07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

名画鑑賞の後は「水辺亭」でビールを堪能 

新婚旅行での汚名を払拭し、(「聖なる子羊を見て気分が悪くなった」などと
二度とは言わせません)心も晴れやかに向かったのはこのお店↓。

s-P1040316.jpg


"Het Waterhuis" 、日本語に訳すと「水辺亭」というビールの有名店です。
実は、お昼を食べたお店、シェ・レオンティンの姉妹店でお隣にあります。

氷点下の中を歩くだけでかなり体が冷えました。
店内は暖房がしっかり効いていてとても暖か。そしてビール好きで大層賑わっていました。

s-P1040310.jpg

深川フウフがお店に入った時はちょうど一瞬人の入れ替わりがあったようで、暖房近く
で暖かすぎる位な席をちょうど確保できました。カウンターのところがちょうど空いて
いたのですが、すぐ立ち飲みの人でいっぱいになってしまいました。
有名店だけあり、観光客だけでなく地元の人も多かったようです。

かなり年配の女性二人が、アルコール度数の高めビールをがんがん飲んでました。
横で見ていたオットが感心してました。

s-P1040311.jpg

ワインリストならず、ずらっと並んだビールリスト。
これが10ページ位続くのですから種類の多さにはもうびっくり。

s-P2111338.jpg

手書きで書かれていたのがハウスビール(当然樽生)らしい。
せっかくベルギーに来たのだから、とオットいそいそと注文。

s-P2111340.jpg


手書きメニューの上から2つが登場。アルコール度数も記載されていますが、6%と
7.5%、ビールとしてはかなり高めです。
ビールが出てきた時点で、カウンター席は立ち飲みの人たちで賑わっていました。
日本で見たことも、飲んだこともないビール(それも樽生)を見ると、どうしても
注文したくなるみたいです。オット、満足そうに味わっていました。

凍りつく(本当に川は凍っていたし)季節でしたが、充実したゲント観光でした。

そろそろブリュッセルに戻る時間だ、とお店の外に出たところ、

s-P1040318.jpg

寒空の下、屋外でビールを飲む人を見て寒がりなツマ、絶句。
確かに大きなストーブは出ているんですけどね。この位(マイナス5度位)の寒さ
には地元の人たちは慣れきっているんでしょうか・・・。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« ブリュッセルに戻り、お買い物  |  ゲント祭壇画(「神秘の子羊」) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1011-a5052fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)