03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

マルタ4日目、国立考古学博物館 

マルタ4日目、マルタ滞在の最終日となりました。
朝、ホテルでしっかり朝食をとってからヴァレッタ旧市街にある考古学博物館へ。

s-P3050312.jpg

建物は16世紀、聖ヨハネ騎士団のプロヴァンス地方出身者の宿舎だったもの。

s-P3050309.jpg

天井が高く、ゆったりとした建物内部。
1階に、巨石神殿等の古い遺跡から発掘した品が展示されています。
巨石神殿に飾られている出土品はほとんどがレプリカで、本物はここ考古学博物館
に展示されているとか。故に、最終日に本物を鑑賞するためここに来た次第です。

s-P3050308.jpg

渦巻き模様の装飾のある石は、前日訪れたハジャー・イム神殿のもの。

s-P3050304.jpg

頭部のない女性像の数々。体全体が丸みを帯びていて(というか丸々している)
まさに豊穣のシンボルといった形をしています。

s-P3050306.jpg

博物館の目玉、地下神殿ハイポジウムから出土した、Sleeping Lady(眠れる女神)。
手のひらに乗る位の小さなサイズの女神像です。これまた丸みを帯びた女性らしい
曲線をもつ体つきですが、ゆったりと横になっている姿はとても優しく感じます。

地下神殿ハイポジウムは、事前予約が必要。残念なことに、気がついたときは
定員数に達して予約できませんでした。博物館内には、ハイポジウムの内部の
写真も展示されていましたが、もし機会があったら次回は是非訪れてみたいと
思っています。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 最後に古都イムディーナへ  |  マルタの夕食(2日目、3日目) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1269-c0f436f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)