08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2014夏ビアライゼ Day5(スペツィアルとフェスラ醸造所) 

マーケットを散策し、フウフで写真を撮りつつ旧市街からドナウ運河を渡って
レグニッツ川東側エリア(バンベルク中央駅近く)に移動。

s-P6111138.jpg

ドナウ運河にかかる橋の欄干に多数の鍵(KEY)が。
カップルの名前入りの錠前がずらっと並んでいました。

バンベルク駅に向かう通りにブルワリーが2軒。

s-P6111290.jpg
s-P6111144.jpg

中世風でとても美しい看板のスペツィアル醸造所(Brauerei Spezial)。
1536年創業で、シュレンケルラと同じく、ラオホビールを作っています。
醸造所の古さで言えば、お昼を食べたクロスターブロイ(1533年創業)と同じ位。
1898年以来、経営者家族が伝統的な醸造所を守り続けているのだとか。
地元で人気のあるお店で、小高い丘にあるスペツィアルガーデンも名所です。

夕方には、スペツィアルガーデンに行く予定(前日は臨時休業だったので)なので
お店の前で記念撮影のみ。

s-P6111143.jpg
s-P6111289.jpg

スペツィアル醸造所の道を挟んでお向かいにあるのが、フェスラ醸造所(Brauerei
Faessla)。スペツィアルよりちょっと新しくて、1649年創業。1986年に現在の経営者
が醸造所を買い取り、昔ながらの伝統的な良さは残しつつも醸造設備や建物を
新しくしたそうです。醸造所の中に入りましたが、「結構古そう」な雰囲気が残って
いました。

s-P6111292.jpg

醸造所建物内部のこじんまりとした中庭。
地元のおじさんやら、学生たちがビールで盛り上がっていました。

s-P6111147.jpg

木樽から注ぐドラフトビール。もちろんこの醸造所で出来たものです。

s-P6111152.jpg

フェスラの名前入りオリジナルグラス。コースターとおそろいの小人イラスト入り。
このグラスで一杯飲みたかったオットでしたが、前のお客でグラスを使い果たして
いたらしく、ワレワレが入った時点ではフツーのビアジョッキで出てきました。

どちらの醸造所も、建物の上の階は宿泊施設になっています。
オットが以前(真冬クリスマスシーズン)バンベルクを訪れた時は、こちらのフェスラ
醸造所の3階に宿泊したのだとか。楽しく飲んで、階段を上がってすぐ眠れるのは
ビール好きにとっては絶好のロケーションですね。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2014夏ビアライゼ Day5(スペツィアルのビアガーデンへ)  |  2014夏ビアライゼ Day5(旧市街中心のマーケット) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1326-3eea94c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)