08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

富良野の夜、居酒屋「なんまら」にて 

富良野での夕食の話です。
ガイドブックを見ると、「くまげら」というお店が有名店らしい。富良野では
「富良野オムカレー」も有名らしく、何軒ものお店があるらしい。

というところまでは下調べしたのですが、ホテルにチェックインした時に「夕食に
おすすめのお店」をいくつか教えてもらい、手書きコメント入り地図もいただきました。
その地図を片手にいくつかのお店の前を通りながら結局オットの勘で決めたのが
こちら「ふらのの台所 なんまら」です。

s-P1050304.jpg

入った時点で店内は空いていたのですが、その後どんどんお客が入って1時間も
しないうちに店内大賑わいでした。

富良野は内陸だから魚介はどうなんだろうと思いつつも、本日のオススメから
注文したところが大当たり。

s-P1050288.jpg
s-P1050295.jpg

どのお刺身も味がしっかりして美味しかったです。
札幌でもウニをいただきましたが、ここのウニも濃厚でかつお値段がとても
良心的。

s-P1050294.jpg

刺身だけでなく、豚の角煮もとろとろ、時間をかけてじっくり煮込んだもの。

s-P1050300.jpg
s-P1050303.jpg

焼き物もこの通り。

s-P1050286.jpg


生ビール(北海道ではサッポロが多いみたいですね)も、お店の名前入りジョッキ
で登場。

富良野駅周辺はそれほど飲食店も多くなかったのですが、満喫してホテルまで
戻ってきました。また富良野を訪れる機会があったら、是非再訪したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

美瑛、パッチワークの路 

パノラマロードから、今度は美瑛駅北西方面に広がるパッチワークの路へ。
ただしく観光客しています。
パノラマロードはほとんど車が走っていなかったのですが、パッチワークの路は
車多めでした。(ドライブが楽しめる位でしたので混雑はなし)
CMで有名な木の近所には駐車場が出来ていたりと、パノラマロードよりも観光
向けに整備されていることと、ポイントとなる木に向かう標識が出ていたりと
運転する方にとっても便利だからかもしれません。

s-P8044352.jpg

また、道路の近くに木があるため、すぐ近くまで歩いていける(記念写真も撮れる)
ところもポイントかと。

ということで、有名(らしい)な「ケンとメリーの木」。ニッサンスカイラインのCMで
使われた木だそうですが、何年前のことやら(遠い目)。
この木の近くには喫茶店があったり、ペンションがあったりでかなり観光地化されて
いました。

s-P8044349.jpg

引き続き、「セブンスターの木」。これまたセブンスターのパッケージ?に採用された
木なのだそうです。木の後ろにずっと広がる丘がきれいでした。

s-P8042203.jpg


「セブンスターの木」の近くの道路沿いに並ぶ木もなかなか味わいがある趣でした。
手前の畑の彩りと青い空がとてもキレイ。

s-P8044365.jpg

その後に訪れた「ぜるぶの丘」。色とりどりの花々が咲き、カラフルで綺麗。

s-P8042237.jpg

花畑の先まで緑の丘が広がり、北海道は広いということを改めて感じました。
ちょっと先にはすぐ山が見える本州とは大分雰囲気が違います。
こういうところで非日常を感じますね。。個人的には、あまり観光地化されて
いないパノラマロードの方が(写真を撮るにしても)好みなので、今度は頑張って
車の運転にもトライしてみたいと思います。

#そういえば、拓真館にも行ったのですが、建物の写真を撮るのを忘れたみたい
です・・・。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

美瑛、パノラマロード 

富良野から今度は美瑛の丘を巡るドライブへ。

まずは、「パノラマロード」と呼ばれる美瑛駅南東に広がるエリアに向かいました。

s-P8042139.jpg


だいたいオススメのコースがガイドブックには記載されているのですが、地図が
かなりアバウトでこれでドライブは無理。レンタカーについているナビを頼りに
車を走らせましたが、モニターに表示される地図と実際の道路の状況が違って
いて、目的地に到達するのに一苦労。

何とか到達したのが「クリスマスツリーの木」。
広い大地にポツンと1本だけ木が立っていました。私有地の中なので、木の近く
に行くことはできません。

s-P8042153.jpg

s-P8042158.jpg

s-P8042189.jpg

途中で車を停めて、風景をカメラにおさめました。
様々な畑が丘陵に広がり、いわゆる日本の畑の風景とは違った景色が広がって
いました。

s-P8044327.jpg


特徴のある木には名前がついています。
こちらは「哲学の木」。
なぜかポプラの木が一本だけ、畑の中に立っています。
「哲学の木」に続く1本の道、なんとなく「人生」を思わせるような景色です。
道がまっすぐ続くのではなく手前でカーブしているところなど、ついつい
人生に重ね合わせてしまっているのかもしれません。

今回の旅行で撮った写真の中で、印象的な一枚になりました。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

