09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2014夏ビアライゼ Day4(ニュルンベルク地下ツアー) 

旧市街にある地下通路を見学する「地下ツアー」に参加。
ビール醸造所の地下がガイドツアーで見学できることをネットで見つけ、ビール
醸造所にGO。

s-P6101132.jpg

こちらがニュルンベルク旧市街にあるビール醸造所。
向かって左手が醸造所に併設のショップです。ショップ内でチケットを販売しており、
ワレワレも11時発のツアーチケットを入手。英語の音声ガイド付きで一人5ユーロ
でした。この周辺をぶらぶらしながら、11時になるのを待ちます。

11時になり、ツアーのガイドさんが登場。
一同、ガイドさんの後について地下ツアー入口まで歩いて行きます。

s-P6101133.jpg


入り口は、アルブレヒト・デューラーの像の横にあります。ガイドさんが入口の鍵を
開け、一同ぞろぞろと階段を下りて地下へ。

s-P6100915.jpg


s-P6101095.jpg

狭くて低い通路を先に進んでいくと・・・

s-P6101098.jpg

広い空間が現れます。
この地下空間はもともとはビールを貯蔵するために造られたもので、各家の地下室
がつながって地下通路が出来上がったそうです。地下4階まである巨大な地下空間
は、第二次世界大戦中は防空壕として利用されたとのこと。

700年の歴史のある巨大地下迷路です。

s-P6101106.jpg

階段を降りてさらに地下深くに進みます。

s-P6101108.jpg

当時の空気の排気システムの説明。
建物の日向と日陰の温度差を利用して、空気を循環させていたといいます。
昔からよく考えられていたものです。
この時のガイドさんはドイツ語のみとなっていましたが、適宜英語でも説明してくれ
ました。比較的ゆっくり、はっきり話してくれるので、よいヒアリングの勉強になった
かも・・・。

s-P6101110.jpg

照明の効果で幻想的な雰囲気のある空間。
でも、ここに一人でいたら、何かがいそうでかなり怖いですね。迷子になっては
一大事、ガイドさんに遅れないようみな固まって歩きました。
途中でもガイドさんが参加者を数えて迷子がいないかチェックしていましたが。

s-P6101120.jpg

地下はひんやりとして気温も20度以下。防寒用に持参したウィンドブレーカーを
着て見学しました。

s-P6100922.jpg


階段を登って地上に出たところは、醸造所の中庭でした。
地下で説明を受けたものと同じ形状の建物が目の前にありました。

その後は、醸造所(かなりこじんまり)と、同じ場所で作っているウィスキーの説明
があってツアーは終了。だいたい1時間半ほどのコースです。

旧市街の地下が巨大迷路のような地下通路になっているとは予想もしません
でした。ニュルンベルク観光のオススメポイントです。

スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2014夏ビアライゼ Day4(ブラートヴルストホイスレ)  |  2014夏ビアライゼ Day4(ニュルンベルグ市内散策) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1314-d738ef84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)