02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

上海・外灘の夜景 

浦東で高いところからの夜景写真を撮った後、今度は地下鉄に乗って外灘サイド
に移動。ガイドブックによると、ライトアップは21時までということだったので
急ぎ地下鉄駅から外灘に向かいました。(実際は22時までライトアップされていた
みたいです)

s-P2240433.jpg

外灘に到着したのは21時より20分前位でしたが、まだまだ大勢の人が散策して
いるところでした。三脚を抱えて夜景のベストショットを撮ろうとする人も
結構見かけました。

s-P2240445.jpg

s-P2240448.jpg

s-P2240437.jpg

クラシカルな建物のライトアップも落ち着いた雰囲気でステキです。

s-P2240435.jpg

一方で、後ろを振り返ると浦東側のこんな近未来的な光景が。
河を挟んで対照的な夜景が楽しめるのも上海ならばでは、でしょうか。
スポンサーサイト

[edit]

テレビ塔から見た上海夜景 

THE BREWでビールを飲んだ後は、またタクシーに乗って今度は浦東に向かいます。
行き先は「東方明珠塔」、テレビ塔です。ツマ、前回の上海旅行の時に初めて外灘
サイドからテレビ塔の実物を見たのですが、その時は上まで登る余裕がなかったため
今回初めてテレビ塔の展望台へ。

s-P2240424.jpg


今時は、上海ヒルズ(上海環球金融中心)の展望台の方が流行りだろうと思って
いたのですが、案の定中はすいていてエレベーターもすぐ乗ることができました。

今回、敢えてテレビ塔の展望台に行ったのは夜景を撮るため。
オット曰く、上海ヒルズの展望台だと高すぎるのでテレビ塔位の高さの方が夜景を
撮るのにいいということで。
どちらにしても、ツマ自身はテレビ塔も上海ヒルズも行ったことがないので、展望台
までいけるならどちらでも・・・という状態だったので特に異論なしでした。

s-P2240397.jpg

↑外灘方面を見たところ。

s-P2240421.jpg

中央の建物をアップするとこんな具合。(望遠レンズ持参です)
左側が外灘12号(旧香港上海銀行)、右が時計塔が目立つ上海海関です。

s-P2240406.jpg


展望台の場所を移動して、今度は浦東側の建物群を撮影。

s-P2240408.jpg


写真中央の青い光のライトがついている建物が、上海ヒルズ。
かなり独創的なライトアップ(建物の輪郭と、上層部に光があたっている)
です。テレビ塔からは上海ヒルズを見上げる形になっています。

上海の夜景は、本当にカラフルで迫力があります。写真では伝えきれないのが
残念な限りですが、中国のパワフルさを実感した上海の夜景でした。

[edit]

上海でもビール THE BREW  

昼食をとり、一旦ホテルに引き上げて一休み(お昼寝タイム)。
夕方、ホテルの前からタクシーに乗って浦東方面へ。

今回の上海完全フリー旅行では、オット趣味のビール巡りが当然ながら計画
されており、浦東にもお目当てのビアレストランがあるとか。
到着したのは、KERRY HOTEL というシャングリ・ラ系のホテルです。
1Fにある、THE BREW というビアレストランがこの日のお目当て。

s-P2240390.jpg

このレストラン内で地ビールを作っているそうです。

s-P2240387.jpg

店内は窓が大きく、明るくてモダン。
中央にあるカウンターエリアも広々としており、ビアグラスもオシャレに飾られて
います。ツマがオットに同行していままで訪れた場所の中では、一番シンプルモダン
でオシャレなインテリアです。

写真奥に見えるところが地ビールの工場。

s-P2240385.jpg

ガラスに景色が映りこんでちょっとわかりにくいですが、螺旋階段の奥にビール
タンクがあります。

s-P2240383.jpg


タンク近影。ステンレスでぴかぴかしており、清潔感に満ち溢れています。
このあたりはかなりアメリカンな雰囲気です。夏に訪れた、サンディエゴのSTONEの
工場を思い出しました。
かなり小規模なので、ここで飲めるだけしか作っていない模様です。

s-P2240388.jpg

そして、こちらでももちろんあります、テイスティングセット。
二重ガラスになったオシャレなグラス(BODUMにもこういうのありますが)で登場
しました。グラスの乗ったトレイには、それぞれのビールの種類が記載されている
のでわかりやすくなっています。

