06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

夏バテ対策に鰻重 

木曜、金曜と比較的気温も下がりましたが、今年の夏は厳しい暑さです。
ツマ、7月末時点でかなりへろへろ状態。
金曜日、仕事を終えて帰宅したのですが・・・横須賀線に乗っていて、気がついたら
東京駅を過ぎて新小岩駅に向かっていました(汗)。品川に到着した時点まで
記憶があるのですが、そのあとちょっとうとうとのはずが全く記憶が途切れています。
一瞬、かなり深い眠りに入ったみたいで、新小岩で下車した時点では頭はかなり
クリアな状態でした。

東海道線だったら終点が東京駅なので、最悪でも駅員さんに起こしてもらえるのですが
横須賀線の場合は要注意です(ツマの場合)。比較的東京の近くで目が覚めたので
よかったですが、うっかり成田方面まで旅に出てしまうと今度は戻ってくるのが大変
です。

そんなツマの夏ばて対策で、急遽鰻を食べることになりました。
元々オットは鰻が好きみたいですが、関東風の蒸して柔らかい鰻よりも東海から関西
のこんがり焼いたしっかり固めの鰻が好みです。
今回は、しっかり焼くお店としてオットがチェックしていたところに行きました。

銀座にある「ひょうたん屋」さんです。
銀座1丁目と6丁目にお店があります。はじめに1丁目のお店に行ったところ、お休み
でした。どうも1丁目のお店は夜はお休みだったようです。銀座1丁目から6丁目と
銀座のほぼ反対にあるところまでてくてく歩いて向かいます。

s-P1010535.jpg

お店の中は、結構カウンター席もありました。我々がお店に到着した時点では、
カウンターは満席だったので、椅子席に座りました。

s-P1010531.jpg

オット鰻重の「竹」、ツマは「梅」(夏バテ状態につき)。
その後のサッポロビールの分を考えて?オットは「竹」にしたそうです。
お重のひょうたんの絵が、なんとなくとぼけた感じで可愛らしい。

s-P1010532.jpg

写真は「梅」のお重の中身。お重の大きさも「竹」より小ぶりでご飯の量も
ほどよく、自分のトシを考えるとちょうどよかった感じです。
鰻もちょっと小さめですが、写真の通りこんがりとよく焼けています。

タレは醤油の味が強めであまり甘さがなくすっきりしていました。
ツマはタレが甘めの方が好みだったのでちょっとすっきりしている気も
しました。
鰻自体はこんがり焼かれており、ちょっと固めでしたが、もう少し焼いてあると
さらに脂が落ちてさっぱりするんじゃないかと思いました。

オットとも、岐阜は関市にある鰻を食べたいねーと話ながらも二人ともしっかり
完食。これで来週の夏の猛暑にも何とか対処できそうです。
スポンサーサイト

[edit]

運転の練習 兼 ビールを1杯(オットが) 

暑さにかまけて、週末はブログをさぼりました。
(平日も更新頻度が非常に落ちていますが・・・)

先週末、三連休の時の事になりますが、最終日にはツマの運転の練習を兼ねて
車で都内に出かけました。レインボーブリッジを渡るのも2度目になります。
相変わらずカーブで目が回りそうになるのを堪えて、真剣にハンドルを
握るツマ。隣で、レインボーブリッジからの眺めを楽しむオット。
「絶対に対向車線にはみ出さないように」と言われながら
「そのつもりです~」。こんな調子なので、目的地に到達する時点で
ぼろぼろになっています。

今回は、ゲートシティ大崎の中にある、アイリッシュパブ「シャノンズ」
に行きました。車で行くのは初めてです。地下の駐車場は休日のせいか
ガラガラでしたが、車を駐車するのに多分5分くらいてこずっていたと思います。

s-P1010511.jpg

シャノンズに到着し、オットはビールを注文。
自分で運転しない場合は、これが楽しみみたいです。
泡のこんもりさ具合といい、泡の量といい、模範的なギネスビールです。

s-P1010509.jpg

高層ビル群の間にこんな空間があるのもいかにも都会といった感じがします。
思ったよりも心地のよい風が吹き抜けて、のんびりビールを飲むのによい
雰囲気です。屋外の席に着いたら、ビールと一緒に蚊取り線香・・・ではなく
アースマット(だと思う)を持ってきてくれました。どうやら蚊が出るみたい
です。ツマはなんともなかったのですが、一匹の蚊がオットの手に止まって
刺そうとチャレンジしていました。(あえなく敗退)

s-P1010508.jpg

オットのギネスと、ツマのアイスコーヒーを持ってきてくれるバーマン。
(カウンターでビールを注ぐ人をオットがこう呼んでいました)
いつもは日曜日はお休みだそうですが、連休の最終日の月曜日は出社だった
そうです。

