07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

4日目・The White Horse でピルスナー・ウルケルを堪能 

ケンウッドハウスから、再度バスに乗って地下鉄駅まで戻ります。
行きは、Northern LineのGolders Green駅を下車してバスに乗りましたが、帰りは行きのバスの目的地であるArchwayまで行き、そこから地下鉄に乗ってロンドン市内中心部に戻りました。

次なる目的地は、地下鉄を乗り継ぎ、District Line のPersons Greenで降りたところにあります。オット曰く、「ロンドンで美味しいピルスナー・ウルケルが飲める有名なパブ」なんだそうです。

P3102418.jpg


確かに、お店前のテラス席のパラソルにはウルケルのマークが。エールの国、ロンドンでチェコのビールを扱っているのにはちょっとびっくり。このパブ(The White Horseという名前ですが、スコッチウイスキーではありません)には、チェコからピルスナーウルケルが銅製のタンクに入って届けられるのだそうです。

P3112427.jpg

店内。入口近くの存在感たっぷりなタンクが、ウルケルのタンクです。3月5日に開封した旨、黒板に記入されていました。

P3112426.jpg

タンクに入っているウルケルは、そのまま管を通ってカウンター内のウルケル専用のタップから出てくる仕組み。
ピルスナー・ウルケルのタンクビア、というのがこの超フレッシュなドラフトビールのことらしいです。

P3102417.jpg


お店の前のテラス席から、フレッシュなウルケルで乾杯。グラスはウルケルのものですが、お店の名前もグラスに書かれていました(特注?)。「本当に新鮮で美味しい」ウルケルだったそうです。

P3112425

もちろん、お店ではピルスナー・ウルケルだけではなく色々なドラフトビールを扱っています。でも、ウルケルのタップはずらっと並ぶタップの中でも存在感ばっちり(サイズも大きいし、とにかく目立つ)。

美術鑑賞の後は、ビールの勉強(?)と忙しいオットでした。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 4日目夕方・テムズ河散歩  |  ハムステッド・ヒース »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1404-2a6dd290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)