FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

3日目午前・KAVALAN蒸留所②(蒸留所見学) 

カバラン蒸留所のビジターセンターに行き、ウィスキーのテイスティング時間を確認。次回のテイスティングが30分後だったので、先に蒸留所を見学することにしました。

P3026238s.jpg

左手の建物が蒸留所エリアです。

P3026278s.jpg

人が数名いる扉の箇所が見学エリアの入口です。

P3026239s.jpg

漢字を読めばだいたい意味がわかる(予想がつく)感じです。入口に入って2階が見学エリアになっていました。
見学は自由にできるようになっていました。

P3026245s.jpg

カバランで使用しているモルトが展示されていたり、

P3026247s.jpg

麦を発酵させるときに使用する酵母があったり

P3026249s.jpg

各種ウイスキー樽も展示されていました。左側からバーボン樽、ポートワインの樽、ブランデー樽、ワイン樽です。

P3026253s.jpg

各種樽によって、熟成の期間や色が異なる様子がわかって興味深い展示でした。向かって右から6カ月毎にウイスキーの熟成が進んで最後となる一番左は48カ月(4年)目です。樽は、上からオロロソ(辛口のシェリー酒)、ワイン、パンチョン(これは樽の大きさのはずなのですが・・・)、アモンティリヤード(中辛口のシェリー酒)となっていました。ここは漢字では意味がわからず、並記されている英語が頼りです。それにしても、オロロソ樽だと4年でかなり色が濃くなるんですね。

P3026254s.jpg

亜熱帯の台湾の風土を生かし、通常の熟成期間の倍近い速さでウィスキーを熟成させているそうです。
ウィスキーは寒い地域で作られるものという常識を覆すカバランのウィスキーですが、有名な賞を受賞し国際的にも評価が高いそうです。

P3026256s.jpg

P3026257s.jpg

麦芽の糖化、発酵といった一連の流れはガラス越しに見学するのみでした。

P3026259s.jpg


ポットスチル(蒸留釜)もガラス越しで見学(人が写りこんでしまうので写真はイマイチ)。ちょうどここまで見学した時点で、ティスティングの時間になったので、後はテイスティング後、と一旦ビジターセンターのある建物に戻りました。
(まだまだ続きます・・・)
スポンサーサイト

テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]