FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

6日目午後・ストラスブール旧市街 

今回のストラスブールはお昼に到着し、翌朝早朝には出発するという日程だったので短い滞在となりました。
もっとゆっくり市内を散策したかったのですが、到着した日に旧市街中心部を散策。

P9280402s.jpg

コルマールや周囲の村と比較すると、大きな都市だと実感します。
旧市街も至る所で観光客を見かけました。

P9280405s.jpg

イル川を渡ったところ。ストラスブール大聖堂の尖塔はどこからでも目にすることが出来ます。

P9280407s.jpg

イル川クルーズを終え、再度大聖堂の近くまで戻ってきました。やはり見上げると大聖堂です。
旧市街を歩いている時、よい目印になりますね。

P9283735s.jpg

コルマールや周辺の村に比べると、装飾がもっと都会的に思います。
吊り看板もやはり綺麗ですが、ストラスブールはさらに観光地化されていますね。

P9283739s.jpg

大聖堂近くの広場で、年代モノと思われるメリーゴーラウンドを見かけました。
周囲の建物に溶け込んでいて、ツマがイメージする「欧羅巴」の雰囲気そのものです。メリーゴーラウンドの横に建っているのはグーテンベルグの像。活版印刷といえば、必ず出てくる有名なお名前の方ですね。
この広場は、「グーテンベルグ広場」でした。(観光名所として地図にも表示されてました)

次回、また再訪する機会があったらもっとじっくり街中を歩き回りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

6日目午後・ストラスブール イル川クルーズ 

ストラスブールでは晴天だったので、イル川クルーズを楽しみました。
旧市街はイル川に囲まれており、クルーズ船は旧市街の周囲をぐるっと回ってさらに欧州議会の近くまで行くコースです。

P9283705s.jpg

クルーズ船は、屋根付きタイプとオープンタイプがありましたが、せっかくの晴天なので手前のオープンタイプのチケットを購入。
出発時間まで周囲を散策したり、写真を撮っていたところすっかり出遅れて船後方の中央近くの席になってしまいました。右端か左端の席を取りたかったのですが・・・。

P9280413s.jpg

いざ出発。イル川の両岸に木組みの可愛い建物が立ち並びます。

P9280415s.jpg

プティット・フランスに入る手前の水門。

P9283716s.jpg

プティット・フランスに入りました。アルザス地方16世紀~17世紀頃の建築様式の家が立ち並びます。

P9283718s.jpg

ポン・クヴェール(クヴェール橋)。橋の上には見張り塔が建っています。

P9283720s.jpg

さらに水門を通ります。

P9283723s.jpg

左側は最高裁判所、右側はカトリック教会。

P9280433s.jpg

クルーズ中はいくつもの橋の下を通りました。
いかにもヨーロッパ、という景色が広がっています。

P9283730s.jpg

高い尖塔のある教会。セントポール教会です。こちらはプロテスタント教会だそうです。

P9283733s.jpg

さらに船は進み、近代的な建物が見えてきました。欧州議会の建物です。
船に乗っている人ほぼ全員(もちろんワレワレも)が一斉に写真を撮り始めました。やはりここは観光の名所のようです。

船はこの先でUターンし、船着き場に戻りました。所要時間70分ほどのクルーズです。
日本語のオーディオガイドもついているので、ストラスブールの歴史の説明を聞きながら名所を見ることが出来、とても面白いひと時でした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

6日目午後・ストラスブール大聖堂を見学 

ホテルにチェックインして荷物を置いてから、すぐに旧市街観光に出発。

P9283672s.jpg


旧市街でまず目指したのが、巨大なストラスブール大聖堂。

P9280371s.jpg


とても威圧感があります。ケルン大聖堂も巨大でしたが、こちらも相当大きいです。
ちょうど見学タイム(それまで中に入れず観光客が外でごった返していました)になったので、大聖堂の中に入ります。

P9280373s.jpg


聖堂内もこのような巨大な空間が広がっています。

P9283677s.jpg

P9283696s.jpg

パイプオルガンとバラ窓。

P9283680s.jpg

ストラスブール大聖堂のバラ窓は、シンプルな模様ですが、色鮮やかでとても美しいです。植物の穂をモチーフとしているとか。

P9283695s.jpg

ステンドグラスも圧巻です。13~14世紀のものが残っているそうです。パリのサントシャペルのステンドグラスも見事なものでしたが、大窓いっぱいに広がるストラスブール大聖堂のステンドグラスも甲乙つけがたく感じました。

