04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

ベルリン・絵画館で絵画三昧 

この日は博物館島で新・旧博物館、その後はポツダム広場近くにある絵画館と
美術巡りの一日になりました。

どの建物も広々していて、見るだけでも相当歩き回ったと思います。
絵画館に到着した時点でかなりお疲れモード。
とはいえ、名画の数々を見ると疲れもふっとびます。

絵画館、広々した空間にゆったりと絵画が展示されていました。

s-P3070387.jpg

クラナッハの「ヴィーナスとキューピッド2品」と中央は「青春の泉」、老婆が左から
泉に入ると若返って右側から外に出る、という女性にとっては夢のような絵です。
向かって右手のヴィーナスはほっそりとした美の極致といった姿でした。

s-P3070248.jpg


思いもかけずボッシュも。「パトモスの聖ヨハネ」
有名な「快楽の園」とは違って聖人の清らかな絵のはずなんですが、やはり右手
にはボッシュらしいグロテスクな生き物が。

s-P3070249.jpg


s-P3070252.jpg

ブリューゲルの「ネーデルランドの諺(ことわざ)」。
様々な諺が描かれているのですが、諺にちなんだ絵の説明(英語文)の多さに
絵を見て楽しむのみにしました・・・(英語力がないので)

s-P3070388.jpg

そしてこの絵画館にはフェルメールの絵が2点も。

s-P3070259.jpg

「ぶどう酒のグラス」

s-P3070260.jpg

「真珠の首飾りの女」(のアップ)、首飾りを身につけ、うっとりとしたまなざしの
女性。プレゼントかな?と思わず色々シーンを想像する絵です。

「真珠の耳飾りの少女」といい、真珠をモチーフにした女性の絵がツマ好みかも。

s-P3070263.jpg

ボッティチェリの「歌う天使と聖母子」。とても優雅な顔立ちの聖母です。

s-P3070262.jpg

同じく、ボッティチェリの「シモネッタ・ヴェスプッチ」。
ボッティチェリの描く女性はどれも優雅な雰囲気が漂っています。
見ているだけでうっとり。緩やかにまとめた髪型、よく見ると真珠が編みこまれ
手の込んだものです。

s-P3070265.jpg


そしてヴィーナスの絵。ウフィツィ美術館にある、有名な「ヴィーナスの誕生」の
絵とよく似ています。絵画館のこの絵は、暗いバックを背景に、ヴィーナスの
優美さが際立ち、ボッティチェリの描く女性の特徴がはっきりしているように
思えます。絵画全体としては、物語性のあるヴィーナスの誕生の方が見ごたえ
はあるのですが。

数々の名画が展示されているこちらの美術館、数時間での見学になってしまい
本当に残念です。何日かかけてゆっくり好きな絵を堪能できたらと思います。

もっとゆっくり滞在できるようなスケジュールを組んで旅行にいけるようになって
からのお楽しみかと思いますが、その頃元気に歩き回る体力があるかどうか。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

ベルリン・博物館島~旧博物館 

ニコライ地区でビール休憩タイム後は、また博物館島に戻りました。
Museum Pass 利用の二ヶ所目は、旧博物館です。

s-P3060379.jpg

ベルリンで一番古い博物館。18本の円柱が並ぶ、古代ギリシア風な建造物。
とにかく巨大です。

s-P3060243.jpg


博物館中央の円形の部屋。天井の丸窓と丸天井が、ローマのパンテオンを
思い起こします。

s-P3060242.jpg

旧博物館には、古代ギリシア・ローマ時代の彫刻や陶器のコレクションが展示
されています。

s-P3060247.jpg


ずらっと並ぶ陶器の数々。赤像式の独特な絵柄の器がいかにもギリシャです。

s-P3060382.jpg

・・・なかにはこういうマンガっぽい絵柄もありましたが。(これもやはりオット撮影)

s-P3060244.jpg


博物館の至宝とされている、「祈る少年」。紀元前3世紀のブロンズ彫刻です。
彫刻は大理石が多く、現存するブロンズ像(それも紀元前のもの)は珍しいとか。
ほどよく筋肉がついた(とはいえマッチョではない)美少年です。

