09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2014夏ビアライゼ Day2(ヴェルテンブルク修道院①~行き方) 

ドイツ滞在2日目は朝から快晴。
この日の予定は電車、バス、船を乗り継いでビール好き(オット)の聖地ヴェルテン
ブルク修道院への(ビール)巡礼の旅。

この修道院ですが、個人で行くのは結構大変・・・ということで、珍しくツマがネットで
色々検索し、準備万端で出発。今後日本からの巡礼者の方々向けに聖地に向かう
ルートをご紹介。
※レーゲンスブルクに一泊していますので、レーゲンスブルクからのルートです。

①ドイツ国鉄で、レーゲンスブルク中央駅から電車でザールまで。
②ザールで下車、バスに乗ってケールハイムまで。
③ケールハイムから船に乗ってドナウ河を一路、ヴェルテンブルクまで。

乗継の検索では、ドイツ国鉄(DB BAHN)のページから調査となります。

左上に乗継検索の条件を入力するエリア(Information&Booking)があるので、
From Stationのボックスに”Regensburg”と入力すると、Regensburgが含まれる
駅名が候補として出てくるので、”Regensburg Hdf”(レーゲンスブルク中央駅)
を選択。

To Stationのボックスには”Kelheim”と入力。Kelheimが含まれる駅名が出て
くるので ”Alleestr/Zentrum, Kelheim” を選択。

後は、出発する日付やだいたいの出発予定時間を入力して”Search”を押すと、
レーゲンスブルクからケールハイムに向かう経路が表示されます。
DB BAHNのHPでフウフで感心したのは、電車とバスを使った経路が検索
できること。これを見ながら、何時にレーゲンスブルク中央駅発にするかを決め
ました。

s-P1050786.jpg


①ホテルを出て、中央駅へ向かいます。8時過ぎで雲ひとつない快晴。

s-P1050788.jpg

事前に調査済の、8:45中央駅発の電車のホームに向かいます。
切符売り場で予想以上に時間がかかり、ホームにはほぼぎりぎりで到着。

s-P1050787.jpg

この電車に乗ります。車体に”agilis”と書かれています。後で調べたら、私鉄が運行
しているのだそうです。DB BAHNは赤い車両が多いので珍しく思いましたが、
運行している会社が別会社だったら車両も違いますね・・・。

8:45 Regensburg Hbf 発 → 9:07 Saal(Donau)  着。

②ここで電車を降りて、今度はバスに乗り換えです。
DBの乗り換え案内では”徒歩2分”となっていたのですが、Saal駅を外に出たところ
真正面にバスが停車していました。

s-P1050789.jpg

9:14 Saal(Donau) 発の6022番バスです。
バスの番号もDBの乗り換え案内で表示されていたので、迷うことなく乗ることが
出来ました。DBのHPにて選択した経路の一覧を印刷できるので、それを持ち歩くと
便利です。(というか、駅名が読めない場合などこれを直接見せていました)

運転手さんに下車する駅名を伝え、チケットを購入。帰りの時に気づいたのですが、
チケットは往復割引になっていました。

s-P1050790.jpg

バスの車内前方にはモニターが設置され、先のバス停の名前が表示されます。
”Alleestr/Zentrum, Kelheim”の駅名が表示されたところで無事に下車。
ワレワレ以外に2名ほど若者が降りていました。

③バス停のある道を渡り、ドナウ河方面に向かいます。
といっても、道路の方が高いので降りてすぐ河が見えるわけではなく、最初は
ちょっとわからずうろうろしました。。
道を反対側に渡ってその先を進めば↓の光景が広がります。
ちなみにここは駐車場です。自動車でここまで来てから船に乗り込む人が多いよう
でした。

s-P1050791.jpg

階段を降りて船乗り場の近くまで進むと、そこが船のチケット売り場。
往復のチケットを購入し、船が出る時間までちかくをぶらぶら。

出発する時間になり、周囲に人が集まってきました。
チケットを見せて船に乗船。
s-P6080875.jpg

船の2階のオープンエリアを確保。あっという間に満席になりました。
ここからドナウ河を渡って40分ほどで目的地、ヴェルテンブルク修道院に到着。
目的地はまだまだ。。巡礼の旅だけあります。
(ということで行き方③の冒頭、ケールハイムで船に乗り込んだところまで)
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2014夏ビアライゼ Day2(ヴェルテンブルク修道院へと続くドナウ河)  |  2014夏ビアライゼ Day1(レーゲンスブルク・シュピタルガーテン②) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1298-6c677326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)