オット感想としては、色々な種類(6種類作っているそうです)がありますが、かなり
炭酸が強めだと。ビールとしては、その前の日に飲んだBOXING CAT BREWERYの方が
好みだそうです。ホテル内のビアレストランなので、サービス料が加算されて割高
というのもイマイチだった模様です。

まあこればかりは自分で飲んでみないとわかりませんからね。
他にももう一軒、外灘にビアパブがありましたが、残念ながら改装中?とかで休業
していました。次回の上海弾丸旅行(きっとそうなると思われます)では、新規開拓
があるのか不明ですが、ビール好きの探究心は強い・・・。

[edit]

上海姥姥でランチ(外灘) 

七宝では結局人混みと例の臭豆腐のカホリに負けて、小吃(軽食)を楽しむこと
なく地下鉄駅付近まで戻った深川フウフ。一旦はホテル近辺に戻ってお昼にする
ことにしました。二人でガイドブックをにらめっこして意見が一致したのは
 ・中国料理(野菜も食べたい)
 ・高級でなく、気軽に入れるところ
二人とも中国語に関しては絶望的なので、当然ながら英語メニューありのところ
が希望ですが、ガイドブックに載っているところなら観光客も入りやすいところ
でしょう。。

ということで、外灘近くの「気取らない家庭料理がメインの店」に行くことに
しました。地下鉄9号線の七宝駅から8号線、10号線と乗継ぎ、南京東路駅まで
戻ってきました。そこから外灘に向かって歩き、四川中路のところで右折して
豫園方面に向かうと、ちょうど角にあるお店が目的地。

s-P1040927.jpg

「上海姥姥」という上海料理のお店です。
「姥姥」は「おばあちゃん」ということなので、「上海のおばあちゃんの味」
を楽しめるお店らしいです。

s-P1040918.jpg

お店に着いたのが14時近くだったので、中で食事をしている人は少なめ。
こざっぱりとしたお店です。

s-P1040919.jpg

海老の炒めたもの、酢醤油つき。
海老はぷりぷりしていて、美味。

s-P1040924.jpg

カリフラワーと青菜の炒めたもの。
こちらも塩味あっさりめ。

s-P1040925.jpg

この黒い物体が、上海名物の「紅焼肉」。豚ばら肉の醤油煮です。
想像以上に真っ黒でしたが、甘すぎず、それほど脂も強くなく、とても食べ易い
味付けでした。一緒についている煮卵も美味しい。

値段もかなりリーズナブル。品数はかなり豊富なので、次回の上海(きっとまた
弾丸旅行)でもまた行きたいお店でした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

七宝の周辺 

「七宝老街」は、地下鉄9号線「七宝」駅から徒歩5分ちょっとでつく水郷エリア
ですが、そこに行く途中はいわゆる庶民の住宅や店舗が立ち並んでいます。

s-P2243938.jpg


ホテルのある外灘(ワイタン)周辺など洒落た西洋式の重厚な建築物が立ち並び、
浦東エリアは超高層ビルが林立して都会の印象ですが、地下鉄に乗って30分も
するとこんな町並みでした。

s-P2240378.jpg

窓から物干し竿?が垂直に突き出ているところは、いわゆる昔からの中国だなあ
という感じです。お天気だったためか、賑やかに洗濯物が干されています。
よく見ると、垂直ではなく建物(というか壁)に並行に干している家もありました。
日本の集合住宅おなじみのベランダはないんですね。

s-P2243936.jpg


垂直に干してある洗濯物の下を歩くことになるのですが、空から洗濯モノが落下
することはないのかなあと人事ながらちょっと気になりました。

こういうところも上海の一面ですね。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

お花見のお供にでも 

s-P3233978.jpg


昨日中にブログにUPすべきだったのですが・・・。

s-P3234017.jpg


最近のオット行きつけの「宮澤商店」でこんな立て看板がでていました。

s-P3234016.jpg


花見散歩用のビールだそうです。(テイクアウト専用らしい)
美味しいクラフトビール片手に、夜桜見物というのも洒落ていてよいかも。
・・・週末専用なのか確認するのを忘れました。

