FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

ホテルザッハーのザッハトルテ 

今回の旅行の目的(ツマの場合)は、本場でザッハトルテの食べ比べをすること。
本当なら、ウィーンでの食べ比べにすべきだったのだと思いますが、日程の都合
もあり、ホテルザッハーのザッハトルテはザルツブルクで食すことにしました。

・・・ホテルザッハーがザルツブルクにあるとオットに聞いて(それも5つ星の超高級)
ホテルザッハーはザルツブルクの方がすいているのでは、と勝手に考えただけなの
ですが。

ザルツブルクのホテルにチェックインし、荷物を置いてさっそくホテルザッハーへ。
ザッハー・ザルツブルクが正しい名前です。まずはホテルの正面玄関前に到着し、
さてどこでザッハトルテがいただけるのか、ときょろきょろ見渡すと、左手に
カフェの入口がありました。

ph-P1020115.jpg

ph-P1020114.jpg

予想通りだったのか、たまたま時間帯がよかったのかは定かではありませんが、
カフェの中はそれほど混みあっていませんでした。クラシカルな雰囲気は
さすが老舗ホテルです。やはり、お茶はこういう雰囲気で優雅に楽しまないと。
(というほど国内でカフェめぐりしているわけではありませんが)

ph-P1020111.jpg

ホテルザッハー、ウィーンと刻印の入ったチョコレート。
「オリジナル」ザッハトルテ、と誇らしげにメニューにも記載されていました。
ホテルザッハーとデメルは、「オリジナル」の標示を裁判で争ったそうです。
結局、「オリジナル」を名乗るのはホテルザッハーのザッハトルテ、ということ
で決着したのだとか。

ph-P1020113.jpg

お茶につきあうオットは、この日はチーズ入りのケーキ(名前を失念)を注文。

ph-P1020112.jpg

メランジェと一緒に優雅なティータイム。
メランジェは、コーヒーと泡立てた暖かいミルクを入れたものでした。さっぱり
してケーキとの相性はばっちり。スタバのカプチーノと同じ、といえば同じかも。

ホテルザッハーのザッハトルテにはホイップした生クリームが添えられていました。
よく写真で見るザッハトルテそのものです。やっぱり生クリームがあるといいなあ
とぱくっと一口。かなり甘いです。デメルはチョコレートスポンジ自体はあっさり
甘さ控えめでしたが、ホテルザッハーはしっかり甘く、またアンズジャムが入って
いてさらに甘くなっていました。

砂糖抜きのホイップクリームと一緒にいただいて、なんとか甘さが薄くなる感じ
でした。血糖値が一気にあがる甘さでした。確かに生クリームは必需品です。
ザッハトルテの食べ比べ、デメルの方が日本人向けだった気がします。
(ツマ基準で)甘党な方ならまた違った意見になるかもしれませんが。

オットのケーキの方が甘ささっぱりめでした。味比べ、という点ではホテルザッハー
でもアッフェルシュトゥルーデルをトライすべきでした。ちょっと後悔です。
まあ、注文して半分食べるのはオットなので、あまり勝手なことはいえません。
半分は味見と称してツマがいただいているのですが。

ザッハトルテを食し、満足して旧市街の観光に向かいました。
スポンサーサイト



[edit]

ホーエンザルツブルク城塞 

橋を渡って旧市街に入り、山の上にそびえたつホーエンザルツブルク城塞を
目指します。
城塞へは、ケーブルカーを利用しました。ちょうど、学生の集団とバッティング
してケーブルカーに乗るまで少し待ちました。

s-P9284169.jpg

s-P9284178.jpg

城塞から、ザルツブルク市内を見たところ。
川の手前が旧市街ですが、かなり建物自体は新しい(古さを感じない)
印象でした。

s-P9284179.jpg

こうやって見ると、山に絶壁のように建物の壁が連なり、たしかに砦といった
感じがします。それにしても、なぜこうも山の上に建物を築くことを考えつく
ものでしょうか。中国の万里の長城をふと思い出しました。

