FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

久々に自宅ビール(かぼす&ハニー) 

週末、自宅で夕食を作った時に珍しく「ワタシも甘めのビールが飲みたい」
といった時にオットが冷蔵庫から出してきたビールです。

s-IMG_2046.jpg

かなりインパクトのあるラベルですが、かぼすと蜂蜜入りのフルーツエール。
ちょっとビールのほろ苦さはありますが、甘くて柑橘系のさっぱり目でかなり
カクテルといった味わいでした。
福岡にある地ビール、「ブルーマスター」 のものです。以前、渋谷の 「THE GRIFFON」
で扱っていて、ツマにも飲める甘めビールということでオットが我が家御用達?
の八重洲にあるリカーショップ・ハセガワで購入していたものでした。
・・・肝心のツマ本人は、THE GRIFFONで飲んだことをすっかり忘れていて、オット
かなりがっくりしてました。

何はともあれ、美味しくいただきました。
途中で顔が真っ赤になってしまったので、オットに取り上げられてしまいましたが。

s-IMG_2044.jpg
ツマが軽くアルコールが欲しくなったメニュー。
 スモークサーモンのサワークリームあえパスタ
 ホタテときのこのバジルソース炒め、サラダ風
 写真に写ってませんが、ミネストローネ(はキャンベルのもの)
 パンはメゾンカイザーの日本橋なんとか(高島屋限定だったかも)

写真を見て気がつきましたが、この日はお皿はすべてジノリ。
イタリアンな夜ごはんでした。
スポンサーサイト



[edit]

ビアレストラン THE GRIFFON(渋谷) 

先週日曜日に行ったのですが、その後木曜日までブログ更新できず。

土曜日は一日自宅でごろごろ休養していたオット、日曜日になって
「ちょっとは外に出ないと」ということで渋谷のビアレストラン、THE GRIFFONへ。
外出=ビールを飲みにいく、なんですね・・・。ずっとご無沙汰だったので、ツマ
も同行しました。

相変わらず、生ビールが豊富です。
s-IMG_2053.jpg
真っ黒ですが、こちらはスタウトビール。(どこのだったか聞くのを忘れました)
カラメルっぽいというか、麦芽がローストされていて香ばしいというのか。
一口もらいましたが、かなりクセがある味(特徴がある、ともいいます)だと
思います。

s-IMG_2047.jpg
飲めないのにビアレストランに行って大丈夫か。。といえば、大丈夫なのです。
ビールでカクテルを作ってもらいました。これならツマでも楽しめます。
「シャンディガフ」。目の前のポンプから、白穂乃香(しろほぼか)を注いで、ウィルキンソン
のジンジャーエールで作っていただきました。かなり贅沢な一品です。

s-IMG_2055.jpg
白穂乃香は、サッポロビールが那須でつくる小麦のビール(ヴァイツェン)。
東京・横浜・川崎の限定ビールなのだとか。かなりフルーティですがくせがなくすっきり
した味わいなので、ジンジャーエールとの相性もよいのかな、と思いました。

s-IMG_2051.jpg
あとは食事メニュー。
奥左から、サーモンのマリネ、御殿場高原のスペアリブ、そしてパブではおなじみ
のフィッシュ&チップス。

s-IMG_2056.jpg
我が家にとってはお初の、松の実とバジルのピザ。

他に、ゴボウのフライ(スティック状にして揚げたもの)やチキンドリアも
オススメです。

お酒はほとんど飲めませんが、ビール好きな人に混じってカウンターで色々な
話を聞くのはとても新鮮です。何よりも、テンションの高いマスターとのおしゃべり
がとても盛り上がります。
飲めなくても、雰囲気が好きな人(例えばツマ)にとっても、居心地のよい空間なので
オススメです。飲めない女子は、「シャンディガフ」をお願いしましょう。

[edit]

平日のんびりランチ サンパウ(日本橋) 

木曜日、仕事でちょっと区切りがつくのでたまっていた休日出勤分の代休を取得
することにしました。オットに予定を聞いてみたところ、珍しく金曜日は休み(同様
に代休、よく仕事するフウフですな)がとれそう、とのこと。

フウフともにまとまった休暇以外で平日揃って休暇とはとても珍しいことです。
突然とった休みだったので、具体的な予定は何もなし。
簡単な家族会議?の結果、

平日限定のランチを食べに行こう →かなりシンプル

ということになりました。とはいえ、当日お昼の予約をとるためにお昼ちょっと前に
電話するというのもかなり無謀。帝国ホテルの「ラ・ブラッスリー」の平日時間限定
ランチをトライしたのですが、予約が入っていてだめでした。

オットが「そういえばここはどう?」と言ったのが、日本橋コレドの別館にある、
高級レストラン(お値段がとても)、「サンパウ」。調べてみると、平日限定で
1時間程度のビジネス向けコースがあります。
一度はトライしてみようよ、と電話したらあっさり予約OKでした。

s-IMG_2058.jpg
席から外を見たところ。風が強くてかなり殺風景です。

「ビジネス向け」コースは、マクロメニュー(フレンチでいうところのアミューズみたいなもの)、
前菜、メイン、デザートとドリンクの構成です。メインは魚か肉のどちらかの選択です。