博物館内はとにかく広い!
あちこち歩き回り、かなり足が疲れました。美術品でもうおなかいっぱい状態です。

[edit]

由緒ある居酒屋にてBEER休憩 

新博物館で古代エジプト美術を十二分堪能した後、ニコライ地区エリアにてしばし
休憩することに。
ニコライ地区は、ベルリン最古の教会であるニコライ教会を中心に、古き時代を再現
して作った中世イメージのエリアということで、曲がりくねった小路や石畳がいかにも
それっぽい雰囲気です。

s-P3060373.jpg

そんなエリアにあるのがこちらの居酒屋、「ツム・ヌスバウム」。ガイドブックに出て
いる有名店です。1571年から営業しているそうです。

s-P3060374.jpg

s-P3060235.jpg

お店の正面、木のドアを開けて中に入ると、クラシカルなカウンタがお出迎え。

s-P3060232.jpg

居酒屋だけあって、お昼時からフレッシュなビールがいただけます。

s-P3060369.jpg

向かって左側奥がテーブル席。
お昼時からちょっとずれたので、タイミングよく席に座れました。
訪れたのが3月の平日だったからこんな状態ですが、これがシーズンだったり、
週末になると終日観光客で込み合っているものと思われます。

木が多く使われ、こげ茶ベースのクラシカルな雰囲気の室内。

s-P3060367.jpg

ご当地ビールで一休み。
左手の緑色のカラフルな飲物は、「ベルリナー・ヴァイス」というベルリンスタイルの
小麦のビール。酸味が強い白ビールで、ベルリンでは赤か緑のシロップを加えて
飲むのだそうです。酸味はほとんど感じられず、甘くてツマ向きなビール。
緑はワイルドマスターとかいうハーブで出来ているそうですが、薬っぽくもなくて
飲みやすい(甘いから)。ベルリナー・キンドル醸造所が作っているヴァイスビアで、
このようなカップ型のグラスに入って出てきます。

ビール休憩で一休みした後は、またまた美術館巡り再開です。

[edit]

ベルリン・博物館島~新博物館 

ベルリンではビールばかりではなく、博物館・美術館巡りも楽しみにしていました。
市内には「博物館島(Museumsinsel)」という地帯に5つの美術館・博物館が集まって
います。今回宿泊したホテルは、博物館島まで歩いていけるエリア。

朝食をとってから、ちょっと急ぎ足で博物館島に向かいました。
どうやら博物館は一定の時間帯に入れる人数が決まっており、ネットから事前予約が
できるということで時間帯だけ予約し、チケットは現地で3日間有効のMuseum Passを購入
することにしたのですが、そのチケット売り場がわからず。
開館時間ちょっと前に博物館島に行き、チケット売り場を探すことにしたのです。

博物館島の周辺はあちこち工事中で、目的地に到着するのに予想以上に時間がかかり
ました。チケット売り場は、新博物館と旧ナショナルギャラリーの間にありました。
Museum Passを無事購入し、新博物館へ。

s-P3070288.jpg


新博物館は、古代エジプト美術と先史時代の遺物が収められています。
ここでのお目当ては、王妃ネフェルティティの胸像。博物館入口の右手に出ている女性
の像です。博物館内は基本的には写真撮影OKなのですが、ネフェルティティだけは
写真撮影禁止。展示されているエリアには係員がチェックしていて、かなり厳重に警備
されていました。