P9283692s.jpg


そして巨大な天文時計。高さ18メートルと世界最大級の大きさだそうです。
天文時計はチェコのプラハでも見ましたが、ストラスブール大聖堂では聖堂の中に置かれていました。これまた装飾が美しく、とても豪華な時計です。毎日12時半になるとからくりが一斉に動き出すそうですが、残念ながら今回は時間が合わず。
翌日の12時半には、もう帰国便に乗っていますので・・・。

P9283702s.jpg


大聖堂から外に出て、再度写真を撮影。

P9280401s.jpg

大聖堂の周囲に建物が立ち並び、広い場所もないため、全体を写真におさめることが出来ません・・・。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

6日目午前・コルマール駅を出発 

ドミニカ教会の中を見た後、急ぎ足でホテルに戻ります。

P9280329s.jpg


途中で綺麗な吊り看板を見つけては写真をパチリ。

P9280347s.jpg

こちらはパン屋さん。看板はプレッツェルでした。
街の中、至る所このようなフォトジェニックな場所ばかりでした。

ホテルでチェックアウトを済ませ、タクシーを呼んでもらってコルマール駅に向かいました。旧市街から駅までは結構距離があるので、車での移動の方が便利です。

P9280349s.jpg

コルマール駅に到着。クラシカルな雰囲気の駅舎です。

P9280358s.jpg

11時36分コルマール発の列車に乗って、今回の旅行の最終目的地であるストラスブールへ。

P9280353s.jpg

P9280355s.jpg

駅のホームもかなりの年期を感じます。

P9280354s.jpg

列車は定刻通りにコルマール駅を出発。

P9280359s.jpg

列車の車窓から。アルザス地方ののどかな田園風景がずっと続きます。

P9280361s.jpg

遠くに小さな村が見えました。前日にワインツアーで訪れたような小さな村を途中いくつも見かけました。
このような村をゆっくり巡る旅にもトライしてみたいところですが、1週間の休暇日程ではちょっと厳しいですね。

P9288450s.jpg

列車に乗ること30分ほどで、ストラスブール駅に到着。

P9280363s.jpg

駅ホームを歩いて駅舎を出た、と思ったらガラスの天井に覆われていました。

P9280365s.jpg

ガラス張りのストラスブール駅。石造りの駅舎をガラスで覆っているので、外から駅を見るとこのようなモダンな建造物に見えます。
突然現代的な建物になって妙に違和感を感じるのは、それまでずっとメルヘンチックな世界を見続けていたからかも。

翌日早朝にはストラスブールを出発してフランクフルト空港に行くため、この日の午後から夜までが実質的な滞在時間。
ホテルにチェックインしてから早速旧市街観光タイムです。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

アメリカ東海岸に行ってきました 

5泊7日の日程で、ワシントンDC~ニューヨークを旅行しました。

深川フウフ、アメリカ東海岸初上陸です。1月真冬のニューヨーク、寒がりなツマにとっては厳しい季節ではありますが、冬のニューヨークでは芸術系(オペラ、ミュージカル、美術館)が楽しめることと、ちょうどタイミングよくワシントンDCのナショナルミュージアムでフェルメール展が開催されているということで今回の旅行と相成りました。

P1134375s.jpg

ワシントンDCのフェルメール展では、9月のフランクフルトで涙を飲んで断念したフェルメールの「地理学者」が出展されているので、今回の旅行でフランクフルトでのリベンジを果たしました。

P1134424s.jpg

左側が「地理学者」(フランクフルトのシュテーデル美術館蔵)
右側が「天文学者」(パリのルーブル美術館蔵)
「地理学者」と「天文学者」が並んで展示されるという、フェルメール好きにとっては滅多にない機会を満喫。

今回の旅行では、フェルメール展で10点、ナショナルミュージアムで2点、ニューヨークメトロポリタン美術館で4点、フリックコレクションで2点、合計18点のフェルメールの作品を鑑賞することが出来ました。

旅行記は、まだ9月のアルザス旅行(そろそろ最終目的地のストラスブール)、11月の台北女子旅とまだ色々とあるのですが、旅行順にゆるゆると更新を続けていきたいと思います。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