富良野ワイン、チーズ工房、アイス 

ファーム富田を出て、富良野ワイン工場へ。

s-P8042128.jpg

残念ながらワインの試飲はできないため(オット運転担当)、ブドウジュースを
二人で試飲。とても濃厚で甘くて美味しい!ということでお土産に1本お買い上げ。
「ストレート果汁」というのがポイントらしく、工場限定販売だとか。
やはりワガヤは限定モノに弱い。

s-P8042129.jpg

ここでもキレイなラベンダーがあるとガイドブックには記載されていましたが、
こちらのラベンダーも終わりかけで、うっすらと紫が広がっている程度でした。
残念です。

s-P8042130.jpg

今度は、富良野駅まで戻り、その先にある富良野チーズ工房へ。
チーズの試食コーナーがあって、「いかすみのチーズ」などユニークなものが
あったのですが持ち運びが大変(要冷蔵だった)なので、最後に空港でお買い上げ
でした。

s-P8042133.jpg


チーズ工房の隣にはアイスミルク工房があり、ふらの牛乳で作った新鮮なアイス
ミルク(いわゆるジェラート)を販売しています。

売店では色々な種類のアイスが出ていましたが、シンプルに「ホワイト」と
「ぶどう果汁」でワレワレも小休止。ホワイト(いわゆるアイスミルクそのもの)
がさっぱりした口当たりで美味でした。ぶどう果汁も美味しかったですが
ちょっと甘めかも。

木陰でのんびり、リフレッシュタイムでした。

s-P1050313.jpg


PENちゃん(弟)も一休み。
PENちゃんより一回り小さめで、モニタは大きくなっています。
その分、ボタンの配置がPENちゃんとは違っていて使いにくいところもありますが、
最近はオットのダイビングの友として毎回、様々な水中写真を披露してくれます。。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

ラべンダーだけでなく、ひまわりも 

ファーム富田の近くで、一面ひまわりの場所がありました。

s-P8044298.jpg

青い空に下で咲き乱れる鮮やかな黄色。
ひまわりはやはり夏の花だなあと思います。

s-P8044297.jpg

それにしても、一面ひまわりが咲き並ぶのは壮観です。

s-P8042087.jpg

ひまわりと背後に続くラベンダー。黄色と紫の対比が鮮やかです。
ひまわりは元気いっぱいのビタミンカラー。
癒し系(香りも色も)なラベンダーとは対照的ですね。

癒し系も活力系も、どちらも見て楽しめる富良野はリフレッシュするのに最適な
場所(加えて食事も美味しかった)ですね。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

ラベンダーの刈り取り中でした 

ファーム富田の「トラディショナルラベンダー畑」。
ここがファーム富田の原点なのだそうです。

s-P8042114.jpg

行った時には、ちょうどラベンダーの刈り取りの真っ最中でした。

s-P8042106.jpg


ラベンダー色のTシャツを着て作業中。

s-P8042109.jpg

帽子までラベンダー色。

s-P8042112.jpg


刈り取ったラベンダー。

s-P8044307.jpg

どんどんラベンダーが刈り取られていきます。
かなりの人数での作業でした。かなり日差しも強い中の作業、かなりの重労働です。

s-P8042105.jpg

トラディショナルラベンダー畑は、ファーム富田の敷地内で高い場所にあり、
ラベンダーの向こうには田園風景が広がっていました。

かなり暑い中、ふっと心が穏やかになるようなひと時でした。

[edit]

富良野 ファーム富田 

ホテルで朝食をとった後、部屋に戻って荷物をまとめてチェックアウト。
北海道最終日は、富良野と美瑛を車で回りました。

最初に訪れたのが、ラベンダーで有名な「ファーム富田」。
駐車場が混雑しないよう、早めに到着しましたがそれでもかなりの車が駐車場に
停まっていました。

s-P8042064.jpg

午前中からもうかなり強い日差しでした。

s-P8042067.jpg

s-P8042070.jpg

カラフルで色とりどりの花々。
肝心のラベンダーですが、木の向こうにちょっとまばらな紫の花がそれです。

s-P8042086.jpg

8月上旬時点では、残念ながらもうラベンダーは最後の時期でした。

s-P8044296.jpg

実際に近くで見ると、ラベンダーの花も大分終わっていることがわかります。
ラベンダーを見るのであれば、やはり7月上旬~中旬みたいです。

ラベンダー以外の花も色々楽しめましたが、タイミングとしてはちょっと残念。

[edit]