博物館内は、古代エジプト美術品が数多く展示されています。
よくもまあ、エジプトから持ってきたものだと思います・・・。

s-P3060354.jpg

パピルスに書かれた絵巻物、よく見るとかなりコミカルな絵の数々。
(なぜかこういう緩めの展示品を好んで写真に残すオット撮影)

s-P3060216.jpg

s-P3060364.jpg

アマルナ時代の作品。当時の人たちってかなり彫りが深い顔立ちだったのでしょうか。
写実的で、とても美しく感じました。

ネフェルティティも同様に、彫りが深くて美しい女性でした。
近づいてよく見ると、首筋などトシ相応だったり(若くて張りのある肌、というよりは
それなりの年齢で首周りなど多少骨ばっていました)、それがより一層写実的で
ため息がでる美しさでした。

ツタンカーメンの黄金のマスク、ネフェルティティと自分のこの目で見ることが出来て
古代遺跡好きとしては本当に幸せなことだと思います。

s-P3060361.jpg

・・・と思ったら、こういうゆるキャラ系もいたり(これまたオット撮影)。

s-P3060219.jpg


新博物館は、博物館島の中では第二次世界大戦での被害が一番大きく、2009年に
修復が完了したそうです。修復は、開館当時の状態をできるだけ残す方針だったとか。

s-P3060220.jpg


当時のものと、新しく補われたものが入り混じって不思議な雰囲気の空間です。

[edit]

マルタ→ベルリンに移動、ビール旅行再開 

イムジーナから空港に戻り、レンタカーを返却。
エア・マルタで次なる目的地、ベルリンに向かいます。14:35発の飛行機は満席。
ベルリンには17:40頃に到着しました。

s-P1050667_20140518213445aa7.jpg

温暖なマルタから3時間ほどでまた寒い国に戻ってきました・・・。
ベルリンはフウフともに初めて訪れる場所です。

空港からはタクシーに乗ってホテルに移動。タクシーはカーナビが付いていました。
(そういえばミュンヘンからフライジングに移動する時に乗ったタクシーもそうだった)
このあたりはやはりドイツ。

ホテルに到着し、チェックイン手続を済ませ、荷物を部屋に置いてから早速向かった
のはこちら↓。

s-P3060345.jpg

ブラウハウス・レムケ(BRAUHAUS LEMKE)。ビール醸造所レストランです。
写真ではわかりにくいのですが、実はこの醸造所レストラン、線路の高架下に
作られたもの。新橋の駅ガード下と外観は同じような感じなのですが、天井が高くて
ゆったりとしていました。

s-P3060342.jpg

お店に着いたのが19時過ぎ位でしたが、店内はお客さんでほぼ満席。
観光客も見かけましたが、地元の仕事帰りといったグループも多かったようです。
醸造所レストランだけあって、ビールの醸造タンクが設置されていました。
出来立てのフレッシュなビールをすぐ飲めるのですから、ビール好きにとっては
天国ですね。

s-P1050680.jpg

s-P1050675_201405182134469ab.jpg

4種類の自家製ビールがつく「試飲セット」も注文。100mlずつ入って登場。
オリジナルビール、ピルスナー、ヴァイツェン、季節のビールの4種類で、この時の
季節のビールはメルツェンでした。

s-P1050679.jpg

ビールのおつまみっぽい軽めのメニューにしましたが、ボリュームが多くちょうど
良かったです。隣のテーブルで注文していた肉料理、半端ない大きさでした。

s-P3060344.jpg

カウンターでひたすらビールを注ぎ続けるの図。
「写真を撮ってもよいか」と声をかけてOKをもらったのですが、とにかく忙しそう
でした。

ベルリン到着早々、またもやビール旅行再開です。

[edit]

最後に古都イムディーナへ 

国立考古学博物館の見学を終え、ホテルに戻ってチェックアウトを済ませてから
レンタカーで今度はマルタ島中央に位置する古都、イムディーナに向かいました。

元々は3日目のドライブの最後に立ち寄るつもりでしたが、夕方以降土砂降りに
なったため断念し、時間的にはかなり余裕がないものの、マルタを出発する前に
ちょっとだけでも町を見ることに。