6日目午前・コルマール(テットの家とドミニカ教会) 

6日目は午前11時半過ぎの列車でコルマールを離れ、ストラスブールに移動します。
午前中時間があったので、コルマールの最後の散策に出かけました。

P9280325s.jpg

観光用ではなく、普通の居住地でしたが、とても可愛らしい佇まいについ一枚。同じように写真を撮っている人が何人もいました。

P9280331s.jpg

テット通り(rue des Tetes)に面した「テット(頭)の家(Maison des Tetes)」。1609年に建てられたルネッサンス様式の建物です。

P9280334s.jpg

「テットの家」と名がつくだけあって、至るところに頭の彫刻があります。よく見ると、かなりグロテスクな感じですが・・・。

P9280335s.jpg

窓枠部分も顔だらけです。こちらも相当妖怪じみています。魔除けか何かなんでしょうか?

P9283662s.jpg

吊り看板には、レストランの表示があります。この建物は、レストランを併設したホテルです。
コルマールで宿泊することを決めた時にホテルを探していたのですが、このホテルはかなり高級なクラスでした。

あまり時間も残っていませんので、引き続き歩いてドミニカ教会へ。後から確認したところ、どうやら教会の写真を撮るのを忘れていたようです。

P9283668s.jpg

教会の中に入れるのは朝10時から。祭壇に聖母子像があります。

P9280337s.jpg


わざわざこの教会の中に入ったのは、この絵画を見るためでした。マルタン・ショーンガウアー作の「薔薇の茂みの聖母」です。

P9280339s.jpg

この作品は、1473年に描かれたそうです。中世の宗教画は、繊細でとても緻密です。
絵画の周りの装飾品も豪華で、宗教の力(というか財力というか)を実感します。その前の日に見た祭壇画とはまったくタイプが違いますが、どちらも当時の人々の信仰心の強さを感じました。

教会の見学を終え、ホテルに戻ってチェックアウトし、コルマール駅に向かいます。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

5日目夜・アルザス料理の夕食(Maison Rouge) 

ウンターリンデン美術館で閉館までねばって絵画を鑑賞し、ホテルに戻って一休み。
この日の夕食は、ホテルのフロントでオススメだと紹介された”Maison Rouge”というお店にすることにしていたのですが、ここで二人とも寝てしまい、気がついたら20時20分を過ぎていました。まだ入れるかな、と慌てて準備をしてホテルから徒歩5分もしないレストランに直行。

P9283626s.jpg

ホテルでは「広いから特に予約は不要」と聞いていたのですが、店内かなり混み合っていました。
入れるかな、と待つことしばし。窓際のテーブルに無事案内されて一安心。

P9283630s.jpg

前菜は、オットこだわりのフォアグラ。このお店では盛り付け美しく、美味しいフォアグラをいただきオット大満足。
アルザス地方はフォアグラの産地なので、どうしても本場のものを味わってみたかったのだとか。

P9283632s.jpg

ツマは無難にエスカルゴ。

P9283641s.jpg

オット、目ざとく黒板メニューを発見。ご当地ビールと、どうやらワインの新酒があるようです。

P9283635s.jpg

両方頼みました。新酒(New Wine)は白濁していましたが、それほど炭酸(発酵中)はでていなかったようです。
アルコール度数も低く、甘味があってかなりジュースに近い状態ですがご当地でないと飲めない、とわざわざ注文していました。

P9283636s.jpg

メインはオットは魚のシュークルート。盛り付けが美しく、昨日の料理とは大分様子が違います。

P9283639s.jpg

ツマは肉料理にしました。牛肉をゆでたものを色とりどりの野菜でデコレーション。これまた盛り付けがきれいです。
どちらともボリュームが程よく、味付けも良くて二人とも大満足でした。

P9283643s.jpg

お店の中の様子。団体さん(それも全員男性)が賑やかに食事をしていました。
壁の棚にはベッコフの器など飾ってあり、ローカル色たっぷりでアットホームな雰囲気で食事が出来る感じです。

P9283649s.jpg

食事を終えて、お店の外から。なかなかいい雰囲気です。
ホテルでオススメされただけありました。よいレストランでアルザス料理を満喫できて二人とも大満足でした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

5日目午後・ウンターリンデン美術館(イーゼンハイムの祭壇画) 

