FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

居酒屋「おれんち」再訪 

今年のG/W、うまく平日の休みをつなげると大型連休になるそうですが・・・
我が家の場合はカレンダー通り、にもなっておりません。

4月29日 休み
5月2日 ツマ出勤
5月4日、5日 オット出勤

カレンダー上では5連休のはずなのですが、2人とも休みになるのは5月3日と
5月6日の2日だけという状況です。

そんな我が家ではありますが、2人の休みが揃った3日には、久しぶりに武蔵小杉
(正確には武蔵小杉と元住吉の中間)グルメめぐりに出向きました。
通常は、武蔵小杉の居酒屋「おれんち」もアイリッシュバー「マッキャンズ」も日曜日は
休みなのですが、G/W中は日曜日の3日も営業!これは行くしかありません。

翌日仕事のヒトが1名いるので、夜6時過ぎには「おれんち」に到着。
市場が2日までだったので、品きれのものもありましたが、魚の種類を変えて色々
珍しいものを出していただきました。
s-P1000052.jpg
「クエ」の塩焼き。歯ごたえがあり(こりこりした食感)、あまり魚といった感じがしない
不思議な魚です。こんがり焼いたところを、わさびをつけていただきました。

s-P1000055.jpg
「黒鯛の煮付け」。これもメニューにはなかった一品。お箸で骨からすっと外れるくらい、
煮付けた状態で出てきました。

s-P1000056.jpg
「わらさ」の塩焼き。これもメニュー外。ハモの白焼きがなかったところで「クエ」とか
「わらさ」になりました・・・。いつもとは違った品が出てくるのも楽しいです。
わらさはぶりのひとつ手前ですが、結構脂がのっていました。

s-P1000058.jpg
そして、オットが「どうしても頼みたい」という刺身盛り合わせ。
盛り付けもとてもキレイなのですが、すべてが天然モノにこだわる「おれんち」の刺身。
どれもこれも美味しいです。にしんの刺身、こってりしていますが美味しい。
「こち」も歯ごたえがあるし・・。

G/W中でしたが、我が家同様なお客さんでカウンターは満員状態、テーブル席も
かなり賑わっていました。美味しいもの対する情熱はみな同じなのですね・・・。
我が家も、深川方面から遠征していることもあるのか、お店のお父さんも、お母さんも、
カウンタで腕を振るっている豊さんも行くと歓迎してもらえます。そういう雰囲気で
美味しい料理を楽しめるのは、とても幸せなひと時です。
スポンサーサイト



[edit]

ICHIRO'S CHOICE (シングルグレーン川崎1981) 

我が家の武蔵小杉ツアー、居酒屋「おれんち」の後に向かったのはいつもの
アイリッシュパブ、「マッキャンズ」。G/W中だからすいているのでは、というオットの
予想に反して、店内混み合っていました。

オットはギネス、ツマはベイリーズのミルク割りを注文してのんびりしていると、
「今日いらしたのは運命ですね~」とオットの前に持ってきたのが、「ICHIRO'S CHOICE」
シングルグレーンウィスキーのボトルでした。

写真が暗くなってすみません。
s-P1000059.jpg
今は存在していない、川崎蒸留所で作られたグレーンウイスキー。
大麦で作るモルトと違い、グレーンウイスキーは小麦やとうもろこしで作るので、通常は
ブレンデッドウイスキーになるのだそうですが・・・。

s-P1000061.jpg
話を聞くと(ボトルの裏にも説明があるけど)、このウィスキーは2009年に偶然山梨の倉庫
で発見されたらしい。どうやら作ってからそのまま、すっかり忘れ去られていたんですね。
でも、おかげで御年28歳のご長寿グレーンウイスキーが出来上がったということに。

s-P1000063.jpg
そしてご縁あって、オットの胃の中に。
このウィスキーがマッキャンズに入荷して6日位しかたっていないのに、残り数センチ。
やはりウィスキー好きが国産の長期熟成グレーンウイスキーは珍しい、と注文してる
みたいです。(オットのそのうちの一人)

アルコール度数は60度を超えています、香りを嗅いだところ、かなりアルコールがツンと
きましたが、ほのかに果物みたいなちょっと甘いフルーティな香りが。
でも香りだけで酔っ払いそうです。

s-P1000062.jpg
アイリッシュパブといいつつ、なぜかIchiro's Maltsシリーズが多くあるお店です。
店主曰く、「他のアイリッシュパブとの差別化です」とのことですが、絶対自分が大好き
なんだろう、とツマは確信しています。

なんといっても、この空き瓶の数ですからねえ。(暗くてわかりにくいですが、後ろの列も
Ichiro'sシリーズです)

[edit]

