06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

チョコレート、チョコレート 

週末2週間連続で大雪、寒さも一段と厳しい2月。
自他(=オット)共に認める寒がりのツマ、すっかり冬眠状態で活動ほぼ停止中。
(という名目でブログもさぼってました)

もう1週間前のイベントとなりましたが、おなじみ2月14日のバレンタインデー。
ワガヤもいつもの定番チョコを購入。
名目上は「オットへのプレゼント」ですが、もちろんツマが食べたいチョコレート
を購入しています。

s-P2163151.jpg


会社帰りにチョコレート2種類を購入。
ツマイチオシ、ワガヤのバレンタイン定番であるスイスはトイスチャーのチョコと
今年はノイハウスのトリュフです。

s-P2163154.jpg

トイスチャーのシャンパントリュフ、バレンタインの時期限定で抹茶ベースのトリュフ
が出ています。学生の頃、頂き物で初めて味わって以来の根強いファンです。
昔は外苑前にお店があったのですが、今は日本橋高島屋に売り場があるだけですね。
バレンタインの時期にはあちこちのイベント会場でトイスチャーを見かけます。

s-P2163162.jpg

オットのマクロレンズで撮影。上部がちょっとすぼまったひょうたんもどきの独特な
形状が何ともいえません。一口含むと、シャンパンを練りこんだクリームがじわ~っと
広がり、この一粒で幸せな気分に浸れます。

いつもお世話になっている、会社の後輩にお礼方々差し上げたのですが、とても気に
いってもらえたようでうれしく思うツマ。

s-P2163157.jpg

そしてもうひとつはノイハウス。

以前(2012年の冬)、ブリュッセルを訪れた時にいくつかチョコレート屋を回った時に、
グランプラス前のノイハウスで買い求めたトリュフがとても美味でした。
それを懐かしく思いつつ、久しぶりのノイハウスを購入。

s-P2163163.jpg

6種類のトリュフの詰め合わせ。
コーヒー味のトリュフは、ブリュッセルで味見したときに美味しさにびっくりしたもの。
向こうでは、グラム売りで無造作に紙袋に入れただけでした。
日本のプレゼント仕様だと高級感が出ますね。

いつの日か、トイスチャーの本店でグラム単位でシャンパントリュフを購入する日を夢に
見ながら、当面は一年に一度のイベントチョコとして楽しくいただくこととします。
やはり1粒300円(バレンタインの時期は箱代もあって?一粒350円相当)はお高い・・・。
スポンサーサイト

[edit]

« ファドライブ Manuel Casa de Fado (四谷)  |  1月25日はバーンズ・ナイトでした »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1239-83bdaafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)