イムディーナは、アラビア語で「城壁の町」を指し、ヴァレッタが首都になる前にマルタ
の首都だった場所です。

s-P3050315.jpg

メインゲートをくぐって城壁の中に入ります。
この時も、小雨が降ったり止んだりの不安定な天気でした。

s-P3050191.jpg

大聖堂。建物外部はいたってシンプル。

s-P3050208.jpg

大聖堂内部はこのように豪華絢爛。

s-P3050330.jpg


天井のフレスコ画も見事なものでした。

s-P3050324.jpg


イムディーナは、町の至るところにこのような小路が続いています。
建物もマルタ・ストーンの蜂蜜色で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
中世の時がそのまま止まって現在に至っているような場所でした。

一日かけて、町の中をゆっくり散策して中世の雰囲気に浸りたいところですが
何分にもこの日は飛行機の時間があるため、名残惜しく思いながら入ってきた
ゲートを通ってイムディーナの外へ。

イムディーナの城壁の外は、ラバトという町。ほとんど時間がなかったのですが、
町の中心まで歩いてみることにしました。

s-P3050336.jpg


聖パウロの地下墓地(カタコンベ)の入口に来たところでタイムオーバー。
もと来た道を引き返し、車で飛行場に向かいました。

最終日、かなりどたばたになってしまいましたが、イムディーナとラバトは機会が
あったら今度は時間をかけてゆっくりと散策したいと思います。

[edit]

マルタ4日目、国立考古学博物館 

マルタ4日目、マルタ滞在の最終日となりました。
朝、ホテルでしっかり朝食をとってからヴァレッタ旧市街にある考古学博物館へ。

s-P3050312.jpg

建物は16世紀、聖ヨハネ騎士団のプロヴァンス地方出身者の宿舎だったもの。

s-P3050309.jpg

天井が高く、ゆったりとした建物内部。
1階に、巨石神殿等の古い遺跡から発掘した品が展示されています。
巨石神殿に飾られている出土品はほとんどがレプリカで、本物はここ考古学博物館
に展示されているとか。故に、最終日に本物を鑑賞するためここに来た次第です。

s-P3050308.jpg

渦巻き模様の装飾のある石は、前日訪れたハジャー・イム神殿のもの。

s-P3050304.jpg

頭部のない女性像の数々。体全体が丸みを帯びていて(というか丸々している)
まさに豊穣のシンボルといった形をしています。

s-P3050306.jpg

博物館の目玉、地下神殿ハイポジウムから出土した、Sleeping Lady(眠れる女神)。
手のひらに乗る位の小さなサイズの女神像です。これまた丸みを帯びた女性らしい
曲線をもつ体つきですが、ゆったりと横になっている姿はとても優しく感じます。

地下神殿ハイポジウムは、事前予約が必要。残念なことに、気がついたときは
定員数に達して予約できませんでした。博物館内には、ハイポジウムの内部の
写真も展示されていましたが、もし機会があったら次回は是非訪れてみたいと
思っています。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

マルタの夕食(2日目、3日目) 

マルタ滞在中の夕食の記録です。

初日は宿泊したホテル内のレストラン、二日目、三日目はヴァレッタ市内の
レストランでした。

二日目の夜。夜、スリーシティーズの夜景の写真を撮った後で、メイン通りである
リパブリック通りから通りを2本ほど入ったところで営業していたお店に入りました。
お昼頃にお店の前を通りかかった時点で、店内がかなり賑わっていたことと、
メニュー(お店に外に張り出してあります)も比較的リーズナブルだったのでこの
お店にしたのですが・・・お店の名前を書き留めるのを忘れました(汗)。

s-P1050632.jpg


まずはムール貝と海老のソテーを注文。魚介類はにんにくとオリーブオイルが
よく効いていて食べやすかったです。

s-P1050634.jpg

後は、「本日の魚料理」で魚のソテー。思ったよりも魚のサイズはこぶりでした
が、シンプルな味付けで日本人向き。

s-P1050633.jpg

マルタはイタリア料理が美味しいかと思いきや、かなり残念だったピザ。
ナポリのようなもちもちした皮かと思ったのですが、かなり固くてナイフで切る
だけでも一苦労。お昼がパスタだったので、夜は気分を変えてピザにしたのですが
パスタにすべきだったかも。