[edit]

深川のさくら(2013年春) 

冬は例年よりずっと寒い日が続いていたのに、このところ急に暖かくなって水曜
頃は桜もかなり咲いていました。
テレビのニュースでも、東京の桜も金曜日時点で満開という話を聞き、土曜日の
午前中はPENちゃんズ(実はもう一台オット購入し、「PENちゃん弟」と呼ばれて
います)と一緒に桜の写真を撮りに出かけました。

s-P3233968.jpg

毎年春のイベント、「深川さくらまつり」も来週30日から、という日程なので
さくらまつりの時は待ち行列ができる船着場もこの通り閑散としています。

土曜日は晴れて日曜日に天気が崩れると予報では聞いていたのですが、土曜日
時点でこんな感じでどよーんとした空模様でした。

s-P3233975.jpg

桜は満開、という予報でしたが、深川ではまだ満開のちょっと手前、8分咲きと
いったところでしょうか・・・。何分にも青空ではありませんので、桜も白っぽくて
ちょっと寂しい感じです。

なんか今年は感じが違うなあと思っていたのですが、本日マッサージ(ツマ極度の
凝り性なので、マッサージ屋の常連です。。)を受けながら話をしていて、今年は
まだ川辺の桜に提燈が飾っていないんだということに気がつきました。
夜川辺を歩くと、提燈に灯りがともって夜桜見物もまたいい感じなんですけどねえ。
今年は桜が咲くのが早すぎて、準備が間に合わなかったのでしょうか。

s-P3234002.jpg


川ではカヌーに乗って桜の写真を撮っている人達を見かけました。
さくらまつりの頃だと和舟が出るので風情ある写真が撮れるのですが、来週時点
では満開の時期を過ぎてひょっとして葉桜状態・・・?
自然はコントロールできないとはいいますが、おまつりの頃にはもう桜は終わって
いるなんてちょっとがっかりです。

s-P3234009.jpg


川辺の桜ですが、幹からも頑張って咲いている桜を見かけました。
ちょっと間違った・・・?という気がしますが、なかなかたくましく頑張っています。

s-P3233972.jpg

最後にちょっと色のついた桜の写真を。
川辺に植えられているのはおなじみのソメイヨシノですが、これはその隣に植えて
あった枝垂桜。
昨日もあまり暖かくは感じず、今日もまた寒さが戻ってきた感じですが、温度差の
ある日を繰り返しつつ、春の訪れを感じます。
寒がりなツマにとっては嬉しい季節になってきました。

[edit]

七宝 小吃(シャオチー)色々 

七宝は、水郷の他にも小吃(シャオチー)で有名なところだそうです。
小吃は「軽食」の意味合いがあるようで、ガイドブック(オット愛用の「歩き方」)
にも様々な食べ物の写真が出ていました。

人でごった返している道を歩きつつ、ちょっと小吃でもつまもう、なんてオットと
話をしていたのですが、どこからともなく強烈な「田舎の香水」のカホリが・・・。

s-P2243918.jpg


フウフ二人とも、すっかり失念していました。あの強烈な匂いの小吃を。
「臭豆腐」です。

どうやら、七宝は「臭豆腐」で有名らしく、あちこちで「臭豆腐」のお店を見かけ
ました。どこを歩いても、あのカホリが漂ってきます・・・。いやはや。

s-P2243920.jpg

お店の前に、こうやってあっという間に人が集まってきます。
店内の看板に「老街第一臭」という文字が見えます。お店の横にも「遠臭近香~」
という言葉が。遠くても近くてもクサイものはクサイです・・・。
さすがにオットからも臭豆腐にチャレンジするという発言はありませんでした。

s-P2240367.jpg

ちなみに、これ↑が臭さの元凶。
発酵させた漬け汁に豆腐を漬け込んだものだそうです。
これを油で揚げて、タレをつけて食べている人をあちこちで見かけました。
みなさん、匂いには平気なのですね~

s-P2240368.jpg

こちらはヤシの実ですね。

s-P2243922.jpg

羊の肉の串焼きでしょうか。
煙がもくもくと立ちこめていましたが、肉の香ばしさよりも煙臭さのほうが
強く感じました。

このような屋台やらお店があちこち立ち並んでいるので、結構食べ歩きをして
いる人達を見かけました。あの「カホリ」さえなければね~。
残念ながら、ワガヤは二人ともにおいに負けて食欲減退。何より人混みにもまれ
早々に退散です。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

