FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

3日目・ハイランダーインにも行きました 

クライゲラキにある、もうひとつの有名なウイスキーバーがハイランダー・イン The Highlander Innです。Innというだけあってウイスキーバー併設の宿泊施設ですが、オットが宿泊予約を試みた時点で満室で涙をのんであきらめました。

P7020190s.jpg

確かにかなりこじんまりとした建物で客室数11なので、すぐ満室になってしまうのだと思います。右手の部分が有名なバーになります。20時近くでまだこんなに明るいので、時間の感覚がおかしくなりそうです。

P7021229s.jpg

”WhiskyBar"と書かれた場所の階段を降りると、バーの入口です。
中に入るとここもまたずらっとウィスキーが並んだカウンターが真っ先に目に入ってきます。

P7021225s.jpg

地元のビールのタップもありました。その後ろには、白州と山崎も見えます。

P7021231s.jpg

ハイランダー・インのオーナーは日本の方なので、日本のウイスキーも結構な品揃えです。

P7021226s.jpg

ずらっと並ぶシングルモルトウイスキーの数々。こちらの品揃えもまた豊富です。

P7021223s.jpg

オットもこちらでウイスキーを注文。
バーマンにスペイサイドのものでオススメを選んでもらったところ、スペイサイド(かなりハイランド寄り)にある蒸留所、グレンドロナックGLENDRONACHのウイスキーを出してもらったそうです。シェリー樽熟成で有名な蒸留所で、甘い味わいでありながらも重厚な感じのウイスキーだったそうです。

建物にはウイスキーバーの表示がありましたが、バーカウンターもありますが食事もあるという「パブ」なので、それほど敷居も高くなく旅行者も入りやすいお店でした。
スポンサーサイト



テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

3日目・クエイク・バーを見学 

クライゲラキホテルには、ウイスキー好きな人には有名なバーがあります。クエイク・バーQuaich barというところですが、あいにくとワガヤが滞在した日はバーはお休みでした。

食事を終えてから、お店の人に「バーを見てみたいのですが」と聞いてみたところ、2階にあがって係の人に見学したい旨をいうようにと言われ、COOPER DOGの奥にある階段を登って2階にあがりました。

P7020185S.jpg

バーはお休みなので、鍵がかかっているため係の人が鍵を開けて中に案内してくれました。

P7020180S.jpg

カウンターにずらっと並ぶウイスキーの数々。圧巻です。

P7020181s.jpg

全部ウイスキー。天井までの棚にずらっと並び、空いた場所はなくて満員御礼状態。

P7020184s.jpg

お休みなので、カーテンは閉められていましたが実は外はかなり明るい・・・。

P7020183s.jpg

案内してくれた女性も、「ここに何本あるのか正確な数はわからない」とのこと。まだここに出ていないウィスキーもあるということでした。
お休みなので残念ながらここで一杯、というわけにはいきませんでしたが、世界でも有数なウィスキーバーを見学することが出来て、今回のウイスキー巡りでよい思い出になりました。

が、この小さな村にはもうひとつ有名なウイスキーバーがあります。引き続き、次のお店へと移動です。

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]