FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

2日目お昼・旧市街広場でランチ休憩 

ヴァヴェル城内を見学した後は歩いて旧市街広場に戻りました。

P9215592s.jpg

広場では、大きなパラソルを広げてオープンカフェ状態でした。青空が広がり、まさにカフェ日和。

P9210207s.jpg

広場の周囲には、観光用の馬車がずらっと並んでいます。

P9215585s.jpg

オットの関心は、馬車の御者であるお姉さん方だったようですが。
なぜ御者が女性なのかはさておき、みな美人揃いでした。

P9215596s.jpg

あちこちオープンカフェ状態でしたが、周囲を歩き回って織物会館の建物併設のカフェで一休みすることに。

P9215589s.jpg


テーブルから広場を行きかう人々をぼーと見ながらのんびり。極楽気分です。
このひと時を楽しむがために日々頑張って働いている・・・と思いたい。

そして注文した品が到着。

P9219378s.jpg

暑い中、軽くサラダを・・・と思ったのですがこの通りとてもボリュームたっぷり。スモークサーモンもたっぷり。
サラダで十分メインになります。

P9219381s.jpg

オットは魚料理を注文。これまた巨大なバターソテーでした。
お醤油があればよかったかもしれません。比較的さっぱりとして食べやすかったそうです。

P9219383s.jpg

建物内のトイレに行く途中、ビールタップのあるカウンター前を通過。
ひたすらビールをグラスに注いていました。汗ばむような陽気だったためか、ビールが飛ぶように売れていました。
確かにワガヤが座っていたテーブルの周囲でもビールを楽しむ人多数。

充実したお昼時タイムでした。
スポンサーサイト



テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

2日目午前・ヴァヴェル城を見学 

2日目は終日晴れ。とても暑くて半袖でOKな一日でした。
この日はクラクフ市内を観光。ヴァヴェル城内の施設は入場制限があるため、午前中にヴァヴェル城を見学することにしました。

P9219373s.jpg


ホテルの朝食。一日歩き回るので、朝からしっかりエネルギーチャージ。
ビュッフェではハムの種類が多くてなかなか美味でした。

ヴァヴェル城には、ホテル近くの停留所からトラムに乗って行く予定でしたが、なんと停留所の切符自動販売機が故障中・・・。
予定を変更し、旧市街広場を通って歩いてお城に向かうことにしました。ホテルから徒歩で20分ちょっとでお城の入口に到着。

P9210190s.jpg

坂道を登り切ったところにチケット売り場がありました。
9時半宝物・武具博物館、10時20分旧王宮の予約チケットを購入し、旧王宮の中庭に入ります。

P9215568s.jpg

建物は、16世紀初頭に建てられたそうですが、あいにくと修復中・・・。かなりイマイチ感がありましたが、こればかりは仕方がありません。9時半になったので、宝物・武具博物館に入ってみましたが、わりとあっけなく見学終了・・・。歴代のポーランド王の戴冠式に用いられていた剣が目玉だったようですが、わざわざ予約チケットをとっていくほどのこともないという感じでした。

旧王宮の見学時間まで時間が余ってしまい、中庭周辺をぶらぶらして時間をつぶしていました。
旧王宮では、15世紀のフランドルのタペストリーが見事でしたが、チケットにも出ている有名なタペストリーが見つからず残念でした。
(どちらも建物内での写真撮影は不可)

P9215584s.jpg

王宮を見学しているうちにお昼近くになり、朝のうちはちょっともやっとしていた空が雲一つない青空に。
写真は、ヴァヴェル大聖堂。長年の増改築の結果、このような様々な形式の建築物の集合体になっています。

聖堂内部は観光客で混雑していました。ツアー客で混み合う時間帯だったようです。
大聖堂の見学チケットで、塔や地下の墓所の見学もできるため、塔に登って鐘を見ることにしました。

塔の中の階段もかなり混雑していました。

P9210198s.jpg


塔の最上階に吊るされているのが、ポーランド最大の鐘。1520年に鋳造されたものだそうです。

P9219375s.jpg

塔の上から見えたクラクフ旧市街。昔の建物がそのまま残っていて、まさに「古都」の趣があります。
とても美しい街並みでした。

塔を降りて聖堂から外に出たところです。

P9215583s.jpg


大聖堂が様々な建築様式でできていることがよくわかります。

ヴァヴェル城の見学はこれで終了、歩いて旧市街広場に戻って休憩を取ることにしました。
天気が良くて何よりでしたが、思った以上の暑さにかなり体力を消耗した感じです。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

