07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

美食の会(3回目の参加) 

久しぶりに、ツマの会社同僚が腕をふるう美食の会にフウフで参加しました。
今回は「初夏の会」、アルザスワインをメインとした会でした。

同僚も今回久しぶりの開催だったとか。それまでは、週末日本国内食べ歩きを
実施していたとか・・・。ステキなOUTPUT(料理)を生み出すためには、それなりの
INPUTが必要ということなんでしょうね。
(食に対するあくなき追求心ともいえますが)

s-P1040415.jpg

シャンパンで乾杯した後、早速登場したのが「平貝(たいらがい)の燻製」。
写真の通り、とても新鮮ですが軽く燻した香りがします。貝本来の柔らかさが
うまく残った、上品な燻製に仕上がっていました。

s-P1040422.jpg

s-P7012201.jpg

魚(両方イサキだったかちょっと記憶が定かではないのですが)調理法を変えて
2種。

s-P1040425.jpg


アナゴの白焼き。これは出汁に漬け込んで味を含ませたのだそうです。
よく通ったお店でこの技を教えてもらったのだとか。
上品でほろっとしていて、お酒が進む一品でした。


s-P7012196.jpg

蟹の身の下には、クリームムース。パンにつけて食べると美味でした。
周りに飾っているパプリカのグリルも、本来の甘みが熱を通すことでより一層
はっきりと出ていました。

s-P7012204.jpg


鴨肉のコンフィ。こちらは、炊飯器の熱(低温状態)を利用して作ったものだそう
です。低温でじっくり煮たおかげで、鴨肉の旨味がそのまま残った状態になって
いました。肉自体もやわらかくて絶品でした。
炊飯器を持たず、ご飯は鍋で炊く我が家ではこの技が使えないのが残念ですが。

今回も材料は築地で買出し、色々な調理法を駆使した数々の料理を堪能しました。
あわせて出てきたアルザスワインについては次回のご紹介。

ワインと料理で会話がはずみ、13時過ぎ開始の会が気がついたら17時を過ぎ・・・
大人6名でおおいに盛り上がった会となりました。
スポンサーサイト

[edit]

« 美食の会(アルザスワイン、などなど)  |  銀座 BULLDOG »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1026-ee8eb2d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)