07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2014夏ビアライゼ Day4(バンベルクにてラオホビア) 

夕方、ニュルンベルクからバンベルクに移動。
バンベルクの旧市街は世界遺産に登録されていますが、ビールの都市としても
有名です。

ツマはオットの影響で「バンベルク=ラオホビア(煙で燻した麦芽で作るスモーキー
なビール)→シュレンケルラ」という認識でしたが、今回の旅行で古都の趣のある
中世都市であることを実感。もっとも、ビールの都市であることは間違いありません
でしたが・・・。

s-P6111199.jpg

バンベルクに到着し、ホテルにチェックインして早々に小高い丘にあるビアガーデン
に行ったのですがあいにくこの日はビアガーデンは休み。
(シュペツィアルケラーへの行き先表示の下に、本日休みの紙が張られてました)

でも、ビールの都市だけあってここがだめでもリカバリーは容易。
旧市街に戻り、ラオホビアで日本でもよく知られている名店、「シュレンケルラ」で
この日の最後のビールタイムとなりました。

s-P6111213.jpg


外観がメルヘンチックなシュレンケルラ本店前。

s-P6111204.jpg

店内はかなり広かったのですが、ビール好きで賑わっていました。
オットがここを訪れたのはこれで2回目。1回目は寒い冬の時期だったので、
初夏の今回はかなり雰囲気が違うということでした。

s-P6111208.jpg

この日のスペシャルビールは「クロイゼン」というビール。
このビールは滅多に東京でも樽生では飲めない、とオット大喜びでした。

s-P6111207.jpg

ビールの友、自家製ソーセージ。

s-P6111206.jpg

バンベルクご当地の料理、「バンベルガー ツヴィーベルン」。
バンベルクの玉ねぎ、玉ねぎに挽肉を詰めて蒸し焼きにしたもの。
結構さっぱりとしていて食べやすかったです。付け合せのマッシュポテトをはじめ、
ドイツの芋料理はどれも素朴で美味しい。

s-P6111211.jpg


ビールはこの樽から注がれます。まさに樽生。

宿泊したホテルは、シュレンケルラからもあるいてすぐの場所。
なかなか暗くならない中、石畳を歩いてホテルまで戻りました。

ビアライゼ4日目、ようやく終了。この日、オットは何杯ビールを飲んだことやら。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2014夏ビアライゼ Day5(バロックホテル アム ドム、バンベルク)  |  2014夏ビアライゼ Day4(ニュルンベルク市内散策午後②) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1319-f4c3571b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)