回は湯畑の近くの旅館に宿泊したので、夕食前に湯畑まで散歩に行きました。
「湯畑」は草津温泉の源泉、で周囲からは硫化水素っぽいにおいが立ち込めていました。

s-154.jpg

s-156.jpg

s-157.jpg

実は、湯畑ってもっと広大なイメージを勝手に思い描いていたのですよね。
実際に自分の目で見て、以外にこじんまりした感じでした。

それでも湧き出る湯の量はすごいです。
周囲からはもうもうと立ち込める湯気と微妙なにおいが。。いわゆる「卵の腐ったような」
においでした。事前に話を聞いていたためか、それほど強くは感じませんでしたが。

泊った旅館の内湯も、もちろん「源泉かけながし」。
泊った旅館の番頭さんいわく、草津のお湯はほかの温泉と勝手がちがう。

いわく、3分間浸かったらお湯から出ること。湯あたりするので。
いわく、湯の中にタオルをいれても大丈夫。殺菌力が強いから。
肌によいので温泉のなかでタオルで顔をこするとよいとか。
いわく、一度温泉に入ったら、一時間ほど時間をおいて何度でも入るのがよし。

ちょっとしか入らないのに、その後もぽかぽか効果が続きました。
おそるべし、草津温泉。フウフそろって強酸性のお湯のパワーを実感しました。

[edit]

PECK生ハムと休日ランチ 

妹宅よりお土産といただきました。(妹オットのイタリア出張土産!)
s-001.jpg

ツマ御用達(?)の日本橋高島屋にもお店はありますが、ミラノ本店のもの、となると
期待も高まります。高島屋ではいつも横を通るだけなので、今度見学にいってみます。

s-004.jpg

s-005.jpg

真空パック状態になった、PECKの生ハム。
かなり高級な雰囲気で生ハムさまがずらっと並んでます。

平日夜はばらばら行動の我が家、週末のリッチなランチでいただきました。

s-006.jpg

生ハムとこれまたお土産のパルミジャーノ、パンは軽井沢浅野屋のもの。
パスタは帆立貝をジェノベーゼソースでからめました。

「生ハムもパルミジャーノも美味しい!」とオットも大満足。
本当にありがとうございました。
またリッチな気分を味わせてくださいませ。>いもうと 

[edit]