08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

7日目午後・シャンゼリゼ、ルーブル、オペラ・ガルニエ界隈を歩く(2) 

街歩きの続きです。

s-P3141761.jpg

チェイルリー公園内に入ったところで、振り返って一枚。
凱旋門、オベリスクと一直線に続いています。ちゃんと計画されて作られたことがよくわかりますね・・・。
それにしても、シーズンオフの平日日中でも、歩く人の多いこと。

s-P3141765.jpg

馬に乗っている二人組。公園内は車は入れませんが、馬はOKなんですね。

チェイルリー公園内をひたすらまっすぐに歩くと、その先はルーブル美術館。

s-P3142614.jpg

ピラミッドのところが入場口で、かなりの行列ができていました。
ルーブル美術館にも、フェルメールの絵が2点あります。ルーブル美術館には、深川フウフの新婚旅行(深川ブログにはUPしていませんが)に訪れたことがあり、その時もフェルメールの「天文学者」と「レースを編む少女」を見てきたのですが、今回の旅行の時期には「天文学者」はなんと「ルーブル美術館展」の目玉として日本にお出かけ中。

ルーブル美術館は、次にパリに来る機会があったらゆっくり鑑賞しよう、ということでピラミッド前にて道を左折。
オペラ座につながる、オペラ大通りを歩いてゴール。

s-P3142620.jpg

オペラ・ガルニエ。
オペラ座の中は、2007年の欧州旅行の時 に見学しています。今回は建物上部にある楽聖の彫像を見ただけ。

宿泊していたホテルはオペラ座からすぐ近くにあるので、朝チェックアウト後に預けておいた荷物を受け取り、エアポート行きのバスに乗ってシャルル・ド・ゴール空港へ。スターアライアンスグループは、古いターミナル1にあります。ここからANAに乗って帰国。
今回は8日間の日程でしたが、いつものごとく盛りだくさん(ビールネタも多し)であちこち歩き回った旅でした。
念願のケルズの書も見ることができたし、オットもビアフェスを満喫し、フェルメールもしっかり鑑賞。
それにしても、最終日までよく歩いたなあ・・・。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 南紀白浜パンダ旅(2月)  |  7日目午後・シャンゼリゼ、ルーブル、オペラ・ガルニエ界隈を歩く(1) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1426-f6f6de5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)