1日目夜・クラクフのブルワリーレストランBrowar Lubiczへ 

1日目夜、まだ活動しています。

旧市街でピエロギを食し、クラクフの中央駅近くの大通りを歩くこと5分ほどでブルワリーレストランに到着。

P9219369s.jpg

”Browar Lubicz”、なかなかお洒落な雰囲気の建物です。
醸造所レストランで、建物内右手にはビールタンクが見えます。

もともと1840年からビールを作っていた老舗醸造所だそうですが、2001年に一旦醸造所は閉鎖。
14年後に再びブルワリーレストランとして復活したそうです。

P9219368s.jpg

夕食後に訪れたのですが、あまりビールを飲む人はいなくてかなりガラガラ。
グループでビールを飲んでいる集団がいる程度でした。

P9219363s.jpg

テイスティングセットがあったので、まずこれを注文。
一緒に座っていたツマは、この時点で相当な睡魔に襲われ、かなりウトウトしていたそうです。

P9219366s.jpg


テイスティングの後で、1種類ビールを選択していましたが、流石にこれ以上は飲むのを控えていました。

P9219365s.jpg

カウンターにいた店員は、男女ともに美形だったことは覚えています。
ツマが相当ウトウトしていたのを見て、店員たちがツマがかなり泥酔していると思ったらしい、と後からオットに言われました。
旅行初日でしたからねえ・・・。

その後、歩いてホテルに戻ってバタンキュー。長い一日目はこれで終了です。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

1日目夜・クラクフ旧市街とポーランド料理 

クラクフ中央駅に到着し、駅近のホテルにチェックイン。
その後は、歩いて旧市街に向かいました。ホテルを出て10分弱歩くと、旧市街の中央広場です。

P9215555s.jpg

建物がライトアップされた織物会館。

P9215557s.jpg

その対面には、聖マリア教会があります。

到着した日はかなり気温が高く、中央広場は大勢の観光客でにぎわっていました。

P9215559s.jpg

中央広場で写真を何枚か撮った後は、旧市街の入口であるフロリアンスカ門まで戻りました。
門を通らず、右手に曲がってちょっと歩いたところにあるポーランド料理のレストランで夕食をとることに。

P9219360s.jpg


ウ・バブチ・マリニ U Babci Maliny というお店です。事前にネットで気になるお店を調べていたのですが、このお店は「地球の歩き方」にも載っていました。螺旋階段を下りて地下がレストランです。
英語メニューがあるので、メニューを見ながら「ポーランドに来たからにはまずこれでしょう」というオットの意見で注文したのが
こちら。

P9215562s.jpg

ポーランドの水餃子、「ピエロギ」です。肉とレバー、チーズの3種類のピエロギの盛り合わせが登場。
予想以上のサイズの大きさにびっくりしながら初ピエロギです。

水餃子、といってもかなり皮が厚めでもっちりした食感です。具材は比較的あっさりして食べやすいのですが、かなりお腹にたまります。結局二人で食べきることはできませんでした・・・。

P9215566s.jpg

巨大なパンの中に入って登場したのが、ビゴス。キャベツとザワークラフト、肉をトマト味で煮込んだもので、野菜が多めで身体には良さそうです。ただ、かなり酸味が強く食べきるまでには結構苦戦しました。

P9219359s.jpg

ちょっと珍しかったので、ビーツのスープ(バルシチと書かれていましたが、ロシア料理のボルシチとは別物でした)も注文。
ビーツの赤いスープでしたが、暗い照明の下ではかなりどす黒い液体でした。ビーツで作ったサラサラしたスープは、ちょっと薬っぽい独特な甘みがあり、残念ながら口に合いませんでした。

P9215560s.jpg


オットはピエロギのお供でポーランドのビールを注文していました。これがポーランドの1杯目のビールです。

長旅の後だったこともあり、3品とビール、ミネラルウォーターを注文したところ、会計は78ズロチ、日本円で2500円もしませんでした。ポーランドはかなり物価が安いとは聞いていましたが、予想以上でした。