s-P3040237.jpg


ビール好きなオットも、ここではマルタの白ワインを注文。

三日目の夜。リパブリック通りに面しているカフェで夕食をとりました。
入口の黒板に伝統的なウサギ料理を出していると書かれていたので、ウサギ料理
なるものを食べてみようと店内に入りました。

s-P1050658.jpg

この日は、二人ともマルタの伝統的な料理を選択。
牛肉とウサギの肉料理となりました。

s-P1050655.jpg

ウサギの煮込み。トマトとハーブで煮込んでいるためか、比較的さっぱりしていて
鶏肉に似た感じでした。

s-P1050657.jpg

牛肉は「ブラジオーリ」という、薄切り牛肉で挽肉を巻き、ワインで蒸し煮にした
もの。こちらもマルタではポピュラーな料理だそうです。
こちらも、どこかで食べたことのあるような味(トマト系の煮込みだからでしょう)
で脂っぽくなくさっぱりとしていました。

お店は、「地球の歩き方」に出ている「カフェ・ラニエリ」というところで、場所柄か
観光客で賑わっていました。気軽に入れるカジュアルなお店でした。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

マルタの巨石神殿 

マルタには先史時代に築かれた石の神殿が30はある、とガイドブックで紹介されて
いたので、朝食時に地図を見ながら本日どの神殿に行くか検討。

マルサシュロックの後、青の洞門を見てからその近くにある2つの神殿を見に行く
予定を立てました。

マルサシュロックで昼食をとり、次なる目的地に移動したあたりから雲行きが怪しく
なり、青の洞門では雨が降り始めました。青の洞門まで行きましたが、とても観光
する状況ではなく断念。
青の洞門の近くにある、ハジャー・イム神殿とイムナイドラ神殿に向かいました。
この2つの神殿は同じエリアにあり、共通券で両方の神殿の見学ができます。

ハジャー・イム神殿に到着した時点ではまだ雨が降っていましたが、見学中には
雨が止みました。

s-P3040281.jpg

ハジャー・イム神殿から歩いてイムナイドラ神殿に移動。
石畳の歩道は雨で濡れていて、転ばないよう注意しながら300m位の距離を
進みます。向かった先、白いドーム型の屋根の下に神殿があります。文化財の
保護のため、2009年に設置されたとか。神殿は海のすぐ近くにあります。

s-P3050288.jpg

イムナイドラ神殿。古いものは紀元前3600年頃に建てられたそうです。

s-P3050283.jpg

写真ではわかりにくいですが、サークル状になった石の建造物3つで構成されて
います。それぞれ建てられた時代は異なるようです。

s-P3050286.jpg

神殿内部。巨大な石をよく積み上げたものです。
一番奥の部分など、大きな石をきっちり隙間なく積み上げるだけの技術があった
というのは驚きです。

s-P3050284.jpg

見学している間に、青空が広がり明るくなりました。
一日のうちで天候が変わりやすく、降ったり晴れたりの繰り返しでした。

s-P3040277.jpg

もうひとつ、ハジャー・イム神殿です。
こちらは紀元前2800~2400年に建てられた神殿で、イムナイドラ神殿よりは
新しいものです。(といっても十分古代の世界ですが)
巨石がきっちりと積みあがっている様子がよくわかります。

s-P3040161.jpg


ひときわ巨大な石がありましたが、当時どうやって積み上げたものやら。
石自体も下の石で出来た土台の上に載っているのですが、よくバランスを崩さす
にいるものです。

巨石といえば、イギリスのストーンヘンジが有名ですが建てられたのが紀元前
2500年~2000年、マルタの巨石神殿はそれよりさらに古い時代のものです。
当時、どうやって巨大な石を運搬し、積み上げたのか。
先史時代のロマンを感じます。(ツマ、もともと古代遺跡が大好き)

s-P3050300.jpg

神殿の周辺。ちょっと散策もできる遊歩道があり、のんびりのどかな雰囲気です。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

