08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2014夏ビアライゼ Day1(レーゲンスブルク・シュピタルガーテン②) 

夜22時40分頃。
ようやく空が暗くなってきたところ。

s-P6080862.jpg

対岸に見える大聖堂(DOM)もライトアップされて浮かび上がっています。

s-P6080867.jpg

その時点でのシュピタルガーテン内。
そろそろ帰宅するグループも出始めていましたが、まだまだビアタイムを楽しむ人
が多数。ようやく夜らしくなってきたのが23時近く。これが冬だと17時過ぎには
もう真っ暗になるのだから、かなり極端ですね。

s-P6080864.jpg

ここシュピタル・ガーテンはレーゲンスブルクのブルワリー、シュピタル(SPITAL)
の直営Brew Pubです。

s-P6080866.jpg

醸造エリアも、このように外からガラスごしに見学自由。
ここで出来立てのドラフトビールを新鮮な状態でいただけるのは、ビール好きには
嬉しい限りだと思います。長時間の飛行機の旅の後だというのに、オットご機嫌で
ドイツビアガーデンを満喫していました。

現地時刻で23時近くとなった時点で、ツマの方はどっと押し寄せてくる眠気と格闘。

s-P6080872.jpg

シュピタルガーテンを引き上げて、旧市街のホテルまで戻ります。
再度工事中でイマイチ残念な石の橋を渡り、旧市街方面へ。

ライトアップされた大聖堂が中世の雰囲気ばっちりでとても美しかったのですが、
眠気でふらふら、その時点では建物をゆっくり鑑賞する余裕なく。
ホテルの部屋に帰宅した時点でバタンキュー。

こうして羽田を出発してからの長い1日目が終了。
天気予報では、翌日日曜日も快晴。ということで2日目は聖地ヴェルテンブルク
への巡礼の旅に行きます。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2014夏ビアライゼ Day2(ヴェルテンブルク修道院①~行き方)  |  2014夏ビアライゼ Day1(レーゲンスブルク・シュピタル ガーテン①) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1297-212869a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)