七宝 水郷の手漕ぎ舟 

写真手前の橋を渡ったところで、あまりの混雑ぶりにこれ以上先に進むことを
断念。その奥の橋と、さらに手前の橋は混雑していなかったのですが・・・。

s-P2243932.jpg

手漕ぎの観光舟を何艘もみかけました。
観光舟も人気みたいです。
昨年の弾丸旅行で出かけた蘇州の方がもっと風情を感じましたが・・・。

平日ならもっと落ち着いた雰囲気なのかもしれません。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

七宝古鎮に行ってみたものの・・・ 

上海2日目。
ホテルで朝食を食べた後で、地下鉄に乗って郊外へ。
「七宝」という古い町並みの残る、古い街に向かいました。地下鉄9号線に乗り、
七宝駅で降りて徒歩10分ほどで到着する水郷です。


s-P2243908.jpg

ちょうど天気も良かったので、ちょっと古い町並みを散策しようと思ったですが、
豫園に引き続き、こちらも人、人、人・・・。
地下鉄内もかなり人で混雑していたのですが、駅を降りて七宝目指して歩く人が大勢。
このあたりで、オットが「どうも週末は相当混雑するらしい」というのを聞いてかなり
いや~な予感。

s-P2240355.jpg

人の流れに沿って同じ方向に向かって歩いていたのですが、道の幅が狭く(古い街だから
だと思いますが)ちょっと立ち止まって通りの両側のお店を見ようとする人がいると
もうそれで渋滞。

s-P2243913.jpg

それでも、橋のところまで歩いていったのですが・・・橋のさらに向こうの状態はさらなる
混雑ぶり。

s-P2243915.jpg

いやはや・・・。
橋のところで、この先まっすぐ進むのは断念しました。

結局川に沿ってちょっと散策したり、それほど混雑していない橋から写真を撮ったり
で早々に引き上げました。

戻る途中も広場は人、人、人・・・。

s-P2243924.jpg

七宝は、食べ歩きメニューが充実していて、色々と食べ物のお店が並んでいるの
ですが、人が多すぎてどこも買い求める人で大行列。
どうも「臭豆腐」のお店が多いようで、街全体ビミョウなかほりが(汗)。

いやいや、ここは平日に来るのが無難。
週末弾丸旅行ではちと厳しいところでした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

レ・スイート・オリエント外灘上海の朝食 

朝食はホテル2階のダイニングでいただきます。

s-P1040915.jpg


オリエンタルモダンな設え。

s-P1040913.jpg

ダイニングといっても、ソファあり、ラウンジチェアあり、とさまざま。
全体が茶系でまとめられているためか、アットホームでくつろいだ雰囲気に
なります。

s-P1040914.jpg

左手奥ではオムレツ等の卵料理や、アジア系ヌードルなどをその場で作って
くれます。中華粥もありましたし、パンケーキも。

s-P1040934.jpg

平日はシンプルな朝食(シリアルとかバナナとか)なので、旅先でのんびりと
した朝食タイムはそれだけでも非日常。加えて、こういうスタイリッシュモダンな
インテリアだと気分が盛り上がります。
こういうところがデザイナーズホテルの楽しいところなのだと思います。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

Boxing Cat Brewery (思南路店) 

豫園の大混雑状態から抜け出し、地下鉄に乗って新天地へ。
新天地の駅から歩くこと10分超で目指したのはこちら↓のお店です。

s-P2230343.jpg


上海でもやっぱりビール。
青島ビールではありません。クラフトビールのお店です。

s-P1040902.jpg

s-P1040903.jpg


英語と中国語が並記されたメニューです。
店内は欧米人比率高し、というかほとんどがそうでした。
オットは6種類の試飲セット(65元)を注文。

s-P2230340.jpg

こちらが試飲セット。左から
Pilsner(4.5%) Ring Side Red(5.0%) Cat Scratched Celt(5.8%)
India Pale Ale(6.0%) Winter Warmer (7.1%) Imperial Stout(8.0%)