平日と違い、休日はのんびりして思わずボーっとしてしまいます。

s-P1010513.jpg

シャノンズを出てから、意味もなく東京タワーの写真を撮り、築地近辺を通って
帰宅しました。大分運転にも慣れてきた感じがしていますが、まだまだ一人きりの
運転は苦手です。
そういうわけで、オットを助手席に乗せてあちこちビールを飲みに行くパターンが
今後も続きそうです。(当然ながらツマはノンアルコールです)

[edit]

シャンパンみたいなビール、DEUS 

スペイン旅行記録が終わったら、ビール関連の話ばかり続きます。
暑くて単調(規則正しい、とも言う)な生活を送っているため、特にブログに
記録するような出来事もあまりありません。

連休中にビール瓶の整理をしたついでに、色々と出土した変り種ビールに
ついて、ちょうどよい機会なのでビール記録として残しておくことにしました。

s-P1010491.jpg

こちらも修道院ビールに引き続き、変り種(珍品)です。
外見、シャンパンのようですがれっきとしたビール。ただし、アルコール度数
は11.5度とビールにしてはかなり高めとなっています。

このビールは、メイドインベルギー。直輸入モノです。ベルギーを旅行した際に
ブリュッセルのビール屋さん(と思われる)にて購入し、スーツケースに入れて
持ち帰ってきました。

s-P1010492.jpg

ラベルを見ても、ビールっぽくありません。限りなくシャンパンです。
でも、一番下にはちゃんとビールと書かれています。

このビールが瓶内発酵するものか、は謎ですがオットがそのまま保存して
いるので、長期保存は可能なのだろうと思います。(短期間で飲まないと
いけないビールは、いつの間にか冷蔵庫にいて出番を待っているので)

このビールは、是非シャンパングラスでいただきたいものです。
開封されるのがいつになるのかは、これまた不明ではありますが。

このシャンパンもどきビールも、連休中に整理したオット専用区画の
メンバーの一員です。

[edit]

瓶ビールの整理 

連休中は、特に遠出することもなく自宅でちょこちょこ作業をして
いました。

リビングの戸棚に保管していたオットの瓶ビールの整理を実施。
ちまたの整理整頓ブログとは違う、深川日和的整理整頓です。

s-P1010493.jpg

まずは、我が家にある瓶ビールを集めました。
購入した後は結構すぐ飲んでいる方なのですが、それでもこれだけ
ありました。

瓶ビールを分類。

s-P1010495.jpg

その①。
以前、ビアビールフェスティバルで購入した、イギリスビール放出品。
日本では多分見たことのない銘柄ばかりのようです。
珍しいといってそのままずっと残っています。左端の2本は、ラベルが似て
いますがそれぞれ別の種類のビールです。よくラベルを見ないと間違えそうです。

s-P1010498.jpg

その②。
ベルギービール色々。左から2番目のビールはあまり見たことがないです。
日本のどこかで購入したはずですが・・・。
一番右のビールは、ブルージュで作られているビール。新婚旅行でブルージュに
行った時に、現地の醸造所のビール見学ツアーに参加しました。多分、それを
思い出して日本で購入したようです。八重洲のリカーショップハセガワか、池袋
東武のビール売り場だったか、定かではありません。
いずれも瓶内発酵中のはず、です。

s-P1010497.jpg

修道院ビール2種。ウエストフレテレン2本と、オルヴァル2本。オルヴァルは昨年も
1本追加で購入していました。後は2002年に瓶詰めされたものが引き続き瓶内でビール
酵母が発酵しています。

s-P1010501.jpg

ビール瓶軍団は、迷子にならないようにリビング収納の一箇所にまとめました。
ビール以外のアルコールも入れていますが、この一区画はオット専用エリア。

リビング収納は、他にも色々見直しをしました。整理用にパルプボードボックスを
アスクルで購入し、組み立てたりと全部で半日以上リビングで作業をしていました。

その結果。

s-P1010502.jpg

疲れて近所のガブリエでビールを飲みながら夕食です。
オットには、日中ツマが一人で黙々と作業をしていた時点から、「こうなること
はほぼ予想がついてた」と笑われました。