s-P9284185.jpg

城塞の内側の広場から。何世代もの間、建物の増築を重ねてかなりでこぼこ、
つぎはぎだらけといったところ。建物の内部も、古い壁の上から新しい壁を
作り直したり、どんどん手を加えていったところが見学できます。

s-P9284191.jpg

内部ではクラシック音楽の演奏会もあるようでした。入口にも、城壁内でクラシックを
といった広告が出ていましたが、古い建物の中で聴く音楽の音色はまた趣がある
ものだと思います。残念ながら、音楽会の日程が合わずに(なんといってもザルツ
ブルクは1泊するだけだったので)断念しましたが、もし機会があったらこの広間で
音楽を聴いてみたいものです。

[edit]

旧市街 ゲトライデガッセ 

ゲトライデガッセは、モーツァルトの生家が面している狭い通りです。
観光客だらけですが、お店の軒先の鉄製の看板がとてもキレイでそれを
ひとつひとつ見ているだけでも楽しめます。
ウィンドーショッピングならぬ、看板見物?

s-P9284205.jpg

s-P9294207.jpg

こんな、繊細な飾りの付いた看板を、立ち止まってひとつひとつ見ているだけ
でも楽しめます。

今時のお店(ブランドショップ)も、昔ながらのこうした看板にちゃっかり?
おさまっているのを見るのもまた楽しめます。

s-P1020129.jpg

マクドナルドも、しっかり看板にマークをつけています。
かなり控えめなM印ですが、たしかにマクドナルドのロゴ。

s-P1020130.jpg

もっとも、看板みて気がついたのではなく、マクドナルドのお店の前を
通りかかったところで、「ここも看板がついているのかな」と視線を上に
持っていったところでこの控えめ?マーク付きの看板があったのですが。

こうやって看板見上げながら通りを歩くのも、また旅の楽しいところです。

[edit]

誕生日はザルツブルクで迎えました 

もう誕生日がうれしいトシを大分過ぎたのですが、ザルツブルクにて
ツマ○才の誕生日を迎えました。

旅行中でしたが、この日はレストランへ。
今回も鉄道の移動が多く、荷物は少なめ、でかなりカジュアルでしたので
観光客でも気軽に入れそうなところにしました。

シュティフツケラー・ザンクト・ペーターという舌をかみそうな名前のお店
です。旧市街のザンクト・ペーター教会の脇を通り、ちょっと奥に入った
ところにレストランはありました。

s-P1020144.jpg

奥までずっと進むと、レストランの入口になります。
創業が803年、岩山をくりぬいて作られたレストランだそうです。

s-P1020142.jpg

オーストリア料理のレストラン、といっても、グラーシュがあったり、
中欧料理はどこも似た感じがします。

s-P1020133.jpg

前菜でサラダを注文したところ、このように山盛りになって登場。
ドレッシングは酸味控えめでオットでもOKという味付けでした。多分
バルサミコ酢を煮詰めたものをソースに使っています。ほの甘い、まろやか
な風味のドレッシングでした。フウフでシェアして二人でもぐもぐ。

s-P1020135.jpg

ツマ注文はターフェルシュピッツ。ビーフブイヨンでゆでた牛肉でしたが
ちゃんとコンソメ味がついていて、さっぱりと食べやすかったです。
ウィーンのホイリゲ酒場で注文した時は、かなり塩味が薄くて残念な結果
でしたが、ここでは美味しい本場の味を楽しめました。

s-P1020136.jpg

オットは仔牛のウィンナーシュニッツエル。
お皿左の黄色な包みはスライスレモン。この状態で絞ると、レモンの種が
出てくることなく、レモン果汁のみでシュニッツエルにかかる仕組み。
ちょっと気がきいています。

味の方はなかなかでしたが、ウィーン名物のフィグルミュラーの巨大シュニッツエル
にはちと迫力負けしていたようでした。どうも、衣が肉にぴったりついた状態で
揚げるのは難しそうです。このお店でも、肉と衣の間に空気が入っていましたから。

s-P1020141.jpg

レストラン内部。木目調で落ち着いた内装です。
ワレワレが行った時点では、奥に観光客数組、といった状態でしたがあっという間に
次から次へとお客が入ってきてテーブルは一杯になっていました。

