09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

クマ、クマ、クマ@フライジング 

旧市街を歩いていて、あちこちでクマを見かけました。
元は同じデザインなのかも。でも、カラフルな色合いでそれぞれが自己主張して
いる感じです。

s-P1050585.jpg

↑向かって左側のクマ、クリーム色でぼつぼつ穴?らしきものが。
ひょっとして、チーズクマ?写真を拡大したところ、前右足のところにネズミが
描かれていました。

 一方の右側は、ブルーベースにうっすらと建物(ビル?)のイラストがあります。
これはフライジングの大聖堂。

s-P1050588.jpg

四足クマはどちらもかなりポップなイラスト入り。
左側のクマ、ちょっと顔が怖い・・・。

s-P1050589.jpg

左側のクマ、腰にぶら下げているのはかなづちとかドライバーです。
赤い腰ベルトがかなりキュートですが、DIYクマなんでしょうか?
右側のクマ、エプロンをつけています。黄色地に赤い格子柄のカラフルなエプロン。
クッキングクマなのでしょうか?

とにかく、あちこちの店?の前に置かれています。
あれこれとクマを激写しているツマ(クマ好き)の隣で、あきれた口調でオットが
「そんなに可愛いとは思えないんだけど」。オット、至って冷静ですがビールを前にして
わくわくする気持ちと同じもんですよ。

なぜこんなにクマがあちこちにいるんだろう?と日本に戻ってきてからネットで調べた
ところ、どうやらフライジングの守護聖人である、聖コルビニアンの荷物を運んだクマの
伝説に由来しているのだそうです。
聖コルビニアンといえば、ミュンヘンに到着して早々にヴァイエンシュテファンで飲んだ
黒ビールが「コルビニアン」。ヴァイエンシュテファンも、元々修道院でしたからね。

あちこち歩くと、さらにもっとクマと遭遇しそうです。
次回(いつか、機会があったら)またビールを求めてこの地を訪れた時には、街中のクマ
を写真におさめよう、と新たなる楽しみを見つけたツマなのでした。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« Hotel Bayerischer Hof (フライジング)  |  フライジング旧市街散策 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1245-8cd47671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)