左→右の順にアルコール度数が高くなります。Imperial Stoutに至っては8%。
全体的に苦めビールが多かったそうです。最近の流行でしょうか。
試飲セットといっても、1杯がかなりの量でオットも満足していました。
ビールはかなり本格的(美味しい)ということで、次回もまた寄ってみたいとのこと。

Boxing Cat Brewery(思南路店)
上海市盧湾区復興中路519号思南公館26A棟(思南路近く)

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

豫園のランタン色々 

南翔饅頭店のお店の外に出たところ、ランタンに灯りがつき、見物客で大変な
混雑に。

s-P2233863.jpg

子供を肩車する人が多く、写真を撮るのも一苦労でした。

s-P2230299.jpg

いかにも中国風なランタンの飾りつけ。鮮やかな赤色はやはり中国のイメージです。
豫園商城内は、一方通行になっていて目的地までたどり着くのも一苦労でした。

s-P2230331.jpg

s-P2230326.jpg

今年は蛇年なので、飾りつけにも蛇をよく見かけました。
ちょっとユーモラスで可愛めな蛇です。色はやっぱり黄色なんですね。

s-P2230319.jpg

カラフルで色鮮やかなのですが、あまりの人の多さでゆっくり見るには程遠い状態
でした。それにしても、よくこれだけの人が集まるものです。

知らずにこのランタン祭りに遭遇しましたが(それも入場制限のある週末に)、
ランタンを楽しむのであればこの週末は避けるべきでした。
今回は、日中の豫園を散策しようと思っていましたが、この入場制限と大混雑で
断念。散策は次回の楽しみにします。

#ちなみに、2013年のランタン祭りでは、22日(金)~24日(日)の3日間で
入場者数が150万を越えたそうです。ワガヤが行ったのは23日(土)の夜だったので
おそらくは相当な人が押しかけたタイミングだったと思われます。
それにしても人、人、人・・・ですごい混雑でした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

豫園 南翔饅頭店 

前回(2011年春)の上海旅行に引き続き、今回もこちらのお店に行きました。
ガイドブックでは小籠包の美味しいお店は他にもあるようですが、そちらは次回
のお楽しみということで・・・。

ものすごい人混みをかきわけ、何とかお店正面までたどり着きました。
入場料を払って入るエリアは一方通行となっており、その流れで目的地まで行く
しかないので、前回よりも大分時間がかかったと思います。
もともと行列するお店なので、17時過ぎには到着して3階のフロアへ。17時過ぎの
時点で既に待っている人がいましたが、ちょうど2人席が空いたタイミングで到着
したらしく、すぐテーブルに通されました。

s-P1040885.jpg

s-P2230284.jpg

メニューを見ながら注文し、待つことしばし。
ワゴンで積み上げられた蒸篭が到着しました。

今回注文した小籠包は3種類。蟹味噌入り、海老入り、基本の豚肉入り。
豚肉入りは、ちょっと肉の味が強く感じました。上手く説明できませんが、しっかり
豚肉の味がしています。一方の海老入りは、海老のぷりぷり感もありますが比較的
あっさり目。蟹味噌入りは、蟹味噌の濃厚さと豚肉の味がうまく組み合わさっていて
一番バランスよく感じました。

s-P1040891.jpg


一緒に青菜の炒めモノも注文しました。野菜の歯ごたえがしっかり残っていて、
シンプルですがとても美味しい。炒め物はやはり中華が一番です。

s-P2230286.jpg

そして、今回もマツタケ入りスープをいただきました。
ごろんとマツタケが入っておりよい香りのするスープなのですが、あまり干貝柱
の味がしなかったみたいなのが残念。

s-P2230291.jpg

小籠包を味わい、せっかくだからランタンの写真も撮ろうと会計を済ませてお店
の外へ。18時を過ぎた時点で3階レストランは大行列でした。外もこの通り、
人で混みあっていました。

が、外に出た時点で混雑はもっとすごいことになっていました・・・。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