ツマの整理整頓には、結果としてかなりお金がかかっております・・・。

[edit]

トラピストビール ウエストフレテレン 

連休中に、リビング周りの整理をしています。
オット保有のビールもその対象ですが、その中にかなり珍品なビールが。

s-P1010488.jpg

ラベルがなく、単なる瓶が2本並んでいるのですが、れっきとしたベルギー
ビールです。

s-P1010489.jpg

ラベルがないので、王冠で見分けます。
この王冠に記載されている”Trappist Westvleteren”がこのビールの名前。
ベルギーのシント・シクスタス修道院で醸造されるトラピストビールの銘柄です。

このビールですが、修道院でしか購入できないという入手困難なビールだそうです。
修道院のホームページに、電話申し込みが出来る日と時間がUPされ、その日に予約した
人だけが販売日に購入できる仕組みになっており、車1台につき3ケースまで販売と
いく仕組みらしい。

我が家にある、ウエストフレテレン2本は結婚前にオットがネットで購入したもの。
たまたま、河内屋で販売していたところタイミングよく購入できたそうです。

s-P1010490.jpg

ウエストフレテレン8と12をそれぞれ2本ずつ購入(それ以上の購入は不可)し、
1本ずつ飲んで今我が家にあるのが残りの分ということです。このレア物ビールを
開封するのは当分先のことになりそうです。
結婚前に購入したので、かなり瓶内熟成は進んでいるようです。この先どんな味に
変わっているのやら・・・。

[edit]

リーフマンズ 夏季限定ビール 

先日、イクスピアリの成城石井にて購入。
成城石井は、輸入食品を眺めているのも楽しいお店ですが、我が家ではビール売り場を
必ずチェックしています。意外にも、成城石井が直接輸入しているビール(大半が限定と
いう扱いです)で面白いものがあるので。

s-P1010483.jpg

こちらも、そんなビール(いわゆる限定販売ビール)です。
オットが見つけて、ちょっとわくわくした様子で買い物かごに入れていました。
醸造元のリーフマンズ(ベルギー)が倒産しそうだ、という話が数年前にあり、リーフマンズ
はあまり日本では見かけなかったとか。で、これは珍しいと購入したわけです。

後からネットで調べてみると、リーフマンズはデュベル・モルトガットに買収されたそうで、
我が家が購入したのは買収後の新リーフマンズでした。ネットでも夏季限定入荷で在庫切れ、
成城石井で購入したのはよいタイミングだったと思います。

s-P1010484.jpg

買収前のリーフマンズは、多分お店で飲んだことがある(オット談)だそうです。
まあ確かに色々なビールを飲んでいるようですからねえ・・・。新しいシリーズになって、
味が変わったのかわかるものでしょうか?
もっとも、ビール好きとしてはその時に飲んだビールが美味しければOK、みたいですが。

肝心のビールですが、赤い方のリーフマンズ・キュヴェ・ブリュットはクリーク。
チェリーを長期間漬け込んで熟成させる、という時間のかかる方法で作っているそうで、
さらに色々なビールとブレンドしている贅沢なビール。(それゆえに作ってももうけが
少ないらしいです)

青い方の、リーフマンズ・グーデンバンドは「ブラウンビール」とよばれ、長期間熟成
し、ボトルに詰めた後三ヶ月は熟成したあと出荷されるそうです。どうも、このビールは
購入してすぐに飲むのではなく、愛好者は数年は寝かした後、瓶内熟成したものを
飲むそうらしい。我が家のグーデンバンドも、5年くらいしてから栓を抜くことになる
かもしれません。

ベルギービールの特徴としては、「ボトルコンディション(瓶内熟成)」という方法で
ビン詰めされるものが多いそうです。そうやって考えてみると、我が家でも結婚時に
オットが持ってきたオルヴァルが1本、ご健在です。

[edit]

スペイン旅行追記(やはりビールは購入) 

