05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

ツマ、沖縄ひとり旅(その9) 

3月の沖縄ひとり旅の記録です。
3月は、シンガポールの前後の沖縄往復(この時は沖縄に滞在しただけ)の後に
沖縄に行っています。この日もよい天気で汗ばむ陽気でした。

沖縄に到着し、まずはいつものゆいレールに乗って牧志駅へ。
国際通りを県庁方面に行く途中で平和通り(実際はアーケードのある商店街)
をずっと歩いていくと、「壺屋やちむん通り」に出ます。
ガイドブックの説明によると、「やちむん」とは焼き物のことだそうです。
(どうも「やむちん」と書きそうになってしまうのはなぜ?)

s-P3160978.jpg


通りは400m位の石畳道で、道の両側に直売所が並んでいます。

s-P3160982.jpg


壺屋焼きのお茶碗が飾られていました。
青、赤、白の素朴なデザインがいい感じです。

s-P3160983.jpg

手作りシーサー体験の看板を見かけました。
時間があったら、Myシーサーを作ってみるのも面白そうです。

s-P3160985.jpg


レトロなポンプを見かけました。
英語らしき綴りで、国産のものではなさそうです。大分年代モノと思わせる、
赤茶けた錆色のポンプが、不思議と周囲の景色の中に溶け込んでいる、そんな
感じです。

s-P3160981.jpg


あっという間の短い道ですが、南国のちょっとレトロな雰囲気を味わうにはもってこい
の散策ルートだと思いました。
スポンサーサイト

[edit]

« ツマ、沖縄ひとり旅(その10)  |  シンガポールひとり旅の修行部分(後半) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1145-dd521e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)