FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

ボリュームたっぷりな朝食 

ナパバレーでワイントレインを体験した翌日。
この日は終日、サンフランシスコ市内を散策しました。

まずは朝食。ホテルでは朝食別だったので、フィッシャーマンズ・ワーフ周辺で
朝食をとることにしました。
日中は観光客で大混雑なフィッシャーマンズ・ワーフの入口ですが、朝8時過ぎ
位は人通りもまばらでした。空もどんよりしていてまだ寝起き前という感じです。

s-P9253191.jpg


結局、PEAR39の中で朝食を出しているカフェレストランでの朝食となりました。

s-P9253203.jpg


s-P9253200.jpg

2階にあるレストランです。

s-P9253199.jpg


朝食メニューから注文したのですが、朝からこのボリューム!
卵の下に隠れていますが、ジャガイモのソテーがぎっしり。

オット、ひたすらオムレツを消化することに専念していました。

s-P9253197.jpg


ツマの方は、シンプルなパンケーキを注文したのですが・・・
確かに、シンプルにバターとシロップだけなのですがパンケーキが顔くらいの
サイズは優にありました。出てきたサイズを見てオット一言。
「頑張らなくていいから」
子供の頃食べたホットケーキよりも軽くてふわっとした食感でしたが、食べて
いるとだんだんずっしりとしてきました。

アメリカサイズのボリュームに圧倒された朝食でした。
スポンサーサイト



[edit]

舞浜は徒歩圏内ではありませんが・・・ 

10月下旬のとある週末。
オット、「誕生日は何か記憶に残ることがしたい」と言い出し、どこに行くか検討
した結果・・・午後家を出発して、歩いて目的地へてくてく。

s-PA273493.jpg


京葉線を見上げたり

s-PA273499.jpg

日が沈みかけている時分の大観覧車の横を通過したり

s-PA273519.jpg

目的地はここ。舞浜イクスピアリにあるブルワリーレストラン、Roti's House。
自宅から舞浜まで歩いて2時間半ちょっと。途中、夢の島公園(うっそうとして女性
一人で歩くのはちょっと怖い)の横を通過したり、荒川の橋のだらだら坂をひたすら
歩いたり、ともともと歩きを想定していない道をひたすら歩きました。

海の近くのためか、想像以上に潮風が強くて閉口しましたが、幸い天気は良かった
ので、何とか6時前には目的地に到着。

目的はもちろんレストランの隣のブルワリーで作りたての舞浜地ビール。

s-PA273514.jpg


こんなのとか

s-PA273518.jpg


こんなの。隣のブルワリーのタンク直結のビールサーバから注がれるビールは
フレッシュでとても美味。長い距離を歩いた分、美味しさも増したことでしょう。
(ワガヤのビール好き1名)

s-PA273506.jpg

ムール貝ならぬ、パーナ貝のワイン蒸し。ボリュームは少なめでしたが貝の味
がしっかりしていました。

s-PA273512.jpg

お店の名前にもなっている、ロティサリーマシーンを使用して焼きあげた
大山鶏の炙り焼き。じっくりと焼き上げただけあって、皮はぱりっと香ばしく、
身はジューシー。シンプルに、塩だけで肉の美味しさを味わいます。

s-PA273515.jpg

勢いついて、特製ローストビーフも注文。

この日は、オットの誕生お祝いでもありましたので、ここは気前よく。
(今回はツマのご馳走だった、とブログにも記録しておこう)
沢山歩いて空腹だったこともあり、おおいに語り、飲み(主にオットが)、
食べました。なかなか健康的ではありますが、舞浜が自宅から徒歩圏かというと
それは絶対違うと思います。

s-PA273520.jpg

舞浜といえば、フツウはこちら↑なんだと思いますが・・・。
なぜかここは通過して、Roti's Houseに行くワガヤです。

[edit]