FURANO NATULUX HOTEL 

旭川からレンタカーで富良野に移動。
クチコミサイトで評価の高かった、FURANO NATULUX HOTELにタイミングよく1室
空きがあったので即予約。ちょうどオンシーズンで値段はちょい高めでしたが
綺麗でスタイリッシュなホテルでした。

s-P1050305.jpg

s-P1050283.jpg

白とこげ茶基調のインテリア。
それほど広くはありませんが、機能的でコンパクトにまとまっていました。

s-P1050306.jpg

ホテルの朝食。和食・洋食のセットメニュー。
一緒にプチサイズのふらの牛乳が添えられていました。牛乳瓶で紙の蓋をあける
なんてとても久しぶりです。

s-P1050309.jpg

s-P1050312.jpg

和食も洋食も、バランスよく考えられた朝食メニューでした。
のんびり朝食を食べながら、富良野から美瑛にかけての予定を検討。

ホテルは駅から徒歩1分。周辺に飲食店もあり(といってもそれほど沢山では
ありませんでしたが)立地もよい、便利なホテルです。ホテル内には小さい
ながらスパ(浴場)もあり、旅の疲れも癒されました。
富良野で宿泊するならオススメします。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

ガーデニングの聖地、上野ファームへ 

旭山動物園で、暑さにぐったりの動物をこれまた暑さでゼーゼー状態で見学
した後、午後からは動物園の近くにある「上野ファーム」に行きました。

北海道が好きでよく旅行するツマ友人のオススメの場所。
なんでも、ガーデニングの聖地として有名な場所だとか。

s-P1050272.jpg

確かに人気スポットらしく、駐車場にはずらっと乗用車が並んでいました。
入園料500円を支払い、中に入ると目の前にはイングリッシュ・ガーデンが
広がっています。
現在では、イングリッシュ・ガーデンというよりも旭川の気候風土にあわせた庭
ということで「北海道ガーデン」とも呼ばれているのだとか。

s-P8032035.jpg
s-P8032036.jpg

自然な雰囲気を保ちながら、様々な草花が咲き乱れていました。
8月に入ったからか、若干花よりも草の勢いがありましたが・・・。花も色の濃い
鮮やかな色合いでした。7月上旬頃だと、もう少し色合いも淡い花々が咲き乱れる
ようです。

s-P8034268.jpg
s-P8034274.jpg

庭の写真を撮る傍らで、マクロレンズで蝶の撮影に没頭していたオット。
これだけ花が咲き乱れていると、これまた綺麗な蝶も飛んでいるようです。
確かに綺麗。

s-P8032024.jpg

上野ファームの後ろには、的場山が続いています。
この日は、旭川から富良野に移動するため、ゆっくり的場山まで散策する時間
がとれなかったのが残念です。

s-P8032038.jpg

ナチュラルな雰囲気のガーデン。
調べてみると、旭川~富良野~十勝周辺には、北海道を代表する有名なガーデンが
集中しており、「北海道ガーデン街道」と呼ばれているのだそうです。
今回は、そのうちのひとつの上野ファームを訪れましたが、機会があったら
北海道ガーデン街道のガーデン巡りを楽しんでみたいと思います。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

旭山動物園(夏はやはり暑い) 

旭川のビジネスホテルで一泊した翌日は、朝からレンタカーを借りて観光。
まずはツマの第一希望である旭山動物園へ。

s-P8031962.jpg

オットは以前、真冬の旭山動物園に行ってペンギンパレードも見てきたのですが
それ以降、なかなか旭川に行く機会がなく。今回の旅行で、ようやくツマの長年
の希望がかないました。

夜は冷え込む旭川でしたが、お昼の旭山動物園は暑かった・・・。

s-P8031912.jpg

このように水中をすいすい泳ぐ方たちは、暑さも苦にならない模様。

s-P8031879.jpg


ちょうど間に合った「もぐもぐタイム」では、元気に飼育担当の周辺に集まって
いました。

s-P8031921.jpg

一方で、このような立派なたてがみをお持ちの方にはお昼時の暑さは堪えるよう
です。多少日陰になる場所から一歩たりとも動こうとしません。

s-P8031923.jpg

相方(というかメスライオン)に至っては、完全にバテバテ状態。
立派な肉球だなあ・・・。

s-P8034246.jpg

レッサーパンダもここが涼しいのか、まったく動く気配なし。
一旦離れて30分ほどしてまた戻ってみたのですが、相変わらずでした。

s-P8031972.jpg

白クマも、一頭は完全に日陰でのびています。
水中で泳いでいたもう一頭が水から出てきました。
豪快な水しぶき。

s-P8034241.jpg

その後は、周囲をあちこち歩き回っていました。
日差しがかなり強いのか、目をそばめていることが多かったです。
かなりまぶしそう・・・。

s-P8034254.jpg

そんな中、比較的お元気だったこの方↑
アフリカサバンナ出身だと、旭川の暑さもへいちゃらなんでしょうか。
炎天下でものんびりとしていました。アップで見ると、長くて密なまつげですね。

初めての旭山動物園、園内は大勢のお客で賑わっていました。
地図だと平面で気がつかなかったのですが、園内をあちこち歩き回るとかなりの
勾配差がありました。それと暑さが重なって、動物も人もかなり暑さでバテバテ。

次の機会があったら、今度は秋頃に訪れてみたい(できれば平日)と思います。

[edit]