このところ、暑さにすっかりバテてしまい、家に帰ってからもダラダラしています。
これから梅雨明けだというのに、今からこんな調子で夏を乗り切ることができるのか
かなり不安ではあります。

スペイン旅行では、ほとんどお土産らしいものも購入しなかった我が家ですが、これ
だけはしっかり買ってきました。

s-P1010485.jpg

別にスペインでビールが美味しいというわけではない(売っているのはフツウの
ラガービールが多い)のですが、やはりビール好きとしては現地のビールを購入しない
わけにはいかないらしく・・・。今回も缶ビールをスーツケースの隙間に押し込んで、
お持ち帰りしてきました。

s-P1010486.jpg

面白いのがこのビール。なぜか飲み口の部分にまた蓋がしてあります。
一体なぜなのか、理由はわかりません。これは、グラナダのホテルの近所にあった
スーパーで購入したものです。(ビール名もアルハンブラ、でわかりやすい)

ブログにもこうやって記録したので、いつの間にか、オットの胃に吸収されるのだと
思いますが、昨年の夏にチェコに行った時のお土産ビールはまだ開封されずにそのまま
残っています。どうも、現地でしか購入できないレアもの、(でチェコのビールは
美味しい)ということで大切に保存している模様。

スペインビールはどうなるのやら。
ちなみに、一昨年前のエジプトビールは飲み終わったようです。

[edit]

パブブルワリー スプリングバレー 

お店を出た時点でとった写真です。
19時にはなっていたと思いますが、まだ外はほの明るい状態。
日が長くなり、すっかり夏なんだなということを実感します。

s-P1010482.jpg

s-P1010481.jpg

赤レンガが中心の、落ち着いた雰囲気のある建物です。
1階では、実際にここで飲むことのできるビールの醸造タンクをガラス越しに
見ることができます。まさに「産地直送」の生ビールが楽しめるビール好きに
とっては天国みたいな場所ですね。

オットも、近いうちに(夏場のうちに)また是非行きたい、と言っていました。
ツマ運転、が定着しつつあります・・・。

[edit]

キリン横浜ビアビレッジ 

「車で行ってビールを飲もう」第三弾です。

週末は天気が悪いという予報でしたが、朝起きてみると広がる夏の空。
急遽ツマの運転の練習を兼ねて、車で出かけることにしました。

s-P1010468.jpg

横浜生麦にある、キリンビール横浜工場(キリン横浜ビアビレッジ)です。
その中にあるパブブルワリー「スプリングバレー」でつくっているビールを
飲みに行くのが本日のテーマ。

もちろん、飲むのはオット。
運転手のツマはキリンノンアルコール(0.00%)のFREE。
その隣は、オリジナルビール「スプリングバレー」。ピルスナータイプのビールです。

s-P1010476.jpg

茶色っぽいビールが、これまたオリジナルの「横浜エール」。
こちらはスプリングバレーのみで飲むことができるということです。お店内の
ブルワリーで作っているそうですが、ここに来た人分しかできないということ
なのだろうと思います。横浜エールのお隣は、「ブラウマイスター」。

「横浜エール」と同じく、ここでしか飲むことができないというのが
小麦のビール、ヴァイツェン。写真にはありませんが、確かにちょっと白っぽく
にごったところが小麦だと思いました。

s-P1010473.jpg

ビールのお供に燻製の盛り合わせ。塩味も控えめで、どれも美味しかったのですが
チーズのスモークのチーズのとろけ具合が絶妙でした。どれもビールとの相性
ばっちりです。

s-P1010475.jpg

ビールは店内でいただけるのですが、外のテラス席に行きました。
もともと、外のテラスでビールを飲むと気持ちいいよねと言っていたのですが、聞いて
みると店内は予約でいっぱい、外のテラスなら空いているという話。こちらの希望と
合っていたので、ちょうど空いていたテラス席の一番奥に座りました。

レンガと緑で、ちょっと外国風な雰囲気。
夕方5時過ぎで、暑すぎず、ちょうどよい具合に風が吹いてきてより一層ビールが
美味しく感じられます。(ツマはFREEなので雰囲気だけ)
オット、大満足の一時でした。

店内は冷房が効きすぎる位に感じましたので、自然の風を受けながらのんびりビールを
楽しむことの出来る、テラス席オススメです。もちろん、お天気や気温もかなり左右
しますが・・・。

