FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

CIUDAD CONDAL (シウダッド・コンダル) 

最終日は一日フリー。
ということで、ツアー中は朝昼晩とすべて食事が決まっていましたが、最終日は
完全自由行動です。

となると、美味しいタパスが食べたい、と事前調査した結果、どうも "Cerveceria La
Catalana" がいいのではないか、と目星をつけたのですがお昼の行動範囲からちょっと
離れている、ということでオットが姉妹店を見つけてきました。

どうもネットで調べたらしいのですが、どうやって調べたのかは不明。

s-P3123812.jpg

お昼時間(スペイン時間で)ちょっと前にお店の前に到着したのですが、その時点で
かなり混んでいました。お店の外は、工事中だったのか足場が出来ていました。
ちょっと殺風景で残念です。

s-P1010222.jpg

やはりここで注文はハモン・イベリコ(確かベジョーダだった)でしょう。
つやつやと光った生ハムが登場。一緒に、パン・コン・トマーテも注文。
前日にレストランで自作(材料だけ出てきたので、自分たちでこしらえた)
と比べると全然美味しさが違いました。

s-P1010223.jpg

そしてこちらの細長い不思議な物体が、オットがこだわった「マテ貝」です。
深川のイベリコバルの日替わりメニューでマテ貝があった時にいそいそと注文した
のですが、その時は品切れ。大分がっかりしていましたが、そのリベンジを
バルセロナで果たしました。

このマテ貝、スペイン語でNavajas(ナバハス)というのですが、お店で注文する
時になんと言うのかすっかり忘れて思い出すのに大騒ぎしたのもよい思い出です。

s-P1010224.jpg

その他にイカ(なんというイカかは忘れました)をオリーブオイルでソテーしたもの
や、マッシュルームのソテー等、いわゆるタパスメニューを楽しみました。

Cerveceriaというだけあって、ビールもそれなりに種類がありました。
スペインのビールを注文しましたが、肝心の写真が残っていません・・・。二人とも
食べるのに集中していたためだと推測されます。

s-P1010226.jpg

かなりの人気店らしく、カップルやグループで食事をしている人達が多かったです。
それにしても、みなよく食べます!フライの山盛りをもくもくと平らげる様子を近くで
見ているだけで胸焼けしそうでした。


スポンサーサイト



[edit]

サグラダ・ファミリア ライトアップ 

最終日の夜は、ライトアップされたサグラダ・ファミリアを見に行きました。
あいにくと曇天だったのですが、雨に降られることなく撮影できました。

s-P3133850.jpg

日中の観光客の混雑ぶりから、ライトアップされたサグラダ・ファミリアも
結構混んでいるのかも、と思ったのですが予想は外れてがらがらでした。

ちょっと暗めだったのですが、周囲に気を配りながら交代で写真を撮りました。
人も少なかったので用心にこしたことはありませんので。

s-P3133834.jpg

ライトアップされ、背景が暗くて光と影のコントラストがはっきりするためか、
日中に見た時よりももっと建物が立体的に見えました。

s-P3133841.jpg

暗い夜空を背景に浮かび上がるサグラダ・ファミリア。
とても荘厳な雰囲気に包まれていました。
建設中のクレーン車がなければもっとステキなのですが、こればかりは仕方が
ありません。

この教会の完成された時に、またこうやってライトアップされた姿を見ることが
できたらなあと思います。

[edit]

引き続きガウディ建築のライトアップ 

サクラダ・ファミリアのライトアップを見た後は、地下鉄でグラシア通りまで。
引き続き、ガウディ建築のライトアップの見物です。

まずはカサ・バトリョへ。
これまた曲線の建物で、特に2階の窓枠の曲線が独特です。
夜のライトアップ効果か、優美な雰囲気が漂っています。

s-P3133860.jpg

s-P3133856.jpg

上の階のバルコニーも曲線で出来ていています。壁はモザイクでできている
そうですが、夜ライトアップされると幻想的な感じがします。

s-P1010241.jpg

カサ・バトリョよりは光も抑え目ですが、カサ・ミラもライトアップされて
いました。こうやってみぐらべて見ると、カサ・バトリョと比較するとかなり
ごつい感じがします。カサ・ミラは日中に見たほうがユーモラスさが強調されて
おり、楽しい感じがします。夜はちょっとさびしいかも・・・。

ここまで建物を見学し、そろそろ夜の食事でも、ということになりました。
が、我々はその日が金曜日で、スペインの夜は遅く夜通しみなさま元気だという
ことをすっかり失念していました。

かなり行列を並んで待ち、なんとかピンチョスにありつけました。
そんな状態でスペイン旅行の最後の夜が過ぎていきます・・・。

[edit]

カサ・バトリョ(日中) 

カサ・バトリョを日中外から撮るとこんな感じ。
夜のライトアップとはまた雰囲気が違います。夜、ライトアップされた
方が雰囲気があって好きですが・・・。一方のカサ・ミラは夜よりも日中の
方が建物のユニークさがよくわかって楽しめます。

s-P3123814.jpg

ちなみに、このカサ・バトリョ、入場するのに17.80ユーロもかかります!
そこまで建築物やガウディに興味があったわけではないので、中に入るのは
やめました・・・。

[edit]

スペイン最後の夜はピンチョス 

バルセロナ最終日の夜は、夜景の写真を撮りに地下鉄に乗ってあちこち移動。
その結果、かなり遅い時間になってしまいました。

金曜日の夜なんて、人気店はどこも行列、大混雑。
30分以上並び、なんとか食事にありつけました。

ピンチョスという、バスク地方のカナッペを出すお店です。

s-P1010242.jpg

カナッペ、といいつつもかなりボリュームがあります。

s-P1010243.jpg

s-P1010245.jpg

このお店の面白いのは、ランチョンマットが紙で出来ていて、写真付きメニュー
になっているところです。写真と、メニュー表の記述を見比べながら「多分
美味しそう」なものを注文しました。

出てきたものを二人でシェアしたり、でかなり楽しめました。種類が豊富だった
ので、そこから何を選択するのかを悩む楽しみもありました。
スペイン最後の日の夜、という割りには軽め?な食事になりましたが、スペインの
様々な地方の料理が楽しめてよかったと思います。

s-P1010246.jpg

ここがそのお店。TXAPELA(チャペラ)というお店らしい。
帰宅する間際に撮ったので(確か23時過ぎ)行列はなくなっていましたが
22時近くまで、ずらっと行列が出来ていました。
それにしても綴りだけではこの発音はできません・・・。スペイン語も難しい。

[edit]