FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ロティズハウス(舞浜) 

「車で行ってビールを飲もう」、第二弾です。
今回も、ツマ運転です・・・。ちなみに、出かけたのは先週日曜日でした。

出かけたのは、舞浜イクスピアリ。お隣のネズミーランドにはまたご縁がなく、
イクスピアリから大分離れた駐車場に車を停めました。
(ちなみに、この時も駐車するのに大騒ぎ)

横目でアンバサダーホテルを眺めながら、大分歩いてイクスピアリへ。
お目当ては、ハーヴェスト・ムーンのビール工場隣にあるロティズハウス。
出来立ての生ビールがそのままパイプ経由でロティハウスにつながり、そのまま
ビールがいただける、というビール好きには感涙の場所です。
※ビール好き=オット

(オットが)飲んだものは、5種類の生ビール試飲セット。

s-P1010461.jpg

ワイングラスのような形状のグラスに入った5種類のビールで味比べができるもの
です。オットのとなりで、運転手のツマはジンジャーエール。

ロティハウスでは、食事も色々楽しめます。

s-P1010462.jpg

前回美味しかったのでまた注文したスモークサーモン。自家燻製ということで、
サーモンも脂がのってコクがありました。

s-P1010463.jpg

特に理由はないのですが、ウィンナーシュニッツェルも注文しました。
半分ずつにしましたが、1人前だと結構お腹にたまるかも。
カツレツと違いフライパンでいため焼きしている分、さっぱりしています。

s-P1010464.jpg

ビールに最適おつまみ、鶏手羽元のスパイシーな炙り焼き。
ちょっとピリッとしていて、多分ビールを飲んでいたら更にビールが美味しく感じる
だろうなと思います。一口も飲んでいませんが・・・。
一緒についてきた、オニオンリングフライはかなり揚げすぎといった感じだったのが
残念。

ロティズハウスは、炙り焼きが売りということなので、次回は「越後ハーブ鶏の
炙り焼き」を注文してみようと思います。

帰宅時は夜だったので、ツマ初めての夜間運転です。永代通りを運転していて
日中と違い、目印がわかりにくかったのですが無事家に辿り着きました。


スポンサーサイト



[edit]

PIVO屋さんでチェコビール 

4月にツマは異動で勤務地が変わったのですが、その2ヶ月前に
オットの職場が変わっていました。
結果的には、今現在フウフ共々東京駅から下りに乗って通勤しています。

二人とも横浜周辺に職場が変わったので、オットは平日飲みパターンが
変わりました。今まで行きたいと思いつつも距離が遠くて行く気がしなかった
お店が、仕事の帰りにちょっと寄り道・・・となっています。

このお店もそんな事情で最近行くようになった1軒。
(といいつつ、お店の写真を撮るのを忘れました)

チェコのピルスナー・ウルケルの樽生を出す、PIVO屋さんです。

s-2010070120450001.jpg

行った日は、ウルケルの樽生に、コゼル黒の樽生を注文。
ウルケルの樽生は、チェコに旅行に行った時以来です。その時は、ピルゼンの
ウルケルの工場の地下の木樽で作られたウルケルでした。

お酒をほとんど飲めないツマにとっても、この時のウルケルは最高の美味しさ
でした。(今までのうちでベストワン)
でも、PIVO屋さんのウルケルもほの甘くてとても美味しい!

s-2010070120450000.jpg

樽生ビールは、このポンプからくみ出しています。
オットの話では、このポンプ自体がチェコ独特なもので、あまりお目にかかれない
品だとか。確かに、ビアパブでよくある樽生のポンプは1種類1本のパイプでくみ出し
です。(イギリス方式だとか)写真のような形状は見たことがありません。

自宅からは相当離れた場所ですが、こういう場所に行くことも出来るようになった
のですから、勤務地が変わるというのもまた気分が変わってよいのかもしれません。

[edit]

キリン横浜ビアビレッジ 

「車で行ってビールを飲もう」第三弾です。

週末は天気が悪いという予報でしたが、朝起きてみると広がる夏の空。
急遽ツマの運転の練習を兼ねて、車で出かけることにしました。

s-P1010468.jpg

横浜生麦にある、キリンビール横浜工場(キリン横浜ビアビレッジ)です。
その中にあるパブブルワリー「スプリングバレー」でつくっているビールを
飲みに行くのが本日のテーマ。

