05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

サロン・ド・ジヴェルニー(東陽町)でディナー 

かなりマイペースにアメリカ西海岸の旅行記をUPしているところですが、
久しぶりに深川ネタを。(9月末の記録です)

前から行こうと思っていた東陽町にあるフレンチに、ツマ誕生日のお祝いという
名目でようやく出かけてきました。

s-P1040695.jpg

s-P1040694.jpg

東陽町の駅を出てすぐのところにあるフレンチ、サロン・ド・ジヴェルニー。
ワガヤのおなじみ、門前仲町のワインバー、「KAY」の原沢さんが以前ソムリエと
して勤めていたお店です。

s-P1040670.jpg


まずはアワアワ系でスタート。
赤い方はイタリアのスパークリングワイン赤のランブルスコ(ツマ用)。
甘みがあって飲みやすかったです。

s-P1040677.jpg

今回は、アラカルトで注文しました。
オマール海老のサラダ、マンゴー風味でほんのり甘酸っぱい味付けでした。
しっかりとした弾力性のある海老を満喫。

s-P1040678.jpg

フォアグラのポアレ、マデラソース。
ソテーした米ナスの上に載って登場しました。かなり濃厚な味付けです。
フォアグラ自体がそうとうこってりしていますので、ソースもしっかりした味で
ちょうどバランスが取れる感じです。

s-P1040688.jpg

メイン。シャラン産鴨のコンフィ。36時間、低温の油でじっくり煮込んで作るのだ
そうです。ナイフを入れると、骨から肉がほろほろとはがれるところが最高。皮も
ぱりっと焼かれていてさくさくとした食感がたまりません。
コンフィ好きなオット、大満足でした。

s-P1040689.jpg

こちらは北海道産エゾ鹿のソテー、ポワブラードソース。
胡椒を利かせた、ほんのり甘酸っぱい風味のソースでした。白っぽいのはイモの
ピューレ。
エゾ鹿自体は、赤みで柔らかく、クセの少ない肉でした。

アラカルトで注文し、シェアしあってフウフともに大満足な一夜でした。
二人とも、以前に比べると「量より味」になりつつあるので、このように色々な
料理を楽しむ食べ方になりつつあります。ツマもまたひとつトシを重ねましたが
お互いトシ相応の食の楽しみ方になってきているような気がします。
(オットのビールのペースが落ちる日はいつやってくるのかは?です)
スポンサーサイト

[edit]

« 21st Amendment Brewery  |  サンフランシスコ ピア39へぶらぶら »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1076-a33e6cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)