06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

美食の会(4回目の参加) 

オット、無念の欠席となった時の記録です。
会社同僚宅にて、またまた開催されました。
今回は、ベルギービールのランビックの珍品(入手困難品)と、またまた珍しいビール
といったオットなら絶対参加するであろう品揃えだったのですが・・・

前日ゴルフに出かけた後に腰を痛めまして、歩行困難状態となり。
止む無くツマのみ参加となりました。

s-P1040524.jpg


まずはイカの食べ比べから。
イカの胴を縦方向と横方向に切った場合の味の比較。

イカの胴は、横方向に繊維が入っているそうです。繊維に沿って胴を横に切ると
歯ごたえがあってこりこりとした食感に。
一方、胴に向かって縦に切ると、繊維を切断するため柔らかく、まったりとした
味わいになります。
同じイカなのに、切る方向ひとつでこんなに味が変わるとは。

s-P1040525.jpg


登場したのはランビックの珍品。(言ってみればレア物)
この間の旅行で飲んだランビックを思い出しながら酸味を味わいました。
初めて口にしたらかなり違和感あったと思います。ツマも、初めてベルギーで
ランビックビールを一口もらった時は、
「これって、ビールっていうの?」
とビミョウな感想でした。(酸っぱいビールなんて想像しがたいので)

s-P1040534.jpg


この日は、海鮮も豪華でした。(築地に買出しに行くくらいなので)

鮑を軽く蒸したものを肝醤油と一緒に。
鮑は生と蒸した(火を通した)もの2種類をこれまた味比べでした。
生の鮑もサイコロ状に切り、水に浮かべて供されましたが、上品な磯の味が
しました。これまた贅沢な食べ比べです。

s-P1040535.jpg


そして豪快に盛り付けられたウニ。
昆布だけを食べて育った養殖のウニということで、本当に甘くてびっくりしました。
天然よりもかえって美食育ちなので、身がとても美味しくなるのだそうです。
またひとつお勉強になりました。

s-P1040533.jpg


そして、こちらもベルギーのビールです。
瓶の形状を見るとどうみてもシャンパンなのですが・・・。

ただし、味はほんのり甘いビールです。これはシャンパンとは違っています。
Deus(デウス)というビールで、もしお店で出てきたら7000円~8000円はするで
あろうビールらしからぬ高級品です。
でも、見たことがないから多分こんな値段で売れないということなんでしょう。

s-P1040532.jpg

実は、このビールワガヤにも1本あります。(記事はこちら)

新婚旅行の時にブリュッセルで購入し、スーツケースに入れて持ち帰りました。
その当時で3000円ほどだったと記憶しています。当時は1ユーロが160円位でした。
今のユーロ安状態を見ると数年前のユーロ高騰がウソのようです。

このDeus、この日は飲みきれず、主催者の厚意でオットお土産となりました。
初めて飲んだDeusの味に、オットしみじみ「確かにベルギービールだ・・・」。

涙を飲んで参加を見送ったオットにとってうれしい「お薬」になったようです。
スポンサーサイト

[edit]

« カジュアルなイタリアン  |  Brewパブ PANGAEA8周年 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1052-873f60c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)