BARでカクテル 

歩いて舞浜に行った帰りは、さすがに歩き・・・ではなく、京葉線に乗りました。
そのまままっすぐ終点の東京駅まで。せっかくだから、八重洲方面にあるBARで
軽く飲みたいというオット希望にあわせました。
(いちおう、オット誕生日お祝いになっていましたので)

s-PA273521.jpg

s-PA273522.jpg

s-PA273524.jpg

シンガポール・スリング。
ラッフルズ・ホテル(まだ行ったことがないけど)で生まれたカクテル。

舞浜のビールとはずいぶん雰囲気が違いますが、オット美味しそうに味わって
いました。聞いてみたら、時々帰宅途中にこのBARには寄り道して軽く1杯飲む
ことがあるんだとか。
お酒に関しては行動範囲が広い・・・。

結局、お酒三昧な誕生日となりましたが、オットは満足そうでした。

[edit]

ビール専門 宮澤商店(門前仲町) 

ビール好きのオット、永らく「歩いていける(徒歩圏)でクラフトビールの専門店
があれば」と言っていましたが、ようやくオットの希望がかないました。

11月にオープンしたビール専門のお店。

s-PB183540.jpg

外から見た様子。カウンターと、テーブル(4名)1つというこじんまりとした
お店です。

s-PB183533.jpg


ちょっとレトロな雰囲気の店内。和の雰囲気で落ち着いた感じがします。

s-PB181472.jpg

10種類のドラフト(樽生)ビールを扱っているようです。
が、すでに1種類売り切れになっていました。

このお店がオープンしたことは、オット神楽坂のROYAL SCOTSMANで聞きつけ、
急ぎお店に直行したのだとか。(外出中のツマにも召集命令が)
お酒が弱い、といいつつも、ツマもしっかりベアレンクラシックを半パイント
いただきました。このビールはオットイチオシで、時々瓶ビールがワガヤの冷蔵庫
にも入っているのですが、ドラフトビールで飲んだのは初めて。
あまり炭酸が強くなく、ほんのりとした味わいが非常に美味でした。

ここでは、ソーセージも売りなのだとか。でも、オススメは「野沢菜」なんだそう
です。

・・・どうやらオット、週1ベースで通っているらしいです。
長年の希望がかなってよかったね。(平日23時半に終わるのが残念だそうですが)

ビール専門 宮澤商店
江東区富岡1-5-10 千歳富岡ビル1F
(地下鉄東西線 富岡八幡宮方面の出口から永代通りを木場方面に向かって
歩き、ラーメン屋さんのところを右折してすぐ。富岡八幡宮や深川不動と反対
のほうにあります)

[edit]

サンフランシスコ湾内クルーズ 

アメリカサイズのボリューム満点朝食の後は、お手軽なサンフランシスコ
湾内のクルーズに参加。

s-P9253310.jpg


「ベイ・クルーズ・アドベンチャー」。サンフランシスコ湾内でゴールデン・ゲート・
ブリッジをくぐり、アルカトラズ島の近くを走るという初心者向きのコースです。

s-P9253207.jpg

乗船時刻前には、観光客の行列が出来ていました。

s-P9253214.jpg

出発時は、PIER39のシーライオン・ドックの横を通過。まだ朝早い時刻(10時過ぎ)
ということもあってそんなにアシカも人間も混雑はしていませんでした。

s-P9253222.jpg

アルカトラス島を遠目に眺めつつ、船はゴールデン・ゲート・ブリッジに向かいます。
戻ってくる時点で、アルカトラス島のかなり近くを通過しますが、ただ見るだけ。
アルカトラス島に上陸するのなら、別にツアーに参加する必要があるのですがそれは
次回(時期未定ですが)のお楽しみに。

s-P9253235.jpg

ゴールデン・ゲート・ブリッジに近づくと、観光客が次々とカメラを手に撮影会。

s-P9253245.jpg

こうやって見ると、本当にキレイな橋です。
この橋も、展望台から見るとまた迫力のある写真を撮ることができるそうです。

s-P9253253.jpg


橋の真下を通過する直前。
下から見上げる橋もまたきれいでした。

次回(時期は未定ですが)来る機会があったら、今度は是非この橋を歩いてみたい
ものです。なんといっても、舞浜まで歩くフウフですから。

テーマ: アメリカ旅行

ジャンル: 旅行

[edit]