FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

3日目午後・サンタクルス修道院と隣のカフェで休憩 

Praxisでのビールタイムの後は、タクシーを呼んでもらって再度旧市街エリアへ。
新市街の広い道路から、橋を渡ると石畳の狭い道路になりました。そのまま坂を登って、目的地サンタクルス修道院のすぐ近くまで連れて行ってもらいました。

P2292432-s.jpg

サンタクルス修道院の入口。12時から14時まではお昼休みだったので、コインブラ大学見学の後に続けてみるわけにはいかずお昼を取ってからの見学にせざるを得ませんでした。

P2296061-s.jpg

サンタクルス修道院は、12世紀建造の古い建物。もともとはロマネスク様式だったそうですが、16世紀には全面改装されたとか。
入口を入るとすぐ、壁一面のアズレージョが目にはいってきます。

P2296060-s.jpg


パイプオルガン。パイプが横に並んでいるのが独特です。

P2296064-s.jpg


そして、修道院のお隣はカフェ・サンタクルス。

P2292434-s.jpg


建物の外がオープンカフェになっていました。晴れて気温も高かったので、外でのカフェも人気。

P2292443-s.jpg

カフェの内部。1530年建造の教会を利用してカフェにしたそうです。天井のアーチがいかにも教会。落ち着いた雰囲気ですが、石でできているだけあって中に入るとかなりひんやりとしました。地元の人とおぼしき人たちが、のんびりとコーヒーを飲みながらおしゃべりをしたり新聞を読んだり。

P2292438-s.jpg


ワレワレも、食後のカフェタイムを楽しみました。
スポンサーサイト



テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

宿泊ホテル( Hotel Oslo, Coimbra )と朝食タイム 

コインブラで宿泊したホテル。
コインブラの駅から歩いてすぐの便利な場所にあります。

P2296720-s.jpg

市の中心部に位置しています。大学やサンタクルス修道院も歩いてすぐの場所にあり、観光に便利でした。

P2296721-s.jpg

シンプルで落ち着いた内装。無料Wifi付きです。ワガヤの場合、旅行中も色々ネットで調査することが多い(大半はレストラン検索とオットビール関係)ので、無料Wifiがついているかどうかは要チェックポイント。

P2296725-s.jpg

朝食はバイキング方式。朝食場所はホテルの上のフロアにあり、窓から旧市街エリアが一望できます。

P2296723-s.jpg

が、朝食を食べ始めた頃はかなり靄がかかっていてコインブラ大学のある丘は全く見えない状態。

P2296727-s.jpg

天気は大丈夫かなと一瞬不安になりましたが、朝食を食べているうちにどんどん明るくなってきました。

P2296731-s.jpg

朝食を食べ終えることには、青空が広がっていて一安心。
30分もしないうちにこんなに天気が変わるのにもびっくりです。

P2296728-s.jpg

お米で作ったお菓子と思いきや、小麦粉と米粉で作ったマフィンでした。甘味は薄目で、朝食パンの代わりにいただきました。
ポルトガルの伝統菓子のようです。これもまた、旅の楽しみです。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

3日目午後・コインブラからポルトに移動 

コインブラの中心にあるのがコインブラA駅。

P2292381-s.jpg

こじんまりとした駅ですが、長距離列車の停車駅ではありません。

P3012450-s.jpg


リスボンやポルトといった長距離列車が止まるのは、このコインブラB駅。A駅は、ここB駅から乗り換えた支線にありますが、接続が非常に悪い・・・。20分ほど待つので、乗り換えとはいい難く。リスボンからコインブラに到着した時も、バスに乗ったりタクシーに乗ってコインブラの中心部に行く人たちばかりでした。

コインブラからポルトに移動する時も、コインブラA駅からの接続が非常に悪かったのでタクシーに乗ってコインブラB駅に移動しました。

P3012453-s.jpg

高速列車(アルファ・ペンドゥラール、AP)がほぼ定刻に到着。これに乗ってポルトに向かうのですが、ポルトもコインブラ同様、市街地の駅にはこの長距離列車は停車しません。手前のカンパニャンという駅で停車するので、そこから普通列車に乗り換えます。

が、カンパニャン駅に到着したと思って降りたらひとつ前の駅でした(汗)。駅名はわかったのですが、次の列車が何時に来るのかよくわからず・・・。仕方がないので、同じホームで次に来る列車を待ち、今度は普通列車が来たのでそれに乗って終点サン・ベント駅に到着。

P3016115-s.jpg

何とか無事に次なる目的地、ポルトに到着。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

3日目夕方・ポルトの夕暮れ~夜景 

ポルトに到着してから宿泊するホテルにチェックインし、カメラを持って近くを散策。

P3016074-s.jpg

カテドラル(Se)は比較的高台にあり、そこから旧市街を見渡したところ。
赤いレンガ色の屋根が広がっています。

くねくねした坂道を歩いて、ドン・ルイス1世橋を渡る途中でドウロ川岸の景色を1枚。

P3016077-s.jpg

そろそろ街灯の灯りが付き始めた頃。川岸右側は、カイス・ダ・リベイラ地区で観光客向きのレストランが立ち並ぶエリア。

P3012460-s.jpg

ドウロ川を渡ったところから、ドン・ルイス1世橋を見たところ。地下鉄(メトロ)が橋を渡っていますが、そのすぐ横は歩道になっており、ワレワレも歩いてきました。鉄橋からすぐ真下がよく見えるので、高所恐怖症の方にはオススメできません・・・。

P3016088-s.jpg

大分暗くなってきました。ドウロ川対岸から、旧市街方面を見たところです。
再度ドン・ペドロ1世橋の上を渡って旧市街に戻りました。

P3016089-s.jpg

対岸は、ポート名物であるポートワインのワイナリーが数多くあるエリアです。白色のネオンはいずれもワイナリーのもので、サンデマン、テーラーズといった有名なワイナリーのネオンサインが見えました。
ポートでは、ポートワインのワイナリー見学を予定していたので、対岸を見て楽しみが増してきます。

ドン・ペドロ1世橋につながる道路をそのまま歩くと、サン・ベント駅前に到着しました。

P3016091-s.jpg

ライトアップされた美しい建物ですが、建物内部のアズレージョも極めて美しい駅です。
大分暗くなってきたので、そろそろ夕食タイムです。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

4日目午前・ポルト大聖堂(SE)を見学 

4日目は朝から快晴。ホテルで朝食をとった後は終日ポルト市内の観光です。
まず最初に、ホテルから一番近いサン・ベント駅に向かいそこから歩いて5分(坂を登ります)のところにある大聖堂(Se)へ。

P3016098-s.jpg


大聖堂は12世紀に建てられた、ポルトで一番古い建物なのだとか。当初は要塞だったところを17世紀~18世紀に改修されたそうですが、内部はこのような天井の高い聖堂。要塞だったとは思えません。

P3016093-s.jpg

大聖堂内部に入った時はちょうど足場を組んで修復中でした。

P3012469-s.jpg

大聖堂から回廊に出たところです。聖堂内は無料ですが、回廊に行く時は別途料金が必要でした。
回廊はゴシック様式で、壁にはアズレージョ(ポルトガルのタイル)が続いています。

P3012470-s.jpg


P3016107-s.jpg

回廊の2階の壁にもアズレージョが貼られています。青と白のシンプルな配色ですが、絵は繊細でとても美しい。

P3016141-s.jpg

大聖堂自体が大きすぎて、近くからはうまく写真が撮れませんでした。
全体像は、ちょっと離れたグレゴリオスの塔から撮影。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]