03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

2014夏ビアライゼ Day4(ニュルンベルグ市内散策) 

ドイツビアライゼ4日目。
この日は夕方バンベルグに移動するまでの間、ニュルンベルグ市内を散策。

s-P6100893.jpg

まずはニュルンベルグ中央駅の写真を1枚。
ニュルンベルグは、バイエルン州の中でミュンヘンに次いで二番目に大きな都市
だけあって、駅も堂々たるもの。石造りで重厚な駅です。

s-P6101074.jpg

それから、旧市街に入って職人広場と呼ばれる場所をぶらぶら。
まだ朝10時前だったので、お店は開店前でひっそりとしています。
中世の面影たっぷりなエリアですが、すべて復元されたものです。

s-P6101076.jpg

朝10時前だと、旧市街はどこもこんな感じです。

s-P6101079.jpg


朝早くから入れる場所、ということでまずは聖ローレンス教会に行きました。
巨大な2本の尖塔がある、ゴシック様式の教会です。

s-P6101083.jpg

朝の明るい光が、暗い教会内部を照らし出してなんともいえない雰囲気。
中央から吊り下げられているレリーフは「受胎告知」として有名なものだそうですが
これ以上先は立ち入り禁止。

s-P6100906.jpg

教会内部全体。天井が高くて荘厳な雰囲気に包まれた場所でした。

s-P6101085.jpg

ニュルンベルグは第二次世界大戦当時も、交通と経済の要所だったため、戦争で
市内の建物は壊滅的に破壊されたそうです。
戦争後の聖ローレンス教会の写真が教会内に展示されていましたが、かろうじて
2本の尖塔が残っているといった状態でした。それを当時の状態まで再現したのが
今現在のニュルンベルグの街並み。

再度教会の内部を見ると、瓦礫の山状態からよくここまで復元したものだと驚嘆
するばかり。破壊された街を、昔の状態まで再現しようとするところに、過去を
捨てることなく現在に伝えようとした、当時の人たちの強い思いを感じました。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2014夏ビアライゼ Day4(ニュルンベルク地下ツアー)  |  2014夏ビアライゼ Day3(エアランゲンのビール祭り③) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1313-3bd8abab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)