食事を終えてホテルの近所に戻り、引き続きブルワリーレストランで「オットの自由研究」タイムです。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

1日目:ワルシャワ経由でクラクフに到着 

LOTポーランド航空のヒコーキは、成田を予定時刻より30分遅れで出発。

ワガヤがエコノミークラスに乗る時は、中央座席の通路寄り2席を取ることにしています。ポーランド航空のチケットをとる時、航空会社のサイトでは目的地への単純往復の航空券しか購入できなかったため、行きは成田発クラクフ着、帰りはワルシャワ発成田着のルートはエクスペディアで購入しました。エクスペディアのサイトでは、チケット購入時に座席指定の画面が出てきたためその時点で座席を指定したつもりでいましたが、ポーランド航空では事前の座席指定は有料だったため、エクスぺディアでの座席指定は無効だったようです。

成田でチェックイン手続きをした時に、搭乗券の座席番号が自分たちが予約した(と思っていた)座席ではなかったことに気づかず、ヒコーキに乗って座ろうとした時点でようやく気が付きました。自分たちだったら絶対取らない窓際とその隣の席(B787は3-4-3の座席配列でした)が割り当てられていたのにガックリ・・・。11時間のフライトで、途中でトイレに行くのにはかなり苦労しました。

ワガヤも初めてのポーランド航空ですが、機内食は至ってフツーのものでした。
ナイフ・フォークがプラスチック製だったので、ちょっと使いづらい点がありましたが・・・。

P9209338s.jpg

P9209340s.jpg

日本を出て1食目。

P9209341s.jpg

2食目。ANAでおなじみのお蕎麦がついていました。機内食で、お蕎麦がサラダ代わりなのか、軽い付け合わせ扱いなのか、お蕎麦の位置づけには??に思います。蕎麦屋のランチタイムメニューで、お蕎麦(温かいもの/冷たいもの)とかつ丼や親子丼の組み合わせがありますが、それに似た感じなんでしょうか。

P9209337s.jpg

オット、ビールはポーランド産の銘柄にしたようです。このブランドは、ポーランドのスーパーでもよく見かけました。

ワルシャワには定刻より30分遅れで到着。ここから国内線に乗り換えてクラクフに向かうので、ラウンジで一休みしました。

P9209347s.jpg

「ポロネーズ」というポーランド航空のビジネスラウンジです。いかにもラウンジの名前がショパンのピアノ曲、といった感じです。

P9209345s.jpg

かなりこじんまりとしたラウンジでしたが、非常に混雑しており、相席で何とか2人分の座席を確保できました。

P9209343s.jpg


ラウンジにあったアップルサイダー(アルコールです)。
オット、かなり気に入ったようで、ワルシャワのスーパーで缶入りを見つけて購入していました。

クラクフ行きの国内線も30分遅れでもともとの予定から1時間遅れでクラクフ空港に到着。ソフトキャリーを引いて空港に近接している鉄道駅から列車で市内に移動しました。

P9219349s.jpg

P9219350s.jpg

列車は新しくてきれいでした。途中で人が乗ってきましたが、混雑はしていませんでした。

P9219351s.jpg

19時過ぎにクラクフ中央駅に到着。成田を出発してから16時間ほどかかりました。やはりヨーロッパは遠いですね・・・。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

成田空港でラウンジ巡り 

9月下旬に遅い夏休みを取得してポーランドを旅行しました。
当初、バルト三国に行ってみたいということで色々ルートを検討していたのですが、ワルシャワ経由で入国して・・・と話しているうちにまだポーランドに行ったことがないから、といつの間にか行先が変更になっていました。

ポーランドといえばワルシャワ、ワルシャワといえばショパン・・・程度の知識でしたが、オットの話によると、ワルシャワからヒコーキで1時間半ほどのところにある古都クラクフが世界遺産に登録されており昔ながらの街並みが残っているらしい、ということで、今回は東京→ワルシャワ経由でクラクフに入り、クラクフから特急でワルシャワに移動し、ワルシャワから東京に戻るルートとなりました。

