05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

2014年初夏ドイツビール紀行 

2014年度になって、例年の如くGW頃からフウフで夏休みの日程調整を開始。
なかなか予定が決まらず、8月後半から9月にかけて旅行に出ることが多いの
ですが、今年はオット都合により6月の前半というワガヤ始まって以来の早い時期の
夏休みを取得することになりました。

6月のヨーロッパは是非一度旅行したいシーズンだったので、行き先はヨーロッパに
決定。オット行きつけ(ツマは時々顔を出す)の神田にあるJha Barの店内に貼って
あった、河の岸辺にある修道院の景色が素晴らしく、是非そこに行きたいという話を
したところ、そこは「現在でもビールを醸造している修道院の中で世界最古」という
ヴェルテンブルク修道院という場所でした。

オットの話では、ドナウ河を船に乗っていくかなり辺鄙な場所にあるらしく、それ故に
ビール好きにとってはまさに「聖地巡礼」。
(ピルゼンといい、ヴァイエンシュテファンといい、ビールの聖地って一体いくつある
んだという気もしなくもないですが)

ヴェルテンブルク修道院行きをベースに今回の旅行ルートを組み立てたところ、
以下のようになりました。

s-2014ビアライゼルート

地図上で赤くピンがついている箇所=ビールを飲んだ箇所 となります。

・羽田→ミュンヘン(I)→レーゲンスブルク(地図のE)
・レーゲンスブルク(E)からケールハイム経由(D)でヴェルテンブルク修道院(C)
・レーゲンスブルク(E)→ニュルンベルク(F)
・ニュルンベルク(F)から日帰りで郊外にあるエルランゲン(G)
・ニュルンベルク(F)→バンベルク(H)
・バンベルク(H)→ニュルンベルク(乗り換え)→ミュンヘン(I)
・ミュンヘンから日帰りでアンデックス修道院(J)、ミュンヘン(I)に戻り今度は
 フライジング(ヴァイエンシュテファン、無印)
・ミュンヘン(I)→羽田

ドイツ国内は電車、バス、遊覧船で移動。
ドイツ語でビール飲み紀行を「ビアライゼ(Bierreise)」というそうですが、ワガヤの
初夏の旅行はまさに「ビアライゼ」。

ヴェルテンブルグ修道院やアンデックス修道院の行き方などなど、巡礼方法含め
しっかりレポートしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2014夏ビアライゼ Day1(羽田→レーゲンスブルク着)  |  マルタ・ドイツ旅行 いよいよ最終日 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1294-767b2aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)