07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2014夏ビアライゼ  Park Hotel Maximilian(レーゲンスブルク) 

レーゲンスブルクで2泊したホテルです。
中央駅から徒歩5分以内、旧市街にあるクラシカルな4つ星ホテル。
ミュンヘン空港に到着した時は、そのまま乗り合いシャトルでホテルまで直行
しましたが、それ以降の移動では鉄道を使ったので中央駅に近いこのホテルは
とても便利でした。

s-P6091021.jpg

なんとなく、ベルバラ(=「ベルサイユのバラ」)の雰囲気が漂う外観。
(ボキャブラリーが貧弱なことは大目に見ていただくとして)

s-P1050818.jpg


ホテルレセプション前のロビースペース。
天井が高くてクラシカルな「貴族の館」イメージです。
ただ、ソファ前のコーヒーテーブル、大きさといい、デザインといい、非常にワガヤ
のリビングのテーブルに似ています・・・(もしや、Bo Concept製かと思いました)。

s-P1050772.jpg

こざっぱり、清潔な室内。
エアコンはなく、室内には扇風機(風量はすごい)がありました。通常だったら、
夏でもエアコンなしで過ごせるのだと思いますが、この時は気温30度越え・・・。

s-P6090766.jpg

窓から見た外の景色。
レーゲンスブルクのシンボルであるドム(大聖堂)がよく見える、眺めのよい部屋
でした。石橋やドムまで歩いて10分以内と、旧市街散策にも便利な場所でした。

s-P1050784.jpg

朝食は、ビュッフェスタイル。
ダイニングとして使われている部屋も、天井が高く、内装もクラシカルでまさに
「非日常」な雰囲気を味わいました。
こういうところがヨーロッパを旅する時の楽しみとなっています。

s-P1050812.jpg


二泊した翌朝の朝食は、屋外のパラソルの下でいただきました。
宿泊客に屋外のテーブルは人気で、あっという間に満席になりました。

朝食自体はビュッフェ形式なので前日とほぼ同じメニューなのですが、外で
いただく朝食はまた雰囲気が変わっていい感じです。
隣が公園になっていて、木々の緑を眺めながらのんびりと朝食を楽しみました。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2014夏ビアライゼ Day3(レーゲンスブルク・大聖堂)  |  2014夏ビアライゼ Day2(ケールハイム・シュナイダーヴァイセ) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1304-11c2b7c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)