もちろん、飲むのはオット。
運転手のツマはキリンノンアルコール(0.00%)のFREE。
その隣は、オリジナルビール「スプリングバレー」。ピルスナータイプのビールです。

s-P1010476.jpg

茶色っぽいビールが、これまたオリジナルの「横浜エール」。
こちらはスプリングバレーのみで飲むことができるということです。お店内の
ブルワリーで作っているそうですが、ここに来た人分しかできないということ
なのだろうと思います。横浜エールのお隣は、「ブラウマイスター」。

「横浜エール」と同じく、ここでしか飲むことができないというのが
小麦のビール、ヴァイツェン。写真にはありませんが、確かにちょっと白っぽく
にごったところが小麦だと思いました。

s-P1010473.jpg

ビールのお供に燻製の盛り合わせ。塩味も控えめで、どれも美味しかったのですが
チーズのスモークのチーズのとろけ具合が絶妙でした。どれもビールとの相性
ばっちりです。

s-P1010475.jpg

ビールは店内でいただけるのですが、外のテラス席に行きました。
もともと、外のテラスでビールを飲むと気持ちいいよねと言っていたのですが、聞いて
みると店内は予約でいっぱい、外のテラスなら空いているという話。こちらの希望と
合っていたので、ちょうど空いていたテラス席の一番奥に座りました。

レンガと緑で、ちょっと外国風な雰囲気。
夕方5時過ぎで、暑すぎず、ちょうどよい具合に風が吹いてきてより一層ビールが
美味しく感じられます。(ツマはFREEなので雰囲気だけ)
オット、大満足の一時でした。

店内は冷房が効きすぎる位に感じましたので、自然の風を受けながらのんびりビールを
楽しむことの出来る、テラス席オススメです。もちろん、お天気や気温もかなり左右
しますが・・・。

とはいえ、ビール工場の一角にあるレストランなので、

s-P1010479.jpg

緑の間から近代的な建物がこんにちわ、といった感じではありますが。

帰宅時は、夜の高速で合流するところなど(特に左からの合流)一瞬二人ともに
ヒヤッとする瞬間もありましたが、何とか無事に家まで辿り着きました。

[edit]

パブブルワリー スプリングバレー 

お店を出た時点でとった写真です。
19時にはなっていたと思いますが、まだ外はほの明るい状態。
日が長くなり、すっかり夏なんだなということを実感します。

s-P1010482.jpg

s-P1010481.jpg

赤レンガが中心の、落ち着いた雰囲気のある建物です。
1階では、実際にここで飲むことのできるビールの醸造タンクをガラス越しに
見ることができます。まさに「産地直送」の生ビールが楽しめるビール好きに
とっては天国みたいな場所ですね。

オットも、近いうちに(夏場のうちに)また是非行きたい、と言っていました。
ツマ運転、が定着しつつあります・・・。

[edit]

スペイン旅行追記(やはりビールは購入) 

このところ、暑さにすっかりバテてしまい、家に帰ってからもダラダラしています。
これから梅雨明けだというのに、今からこんな調子で夏を乗り切ることができるのか
かなり不安ではあります。

スペイン旅行では、ほとんどお土産らしいものも購入しなかった我が家ですが、これ
だけはしっかり買ってきました。

s-P1010485.jpg

別にスペインでビールが美味しいというわけではない(売っているのはフツウの
ラガービールが多い)のですが、やはりビール好きとしては現地のビールを購入しない
わけにはいかないらしく・・・。今回も缶ビールをスーツケースの隙間に押し込んで、
お持ち帰りしてきました。

s-P1010486.jpg

面白いのがこのビール。なぜか飲み口の部分にまた蓋がしてあります。
一体なぜなのか、理由はわかりません。これは、グラナダのホテルの近所にあった
スーパーで購入したものです。(ビール名もアルハンブラ、でわかりやすい)

ブログにもこうやって記録したので、いつの間にか、オットの胃に吸収されるのだと
思いますが、昨年の夏にチェコに行った時のお土産ビールはまだ開封されずにそのまま
残っています。どうも、現地でしか購入できないレアもの、(でチェコのビールは
美味しい)ということで大切に保存している模様。

スペインビールはどうなるのやら。
ちなみに、一昨年前のエジプトビールは飲み終わったようです。

[edit]