05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

HOTEL 38 (ベルリン) 

今回のベルリン滞在中に宿泊したホテル。
博物館島にも歩いていける距離で、Sバーンのオラニエンブルグシュトラーセ駅も
すぐ、という観光に便利な場所にある小規模なホテルです。   
                                                                          s-P1050721.jpg

右手のガラスドアがホテルの入口。
入ったすぐがフロントになります。

s-P1050668.jpg

かなりこじんまりしていますが、清潔な室内。
ドイツでは、掛け布団を二つ折りにするのがお約束みたいですね。
旅行初日に一泊したフライジングのホテルもそうでした。

ベット右手に写っているのが、旅行先に持っていくソフトキャリーその1。ほぼ同じ
サイズ(若干小さめ)その2とワガヤの旅行は本当に軽装です。。ヨーロッパでは
列車移動が多く、かつ駅では階段を使うことも多いので、軽いソフトキャリーが便利
とワガヤではハードタイプのスーツケースを持っていくことは稀です。

s-P1050669.jpg

ベッドの足側。本当にコンパクトです。この部屋にはクローゼットはなく、壁にある
ハンガーに上着をかける程度のスペースしかありませんでした。日中は街中を
歩き、基本的には夜寝るだけの使用となりますので、観光に便利な立地であれば
あまり部屋にはこだわらないワガヤです。

s-P1050685.jpg


朝食はビュッフェタイプ。
大きなテーブルに宿泊客がそれぞれ席をとって自由に食事をとっています。
左手奥は最大4名が座れるソファエリアで、そこでの食事も自由です。
ワガヤ含め、だいたい8時過ぎに朝食をとる人が多く、ソファエリアはタイミングが
よければ・・・という感じでした。

s-P1050697.jpg

ドイツらしく、ハム類が豊富でした。
スクランブルエッグやソーセージ、チーズとフルーツ類など。クチコミサイトでも、朝食
は高評価。こじんまりとした個人経営のホテルだそうですが、観光には便利な場所
でした。

Hotel 38
Oranienburger Str. 38, ミッテ, 10117 ベルリン
スポンサーサイト

[edit]

« Ständige Vertretung (シュテンディゲ・フェアトレートゥング)  |  Brauhaus Mitte »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1290-45f94793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)