旧市街の建物など写真におさめた後、旧市街地の北端にあるウンターリンデン美術館(Musée d'Unterlinden)を訪れました。

P9270299s.jpg

ドミニコ会派修道院を改造して作られた美術館です。

P9273570s.jpg

中世13世紀頃の修道院の面影を残す中庭があります。
この美術館は、15世紀から18世紀の宗教絵画が多く展示されていますが、お目当てはこちら。

P9283622s.jpg


ドイツ絵画史上で重要な作品と言われている、「イーゼンハイムの祭壇画」がここウンターリンデン美術館に展示されています。
16世紀、ドイツの画家マティアス・グリューネヴァルトが描いた祭壇画は、もともとはコルマールの南方20kmにあるイーゼンハイムという場所の聖アントニウス会修道院付属の施療院の礼拝堂(長い・・・)に置かれていたそうです。

P9283620s.jpg

祭壇画は解体された状態で美術品として展示されていますが、もともとは聖アントニウスの木像を安置する祭壇の扉絵です。

P9273575s.jpg

第一面。中央の磔になったイエスと、左側は聖セバスティアヌス(ペストから人々を守る成人)、右側は聖アントニウス(修道院の守護聖人)。下の部分はイエスの埋葬シーン。

P9273597s.jpg

やせ衰え、苦痛にぐったりとしたイエスは全身傷だらけで痛々しい姿で描かれています。

ウンターリンデンでは、祭壇画は解体されていますが、もともとの状態が展示されていました。

P9273591s.jpg

第一面十字架あたりの扉を開けた時に見える第二面。当時は、日曜日と祭日の時に開かれていたそうです。
左から「受胎告知」、「奏楽の天使」、「聖母子像」、「復活」。

P9273578s.jpg

P9273582s.jpg

美術品として展示されていると、元々の祭壇画の時とはだいぶ雰囲気が異なりますが、それでも第一面の陰惨な扉絵から一転して救済のイメージが強くなっているのがわかります。生気なかったイエスが、力強く復活して光に包まれているところなど、第一面からがらっと変わっています。

P9273590s.jpg

第二面の扉を開けると、第三面の絵と中央は木像です。左の扉絵は「聖アントニウスの聖パウロ訪問」、右は「聖アントニウスの誘惑」です。

P9273586s.jpg

ウンターリンデンでは、扉絵は左と右が反対になって展示されています。

P9273587s.jpg

祭壇は、一番奥の場所に展示されていました。観光客の大半は祭壇画に熱心に見入っていましたが、本来の主役であるこの祭壇の木像はほとんど素通り状態でした。

P9283618s.jpg

第三面の「聖アントニウスの誘惑」では、ヒエロニムス・ボスを連想するような不気味な化け物が数多く描かれていますが、左手下に描かれている怪物は、当時流行していた「聖アントニウス病」を象徴するものとされているそうです。

聖アントニウス病は細菌感染したライ麦で作ったパンを食べると感染する病だったようです。中世のヨーロッパではペスト・ハンセン病と並ぶ三大疾病で、この病気にかかった患者は聖アントニウスを祀った教会に巡礼し、祈りを捧げるしか手段がなかったということ。イーゼンハイムの聖アントニウス修道会には、数多くの病人が救いを求めて訪れ、この祭壇画は聖アントニウス病の人たちのために描かれたものということでした。

明るい美術館の中では想像できませんが、生と死のはざま苦しむ重病人の救いのため描かれたという、この祭壇画がどれだけ人の心を癒したのか・・・と思うと今でも写真を見ながら胸にくるものがあります。

今回、ウンターリンデン美術館でこの祭壇画を見るために予習として中野京子さんの本を購入しました。本の中で、「もし自分が(り患して苦しむ)中世の巡礼者だったら」という一節があり、中世の巡礼者の視点で描かれた祭壇画の記述があります。事前にこの本を読み、実際に自分の目でその絵を見て、絵のもつ癒しの力を少しでも感じることが出来て良かったと思います。

”長い辛い旅路の果てに、あなたは今この絵を前にしている。
 十字架上のイエスのねじれ、よじれ、伸びきった身体、肉体と精神の苦痛に激しく歪む顔 ・・・(略)・・・
 何と怖ろしい! 何と凄惨な! 何と痛い! 痛すぎる!
 これでは仲間の死に際と同じではないか。いや、自分の今の姿そのものではないか!イエス様は自分と同じように、苦しんで苦しんで、みんなのために死んでくださったのだ。
 あなたは衝撃に震え、やがて声をあげて泣くだろう・・・”
(中野京子著 「怖い絵」で人間を読む )