まずはマクロメニューから。4種類のプチ料理でどれもこれも一口(半口か)サイズ。

s-IMG_2060.jpg
「ポテトと玉ねぎのトルティーヤ」。スペイン風オムレツですが、ミニサイズすぎて
オムレツとはちょっと言い難い・・・味付けはとても美味しかったです。

s-IMG_2062.jpg
「しいたけとブティファラ」
ラビオリみたいな中に、しいたけとスペインのソーセージで作った餡が入っています。
かなりブティファラが肉っぽいというかクセがあってちょっとビミョウな味でした。

s-IMG_2063.jpg
「白魚、トマトとオリーブ」。白魚は軽く揚げてありました。ちょっとかりっとしていますが
何分にもばらばらになってうまく食べにくい。トマト自体は甘酸っぱい味付けでしたが
オリーブとの組み合わせが絶妙でした、が、一口サイズのため一瞬で感動はお腹の中に。

s-IMG_2064.jpg
「マトーのカネロン」。カネロンとは、もともとはくるりと巻いて仕上げる、スペイン風の
ラザニアのことだそうです。この小品は、ゼラチン状のシートでフレッシュチーズを巻き込んだ
もの。お店の人には、「一口で召し上がってください」といわれたのですが、スプーンの入れ物
からうまく手元のフォークで中身を口に運ぶところで苦戦しました。

ゼラチン状のシートが味がないわりには弾力があって、チーズを味わうのにちょっと邪魔
な感じがしました。

この4品でマクロ・メニューは終わり。これから前菜です。

(続く)

[edit]

平日のんびりランチ サンパウ(日本橋)続き 

ミクロメニュー(本当に小さくて一口でおしまい)の後、ようやく(?)前菜です。

s-IMG_2066.jpg
とてもあっさりした一品。玉子でムースかクリームかを巻いたものに、とろっとした
コンソメ状のスープをあわせたもの。
「中に何がはいってたっけ?」とオットと話したのですが、2人とも記憶が定かでは
ありません・・・。

メインはそれぞれ肉料理と魚料理にしました。

s-IMG_2067.jpg
ツマの選択したのが肉(オットいわく、「肉好きな奥様」)。
豚肉でフォアグラとプラムを巻いたもの。甘酸っぱいソースがかかっていました。
お肉がジューシーで美味しかったですが量が・・・。
見た目でこんな味付けかなあと思ったらその通りの味でした。

そういえば、豚肉ってオレンジ煮とか、果物で甘酸っぱく煮たものがありますね。
甘酸っぱさと相性がよいのでしょうか?

s-IMG_2069.jpg
オットの魚料理。真鯛をソテーしたものに、かぼちゃで作ったソースがかかって
います。一口いただきましたが、かなりさっぱり目で魚の味がよくわかりました。

s-IMG_2072.jpg
デザートは一口サイズのチョコケーキ、ホワイトチョコのガナッシュとアイス。
チョコケーキは中にあたたかいチョコソースが入っていました。食べる前から、濃厚な
チョコレートの香りでぷんぷん。かなり甘みがあって、一気に血糖値が上昇した
感じでした。

s-IMG_2073.jpg
お口直しのソルベと、プチフール、あとはコーヒー。

どれもこれも、宝石のように綺麗な飾りつけでした。写真ではサイズがわかりにくい
のですが、若者には多分物足りないハズ。40代のわれわれでも満腹には程遠かった
のですが、目で見て楽しむにはちょうどよいのかも。

それにしても、このランチで5500円とは・・・驚きの価格設定です。
このお店で普通のランチコース(肉と魚つき)をトライすることはまずないと思います。

まあ、今回は非日常な平日ランチ体験でした。

[edit]

英国ビール2種 

お風呂上りに冷蔵庫をがさごそと探していたオット。
「風呂上りには軽めのビールがいいんだ」と手にしたビール2種。

Worthington Creamflow とStonesのビター。
アルコール度数が3.5程度と、ビールにしてはかなりアルコールが低め。

どちらも成城石井で購入しました。
なぜツマが覚えているかというと、「見慣れないビールがあるんだけど。成城石井限定
らしいよ」と携帯で聞いたからです。

電話口では「もちろん購入」とオット。で、購入して持ち帰ってそのまま冷蔵庫へ。

s-IMG_2078.jpg
お風呂上りには、Worthington Creamflow の方にしたみたいです。
感想を聞いてみたら、「炭酸が強くなくて軽めで飲みやすい」そうです。写真に撮り忘れ
ましたが、かなりクリーミーな泡立ちでした。

Stones Bitterの方は次回のレポートとなります。
現在は冷蔵庫で待機中。

[edit]