株主様限定ビール(2014) 

4月中に到着していましたが、記事にUPするのが遅れました・・・。
毎年恒例の「株主様限定ビール」です。
これが楽しみで、オットはアサヒビールの安定株主になっていることは間違い
ありません。

s-P1050748.jpg

さて、今年の「数両限定特製ビール」はアルコール度数7%のビール。

s-P1050750.jpg

”高アルコールビールの醸造に適した酵母と、ドイツ産新品種ホップ「ポラリス」
を一部使用した、アルコール度数7%ビール”なのだそうです。
缶に書かれている「フルーティな香り」というのがどういうものなのか、これは
飲んでみないとわかりませんね。今流行りのIPAなど、柑橘系と思うような
さわやかな香りと口に含んだ時の苦さの落差が激しいと、味見専門家(飲めない)
は思うのですが、このビールはどうなんでしょうか。

オットが飲んだ時の感想を聞いてみることにします。

[edit]

マルサシュロックでシーフードランチ 

朝は快晴でしたが、お昼近くになって雲が多くなってきました。
日差しはかなり強く、ベンチに座ってのんびりと海を眺めながる人たちも。

s-P3040267.jpg

上の写真の奥に見えますが、パラソルを立ててオープンレストランも営業中でした。
ガイドブックを見ながら「ここは」と思ったお店に入ろうとしたところ、中は日本人の
ツアーの方々がランチ中。ヴァレッタの市内ではほとんど日本人旅行者を見かけ
なかったのに、こんなところで一緒になるとは。
小さな店内だったので、ランチを注文しても団体客の対応で時間がかかるかもね、
ということで他のお店に行くことにしました。

s-P3040154.jpg


大分雲が多くなってきていましたが、ちょうど席もあることだし、と外でランチに
予定を変更。

s-P1050644.jpg


s-P1050646.jpg


フィッシュスープと蒸したムール貝を注文。
メインは赤海老とイカにしました。漁村だけあって魚介類はどれも新鮮でした。
オットは運転手でしたので、いつものビールは断念しスパークリングウォーター
でヘルシーなランチになりました。
付け合せのポテトフライとポテトソテーが大量にありましたので、ほどよくお腹
もいっぱい。(ポテト類はさすがに残しました)

s-P3040260.jpg

オットが注文したイカソテー料理。
ニンニクで炒めたシンプルなものでしたが、魚介の味の濃さは格別でした。

海を眺めながらのランチタイム。これがハイシーズンだったら大混雑でとても
こんなにゆっくりと食事を楽しめなかったと思います。

s-P3040263.jpg

このお店が今回のランチを出していたところです。
店内にもお客さんはいましたが、今日のような天気だったら外でランチの方が
開放感があってのんびりできますね。

s-P1050641.jpg


カメラも一休み。手前はOLYMPUS OM-DのE-M1、今回の旅行前にオット購入。
奥はOLYMPUS PENのE-PL5。
それぞれ「PENちゃん兄」と「PENちゃん弟」という名前がつけられています。
OM-Dは機能が多くてツマには使いこなせません・・・(それに重い)。

ランチタイムを楽しんだ後は、巨石神殿のあるエリアに向かいます。

s-P1050638_20140505231010c58.jpg


今回のレンタカー。翌日空港に返却するまでの間、ワガヤの足として活躍して
くれました。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

マルサシュロック(Marsaxlokk)に到着 

スリーシティーズを出発し、マルタ島南東部にあるマルサシュロックという
漁村に向かいました。マルタ島最大の漁村ということで、お目当ては海鮮料理。
きっと新鮮で美味しい魚介類が食べられると二人とも期待大。