大英博物館 

英国旅行記、ロンドンに入ってからかなりスローペースになっています・・・
記憶が薄れないうちに記録を残す予定ではあったのですが。

ロンドンで何をしようという話になったのですが、博物館や美術館めぐりが中心
となりました。

s-day6 001

大英博物館を入ったところ。広々としたホールになっていてびっくり。なんといっても
20年ぶり(正確にはもう少したっているかも)なもので。当時はこんなモダンな
建物ではありませんでしたから。

s-day6 002
人気スポット?ロゼッタストーン。立派なガラスケースにおさまっていましたが、
昔はむき出し状態でごろんと置かれていました。それも、今のように立ててあった
のではなく、横になっていたので裏面を見ることはできませんでした。

カイロ博物館で、唯一レプリカだったのがこのロゼッタ・ストーン。

s-day6 005
古代エジプトのエリアでは、やはりこの方に遭遇・・。
エジプトでも「俺様」ぶりを発揮していた、ラムセス2世です。エジプトであまりにも
あちこちでこの「お顔」が登場していたおかげで、見ただけですぐわかりましたが。

もちろん、他にも色々展示物はあったのですが・・・やはりエジプト好き?

[edit]

フィッシュ&チップス 

パブ料理で定番の「フィッシュ&チップス」。
ヘイスティングスで有名なお店があるということで楽しみにしていたのですが、
そのお店は開いていませんでした。休みなのか、閉店なのか外から見ただけでは
わかりませんでしたが、1日だけ休みという感じではありませんでした。

ヘイスティングスでは残念な結果でしたが、旅行中に一度は本場のモノを食べて
みよう、ということでロンドンで人気らしいお店に行ってみました。
オットがネットで検索した、とあるサイトのフィッシュ&チップスのベスト店です。

s-day6 021
1階は満席状態。地階(半地下になっていました)に行きました。
午後2時頃でちょっと時間がずれていたのですが、地階にも次々と人が入って
きていました。やはり人気店であるみたいです。

s-day6 015
写真手前:フィッシュケーキ(コロッケみたいなもの)とチップス山盛り。
写真奥:いわゆるフィッシュ&チップス。魚の種類も沢山あって選べましたが、
     無難?にCodを選択。

予想通り、ボリューム満点。山盛りチップスは食べきれません。
出来立てほやほやで、思ったよりも油っぽくはありませんでした。

s-day6 022
外では、お店の名前を書き直し中。
なんとなくのんびりした雰囲気です。

[edit]

今井商店 イーズ(木場) 

週末に、オット妹夫婦が我が家に遊びにきました。
考えてみると、我が家にお客サマがくるのはとても久しぶりなこと。

我が家でテレビを見ながらケーキを食べたりとちょっとのんびりした後は、木場方面
へ歩いててくてく。日中は暑すぎるくらいでしたが、日が落ちかけてきた頃はちょうど
散歩によい感じです。

今回は深川でご飯を食べよう、ということで「今井商店 イーズ」へ。
リーズナブルな価格設定で、ボリューム満点。お味もGOODなお店です。

s-P1000067.jpg
ひき肉とレバーのパテ。

s-P1000069.jpg
いつ食べても美味しいキッシュ。飾りにのっているローリエの葉はいったい?
とてもクリーミーな味わいです。

s-P1000071.jpg
これまた美味しい、鴨のコンフィ。バルサミコ酢を煮詰めた甘酸っぱいソースが
よい塩梅です。付け合せのポテトもほくほくしていて幸せな気分。
コンフィも本格的で、コンフィが大好きなオットイチオシ。

2人で食べると、このあたりで満腹状態なのですが、今回は4人なのでさらに色々と
注文。

s-P1000073.jpg
ニース風サラダ。ドレッシングは酸味抑え目です。

s-P1000074.jpg
カマンベールとバケットのグラタン。オーブンから出したてでこんがり。
バケットはガーリックトースト仕立てでした。とろっととろけて、クリーム状になった
カマンベールとよく合います。

結構なボリュームで、このあたりでだんだん食べるペースが落ちてきました。

s-P1000075.jpg
イベリコ豚のハラミ焼き。スプーンの上にのっているのはなんとゆず胡椒。
お肉とあわせて食べるとよい感じでした。ソテーとゆず胡椒って合いますね。
今度、自宅で試してみようと思います。

s-P1000072.jpg
ギネスでも珍しい一品。通常のドラフトやスタウトと違い、これはアルコールが7~8度
ある重めのビールです。いつでもあるとは限らないみたいですが、初めてこのお店に行った
時にオットはしっかりチェックしていたそうです。

この他にも、カラスミやパルミジャーノなど、お酒のお供を注文して満喫しました。
お散歩がてら行くことができる場所なのですが、週末に出かけたのはこれが初めて。

よい季節になりましたので、お散歩を楽しみつつまた訪れたいと思います。

[edit]