近くに、インド技術者数名と一緒に来ていた人達がいました。
インドの場合は宗教によって食べられる食事に制限があることが多いので、注文には
大分苦戦していたようです。

以前、仕事でインドの人達と一緒にお昼を食べた時に、厳格なヴェジタリアンという人
がいて、おそばを注文する時にも、出汁に何が使われるのかを質問されました。
確認するとカツオだしだったので、即却下され、彼はそばに醤油をかけて食べる羽目に
なったことを思い出しました。その人は、翌日から「マイランチ」持参でした。

そんなことを思い出しつつ、近くのテーブルの方たちは食事を楽しむことができるのか
ちょっと横目でながめたり・・・。食事の味付け自体は、上品で美味しかったし、何より
もお店の雰囲気が良かったので落ち着いて夕食が楽しめました。

まあそんな具合でツマのお誕生日をお祝いしてもらいました。

[edit]

ザルツブルクでもやはりビール 

レストランで食事をした後、今度はバスに乗って移動。
目指すは、アウグスティーナー・ブロイ。アウグスティナー派の
修道院が創設した醸造所の修道院ビールです。
まあ、ここでもオットの現地でビールを飲む探究心?は発揮されて
いるというわけで。

修道院らしき建物(夜で暗くて建物の様子はわからず)の扉をあけ、
いかにも修道院らしき趣きのなか、階段を降りていきます。

s-P1020161.jpg

s-P1020148.jpg

降りたところは、この通り。ビール好きが集まる楽しいホールです。
このような大きいホールが数箇所ありました。ハイシーズンだと人で大混雑
になっているのでしょうね。

観光客っぽい人達もいれば、現地の人もいてとても賑やかです。
この中で東洋人2名、ミョウに浮いていたような気もしますが、ビール好き
という共通項(オット限定)があるのでまあ気にしない。

s-P1020155.jpg

ホールの外には、このようなお惣菜のコーナーがあります。
ビールのお供はここで調達。肉あり野菜あり、チーズもパンも・・・とここで
食事もできるくらい、充実していました。
食後に立ち寄ったワレワレは見学のみ。でも、見ているだけで楽しいです。

s-P1020158.jpg

とても面白いのは、ここではすべてセルフサービスという点。
ビアマグは、ここにずらっと並んでいます。サイズも色々揃っており、好きな
ものを自由に選択。

s-P1020152.jpg

ビアマグを持っていって、代金を支払ってビールを注いでもらいます。
「写真を撮ってもよいですか?」というドイツ語をオットに教えてもらい、
OKをもらったところで1枚。しっかりポーズをとってもらいました。
いい人だ。(オット曰く、ヨーロッパ基準だと女の子の部類に入るツマが
頼んだほうがウケがよいとのこと。確かにグラマラスな体格の欧州女性の
中にいると自分でも相当子供っぽく見えます)

s-P1020151.jpg

これがアウグスティーナー・ブロイの修道院ビール。
マグが陶器なので、ビールの色がみえませんが褐色のビールです。
あまりアルコール度数は強くなく、かなり甘めで飲みやすいビールでした。
プラハの有名な「フ・フレク」のビールと通じるところがあるかもしれません。
あそこのビールも甘めの黒でした。

s-P1020159.jpg

ビアマグの置いてある棚と、ビールのカウンターの間に蛇口のついた水盤が
あります。何だろう、と見ていると、どうやらお代わりのときに一旦ここで
ビアマグをすすいでからカウンターに持っていくみたいです。

なかなか珍しい光景でした。
もっと季節のよい時期は、屋外でもビールが飲めるようです。この醸造所が
すっかり気に入ったオット、ドイツに近いという理由で、次回ミュンヘンに
行く機会があったらまたぜったい立ち寄ると思います。

[edit]