09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

3日目午前中・ロングルーム(図書館) 

「ケルズの書」を見終わった後は、階段を上って図書館のロングルームを見学。
ドーム型の天井に、2階建の本棚がずらっと並ぶ、それは美しい図書館です。

P3091554.jpg


65mの長さがあるという、まさにロングルームは歴史の重みを感じさせる空間でした。

P3091564.jpg


各書棚には梯子が立てかけられていました。書棚に収められている本はいずれもとても古いものなので、実際にこの梯子を使うことは滅多にないのだと思いますが・・・。書棚は立ち入り禁止になっていますし。

P3092393.jpg

年代ものの書籍がずらっと並んでいます。
ここには、図書館の中でも最も古い蔵書が収められているとのこと。

P3091562.jpg


アイルランド最古のハープが展示されていました。
15世紀頃に制作されたもので、このハープ(ブライアン・ボルーのハープというそう)はアイルランドの国章にもなっているそうです。

P3091556.jpg


書棚の2階に上がるら螺旋階段。この階段のデザインが繊細でとても美しく、古い本を収めた本棚とステキな空間を作り出していました。本好きにとっては夢のようなところです。

ケルズの書とこのロングルームは、ダブリン必見の場所です。ダブリン最後の日に訪れて、本当によかったです。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« The PALACE BAR (ダブリン)  |  3日目午前中・トリニティー・カレッジ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1396-928c29cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)