ワルシャワに行くのには、LOTポーランド航空(これもスターアライアンス)がリーズナブルな価格だったので、今回は初ポーランド航空搭乗です。出発は成田の午前便。

P9209325s.jpg


2018年も、「ヒコーキ好きな上司」から有難いANAスイートラウンジ券をいただいたのですが、今回も朝食タイムでした。

P9209326s.jpg


前回の上海行きでは、羽田のダイニングhで無念な思いをしており、「ヒコーキ好きな上司」からもリベンジするように、と激励を受けてはいるのですが・・・。でも、スイートラウンジのメニューは色とりどりで、朝からお洒落な時間を楽しみました。
(後ろに写っているアルコールはもちろんオットのです。)

成田
(図は成田空港のサイトのものです)

成田空港では、ANAのスイートラウンジは南ウィングの第四サテライトと第五サテライトにあります。
地図によると、第四と第五のサテライト間には1階に通路があるようだったので、せっかくだからとスイートラウンジのはしごを決行することにしました(単なるモノ好きです)。

スイートラウンジの受付のお姉さんに、両方のラウンジに行ってみたいという話をしたところ、親切にも「向こうのラウンジの担当に伝えておきます」とにっこり笑って対応いただきました。

第五サテライトのANAスイートラウンジを出て下に降りたところです。

P9209328s.jpg

本当に通路。係員が移動に利用しているだけで、他に歩く人もなくガラガラ。

P9209330s.jpg

300mほどの通路のようです。外の景色が見えるわけでもなく、ただただひたすら前に向かって歩くのみ。
第四サテライトのANAラウンジまでは10分弱ほどだったと思います。

P9209335s.jpg

こちらは第四サテライトのANAスイートラウンジ。第五とあまり雰囲気は変わりません。

P9209334s.jpg

青組のヒコーキがたくさん停まっていました。整備用?の色々な車両がずらっと並んでいるのはあまり見かけたことのない光景です。朝の時間だったからでしょうか?

P9209336s.jpg

そしてこちらが今回のワルシャワ行きでお世話になるヒコーキです。B787なので、気圧の変化が(ツマにとっては)マイルドで比較的身体に優しいのがうれしいところ。なんといってもエコノミーで11時間の苦行ですので。ワガヤの場合はビジネスは特典航空券利用時のお楽しみで、有償航空券の場合はエコノミーです・・・。

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

ビアビストロ Wasserfall(ワサファル)・渋谷 

ツマの誕生日お祝いでオットに連れて行ってもらったお店です。
場所は渋谷駅からすぐのところで、渋谷マークシティ近くにあるビルの4階にあります。かなり隠れ家的なお店で、事前に場所を確認しないと訪れることは難しいかと。散策してふらっと入れるような場所にはありません・・・。

P9299541s.jpg

ちょうどオクトーバーフェスト中の特別企画で、マス(1リットル)サイズ2000円という破格な価格設定でした。
当然ながら、オットはフェストビアを注文。

この日は、お任せコースでした。

P9299542s.jpg

前菜盛り合わせは、いかにもビールのアテにぴったり。右手のチーズは、ロディッジャーノというイタリアのチーズです。

P9299549s.jpg

ムール貝のヴルーテ。かなり濃厚な味わいでした。

P9299553s.jpg

ハンガリーのマンガリッツア豚と、イベリコベジョーダの味比べ。
マンガリッツア豚は初めて食べました。

P9299558s.jpg

オマール海老、築地水槽育ち(笑)だそうです。

P9299564s.jpg

オマール海老は、このような姿に変身して登場。シンプルにバターソテーでしたが、海老の身がプリプリして歯ごたえがあり、絶妙な味付けでした。

P9299561s.jpg


ビアビストロですが、ここはやはりワインでしょう(オットだけ)。

P9299575s.jpg

那須高原の仔山羊。ローズマリーが香ばしく、山羊臭さは全く感じませんでした。
赤身でさっぱりとしていましたが、肉質としては固めでしっかりとした味わいでした。

P9299576s.jpg


お肉には赤ワインを合わせて。

お任せコースはオットも初めてだったそうですが、素材をうまく使った調理法でどれも美味しくいただきました。
お酒も料理も楽しめて、ビール好きが集まるお店でした。アラカルトでも色々なメニューがありましたので、またオットに連れて行ってもらう予定です(一人で行くと迷子になりそうなので)。





テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]