シンガポールから戻りました 

上海旅行から月曜日に戻ってその翌週火曜日。
今度は暖かい(というか暑い)東南アジア方面に出かけました。

行き先はこちら↓シンガポール(わかりやすい写真です)

s-P3070947.jpg

そして、今回はなんとツマひとり旅。
今年になって仕事の都合でまとまった休みがとれないオットは、日本で留守番。

いつもなら、飛行機の手配やらホテルの調査・予約はオット担当でツマは横から
「これがいいんじゃない」と口出しするのですが、今回ばかりはツマひとり。
インドア派(ヒキコモリ系)のツマにしては、頑張ったほうだと思います。

実は、今まで海外に一人で移動したことはありますが、知人や妹宅に宿泊して
いたので本当のおひとりサマ旅行は初めてのこと。
たいした下調べもせずに出発したのですが、特にトラブルに見舞われることなく
無事帰国しました。

上海旅行記もまだ途中(というか1日目がまだ終わっていない)だし、2月にも
沖縄に行ったのに、それもまだだし(汗)。
順次旅行記録を更新していきたいと思います。

#ちなみに、ツマひとりだったので、ワガヤの旅行記でおなじみの「ビール記録」
はシンガポール旅行記にはございません・・・。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

豫園 ランタン祭り(新春民族芸術灯会) 

ホテルを出て、歩いて豫園方面に向かいました。
豫園にある「南翔饅頭店」で混雑する前にちょっと早めに食事をしよう、その前
に豫園周辺のお店をぶらぶらしようと考えていたのですが・・・。

s-P2230267.jpg

豫園入口に到着。

s-P2230269.jpg

週末(土曜日)だけあって、大勢の人で賑わっていました。

s-P2233843.jpg

旧正月の飾りがまだ残っているんだなあとこの時はフウフ共に呑気に考えていた
のですが・・・

s-P2233844.jpg

なんと、豫園周辺は入場規制がひかれており、豫園商城内の中央にある南翔
饅頭店にはこのままでは入ることができないことが判明。
中に入るには、入場チケットを購入するしかない(規制は日曜日まででした)の
ですが、このチケットが大人一枚50元・・・。

s-P2233846.jpg

でも、チケットがないと中に入れず南翔饅頭店まで行けないので、二人で100元
払ってチケット購入。後から確認したところ、旧正月から豫園はランタン祭りで
賑わうそうで、最後の週末になると大混雑で入場規制をするようになったのだと
いうことでした。事前の情報収集ができておりませんでした・・・。

s-P2233857.jpg

チケットを購入して無事豫園商城内に入ったのですが、商城内も人で大混雑。
南翔饅頭店のある九曲橋も人、人、人・・・でごった返していました。
(暗くなってランタンに灯りがともると、さらに一層の混雑状態に・・・)

[edit]

レ・スイート・オリエント外灘上海 

今回の上海滞在中に宿泊したホテルです。
前回と同じく、外灘(バンド)近辺にあるブティックホテルです。トリップアドバイザー
のコメントを参考にオットが選択。

s-P2243896.jpg


2010年にオープンした、比較的新しいホテルです。
日本人スタッフがいて、またチェックイン時の担当の女性も日本語OKでした。
オフシーズンだったこともあると思いますが、予約した部屋をアップグレードして
もらいました。

s-P1040881.jpg

スタイリッシュですが、シックな色合いでまとめられた落ち着いた室内です。
今まで出張等で宿泊したホテルよりもこじんまりとした広さでした。ビジネスホテル
のサイズといったところでしょうか。

s-P2243943.jpg

この部屋の一番のポイントはこのバスルーム。
右手は窓から眺めることのできる外灘の景色。左手は洗面台の鏡で、外の景色が
写りこんで広々と見えます。

ホテル宿泊客専用のラウンジが3Fにあり、いつでもコーヒーとクッキーが無料で
いただけます。15時からはアフタヌーンティタイムということで、一口サイズの
ケーキやブラウニーもありました。
ワガヤも、到着したその日のアフタヌーンティで、糖分補給しながらその日の
予定をのんびり検討したり、二日目も一旦ホテルに戻ってコーヒーブレーク、と
活用させていただきました。

地下鉄の豫園駅と南京東路駅(いずれも10号線)の中間に位置しており、最寄は
豫園駅で歩いて10分ほど。南京東路駅からも15分強かかりました。
ちょっと地下鉄の駅から離れている点がネックですが、居心地のよいホテルでした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]