レンタルした車にはナビ未搭載だったので、もらった地図と道路の標識を頼りに
珍道中となりました。地図上に記載されている道路(30号とか番号が振ってある)
で行きたいのですが、実際に車で走っていると行き先表示の看板には目的地は
記載されているのですが、今走っているこの道路が30号線なのか、がまったく
記載されず。仕方がないので、地図を見て目的地の途中にある場所を目安に
「多分このまままっすぐ」というツマの怪しげなナビで運転するオット。

幸いにも、目的地マルサシュロックまでの道が比較的シンプルだったので、
「多分こっち」という勘(これが当てにならない)頼りのナビでもなんとか
到着。

s-P3040146.jpg


マルサシュロックに到着した時点でほぼお昼タイムでした。
この時点ではまだ天気が良かったのですが、それでもうっすらと雲が広がって
います。

s-P3040144.jpg

湾内の様子。
小さなボートがあちこち停泊していて、かなりのんびりした雰囲気です。

s-P3040149.jpg


このカラフルなブルーの船が沢山ありました。
マルタの伝統的な船で、ルッツLuzzuというそうです。
船の舳先には、魔よけの目玉がついていますが、なんとなくゆるキャラ系に
思えてなりません・・・。

s-P3040254.jpg

別のルッツのアップ。
舳先の目玉(タレ目系)ですが、よく見るとしっかりアイライナー(黒)が
くっきり書かれています。

海岸に沿ってだいたい2階建の建物が立ち並んでいるので、美味しそうなお店
を探しつつちょっと探索。

s-P3040150.jpg


マルタ特産の蜂蜜色のマルタ・ストーンと呼ばれる石灰岩で出来た教会。
教会の名前はわからず(アバウトな地図ばかりで教会のマークがあるだけ)。

あっという間に海岸沿いの道が終了してしまったので、来た方向に戻りながら
気になったお店数軒を覗いてみることにしました。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

ヴァレッタの対岸、スリー・シティーズへ 

マルタ3日目は、レンタカーで終日ドライブでした。
マルタは以前イギリス領だったこともあり、日本と同じく車は右ハンドル、左側通行
なので海外でも違和感がない(オット談)とのこと。
レンタカーはオートマティックです。取り扱いがあるのは大手の会社で、空港の
カウンターで手続きするため、朝ヴァレッタのバスターミナルからバスに乗って空港
まで移動。

日本から事前に予約をしていたので、カウンターではすぐ手続が終わり、さっそく
車に乗ってGO。。でしたが、カーナビなくかなりアバウトな地図をにらみつつの
ドライブと相成りました。

空港からヴァレッタ方面に戻り、その先にあるスリー・シティーズが最初の目的地。
ヴィットリオーザ、セングレア、コスピークワの3つの町の総称だそうです。
セングレアの先端を目指しましたが、どこまで車が入れるのかよくわからず、方面は
こっちだろう、とこれまたかなりアバウトに移動。

s-P3040116.jpg

何とか海に面した道路脇に車を停車し、ちょっと散策タイム。
晴れてはいましたが、かなり風が強く結局ダウンコートを着用していました。

s-P3040135.jpg

対面にヴィットリオーザの聖アンジェロ砦が広がっています。
砦の上から見えるヴァレッタの眺めはきっと素晴らしいと思いつつも、時間の
関係で本日はここまで。

s-P3040131.jpg

右手はヴィットリオーザの聖アンジェロ砦、左側に見えるのがヴァレッタ。

s-P3040129_20140503225954d35.jpg

対岸のヴァレッタ。堅固な城壁に囲まれた要塞都市であることがよくわかります。

s-P3040127.jpg


セングレアの先端にある監視塔、ヴェデッテ。
塔には目と耳がついていてかなりユニークです。

海の近くで写真を撮っていたら、体がすっかり冷え切りました。
車に戻り、次なる目的地、マルタ島南東部を目指します。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]