とはいえ、ビール工場の一角にあるレストランなので、

s-P1010479.jpg

緑の間から近代的な建物がこんにちわ、といった感じではありますが。

帰宅時は、夜の高速で合流するところなど(特に左からの合流)一瞬二人ともに
ヒヤッとする瞬間もありましたが、何とか無事に家まで辿り着きました。

[edit]

PIVO屋さんでチェコビール 

4月にツマは異動で勤務地が変わったのですが、その2ヶ月前に
オットの職場が変わっていました。
結果的には、今現在フウフ共々東京駅から下りに乗って通勤しています。

二人とも横浜周辺に職場が変わったので、オットは平日飲みパターンが
変わりました。今まで行きたいと思いつつも距離が遠くて行く気がしなかった
お店が、仕事の帰りにちょっと寄り道・・・となっています。

このお店もそんな事情で最近行くようになった1軒。
(といいつつ、お店の写真を撮るのを忘れました)

チェコのピルスナー・ウルケルの樽生を出す、PIVO屋さんです。

s-2010070120450001.jpg

行った日は、ウルケルの樽生に、コゼル黒の樽生を注文。
ウルケルの樽生は、チェコに旅行に行った時以来です。その時は、ピルゼンの
ウルケルの工場の地下の木樽で作られたウルケルでした。

お酒をほとんど飲めないツマにとっても、この時のウルケルは最高の美味しさ
でした。(今までのうちでベストワン)
でも、PIVO屋さんのウルケルもほの甘くてとても美味しい!

s-2010070120450000.jpg

樽生ビールは、このポンプからくみ出しています。
オットの話では、このポンプ自体がチェコ独特なもので、あまりお目にかかれない
品だとか。確かに、ビアパブでよくある樽生のポンプは1種類1本のパイプでくみ出し
です。(イギリス方式だとか)写真のような形状は見たことがありません。

自宅からは相当離れた場所ですが、こういう場所に行くことも出来るようになった
のですから、勤務地が変わるというのもまた気分が変わってよいのかもしれません。

[edit]

ロティズハウス(舞浜) 

「車で行ってビールを飲もう」、第二弾です。
今回も、ツマ運転です・・・。ちなみに、出かけたのは先週日曜日でした。

出かけたのは、舞浜イクスピアリ。お隣のネズミーランドにはまたご縁がなく、
イクスピアリから大分離れた駐車場に車を停めました。
(ちなみに、この時も駐車するのに大騒ぎ)

横目でアンバサダーホテルを眺めながら、大分歩いてイクスピアリへ。
お目当ては、ハーヴェスト・ムーンのビール工場隣にあるロティズハウス。
出来立ての生ビールがそのままパイプ経由でロティハウスにつながり、そのまま
ビールがいただける、というビール好きには感涙の場所です。
※ビール好き=オット

(オットが)飲んだものは、5種類の生ビール試飲セット。

s-P1010461.jpg

ワイングラスのような形状のグラスに入った5種類のビールで味比べができるもの
です。オットのとなりで、運転手のツマはジンジャーエール。

ロティハウスでは、食事も色々楽しめます。

s-P1010462.jpg

前回美味しかったのでまた注文したスモークサーモン。自家燻製ということで、
サーモンも脂がのってコクがありました。

s-P1010463.jpg

特に理由はないのですが、ウィンナーシュニッツェルも注文しました。
半分ずつにしましたが、1人前だと結構お腹にたまるかも。
カツレツと違いフライパンでいため焼きしている分、さっぱりしています。

s-P1010464.jpg

ビールに最適おつまみ、鶏手羽元のスパイシーな炙り焼き。
ちょっとピリッとしていて、多分ビールを飲んでいたら更にビールが美味しく感じる
だろうなと思います。一口も飲んでいませんが・・・。
一緒についてきた、オニオンリングフライはかなり揚げすぎといった感じだったのが
残念。

ロティズハウスは、炙り焼きが売りということなので、次回は「越後ハーブ鶏の
炙り焼き」を注文してみようと思います。

帰宅時は夜だったので、ツマ初めての夜間運転です。永代通りを運転していて
日中と違い、目印がわかりにくかったのですが無事家に辿り着きました。


[edit]