09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

シンガポール滞在2日目・植物園(オーキダリウム) 

国立蘭園の奥まったところにひっそりと「オーキダリウム(Orchidarium)」が
あります。ここでは、原種の蘭が生育しているということで、是非とも見てみたいと
思った場所です。

s-P3070787.jpg

シダがうっそうと生い茂り、栽培種の蘭が展示されているエリアとは雰囲気が
異なっています。

s-P3070794.jpg


カトレアの原種だと思います。唇弁(リップ)は色鮮やかですが、全体的に繊細な
イメージです。

s-P3070799.jpg

こちらも蘭の花の構造になっていますが、花のひとつひとつが小さく、唇弁(リップ)
は特徴のある形状をしていました。ちょっと前に一雨降ったのか、花びらに水滴が
ついて瑞々しく感じました。

s-P3070802.jpg


葉の間からひっそりと顔を出していたカトレア?の原種。
花の色は淡く華やかさには欠けますが、唇弁(リップ)の先端が細かくひだ打ち、
派手さはありませんが、淡いピンク色も相まって繊細な美しさがありました。

豪華なイメージの蘭ですが、原種はもともと熱帯の林の中でひっそりとこのように
根付いていたものだったようです。
蘭の本来の生息の様子を見ることが出来て大満足でした。

華やかさはありませんが、蘭の美しさの原点を見るという点ではオススメのスポット
だと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« シンガポール滞在2日目・植物園(ミストハウス内)  |  シンガポール滞在2日目・植物園(オーキッド・ガーデン) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1166-9efcb402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)