02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

1月25日はバーンズ・ナイトでした 

1月25日、「よなよなの宴」が終了した後は引き続き飯田橋界隈へと足をのばしました。
赤坂見附界隈、外堀通りを渡る歩道橋からホテルニューオータニ方面を見たところ。
比較的気温も高く、梅の花が咲いていました。

s-P1252287.jpg

当日は曇り空で快晴からは程遠くてぼんやりした写真になったのが残念。

ここからフウフ二人歩いて飯田橋方面、神楽坂を目指します。
向かうはオットおなじみの「ザ・ロイヤルスコッツマン」。

s-P1252293.jpg

オットの話では、1月25日は「バーンズ・ナイト」なんだそうです。
ロバート・バーンズというスコットランドの国民的詩人の誕生日だということで、
1月25日には伝統料理「ハギス」とウィスキーをいただくのがお約束なのだとか。
ザ・ロイヤルスコッツマンでもこのようにバーンズ・ナイトのセットがありました。

ロバート・バーンズ、「蛍の光」(スコットランド民謡)の歌詞を現在の形にした
人なのだそうです。

それにしても、張り紙のバックは「イチローズモルト」ばっかり・・・。
ここ、ザ・ロイヤルスコッツマンはイチローズモルトの種類が豊富で、ウイスキー
好きには幸せな品揃え。メニューにも数多くのボトルが記載されています。

s-P1252292.jpg


ロバート・バーンズに敬意を表して。
その名も「ロバート・バーンズ」のブレンディッドウイスキーと、お約束の
「ハギス」。挽肉は香辛料でちょっとスパイシーですが、ザ・ロイヤルスコッツマン
のハギスは食べやすいです。ネットで調べたところ、ハギス自体は羊の臓物をミンチ
にしたものを羊の胃袋に詰めて作ったプディングなのだとか。スコットランドで本場
のハギスを平気で食べられるかどうか、ツマにも自信はありません。

「バーンズ・ナイト」、英国系のパブで開催されているのだそうです。
日本ではポピュラーではないと思いますが(少なくともツマは初めて知りました)、
興味のある方は来年1月25日前後の夜に是非。
スポンサーサイト

[edit]

« チョコレート、チョコレート  |  よなよなの宴 at よなよなビアキッチン »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1238-c7e1234e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)