FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

旭山動物園(夏はやはり暑い) 

旭川のビジネスホテルで一泊した翌日は、朝からレンタカーを借りて観光。
まずはツマの第一希望である旭山動物園へ。

s-P8031962.jpg

オットは以前、真冬の旭山動物園に行ってペンギンパレードも見てきたのですが
それ以降、なかなか旭川に行く機会がなく。今回の旅行で、ようやくツマの長年
の希望がかないました。

夜は冷え込む旭川でしたが、お昼の旭山動物園は暑かった・・・。

s-P8031912.jpg

このように水中をすいすい泳ぐ方たちは、暑さも苦にならない模様。

s-P8031879.jpg


ちょうど間に合った「もぐもぐタイム」では、元気に飼育担当の周辺に集まって
いました。

s-P8031921.jpg

一方で、このような立派なたてがみをお持ちの方にはお昼時の暑さは堪えるよう
です。多少日陰になる場所から一歩たりとも動こうとしません。

s-P8031923.jpg

相方(というかメスライオン)に至っては、完全にバテバテ状態。
立派な肉球だなあ・・・。

s-P8034246.jpg

レッサーパンダもここが涼しいのか、まったく動く気配なし。
一旦離れて30分ほどしてまた戻ってみたのですが、相変わらずでした。

s-P8031972.jpg

白クマも、一頭は完全に日陰でのびています。
水中で泳いでいたもう一頭が水から出てきました。
豪快な水しぶき。

s-P8034241.jpg

その後は、周囲をあちこち歩き回っていました。
日差しがかなり強いのか、目をそばめていることが多かったです。
かなりまぶしそう・・・。

s-P8034254.jpg

そんな中、比較的お元気だったこの方↑
アフリカサバンナ出身だと、旭川の暑さもへいちゃらなんでしょうか。
炎天下でものんびりとしていました。アップで見ると、長くて密なまつげですね。

初めての旭山動物園、園内は大勢のお客で賑わっていました。
地図だと平面で気がつかなかったのですが、園内をあちこち歩き回るとかなりの
勾配差がありました。それと暑さが重なって、動物も人もかなり暑さでバテバテ。

次の機会があったら、今度は秋頃に訪れてみたい(できれば平日)と思います。
スポンサーサイト



[edit]

ガーデニングの聖地、上野ファームへ 

旭山動物園で、暑さにぐったりの動物をこれまた暑さでゼーゼー状態で見学
した後、午後からは動物園の近くにある「上野ファーム」に行きました。

北海道が好きでよく旅行するツマ友人のオススメの場所。
なんでも、ガーデニングの聖地として有名な場所だとか。

s-P1050272.jpg

確かに人気スポットらしく、駐車場にはずらっと乗用車が並んでいました。
入園料500円を支払い、中に入ると目の前にはイングリッシュ・ガーデンが
広がっています。
現在では、イングリッシュ・ガーデンというよりも旭川の気候風土にあわせた庭
ということで「北海道ガーデン」とも呼ばれているのだとか。

s-P8032035.jpg
s-P8032036.jpg

自然な雰囲気を保ちながら、様々な草花が咲き乱れていました。
8月に入ったからか、若干花よりも草の勢いがありましたが・・・。花も色の濃い
鮮やかな色合いでした。7月上旬頃だと、もう少し色合いも淡い花々が咲き乱れる
ようです。

s-P8034268.jpg
s-P8034274.jpg

庭の写真を撮る傍らで、マクロレンズで蝶の撮影に没頭していたオット。
これだけ花が咲き乱れていると、これまた綺麗な蝶も飛んでいるようです。
確かに綺麗。

s-P8032024.jpg

上野ファームの後ろには、的場山が続いています。
この日は、旭川から富良野に移動するため、ゆっくり的場山まで散策する時間
がとれなかったのが残念です。

s-P8032038.jpg

ナチュラルな雰囲気のガーデン。
調べてみると、旭川~富良野~十勝周辺には、北海道を代表する有名なガーデンが
集中しており、「北海道ガーデン街道」と呼ばれているのだそうです。
今回は、そのうちのひとつの上野ファームを訪れましたが、機会があったら
北海道ガーデン街道のガーデン巡りを楽しんでみたいと思います。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

FURANO NATULUX HOTEL 

旭川からレンタカーで富良野に移動。
クチコミサイトで評価の高かった、FURANO NATULUX HOTELにタイミングよく1室
空きがあったので即予約。ちょうどオンシーズンで値段はちょい高めでしたが
綺麗でスタイリッシュなホテルでした。

s-P1050305.jpg

s-P1050283.jpg

白とこげ茶基調のインテリア。
それほど広くはありませんが、機能的でコンパクトにまとまっていました。

s-P1050306.jpg

ホテルの朝食。和食・洋食のセットメニュー。
一緒にプチサイズのふらの牛乳が添えられていました。牛乳瓶で紙の蓋をあける
なんてとても久しぶりです。

s-P1050309.jpg

s-P1050312.jpg

和食も洋食も、バランスよく考えられた朝食メニューでした。
のんびり朝食を食べながら、富良野から美瑛にかけての予定を検討。

ホテルは駅から徒歩1分。周辺に飲食店もあり(といってもそれほど沢山では
ありませんでしたが)立地もよい、便利なホテルです。ホテル内には小さい
ながらスパ(浴場)もあり、旅の疲れも癒されました。
富良野で宿泊するならオススメします。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

富良野 ファーム富田 

ホテルで朝食をとった後、部屋に戻って荷物をまとめてチェックアウト。
北海道最終日は、富良野と美瑛を車で回りました。

最初に訪れたのが、ラベンダーで有名な「ファーム富田」。
駐車場が混雑しないよう、早めに到着しましたがそれでもかなりの車が駐車場に
停まっていました。

s-P8042064.jpg

午前中からもうかなり強い日差しでした。

s-P8042067.jpg

s-P8042070.jpg

カラフルで色とりどりの花々。
肝心のラベンダーですが、木の向こうにちょっとまばらな紫の花がそれです。

s-P8042086.jpg

8月上旬時点では、残念ながらもうラベンダーは最後の時期でした。

s-P8044296.jpg

実際に近くで見ると、ラベンダーの花も大分終わっていることがわかります。
ラベンダーを見るのであれば、やはり7月上旬~中旬みたいです。

ラベンダー以外の花も色々楽しめましたが、タイミングとしてはちょっと残念。

[edit]

ラベンダーの刈り取り中でした 

ファーム富田の「トラディショナルラベンダー畑」。
ここがファーム富田の原点なのだそうです。

s-P8042114.jpg

行った時には、ちょうどラベンダーの刈り取りの真っ最中でした。

s-P8042106.jpg


ラベンダー色のTシャツを着て作業中。

s-P8042109.jpg

帽子までラベンダー色。

s-P8042112.jpg


刈り取ったラベンダー。

s-P8044307.jpg

どんどんラベンダーが刈り取られていきます。
かなりの人数での作業でした。かなり日差しも強い中の作業、かなりの重労働です。

s-P8042105.jpg

トラディショナルラベンダー畑は、ファーム富田の敷地内で高い場所にあり、
ラベンダーの向こうには田園風景が広がっていました。

かなり暑い中、ふっと心が穏やかになるようなひと時でした。

[edit]