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

5日目午後・コルマール旧市街再び 

ちょっと塩辛めなランチを終え、再度コルマール旧市街を散策。

P9273547s.jpg

プティット・ヴニーズに来ました。お昼過ぎで、前日よりかなり日差しが強めです。

P9273550s.jpg


橋のすぐ近くにある、このクリーム色の壁のお店は昨日夜ごはんを食べたところです。
夜暗くて気がつきませんでしたが、外装はかなり可愛らしい、というかメルヘンチックなお店でした。

P9273551s.jpg


木組みの家が立ち並んでメルヘンの世界です。

P9273557s.jpg


旧市街中心部に戻りました。といっても、プティット・ヴニーズから歩いて10分もかからない距離です。
かなりこじんまりとしているので、ランチタイム後の散策にうってつけです。

P9270316s.jpg


コルマール旧市街の建物の中で有名な、「プフィスタの家(Maison Pfister)」 1537年築の古い建物です。
日本では、アニメ「ハウルの動く城」のモデルになった建物として有名だと旅行前に予習していったのですが・・・フウフ共に事前に「 ハウルの動く城」を見ることなくコルマールに来てしまいました(汗)。

プフィスタの家から歩いてすぐ近くにあるサン・マルタン教会。

P9270318s.jpg

教会の尖塔にコウノトリが巣を作っているそうですが、尖塔部分を写真におさめるのを失念していたようです・・・。
コルマール旧市街はこじんまりとしているのですが、教会はかなりの大きさでした。

P9273563s.jpg


教会内部にも入ってみました。アルザス地方の美しいゴシック建築のひとつだそうです。
天井が高く、ゴシック様式の荘厳な建物でしたが内部にはほとんど人がいなくてひっそりとしていました。

P9270320s.jpg


賑やかな観光場所とは打って変わって、静かで落ち着いた雰囲気の中でしばし休息。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

5日目お昼・コルマールの市場内でランチタイム 

2017年9月の旅行記録が完了しないまま、年越しとなってしまいました。
何とか次の旅行に行く前には旅行記を完了したいのですが、かなり厳しい状況かも・・・引き続き頑張って更新続けます。

午前中のワインツアーが終了し、コルマールに戻ってきました。出発した映画館前で下車し、一緒にツアーに参加したアメリカ人夫婦とお別れして旧市街の中心部へ。前日に市内を散策した時から気になっていた、コルマールの市場にやってきました。

P9263415s.jpg

旅行中にあちこちのマーケットの中を見て回るのは、ワレワレの楽しみのひとつ。

P9270304s.jpg

やはりフランス、チーズの種類が豊富です。

P9270306s.jpg

肉類も色々、左手後ろには、パテや加工肉も見えます。

市場内にはイートインコーナーがあり、その中のひとつでランチをとることにしました。

P9278449s.jpg

タルトフランベ。何種類かありましたが、アルザス地方のウォッシュチーズ、マンステールのフランベにしました。
かなり巨大なサイズですが、皮がパリっと薄くてそれほどボリュームはありません。

P9273540s.jpg

P9273541s.jpg

合わせてハムとチーズの盛り合わせも注文。
このような組み合わせだったら、ワインを1杯となるところですが・・・

頼んだのは、アルザス地方の地ビール、クローネンブルグ。ブルワリーはストラスブールにあります。

P9273536s.jpg


小麦色のビール、ブランと

P9273545s.jpg


アンバー色のミレジム。ミレジムは、オットも日本で飲んだことがないそうです。
ほんのり甘味があって、美味しいビールだったとのこと。

P9273546s.jpg

敢えてワインではなくビールを注文したのは、クローネんブルグの樽生だったからだと思われます。
特にミレジムのドラフトビールは東京でも扱う店はないんじゃないか、ということでした。(ブランはオットも飲んだことがあるとのこと)。

思ったよりもタルトフランベの塩味が強く、マンステールチーズの味わいを楽しむとまではいきませんでしたが、アルザスの地ビール(といってもフランス国内でシェアNo1のビールですが)も楽しんだランチタイムでした。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]